アマチュア無線局  JA2KOWの苦(好)戦的奮戦記

    CW大好き人間です! 言いたいこと言わせていただきます。

韓国政府が作り上げた米軍向け慰安婦制度、元慰安婦が国を告訴―英メディア

2014年11月30日 22時10分02秒 | 南朝鮮問題
2014年11月28日、中国日報網は記事「韓国政府はかつて米軍向けの性サービス提供を奨励していた=従事者100人超が賠償求め告訴」を掲載した。
英BBC放送は韓国の米軍慰安婦訴訟について報じた。韓国ではかつて在韓米軍基地周辺に基地村と呼ばれる売春街が存在した。売春は法律で禁じられていたが韓国政府は黙認、それどころか性病管理所で定期的な検査を実施するなど実質的な管理に携わっていたという。

今年6月、基地村での売春従事者122人が「国が米軍相手の慰安婦制度を作った」と政府を告訴。1人あたり1000万ウォン(約107万円)の賠償を求めている。「国が強制したわけではないとはいえ、国が売春制度を作った」と責任を問うている。米ブルッキングス研究所のキャシー・ムーン教授は韓国政府にも一定の責任があるとの見解を示した。1970年代には韓国政府官僚が基地村を訪問し、「君たちの任務は米軍を喜ばせること。そうすれば米軍はずっと韓国にいてくれる」と発言した事例を紹介している。

@この時の大統領って、パククネのおやじの朴正煕だろ。

大体、朴正煕は日本の陸軍士官学校をでて、満州国軍歩兵第8師団に配属されていたけど、その時、将校専用のピー屋(慰安所)で朝鮮女とやりまくってたんだぞ。
コメント

フィリピン 首都圏ケソン市の大統領私邸前で左派系団体と警官隊がもみ合い19人負傷

2014年11月30日 09時08分46秒 | フィリピン アジア関係
29日午前、首都圏ケソン市にあるアキノ大統領の私邸前で、「大統領退陣」を求める左派系団体の抗議集会の参加者約300人と警官隊約150人が激しくもみ合い、投石騒ぎなどで警官12人が負傷、集会参加者7人の計19人が負傷した。また左派系団体の代表者1人が警官隊に拘束された。左派系団体は24日から首都圏内で抗議集会を続けていたが、流血の事態にまで発展したのは今回が初めて。アキノ大統領は私邸には滞在していなかった。

@どこにも時代遅れのアホはいます。日本の左翼もそうですが、しがみついていないと飯が食えませんからね。カワワナマン。


コメント (2)

指定薬物含む危険ドラッグ所持、38歳女を逮捕

2014年11月30日 08時27分22秒 | 社会 (蔓延する占領弱体化政策の呪縛)
指定薬物を含む危険ドラッグを所持していた38歳の女が逮捕された。
薬事法違反の疑いで逮捕された小原朋美容疑者(38)は、10月、入院先の病院で指定薬物が入った粉末およそ1.1グラムを所持していた疑いが持たれている。
調べに対して、小原容疑者は「自分が使うために持っていた」と容疑を認めているという。

@どんなアホでも、新たな生命を生み出す女性にだけは、どのような副作用があるか分からないこうした薬物だけには手を出して欲しくありません。


コメント (2)

これは酷い 太陽光パネルによる公害撒き散らし 環境破壊! 「まぶしい」「暑い」ソーラーパネルでトラブル

2014年11月29日 12時13分22秒 | 社会 (蔓延する占領弱体化政策の呪縛)
@酷い業者ですね。新潟の泉田知事と菅直人なんとか言ってみろよ。全国でこうした問題を抱えている皆さん、黙っていないで業者にがんがん抗議して廃業させましょう。


コメント (4)

朝日新聞社、福島第一原発「吉田調書」記事めぐり6人処分

2014年11月29日 09時33分03秒 | 放送法4条撤廃 売国朝日・東京・毎日・NHK & オールテレビ局を廃局に追いこめ
いわゆる「吉田調書」に関する記事の取り消しをめぐり、朝日新聞社は12月5日付で当時の特別報道部長を停職1か月とするなど6人の処分を発表しました。この問題は朝日新聞が今年5月、東京電力・福島第一原発の事故をめぐり、吉田昌郎元所長が政府の調査委員会に説明した「吉田調書」について掲載し、今年9月、記事に誤りがあったとして取り消したものです。
朝日新聞は既に、木村伊量社長の辞任を発表していましたが、今回新たに、原稿を出稿した特別報道部の部長だった市川誠一氏を停職1か月としたほか、取材チームの記者などを含め合わせて6人を停職または減給処分としました。朝日新聞は「今回の事態を非常に重い教訓と受け止め、信頼を得られるよう全力で努めてまいります」とコメントしています。

