Reflections

時のかけらたち

鳥たちに囲まれて(鳥の名前追記)・・・ with birds

2018-07-31 23:54:03 | nature
自然の中に行ってホッとして、都会の家に帰ってもホッとして・・
都会に戻ると自分自身のバイオリズムというかサイクルが狂い
軽井沢では8時半に眠たくなって寝た日もあるのに昨日は
2時過ぎになってしまいました。

4日間のうち、最初の二日は晴れ、残りは台風の影響を
受けて、雨でした。 それでも合間をぬって出かけたり・・
台風が通り過ぎる時はテレビがいつの間にか、消え、とうとう電気も
消えてしまい静けさと闇の中・・





雨が降る中、小鳥の泣き声で、家のまわりに来る
鳥たちを見ていました。
隣のお化け屋敷のような廃屋が取り払われ見通しが良くなり
鳥さんたちも木々の間をよく飛び回っていました。
近くのカフェラヴィーンまで行って庭に来る鳥を見なくても
少しは見れます。




木の葉を揺らすのは風なのか
鳥なのか、雨なのか、目を凝らして
見つめていました。



家のまわりに、珍しい鳥たちが雨の合間をぬって
また雨宿りなのか来て、鳴いています。





羽の裏がブルー色をしている鳥や少し大きめの鳥、いろいろな
鳥を部屋の中から眺めることができました。

写真に撮れなかったものや撮れてもぼんやりしているものとか・・
それでも今までに聴いたことのないようなかわいい鳴き声も聴きました。

出会った鳥たちは
多分 いつものシジュウカラ、カワラヒワ、ゴジュウカラ、アカハラ?
それにキセキレイ・・これは軽井沢では初めて見ました。













これはヒガラかしら? → コガラ




台所の窓から外を撮っているので、よく撮れません。
かわいいような気がするこの鳥はいったい何かしら? → ヒタキ類の雌(もしかしてオオルリ♀?)
今回レンズはズームレンズ1本だけしかもって来ていません。鳥がいると望遠レンズが欲しくなります。
ニコンのデジカメかキャノンのレンズにするか悩みどころです。




シジュウカラ




これは何なのかさっぱりわかりません。大きな鳥だったかと。 → アオゲラ



最終日にプリンスウエストのラウンジ マロンにいたときにベランダの先に飛んできた鳥。






アカハラかしら?
アカハラは軽井沢の町の鳥でもあります。 → ホオジロ




これは全く見当が付きません。 → ハクセキレイ幼鳥


軽井沢は野鳥の宝庫らしいです。野鳥の会に入っているいとこが軽井沢永住を試みます。
今度会ったら、また一緒にバードウォッチングをして教えてもらいたいです。
子どもが小さかった頃、ピッキオの観察会に一度だけ行ったことがありますが、これから花だけでなく
野鳥の森に行って、野鳥を見てみたくなりました。


写真はうまく撮れなかったけれど、私のドキドキ感が伝わったでしょうか?
鳥は姿だけでなく、鳴き声がかわいいのよね。


July 26-29 2018   Karuizawa


ツグミさん、あるばとろすさん、諏訪ッチさんという鳥エキスパートの方たちのおかげで
鳥の名前がわかりました。ありがとうございました。これから勉強します。
コメント (6)

足の向くままお花見散歩 - 3  ・・・ freewheeling walking for cherry blossom viewing -3

2018-04-05 23:56:29 | nature
千鳥ヶ淵の桜を見た後に、22日に行った時に途中でカメラが動かなくなった小石川後楽園へ地下鉄で
一駅乗って向かいました。
あの時のカモの赤ちゃんも心配で・・



ランチは涵徳亭でお弁当を食べました。外用のお弁当が売店で売っていなかったのでお店の中で。
とてもおいしくて、750円という優れものです。外国人も一人で入っていたりしています。




園の中は濃い色のベニシダレも少しだけ咲きはじめていました。

























カモの親子がやってきました。カルガモかと思っていたけど、マガモだったのね。










数えると子供は4羽しかいませんでした。
公園の入口のガイドのお姉さんに聞いたら、寒さとか、他の動物に食べられたりしてしまうそうです。
ここも安全ではなかったのですね。アオサギとかも食べちゃうらしい。
あの時8羽いたのにかわいそうにと思いましたが、お姉さんがそれが自然なのよと話していました。












































March 25  2018   Koishikawa Korakuen
コメント

秋の森を歩けば -2 ・・・・ walking in the wood in fall

2017-10-01 22:30:44 | nature
季節はもう10月にすすみ、今年もあと1/4を残すばかりとなったなんて
信じられません。

このスピードで1年1年が経って行って、年を取るとまたもっと加速するのかしら?


