MOVIE KINGDOM Ⅱ

映画に関する話題やライブ&イベント、ローカルなグルメ情報など色々話題を広げて行きます
ポイントは★~★★★★★★

2010年度ベストテン発表

2011-01-01 22:20:51 | ベストテン
新年明けましておめでとうございます
本年もどうぞよろしくお願いします

昨年は105本という劇場鑑賞本数で、2009年より27本も少なく不調でございましたが、今年は何とか150本目指し・・・いや無理なら最低120本以上は見たいと思います
その105本の中からベストテンとワースト5を例年同様選んで見たいと思います。

それではまずは2010年ベストテン!



第10位 「十三人の刺客」



工藤栄一監督の傑作時代劇のリメイク作
個性的な13人とサイコな暴君吾郎ちゃんとの善と悪の対比が面白い。
あの国民的アイドルにあのよう悪党を演じさせる三池監督の心意気に拍手!
50分にも及ぶクライマックスのチャンバラはまさに活劇映画の真骨頂を見せてくれました



第9位 「トイ・ストーリー3」



アニメがベストテンに入るのは珍しい・・・それもピクサー!
毎回思うけど、ディズニーやピクサーなどのアニメはホントに話の持って行き方が上手い
この映画も子供の成長によるオモチャへの決別とそのオモチャの行く末の話・・・目の付け所の面白さは子供よりも大人の方がジーンと来る。



第8位 「ザ・ウォーカー」



そこはさびれた街・・・悪党が幅を利かす無法地帯にフラリと現れた風来坊。
彼の出現によって街は血の戦場と化していく・・・マカロニウェスタンティストな設定が素晴らしい。
デンゼルとゲイリーの芸達者な芝居も見どころでした



第7位 「アウトレイジ」



出てくるのはどいつもこいつも悪い奴らばっかりと言う北野武監督原点回帰?な1本
またその悪党を演じるのは主演の北野武を除いて(監督だけに専念すればよかったのに)皆さん芸達者な人たちばかり!
特にラストの椎名桔平に対する“ある一撃”は「スカーフェイス」の電気ノコギリのシーンに匹敵するぐらいの衝撃度がありました



第6位 「冷たい雨に撃て、約束の銃弾を」



泣き歌て言うのが流行ってましたが、これは泣き映画(それも男泣き)
娘を殺されたフランス人のオヤジが復讐するために雇った3人の殺し屋。
でも親爺は病気で、記憶がドンドン薄れていき、やがて復讐する事さえ忘れてしまう。
雇い主であるフランス人のオヤジがそんな状態になっても、義理と約束を果たす為銃弾の中に身を投じて行く3人の男たちの姿は涙なくしては見れない。
詩的なまでのクライマックスの銃撃戦はもはや香港ノワールの元祖ジョン・ウー超えた・・・かも?



第5位 「最後の忠臣蔵」



今年は時代劇が多かった。
そんな中で最高の1本がコレ!
オープニングが討ち入りのシーンという忠臣蔵映画としては掟破り?
チャンバラシーンがほぼ皆無でありながら、これほど武士道精神溢れる映画はないかも?
生き残った2人の男に託されたそれぞれの使命・・・忠義をつらぬく事は時には切なく残酷でもある。
それだけにクライマックスの嫁入りのシーンでは目頭ウルウル・・・



第4位 「マチェーテ」



「グラインドハウス」からのある意味スピンオフ?な作品だがB級アクション映画の真髄を見せてくれました。
まさかの主役のダニートレホの一世一代の大暴れは、スクリーンから血飛沫と肉魂が飛び出てきそうなぐらいの快感度120%の迫力!
何気に豪華なキャスティングもいいが、その中でもやはりジェシカ・アルバの可愛いくらいのお色気はもはや反則!



第3位 「告白」



青少年問題を提議するようなメッセージがあると思ったら、そんなんより子供を殺されたイカれた母親の陰湿なまでの復讐のドラマ。
よくもまぁ~そんな事を思いつくな~という陰湿な事を加害者とはいえ子供相手にやっちゃう松たか子さんを初めて眩しく思えた~ あんた最高だよ!



第2位 「エクスペンダブルズ」



一昔前のアクションスター総出演のオールスター映画。
昔なら実現不可能な、かつて一世を風靡した役者(それも80年代)が顔をそろえるだけで嬉しい。
とにかくみんなそれぞれ見せ場があって眩しいくらいカッコいい!
久々に燃える1本でした。



第1位 「キック・アス」



ここ数年の中での1位の中でも更にダントツの1位と言ってもいい大傑作!
それも全て主役のダメダメなんちゃってヒーローのキックアスより、サブキャラのヒットガールの存在が大きい!
11歳の少女が仮面にコスプレ姿で「このお○○コ野郎ども!」と毒つきながら大の大人である悪党たちをメッタ切りのメッタ打ちの爽快感は本年度ナンバーワンに相応しい大活躍!
一言・・・あんた最高だよ!