@その割には軽い処分。要するに日本が日本としてまっとうに機能している状況なら、メディアの自負心とかで多少反権力的な報道姿勢であたとしても国民は正常な目で判断できますが、今のちゃらんぽらんな反日的戦後体制下では、傷口に塩を塗るに等しく、逆にメディアはもっと右傾化すべきなんだよ。国家あってのかわら版屋だろ。国破れて山河もなしじゃ、帰るところがないじゃないか、クソボケメディアめ。賢くぶったってお里が知れてんだよ。


コメント

シナ公船 ベトナム漁船に体当たり 西沙周辺海域

2014年11月29日 07時11分42秒 | 東・南シナ海で、常に恫喝を繰り返すシナ
中国とベトナムなどが領有権を争う南シナ海の西沙(英語名パラセル)諸島で26日、ベトナム漁船が中国公船から体当たりや放水を受けていたことが分かった。ベトナム国営メディアが28日、伝えた。西沙周辺海域では今年5~7月、中国の石油掘削を巡り両国の公船が衝突。その後、関係修復に向かっていたが、トラブルが続けば対立が再燃する可能性もある。
ベトナム側の報道によると、西沙周辺で26日朝、ベトナム漁船2隻が中国沿岸警備隊の船に操業を妨害された。その後、さらに中国船2隻が加わり、放水や体当たりを始めた。一部の乗組員はベトナム漁船に乗り移り、船室や装備品を破壊したという。
西沙諸島に近いベトナム中部沖の排他的経済水域内で5月、中国の大型油田掘削施設(オイルリグ)が石油の試掘に着手。ベトナムは猛反発し、国内では大規模な反中デモが起きた。

中国は7月にオイルリグを撤収。8月には習近平国家主席がベトナム特使の訪中を受け入れ、両国は関係改善をアピールした。今月上旬にミャンマーで開かれた東南アジア諸国連合(ASEAN)関連会議でベトナムなどは中国批判を抑制し、中国はASEANとの協調ムードの演出に成功した。
しかし、中国は西沙以外でもベトナムやフィリピンと領有権を争う南沙(英語名スプラトリー)諸島で岩礁を埋め立てるなど実効支配を強化。一方、ベトナムとフィリピンは対中国を念頭に、関係を緊密化している。ベトナム海軍の軍艦2隻が24日、親善訪問のためにフィリピンのマニラ港に初寄港。「中国に挑戦する意図はない」としつつも各国外交関係者を艦内に招待して、南シナ海で中国と領有権を争う両国間の連携をアピールした。

@愛国無罪といってみたり、法は破る為にあるというのがシナ人の基本姿勢ですが、本気でお灸をすえてやる必要がありますね。誰がやるかですけど・・・・
コメント

沖ノ鳥島の港湾工事、来年4月に再開

2014年11月29日 06時50分48秒 | 沖ノ鳥島 南鳥島 小笠原諸島 西之島


作業員7人が死亡した事故を受けて、中断したままとなっている沖ノ鳥島の港湾工事について、国土交通省は来年4月に再開することを決めました。この事故は今年3月、日本の最南端、沖ノ鳥島の港湾工事で設置しようとしていた桟橋が転覆し、作業員7人が死亡、4人がけがをしたものです。事故原因を調査した専門家委員会が今年6月、「桟橋の基本設計に問題はなかった」との見解をまとめたことから、国土交通省は工事再開へ向けた検討を行ってきました。その結果、国土交通省は桟橋に乗る作業員を減らし、小型のボンベを持たせるなどの安全策を取ったうえで、来年4月から工事を再開することを決めました。転覆した桟橋は現在、福岡県北九州市の工場に保管されていますが、修理したうえで改めて設置する方針で、2016年度の完成予定は少なくとも1年は遅れる見込みだということです。