諏訪に行った時の写真の続きです。


★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆


森の木道を歩いて行けば前の方にまたリス君が・・
胡桃を食べている様です。










これはサンコウチョウが作った巣。もう飛び立ってしまっていました。























またしてもリス君・・




すばしこくてついて行けません。











今度は鳥の群れ。カラ系が・・ シジュウカラやヒガラ、アオジもいたとか・・・
ゴジュウカラが近くに・・・














行く先々に再び・・




































こんなに近くに・・・






私たちと遊んでくれたリス君でした。





























花と鳥とリスと・・楽しい森の小道の散歩でした。


Sep.21 2017  Yatsugatake
コメント (2)

秋の森を歩けば -1 ・・・・ walking in the wood in fall

2017-09-30 23:59:51 | nature
いよいよカメラの買い替え検討中です。
今日はヨガとイタリア語の後で、新宿のキャノンショップに寄って
最後の確認です。

イタリア語は全く復習・予習をしていかなかったですが、
記憶をたどって、また楽しい授業です。
とにかく先生が自由に楽しく進めて行ってくれるので
教え方上手だと思いました。組み立てもすごくよくて・・
テキストは見ないで自分の力で簡単なことを話せるように
してくれます。
ちょうどイタリア旅行から帰ったばかりのSさんの話も
時に交えて、実践イタリア語です。

キャノンショップでは修理するより、買う方がいいことを最終チェック。
シャッターは9万回以上押しているので、もう寿命。ボディは治せない・・
そして以前も修理してもらったズームレンズは治したら2万円くらいかかるとか・・
もう替えるしかないですね。
しかもカメラ下取りで。

後継機80Dかあこがれのフルサイズ(すぐフルボディと言ってしまうカンカン)
にするかです。5Dはちょっと無理だしプロ仕様なのでがんばって6DMarkⅡにするかです。
娘はミラーレス、オリンパスペンがすごく気に入ったようです。
あとNikonのPシリーズも見てきました。鳥を撮るならこれかなと・・

いずれにしてもカメラも消耗品です。40Dは10年近く使ったお気に入りでした。
フルサイズでも6Dは軽量型で年取っても持ち歩くのにまあ大丈夫かと。


★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆


9月21日の八ヶ岳高原の森の花たちの続きです。
この辺の地域を蓼科と言うのか、諏訪と呼んでいいのかいつもわからないカンカンです。





























ヤマハッカなのかカメガヒキオコシだったのかわからなくなってきています。






































コメント

秋の竜神池のまわりで ・・・ near the pond

2017-09-29 23:59:29 | nature
今日は仕事を終えてから、三越まで行って、伝統工芸展を
見ました。その昔、志村ふくみさんとかが出していた時は
見に行っていましたが、本当に久しぶりです。

工芸の世界も厳しいようですが、これだけの作品があると
頼もしいですね。

着尺とかとても細かい作業ですてきでした。
さわやかな色合いのものが多かったです。
日本の風土や四季も感じさせる作品がありました。
上布や花織もよかったし、綿のものも少しあって
久留米絣も出ていました。何か若々しさを感じるものでした。
どんな織になっているのかしらと見つめてしまったものも
ありました。

新宿区の臨時職員の規則から10月は仕事がオフになります。
同期会のことや、いろいろ用事が入ってきて結構スケジュールが
いっぱいです。休みに入る前の月末は結構仕事が過密状態でした。


★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★

写真は諏訪行の続きです。

小さな花を見ながら進むと
竜神池に出ました。
池では鴨が泳いでいました。
















































遥か先にみつけたリス君。まるで私たちを先導するようにちょこちょこ前を進んでいました。
胡桃を食べていたのを邪魔してしまったのかしら?





