2010年ベストテン

1.キック・アス
2.エクスペンダブルズ
3.告白
4.マチェーテ
5.最後の忠臣蔵
6.冷たい雨に撃て、約束の銃弾を
7.アウトレイジ
8.ザ・ウォーカー
9. トイ・ストーリー3
10. 十三人の刺客

次点 ハートロッカー


では行きますダメダメ5!
今年も眠気の世界に誘ってくれたり、または見た事を後悔させてくれたイケない映画たちを吊るし上げ!



第5位 「エアベンダー」



「シックスセンス」でお馴染21世紀のヒッチコックことM・N・シャラマン監督の血迷った最新作
こともあろうにファンタジー・・・こう言う映画はこの監督似合わない・・・そんな事を気付かせてくれた一篇。
また3D版で鑑賞するも、これほど“3Dである事を忘れさせてくれる3D映画も珍しい”という斬新ななんちゃって3Dに3D代金返せコールをしましょう。



第4位 「交渉人 THE MOVIE」



TVシリーズはほとんど見たことないだが、きっと映画版という事でスケールアップしたんでしょうな~
とにかく交渉人なのに旅客機の中で発砲はするわ、あげく交渉人自ら操縦かんを握る暴挙に出る!
交渉人なのにまったく交渉シーンがないやんけ!
高度10,000mの頭脳戦というサブタイトルだが、どう見ても頭脳戦というよりは力技なんですが・・・


第3位 「サロゲート」



ブルース・ウィルスが若返った姿で出てくる近未来のドラマ
「Uー571」のジョナサン・モストゥ監督だから期待したんだけど、見事期待を裏切られた
まったく何も印象に残らない映画でした



第2位「東京島」



無人島に若い男23人と女は木村多江さんただ一人というサバイバルで微妙に危うい関係のドラマかと思いきや・・・出てくる男子はどいつもこいつもユルユルな草食系ばかりでは、危うくも無ければ緊張感もありません。
結局無人島ゼロ円生活を楽しんでるようなだけの作品



第1位 「アデル/ファラオと復活の秘薬」



ベストワンの「キックアス」とは対照的な盛り上がりのない駄作
主人公にまったく魅力がないし、冒険に出る理由がコメディのようなバカバカしさ!
思わず真面目にやれと言いだしたくなる。
笑わすなよべッソン!
リュック・ベッソン・イズ・デッドな一篇



ワースト5

1.アデル/ファラオと復活の秘薬
2.東京島
3.サロゲート
4.交渉人 THE MOVIE
5.エアベンダー


こうして見るとアクション映画が今回結構ランクインしましたね~
さて今年はどんな傑作や佳作と出合えるでしょうかね~
またはどんなバカバカしい作品が飛び出すか・・・
2011年も映画と言うピンからキリまである幅広い芸術を堪能しましょう



コメント (2)   トラックバック (36)   この記事についてブログを書く
« No.105 「トロン:レガシー(I... | トップ | No.001 「ハリー・ポッター... »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (aq99)
2011-01-10 22:51:27
あけましておめでとうございます。
今年も、ブロガーのベスト10を調べました~。
よろしく、ご覧下さいませ~。