@事故は残念でしたが、粛々と進めて行って欲しいものです。


コメント

政治資金が還流か 舛添都知事の団体、自宅に事務所費531万円

2014年11月28日 19時50分28秒 | 社会 (蔓延する占領弱体化政策の呪縛)
東京都の舛添要一知事が代表を務める2つの政治団体が平成25年、舛添氏のファミリー企業「舛添政治経済研究所」に対し、事務所賃借料や家賃として計531万円を支出していたことが28日、総務省が公開した政治資金収支報告書で分かった。2団体の事務所やファミリー企業はいずれも舛添氏の自宅内にあり、政党交付金を含む政治資金が結果的に舛添氏個人に還流していた格好だ。家賃支出は少なくとも舛添氏が新党改革の代表に就任した22年から続き、すでに解散した団体も含め4年間で2千万円以上の家賃が支払われている。舛添氏は取材に「公認会計士を入れて、きちんと税務処理をしており、何の問題もない」と述べた。

2団体は、舛添氏が代表の政党支部「新党改革比例区第四支部」と資金管理団体「グローバルネットワーク研究会」。収支報告書によると、25年は2団体あわせて531万円(月44万2500円)を家賃としてファミリー企業に支出。また、23年6月までは「舛添要一後援会」(解散)も月13万1千円を家賃負担しており、22年1月からの4年間に支払われた家賃総額は3団体で2047万7千円に及ぶ。登記簿や舛添氏の説明によると、舛添氏の自宅は東京都世田谷区代田にあり地上3階地下1階。このうち1階と地下の計約110平方メートルを政治団体とファミリー企業が事務所に使っている。ファミリー企業の代表は舛添氏の妻で、舛添氏と家族が全株を保有。自宅の土地・建物は25年2月以降、舛添氏の所有となっており、ファミリー企業を通じて舛添氏が家賃収入を受け取っているという。

政治資金に詳しい神戸学院大法科大学院の上脇博之教授(憲法学)は「政治資金の原資の大半が税金である以上、使い道には慎重であるべきで、自らの懐に入る仕組みは道義的に問題がある。自宅の一部を事務所として無償提供する議員もおり、そちらのほうが良識的だ」と指摘している。

@外交官気取りで、外遊しすぎだし、都民の9割以上が韓国好きって、どこの都民だよ。猪瀬といい、残念だけど東京都民の政治レベルです。アホばっかという事。

知りませんでしたが、こんなデモまでやっているんですね。断固支持します。
コメント (1)

独看護師、薬物投与で患者殺害…死亡例174件

2014年11月28日 12時22分52秒 | 海外の話題
ドイツ北部の病院で、薬物投与により患者3人を殺害したとして殺人罪などに問われている看護師の男(37)が、同様の手口で多数の患者を死亡させた疑いが浮上し、独国内に衝撃が走っている。DPA通信などが報じた。
男は独北部デルメンホルスト市内の病院に2003年から05年まで勤務。3人に致死量の不整脈治療剤を注射して殺害した罪や患者2人に対する殺人未遂の罪で起訴され、9月に裁判が始まった。検察当局は犯行目的について「退屈しのぎに患者を重篤な容体にした上で蘇生させ、能力の高さを見せつけようとした」などと指摘している。地元捜査当局は、同病院での174件の死亡例についても、男の関与の有無を調べている。男が過去に勤務していた複数の医療機関での不審死についても捜査を進めている。大衆紙ビルトは「戦後最悪の連続殺人の可能性がある」と報じている。男は08年、同じ手口による殺人未遂の罪で、禁錮7年半の有罪判決を受けていた。

@ウムー 上には上があるものです。
コメント (1)

相乗り衛星、個性派ぞろい=「小型で安価」「芸術作品」-はやぶさ2と宇宙へ

2014年11月28日 09時29分45秒 | 社会 (蔓延する占領弱体化政策の呪縛)


小惑星探査機「はやぶさ2」を30日に打ち上げるH2Aロケット26号機には、大学などが開発した3基の小型衛星が搭載される。地球周回軌道を離れる「深宇宙」への打ち上げ機会は貴重なだけに、いずれも高い目標を掲げた個性派ぞろいだ。