Sep.21 2017 Yatsugatake
コメント

petites vacances

2017-07-24 23:57:34 | nature
自然の音を聴きに出かけた小さな夏休み。
鳥のさえずり、風の音、風が木々の葉を揺らす音・・
ひぐらしが鳴く夕暮れ時
雨が木の家にあたる音・・
目が洗われる緑・・

雨の音はなぜか子供のころに引き戻す音。
マンションに住むようになってから特に雨の音は
聞いていない・・

今回は今までに行ったことのないところに行ってみようと
家から歩いて行ける軽井沢現代美術館と吉村順三の建築を残すためのプロジェクトのひとつエロイーズ・カフェ
を選びました。


   
















* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * 














* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

















* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *




朝、炊事をする窓から見える木に鳥がやって来た。シジュウカラのよう。




こちらはスズメかと思ったけれど、見た目ツグミのようです。スズメくらいの大きさのようだったけど。
そういえば軽井沢で雀はほとんど見たことがないような・・






















July 21-24  2017  Karuizawa
コメント

裏高尾のかわいい花たち ・・・ airy-fairy flowers in Ura-Takao

2017-03-19 23:58:18 | nature
2月の初めころだったか裏高尾に行きたくなって、3月までには足腰が良くなっていると
いいなと思っていました。時々ビビット痛くなることはあってもほぼ完治。

昨日今までネットで調べていた裏高尾を見直して、今日行くのが一番いいような気がして
実行できました。体の調子に自信がないし、写真を撮るので人に迷惑をかけてしまうので
一人で気楽に行って来ました。高尾山は小学校の遠足で行ったのと、そのころ家族登ったことが
1回あるだけというところです。裏高尾はそこから高尾山に上る人もいれば
景信山や陣馬山が近くにあり、前者は中学の時登り、後者は就職してから職場の人たちと
リクレーションで確か登ったかと・・以降山には行っていません。

ほぼ計画通りに予定のコースをまわって疲れて帰ってきました。
歩いているときは何も感じなかったのですが、バス停でバスを待っていたら
もう一歩も歩けないように足が動きそうもありませんでした。

鳥の声と水の音と・・・ちょっとこれからも裏高尾にはまってしまうかも。
鳥の鳴き声もいろいろあったし、沢ではウグイスもすごく近くにいるように
聞こえました。沢に沿って歩くのは気持ちがいい。いつでも流れの音が聞こえる。

出会ったお年寄りのご夫婦にこれから花がどんどん咲くわよと言われて
散歩道の一つにしたい場所です。



行程

新宿(京王線) 8:47 発
高尾駅北口 (バス) 9:52 発
日影      10:03 着
日影沢を花を求めて散策
小下沢 梅林 散策 お弁当 11:45
小下沢林道から景信山登山道へ
ザリクボの滝で折り返す。14:00
日影バス停 着 15:00
15:13のバスが遅れて30分近くに到着

ブログでたくさん調べていたので、このくらいなら行けそうかなと
思って行きました。ちゃんとした地図がなかったのがちょっと問題でしたが
人に聞けば何とかなるかと思って・・
昨日ギリギリでしたが、以前高尾山の登山を誘ってくださったことのある娘の
小学校の時の先生に電話でお話を聞いて、日影のハナネコノメを見てから
小下沢へ行くといいというアドヴァイスをいただきました。先生はいつも年賀状に
珍しい花の写真を載せています。

高尾駅に着いた時はバス停にすごく人がいてなんと小仏行きのバスが3台出ました。
増発してくれて助かります。歩けない距離ではありませんが、その後のことを
考えるとここはバスの力を借りたい。




日影のバス停で降りる人は少なかったけれど・・
登山スタイルの人たちがあちこち散って行きました。




ユリワサビ



裏高尾にはたくさんの種類のスミレがあると登山の番組で聞いたことがあります。


日影林道の方に入って行って
小さな花たちをみつけて写真を撮っているとハイカーと
自然に話が始まって私が今回見たかったお花No.1の
ハナネコノメの群生している場所を教えてくれました。




ハナネコノメがジャスト見ごろでした。







アズマイチゲ














ハナネコノメを見たので、日影林道にはこれ以上進まないで、小下沢(こげさわ)林道に向かいました。




小下沢梅林をぐるっと回って、ここでもスミレをみつけて撮りました。梅の香りに包まれてとてもいい気持ちでした。




12時少し前でしたが、木の切り株の椅子もあるし、お弁当のおにぎりを食べることにしました。
ここは3月いっぱい解放されるとのことでした。おいしそうな桜餅を売っていたので、デザートに食べました。
おいしかったのでお土産にも買って帰ることに。