ご苦労様です (キング)
2011-01-12 13:39:56
あけましておめでとうございます いつもご苦労様です また覗かして頂きます

コメントを投稿

ベストテン」カテゴリの最新記事

36 トラックバック

映画2010 総決算! (たいむのひとりごと)
2010年の映画鑑賞も一応終了。鑑賞作品総数(DVD含):87本。内訳は外画:54本、邦画:33本(内アニメ:11本)。ちなみに複数回劇場に通っても1タイトルと1本としてカウント。昨年が外:64 邦:
THE BEST CINEMAS CHOFU 2010 日本編 (LOVE Cinemas 調布)
2011年最初の記事はどうしようか…。多くの映画ブロガーの方々はベスト10を発表していますが、私はどうしても個人的に順位付けが好きじゃない。そこで!昨年1年間に劇場で観た作品の中から当ブログとして選んだ「THE BEST」を発表したいと思います。名付けて『THE ...
あけおめ2010年ベスト10 (ノルウェー暮らし・イン・London)
一年は早いもので、2011年の幕開けとなりました。 みなさん、あけましておめでとうございます。
2010年 マイ・シネマ・ランキング! (シネマ親父の“日々是妄言”)
 さあ、今年も残りあと数分!年末恒例のランキングをやっておきたいと思います。これやっておかないと吾輩、年を越せませんので…(^^;。    今年は105本の映画を、映画館・試写室で観ることが出来ました(除くTV、DVD鑑賞)。しかし、せっかく100本超えを達成で...
【年間ランキング】2010年 心に残った映画 (ハピネス道)
JUGEMテーマ:映画 大晦日恒例のこの記事を今年もアップします。今年劇場で観た映画は延べ170本。多いな…と思いますが、そのうちの38本は「午前十時の映画祭」その他イベント系で観た映画と、ドキュメンタリー作品を除くと121本。ほぼ例年並みでした。自分なり...
2010年度、年間マイベスト10+α (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
2010年度の年間総合ベスト10を発表します。
2010年シネマ・ベスト10 (シネマ・ワンダーランド)
2010年に公開されたシネマ・ベスト10は下記の通り。昨年は「クリント・イーストウッド・イヤー」と呼んでもよかったが、本年はイラク戦争を題材にしたものや、少女の真情をつづったもの、監督の映画愛およびフランス映画の胎動を感じさせる作品が目立ったことが...
2010☆ベスト&ワースト映画 /2010 BEST&WORST MOVIE☆ (我想一個人映画美的女人blog)
今年で13年目となりました☆独断と完全なる好みでmigが選ぶ、年末の映画ランキング 映画の出来の良さではなく、面白かったもの、好きというのを重視  対象となるのは 2010年に公開また...
2010年度 年間ベスト&ワースト (Subterranean サブタレイニアン)
なんでしょうねぇ、この一年の経つ早さは。この間モチを食ってたと思いきや、またモチを食う時期ですよ。毎年こんなことを書いてますよ。この調子だと、体感時間5年くらいで赤いチャンチャンコを着る羽目になるんじゃないでしょうか。 それはさて置き、年間ランキング。“...
2010年の映画を振り返って (SOARのパストラーレ♪)
今年一年間の劇場鑑賞は54回。そのうちリピート鑑賞を除く作品総数は52本だった。秋の公開作品に興味のわく作品が少なかったのと、年末にかけて映画を観に行く時間的精神的余裕がなくなってしまったこととで50本は超えないだろうと踏んでいたのだが、終わってみればとりあ...
賀正 (映画的・絵画的・音楽的)
 明けましておめでとうございます  今年もよろしくお願いいたします。 (1)昨年末から年初にかけて、東京以外の地域では大寒波のせいで大変な事態のようです。心からお見舞い申し上げます。  こちらでは、例年の如く、杉並の「大宮八幡宮」と渋谷の「氷...
2010年年間振り返り (勝手に映画評)
上期も振り返りましたが、 今日は、2010年一年間の振り返りをしたいと思います。 まず、見た本数ですが、 1月3本、2月3本、3月6本、4月4本、5月4本、6月3本、...
ブログ納め2010 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 今年は、特に後半、だいぶサボりがちではありましたがw 皆様のオカゲで、当ブログもなんとか大晦日を迎えることができました。この記事をもちまして、2010年のブログ納めとさせ ...
2010年Nakajiの映画ランキング (C'est joli~ここちいい毎日を~)
今年もいよいよ終わりですね。さてさて2010年!Nakajiの映画館でみた数は、パスポートもあったからか、91本!!今年はよく劇場で見ました。その中でも3Dって結構あ ...
2010 My Favorite Movie 日本映画 (カノンな日々)
2010年もいよいよあと数日を残すのみとなりました、今年も多くの皆さんにご訪問、TB、コメントを頂きまして本当にありがとうございました。それでは毎年恒例になりました私が個人的 ...
2010年の映画ベストテン and more. (Akira's VOICE)
ベスト&ワースト,他いろいろ! 
「フォーンと無人島に行くならこの10、いや20本」(2010年、劇場公開映画を振り返って…) (ラムの大通り)
----7年目を迎えた「フォーンとの映画おしゃべり」。 ニャんだか、今年は数が減っているような…。 『無人島に行くなら~』やれるの? 「う~ん。 よく、『忙しくってパソコン...
2010年マイベスト10♪シネコン編 (銅版画制作の日々)