東京大と宇宙航空研究開発機構などが開発した「プロキオン」は、本体が約55センチ四方で重さ約65キロ。イオンエンジンと地球の重力を使った加速により、はやぶさ2とは別の小惑星に接近し観測する。プロキオンが目指すのは、50キロ級の小型・安価な探査機による深宇宙探査の可能性を示すこと。市販部品を使ってコストダウンを図り、省電力・軽量化を徹底。イオンエンジン用のキセノンガスを姿勢制御にも使うなど、設計の簡略化にも工夫を凝らした。開発を担当した東大の船瀬龍准教授は「小型で安価な探査機なら、リスクの高い探査にも挑戦できる。大型探査機の前段階としての探査にも使える」と意義を強調する。

多摩美術大などが開発した「アートサット2デスパッチ」は3次元(3D)プリンターで作成した巻き貝のようなユニークな形状で、衛星自体が「芸術作品」でもある。搭載するセンサーの数値を単語に変換し、宇宙で詩を自動生成。アマチュア無線の周波数で発信し、世界各地からインターネットを通じて受信報告を受ける計画だ。担当の久保田晃弘同大教授は「スマートフォンがそうだったように、技術は使いやすさやデザインを兼ね備えることでユーザーを広げた。小型衛星の技術をより身近にするには芸術の力も必要だ」とプロジェクトの狙いを説明する。

他に九州工業大と鹿児島大が開発した「しんえん2」(重さ約17キロ)も搭載。炭素繊維を用いた軽くて丈夫な素材が衛星に使えるかを実証する。

@すごいですね、我が国のロケット技術と衛星技術。ここでもいつも適切なコメントを頂く越後のOMさんや、タコさんのような人々、そしてこうした人達の中から必ず維新運動に影響を与える”さむらい”(佐久間象山のような)が、出現するんだと思います。
コメント (2)

生後1カ月児を虐待、意識不明の重体にさせたとして父親逮捕..

2014年11月28日 05時56分21秒 | 社会 (蔓延する占領弱体化政策の呪縛)
大阪・高槻市で、生後1カ月足らずの長男を虐待し、意識不明の重体にさせたとして、31歳の父親が逮捕された。
中井和人容疑者(31)は、「(お子さんが搬送されたのはご存じですか?)知りません。あなたに関係ないです。(今も意識不明ですよね?)周りの方がそれを知ってたとして、あなたに関係あるんですか?」などと答えていた。
高槻市の無職・中井和人容疑者は、2014年2月ごろ、生後1カ月足らずの長男に暴行を加えた傷害の疑いが持たれている。長男は、中井容疑者らが病院に運んだ際、心肺停止の状態だったが、頭に複数の出血した箇所があり、現在も意識不明の重体となっている。調べに対し、中井容疑者は、「虐待していたことは事実です」と容疑を認めている。

@本当に信じられないようなクソバカばかりで、どうしようもないです。


コメント (5)

産経前ソウル支局長初公判 保守団体が車取り囲み卵投げつける

2014年11月27日 18時04分11秒 | 南朝鮮問題
朴槿恵(パク・クネ)大統領の名誉を毀損したとして、在宅起訴された産経新聞の前ソウル支局長の裁判が、27日から始まった。27日の法廷では、起訴事実を否認した加藤達也前支局長だが、終了後、裏口から出て車に乗り込み、裁判所をあとにしようとしたところ、保守団体に取り囲まれ、卵を投げつけられた。投げつけられた卵の殻が、散乱したままとなっている。
車を取り囲んだ男らは「『虚偽の事実』を流して、国の名誉を傷つけた加藤達也をすぐ拘束しろ。大韓民国の大統領を傷つけた加藤達也をすぐ拘束しろ」、「拘束しろ、拘束しろ」などと訴えた。
加藤前支局長側は、器物損壊や監禁などの容疑で被害届を出し、警察は27日、被害を受けた車の実況見分を行った。また、事態を把握した韓国の日本大使館でも、今後の対応を検討している。
一方、法廷では、日韓の報道陣で立ち見が出るほどの熱気の中、争点の整理や申請した証拠の確認が行われた。
その後、意見陳述を求められた加藤前支局長は、「セウォル号事故に関し、韓国国民の間に存在する朴大統領への認識、現象をありのままに伝えようとするもので、朴槿恵大統領個人を誹謗(ひぼう)する意図は全くありません」と、起訴事実を否認し、「裁判が法と証拠に基づいて、厳正に進行されることを期待する」と話した。また、加藤前支局長側は、被害者となる朴大統領が、処罰を望んでいるかについてはっきりさせるべきだと要求し、名誉毀損(きそん)の罪が成立するのか争点にしたい意向を示した。
次回の裁判は、12月15日に行われる。