小下沢林道に入っていくと人がいなくていやだなと思っていたら後ろから女性二人親子なのか友達なのか・・が来たので
ちょっとほっとしました。この二人組と途中で追いついた老夫婦で時々花のある場所で一緒になりながら進んでいきました。

途中日影沢でお花のことを教えてくれた方が下ってきて、エイザンスミレが咲いていることを知らせてくれました。
一番大好きなスミレだと話していました。



エイザンスミレ。高尾には高尾山にしかないスミレもあるとか。




ヤマルリソウ  山歩きをして花に出会う喜び。なかなか出会えないから。



一輪だけとニリンソウとそこにいた人たちで決定しました。




アズマイチゲも午後になるともう閉じてしまいます。葉っぱまで。
もしかするとキクザキイチゲかもしれません。手がかりの葉っぱが確認できません。


景信山登山口までやっと来て、ここから急な道だけど登っていくとハナネコノメの群生が見られるというので
休憩もしないで進んでいきました。どこまで行くと見れるのかなと思っていたところやっと沢と山道の分岐点が来て
その先、沢を少しの登ると滝が見えて、そこに咲いているとのこと。













滝まで来たらあとは戻るだけ。
小下沢林道をひたすら下ります。








梅林まで戻って、民家の前につくしが出ていました。



4時ころ駅に戻ったのですが、コーヒーでも飲みたいとろ、早く帰って新しいワインを開けて飲みました。
いいお天気で、気持ちのいいウォーキングができ自然の中にいる幸せを感じた一日でした。

写真を400枚以上撮ってしまったので、これから整理して少しずつ、しつこく載せていきます。

コメント

ジョビちゃん久しぶり!・・・・ How long to see daurian redstart!

2017-02-18 23:59:32 | nature


ちょっと寒気がして、花粉と風邪症状が入り混じったような花粉症季節の始まり。
今日しかないと思い、星岡の日本料理講習会の前、午前中に白金の自然教育園に
セツブンソウとユキワリイチゲを見に行きました。
スプリング・エフェメラルの登場です。
新宿御苑でもジョビちゃんに会ったのでもしかすると自然教育園の水辺にも
来ているかとかすかな期待もありました。

ところが「ジョウビタキ!」と叫ぶ小さなまだ幼稚園くらいの男の子のおかげで
水生植物園にジョウビタキが来ていることがわかりました。
そちらに向かうとあっという間に木の上に行ってしまって、そのあと少し遠くの
木に移動したのでこちらも移動。遠かったけれど何とか撮れて、点のような
ジョビちゃんがリサイズしないでこのように撮れました。











ユキワリイチゲ






















Feb.18  2017   the Institute for Nature Study, Shirokane
コメント

高いところにいるメジロちゃん ・・・ white-eye on higher branch  

2017-02-06 20:37:50 | nature
2月3日の新宿御苑で、河津桜が咲いているのを見に行った管理事務所の
近くの寒桜にメジロが来ていました。ここに来ると良くメジロちゃんに会うことが
できますが、いつも高いところにいて、光の加減で真っ黒になってしまったり
難しい場所です。

海外からの観光客に混ざってメジロを花用のマクロで撮りました。














この後日本庭園に回って、寒桜が前回はほとんど咲いていなかったのにほとんど満開。
人も周りにたくさんいたので、メジロちゃんの食事時間と重なったかと嬉しくなりました。














































































このあと、もっと近くまで降りて来てくれて撮ったのが、昨日アップした写真です。
メジロちゃん大サービスの午後でした。





コメント

目の前に舞い降りた天使  ・・・・ angel on the tree right front

2017-02-05 23:57:50 | nature
マンサクを見に行った新宿御苑であの寒桜のところに行ったら
数羽メジロがいて、ひとだかり・・・ しばらくすると私の目の前に
来て、上にもいたり・・ 幸せな時間でした。
春が舞い降りたみたいに。

花を撮るのにマクロレンズしかつけていなくてマクロでもこんなに近くに
撮れました。




















































































生きる喜びにあふれていたメジロを見る幸せ。




Feb.3  2017  Shinjuku Gyoen National Garden
コメント