ゆるゆるらいふ

とりあえず、今日も一日機嫌よく・・・

しみじみと

2018年08月14日 | 暮らし
息子の友達が、「赤福」を持ってやってきた。

夫と私が買い物に出かけて家に戻った夜8時過ぎのこと。

彼は長男の保育園のころからの友達で、今は名古屋で働いている。
年末年始やG.W、夏休みなどに帰省すると、必ずお土産を持って我が家を訪ねてくれる。

「伊勢に行ったの?」と聞くと「名古屋駅で売ってた」とのこと。

この日、長男は同じように帰省した高校時代の友人と飲みに行っていて不在。
そのことは、家にいた次男に電話して確認済みの彼。

けれどいつものように、おじゃましま~す、とリビングに入って自分の家のようにテーブルの前に座る。

麦茶を飲み、お菓子を食べながら、自分の近況を話し出す。

かわいい

そういえば、台風は大丈夫でしたか?

な~んて、気遣いを見せられる大人になったなんて
おばさんは嬉しい

保育園の仲間は、友達というより、一日のほとんどの時間を共に過ごした同志だ。
兄弟とか親戚に近いかもしれない。

親たちも、それぞれが都合が悪い時は、お互いに送ったり迎えに行ったりと助け合ってきた。


思い出すのは彼のお母さんに代わって迎えに行ったときのこと。

私の車の窓から、道端の雀たちを見て、「スズメはいいなあ~」とつぶやく彼。
「どうして?」と聞くと「おかあさんに怒られないから・・・」

どうやら、前日、何かやらかしたらしい。

「スズメだって悪いことしたらスズメのお母さんに叱られるんだよ」って言ったら、
「え」と心底驚いていた。

そのときのかわいい顔が忘れられない


G.Wに来てくれた時は、夕食時だったので、食べていく?と聞いたら「じゃあ食べる」とすぐに自宅にその旨電話する。

電話の向こうでお母さんは、うちが大丈夫なのか、っていうようなことを聞いているようだ。
「うん、大丈夫」と彼が答えると、すかさず長男が「それはお前が言うことじゃない」とツッコミを入れる。
そのやりとりがほほえましい。