@まあまあ、卑屈な朝鮮人の血が騒ぐのでしょう。わはは


コメント (2)

フィリピン人の女が“無許可でパブ経営” 府中市

2014年11月27日 15時39分42秒 | フィリピン アジア関係
東京・府中市で、無許可でフィリピンパブを経営していたとして50歳の女が現行犯逮捕されました。フィリピン人のヒロセ・ナンシー・タルナテ容疑者は、府中市の飲食店で、フィリピン人の女性従業員を客の横に座らせて酒を提供するなど、無許可でパブを経営した疑いが持たれています。警視庁によりますと、ヒロセ容疑者はおととし3月ごろから店の経営を始め、取り調べに対し、容疑を認めています。店では他に4人のフィリピン人女性が働いていて、警視庁は在留資格などについても調べています。

@最近は、フィリピンを狙いうちのようです。


コメント

安倍首相、集団的自衛権「解釈変更これ以上できない」

2014年11月27日 09時12分14秒 | 社会 (蔓延する占領弱体化政策の呪縛)
安倍晋三首相(自民党総裁)は朝日新聞とのインタビューで、憲法解釈を変更して集団的自衛権の行使を認めた7月の閣議決定について、「解釈の変更については、それは憲法改正をしなければ、これ以上はできないということだろうと思う」と述べ、現憲法下ではさらなる解釈変更はできないとの考えを示した。インタビューは25日、首相官邸で行った。
首相は今回の憲法解釈の変更に関し、「基本的に(過去の)政府見解にのっとって変えた」としたうえで「これ以上変えていくには、基本的な考え方自体を変える必要がある。それは憲法解釈についての継続性、安定性を損なう」と指摘した。「現時点で、国民の命を守るためにやらなくてはいけない解釈の変更は、今回の変更で十分だろうと考えている」と述べ、これまでの変更で対応できるとの考えを示した。
また、首相は衆院選後に政権を維持した場合、憲法改正を目指すかとの問いに「国民的な議論と理解が不可欠で、国会で(憲法改正が可能となる衆参両院で)3分の2の多数を形成することは簡単なことではない。残念ながら、3分の2を形成するために議論を進めていこうという機運が、まだ醸成されていないのも事実だろう」と述べ、今の状況で改正は難しいとの認識を示した。

@兎に角、親米派より親中派を排除できるかできないかに日本の未来は委ねられています。まず、河野談話と村山談話を撤回できるかできないかで、その方向性は決定します。
コメント

中国船、関門海峡漂流…海保「大惨事の危険性」

2014年11月27日 09時04分04秒 | 日本で犯罪を繰り返すシナ・朝鮮人 その他


26日午後1時頃、北九州市と山口県下関市に面した関門海峡で、中国船籍のコンテナ船「HASCO QINGDAO」(7111トン、21人乗り組み)がエンジントラブルで航行不能になり、約10分間にわたって約1・2キロ漂流した。他の船舶との衝突事故には至らなかったが、門司海上保安部は「大惨事を招く危険性があった」とし、乗組員から事情を聞いている。

同保安部によると、エンジンが止まった直後に船が何度も汽笛を鳴らしたため、約2キロ離れた同保安部で職員が漂流に気づいた。巡視艇など5隻が急行し、ロープやいかりを使って船を止めた。男性船長は「エンジンが突然止まった」と話しているという。現場は関門海峡の中でも幅が約500メートルと特に狭い早鞆瀬戸はやとものせと。1日約550隻が往来する。当時は船の数も少なく、大きな影響はなかったが、8ノット(時速約15キロ)の速い潮流に乗り、航行不能のまま関門橋の下を通過していた。同保安部は「発生場所や時間帯など幸運が重なった」としている。コンテナ船は23日に中国・上海を出港し、北九州市門司区の「太刀浦コンテナターミナル」に入港する予定だった。

@汽笛を鳴らすのは当然だけど、無線機使え、クソバカシナ人。
コメント (2)