今年も後残すところ後数時間となりました。皆さんにとってはどんな年だったでしょうか?さて鑑賞した作品は、何と昨年を上回る数になりました。我ながら驚きです。大晦日の京都は例年にない大雪です。実は今年最後の映画鑑賞に出かけるつもりでしたが...
erabu2010年下半期映画ベスト5 (erabu)
【2010年7月1日~12月末に観た映画20本の順位】 1位『トイ・ストーリー3
私的2010年映画ベスト10 (TRUTH?ブログエリア)
つーことで毎年恒例の企画2010年度映画ベストテンの発表です(2009年分はこち
2010年日本映画ベスト10 (佐藤秀の徒然幻視録)
今年も日本インターネット映画大賞の2010年度日本映画投票に応募を兼ねて劇場公99作品から。
2010年外国映画ベスト10 (佐藤秀の徒然幻視録)
今年も日本インターネット映画大賞の2010年度外国映画投票に応募を兼ねて今年見た劇場公開94作品から。
極私的 2010年 映画鑑賞 ベスト10! (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
去年に続いて3年連続で、今年もやってみようかな~ということで、映画ベスト10です。 ただし、あくまでも私の鑑賞ベースなので、映画、DVDごっちゃという状況のため「極私的」とつけております。 新作、旧作そして未公開作が入り交じる、変なランキングで...
2010年ひらりんアカデミー賞 ノミネート編 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今年の一発目も、恒例の「ひらりんアカデミー賞」のノミネートから。 2010年は合計145本鑑賞(うち71本が劇場鑑賞)。 その中から厳選した作品・俳優です。
今年の80作(2010)31位→80位 (Con Gas, Sin Hielo)
ここからは後半です。 31.「悪人」 毎年恒例の日本映画賞総ナメ。今年の標的はこの作品のようです。 32...
2010 thinkingdays 映画ベスト10+α (真紅のthinkingdays)
 2010年、劇場鑑賞した映画は85本。うち邦画は23本。劇場鑑賞は減りました が自宅でのDVD鑑賞は39本でした。タイトルクリックで感想記事に飛びます。 1.トイ・ストーリー3 (タランティーノと一緒だ♪...
あけおめ2010年ベスト10 (ノルウェー暮らし・イン・London)
一年は早いもので、2011年の幕開けとなりました。 みなさん、あけましておめでとうございます。
2010年ブロガーが選んだ映画ベスト10 (『パパ、だ~いスキ』と言われたパパの映画日記)
一年に一度のお楽しみ、“ブロガーが選んだ映画ベスト10”も今回で7回目。私自身、ブログの記事はほとんど書いてないものの、これだけは続けていこうと今回もしっかり調べましたよ、過去最多の78ブロガー様分。2010年は、私自身劇場鑑賞最低...
2010年ミスターシネマ的満足度ランキング (必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!)
[映画興行ランキング] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ ブログをご覧の皆さん、遅ればせながら、新年明けましておめでとうございます! 元日でおかげ様でブログの開設2周年を迎えることが出来ました~!! 昨年の半ば以降は、映画を見てもな...
座布団シネマ2010 お薦め映画発表です! (サーカスな日々)
はい、恒例の「お薦め映画発表」です。毎回、エクスキューズしていますが、kimion20002000の90%の映画鑑賞は、「座布団シネマ」でDVD鑑賞なので、公開映画の基準から行くと、1年以上はずれこんでいます。あくまでも2010年に鑑賞して、一応レヴュー出来たものからの「極私....
2010年ベストシネマ15(邦画編) (京の昼寝~♪)
2010年ベストシネマ15(邦画編)   またまた今年もまとめるのが遅くなってしまいました・・・。 昨年は年間95本(洋画40本、邦画55本)の映画を劇場で鑑賞しました~ 一昨年が87本でしたから、少し伸びましたが100本達成とまではいきませんでした ...
今年のベスト1・・・映画編 (あーうぃ だにぇっと)
今年の上半期に観た新作映画は90本だった。 下半期は91本で合計181本。 昨年は221本だったから18%減少。 ずいぶん鑑賞本数が減っている。 今年はやや忙しくなったこと。 不況で試写会自体が減ったこと。 それらの相乗効果で2割近い減となった模様。
2010映画、私的ベスト7!! (馬球1964)
2010年に観た全13映画作品から選んでみました。いつもはベスト10だったのですが今年は13作品と少なかったのでベスト7としました。
2010年ベストシネマ15(洋画編) (京の昼寝~♪)
2010年ベストシネマ15(洋画編)  邦画に比べ年々洋画を鑑賞する本数が落ちてしまいましたが、これは邦画の力が上がってきた成果なのでしょうねぇ(笑) 群を抜いて良かったと感じた洋画は残念ながら少なかったですが、 今年は惹き付けられるような洋画が上映さ...
2010年のまとめ・日本インターネット映画大賞 (|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο)
2010年のベストソング、アルバム、ライブ、ドラマ、映画を選んでみた。下線をクリックするとレビューへ飛ぶ。 なぜ個別にしないかって? めんどくさいからw2009年はココ 2008年は ...
極私的 2011年 映画鑑賞 ベスト10! (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)