保育園のスズメの話が、小学校の話になり、中学の部活や高校受験の話、やがて大学生になり、今では仕事の話になっている。

大人になったなあ~としみじみと思う。

彼以外の保育園仲間も、親の宴会に参加してくれたり、一緒に飲めなくても顔だけ出してくれたり、と昔と変わらず接してくれる。

自分の子供の成長だけでなく、同じ時間を共にしたほかの子供の成長もずっと見守って行けるなんて幸せなことだ。

自分が年を重ねて、なんとなく先が見えてきた今日この頃、どんどん大人になっていく彼らを見て、しみじみと幸せを感じる。

この先も、しみじみ思うことが増えるんだろうなあ、などと思いつつ・・・。

そして彼は、長男不在のまま、次男と3時間くらいゲームをして帰っていった。
また来てね~













コメント

多肉植物のスクエア壁飾り

2018年08月11日 | フラワーアレンジメント
毎日毎日こう暑いと、生花なんてあっという間に枯れてしまう。

ということで、今月のレッスンは、フェイクの多肉植物を使った壁飾り。

こんなフレームに



多肉植物もどきをグルーガンでペタペタ貼り付けていく。



近くで見ても、とにかく本物そっくり
エアープランツなんて、本物と混ぜても絶対にわからない。

すぐに終わるかな、と思ったけれど、バランスを考えて配置するのがなかなか難しい。



お向かいの席でもお二人が同じ花材ですでに作り始めていたが、お二人は一回り小さいフレームを2個使うタイプにチャレンジしている。
どちらかを選べるのだ。

多肉植物をあっちに置いたりこっちに置いたり、長いものはどんな風に垂らそうか・・・などと考えながら貼り付けていたら、やっぱり時間がかかってしまった。

でも何とか完成



真夏は、この涼しげな壁掛けを玄関に飾って、楽しみましょう


コメント

チャレンジ 紫蘇ジュース

2018年08月01日 | 料理
1ヶ月ほど前、母が紫蘇ジュースを作って持ってきてくれた。
ここ数年、赤紫蘇が出回る季節になると作っている。

ワインのような深い赤と紫蘇の香りが
なんともさっぱりとして、暑い季節にはピッタリだ。

これに、思いの外、夫がはまり、お風呂上がりなど、炭酸で割ってごくごく飲んでるうちにあっというまになくなってしまった。

私はあんまり飲んでない・・・

そんなとき、生協のカタログに赤紫蘇を発見。

私も作っちゃおうかな、と思わず買ってしまう。



届いた紫蘇の葉っぱを綺麗に洗って、煮込む。

赤紫の葉っぱが緑色になったら取り出して絞る。

砂糖とハチミツを溶かしてひと煮たちさせて、濾したら出来上がり。

わりと簡単。



母のジュースは2倍希釈くらいだったけど、保存に場所をとるので、私は5倍希釈くらいの濃いめに。

せっかく梅酒を作っても、お酒が飲めない私は自分で楽しむことができないけれど、これなら大丈夫❗

季節の味を楽しむとしましょう🎵



コメント

ウオッシュブルーのカゴバックと花

2018年07月25日 | フラワーアレンジメント
今月のレッスンはカゴバッグを使ったアレンジ。

ウォッシュブルーのこのカゴに



デニムで作られたお花をグルーガンでペタペタ貼り付けて、オリジナルのカゴを作る。



私はこんな風に貼り付けてみた。
こういうデザインがとっても苦手・・・



あとは今日の花材をこの中に花器を入れてアレンジしていく。



トルコキキョウとかデルフィニュームとか。
ブルーとホワイトが夏っぽくて涼しげだ。

完成です。



お花が終わったら、カゴバッグとして使える。

けれど、私の年だとちょっと恥ずかしいかも・・・。

ま、夏だからヨシとしましょう




コメント

東京観光2日目

2018年07月24日 | 友達
連日の暑さの中、私が連絡したときには友人はすでに一人で六義園に行っていた。

ものすごい行動力。

出遅れた私は、彼女の次の目的地、スカイツリーのプラネタリウムで待ち合わせることとなる。

それまでの間、少し遅れて届いた外注の図面を確認したり、書類とともに綴じこんだりして、翌朝の発送の準備を整える。

ひととおり準備を終え、18時の上演に間に合うようにスカイツリーに向かう。



スカイツリーに来るのは何年ぶりだろう。

先についてすでにソラマチの下見を終えている彼女に連れられて、塩の専門店に。

びっくりするくらいの種類の美味しそうな塩が並んでいて、どれもこれも欲しくなる。

パクチーがたっぷり入った、なんて商品説明を見たら、札幌のパクチー好きの友人を思い出し、ついつい買ってしまう。

私自身のためにはこれを。



雪塩はおまけにいただきました。

そうこうしているうちに18時の上演時間が迫る。

上演、っていうのはこれのこと。



プラネタリウムのバックにコブクロの歌が流れるらしい。
そして、初めて知ったが友人はコブクロのファンらしい。

このところ仕事が忙しくて、寝不足の私。
暗くなって、しかもリクライニングで、っていうと寝てしまいそうだ。
その昔、池袋のサンシャインシティにあったプラネタリウムで爆睡してしまった過去もある。

けれど、久々のきれいな星空は新鮮で、あの星座ってなんだっけ?などと記憶を絞り出したりしていると意外と眠くならない。

宇宙ステーションからの目線で見下ろす星とかオーロラとか、不思議な感覚だ。

コブクロの「流星」が流れると、ドラマを思い出したりして、私の頭の中はフル回転だ。
しかも、偶然だが、私は数日前、このあたりの曲が入ったCDを仕事をしながら聞いていた。
疲れてくると女々しい曲が聞きたくなるのだ。(失礼ですね

ふと見ると、友人はうつらうつら。
前々日からロクに寝ていないうえに炎天下を歩き回ったのだからさぞかし体力も消耗したことだろう。

終演後、「考えてみたら帰ったらこれくらいの星はいつでも見られる」なんて言っている。

久しく忘れていたが、確かにそうだ。
私など、天の川なんて普通に見えていたので、それが天の川だってことに小学校4年生くらいまで気が付いていなかったくらいだ。
七夕あたりになったら、どか~んと現れるんじゃないか、って本気で思っていた。

プラネタリウムなど、スカイツリーの施設の入場券などがあればソラマチのレストラン街でいろんな特典があるらしいので、私たちは世界のビールがあるというお店に入る。
ここは、このチケットを見せると飲食代がなんと20%オフ

せっかく世界のビールがあるけれど、私はお酒が飲めないのでソフトドリンクを、彼女はドイツのビールを飲んでいた。
ここでまた、ラストオーダーまでおしゃべりをして、締めにソフトクリームを食べて解散、となったのだが・・・。
このソフトクリームになんとビールが入っていた。
なんか苦いなあ~と思ってメニューをよく見ると、ベルギービール×バニラ、みたいな表示が・・・。
もう、大半食べてしまった・・・。
そしてみるみる顔が赤くなる。
ヤバい・・・

体質的にアルコールを受け付けない私は、量によってはヤバいことになる。
幸いアイスに含まれるくらいではさすがに大丈夫だったが、家に帰ってからも頭皮まで赤い、と家族に散々バカにされた。
めっちゃお酒を飲んだ人の顔だ
ソフトクリームでこれってかなり恥ずかしい・・・
気を付けよう。

ともあれ、友人との楽しい2日間が終わった。

翌日と翌々日はお仕事がお休みのお嬢さんと行動を共にするとのこと。
親子水入らずのひとときを楽しんでいただきたい。

思いがけず楽しい週末を過ごすことができた。
私を思い出してくれて、誘ってくれた友人に感謝感謝

日頃忙しく働く彼女のリフレッシュの時間を共有できて、私もかなりリフレッシュ。

楽しかったです。ありがとう

またお会いしましょう















コメント