紫苑のきもの&60代から何ができる?

きもの着付けは引き寄せのとてもいいレッスンだとほかのことに応用。環境どんどんいい方向に。探求、実践してみます。

琉球壁上布で飲み会

2018-08-21 18:28:45 | きものコーディネイト

 

黒留の練習をしたあと、

友人と食事をしました。

なにかと落ち着かない日々ですので、

外出は控えるようにしていますが、

ちょうど着物着たいなと思っていたので、

グッドタイミング。

 

琉球柄の壁上布です。

蝶柄の絽小紋のあまり裂を帯揚げに。

絽綴れの帯。

 

この着物、明るすぎてなんだか落ち着かない。

そろそろ卒業かも。

太陽の元ではすこし気合必要。


夕方お出かけなので、着用してみました。


 

光がきれいなお店。


 

 

光が当たると明るすぎるブルーに。

黒留からこちらを着ると、

ものすごく楽。

すぐに着付けできる。

 

色的には暗いトーンのほうが落ち着くし、

似合うように思う。


着丈は大丈夫なはずだけど、

なぜかおはしょり短い。

あまりに無意識に着付けたので、

手が、先に着付けた黒留の長さを

覚えていて、そこに合わせてちゃったんですね。

 

忘れていたけど、

アップさせていただきました。

普段きものが特別なモノでは

なくなった~~。

残るは黒留~~。

 

いつも応援ポチ

ありがとうございます。


にほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ
にほんブログ村

 

コメント

コンパクト財布にしたらお金が増えた~~

2018-08-21 08:15:24 | お金について

 

なくしてしまった長財布。

かさばる上に、必要のないポイントカードまで

どんどん入れるから、

どんどん重くなる。

 

コンパクト財布にしました。

 

手のひらサイズ。

 

ジップ財布とどちらにしようかと迷いましたが、

ホックのほうがすぐに開くので、こちらに。

 

 

入れるものは最小限。

ポイントカードはTポイントのみ。

あとはもうもらわない。

やたらとくれるポイントカードがいっぱい。

ほとんど使っていない。

ポイントカードから解放(笑)

 

 

クレジットカードは前から持ち歩かない

ネット使用のみですが、

銀行、郵貯のカードも持ち歩かない。

必要かも、と思うときだけ。

いまはどこでも下せる。


 

お金も万札から千円札メインに変えた。

普段の買い物は、ほとんど千円単位。

 

お店で長財布出すとき、

立派なものであればあるほど、

万札、出ていくような気がしてた。


人が使っているのを初めて見たときは

「この人お金持ちそう!」とびっくりした。

確かにお金使っていた~。

長財布、私には立派すぎた。

欲しいなと一瞬思っても、お金わざわざ

下ろすのメンドウなので、

衝動買いしなくなった。


いつも頭にあったお金のことが

すっと消えた。

ついでにお金への心配も不安も消えた


バッグも心も軽くなった。

銀行口座の数字も減らない。

それどころか、

なぜか仕事や臨時収入で入金が増えた。


というわけで、

長財布、

ココロのなかでいつしか

邪魔もの扱い、捨てるにも抵抗があり、

手に余っていたので、

出ていったのね、きっと。

 

「一寸先は、やはり~~なくした」

 

今の私には、生活にも心にも

ぴったりの、

手のひらサイズが一番。

 

 いつも応援ポチ

ありがとうございます。


にほんブログ村

 

コメント

「引き寄せ」を即・実感するには~~

2018-08-20 09:48:03 | 「引き寄せ」の法則
 
 
 
引き寄せって、
もともと「マイナス思考」
から出てきたんですね。
 
というのは、
フロイトやユングがヒステリーなどの症状から

深層意識、無意識というものを発見。

フロイトが性原因説にこだわったのに対し、
ユングはそれだけではないと考えたという
違いはあるのですが、


ともかく、人の性格や言動に
「無意識」「深層意識」は
大きな関わりを持っている。
 
 
 
 
 
 
精神科医たちが無意識を、
病気の治療に使ったのに対し、

無意識を「プラス」の方向に使おう、
と考えたのが、
「思考は現実化する」「マーフィーの法則」
などの成功哲学なわけです。
 
元来人はマイナス志向(思考)を
する傾向にある。

それには理由があります。
 
これは人類が生き延びるために
必要な能力なんですね。

不安や恐怖を抱くことで、
用心深く行動し、
リスクを回避することで
サバイバルできた。
 
暗闇や食物の心配などなど。
その必要がなくなった現代でも、
それらは潜在意識のなかに残っている。


特に敏感な人ほど、この傾向が強い。
炭鉱のカナリア理論ですね。
危険を察知してさえずる。


 不安も恐怖も頭のなかのイメージであり、
現実にはない幻影かもしれない。

でも、人類はまたそのイメージによって、
さまざまなモノを、
実際に創造してきた。

飛行機とか船とか~~。
神も~~?
想像は創造につながる~~。

 
 

世にあまたと出ている「自己啓発」が
クドイほど「プラス志向(思考)」
を唱えるのは、

声を出して唱えろと言ったり、
ノートに書けと言ったり~~。
 
かなり意識的にやる必要があるのは
そのためです。


 
 

それほど人は、
マイナスに引き付けられる傾向がある。

 
 「引き寄せ」パワーを
即実感したかったら、
意識的に「マイナス思考してみる」!

あの人、私のこと嫌いなのかしら。
アッ、やはり避けた!
嫌味を言ってる。
旦那が遅いのは浮気?遊んでる?~~。
私ばっかり嫌な目に遭ってる~~。


 
美しい景色をイメージしましょう。
それだけで心安らぐ。



私、若い頃、実際にこれをやって
「アッ、やっぱりだ」と効果?を
実感していたんですね(汗)

 
だからこそ、
「引き寄せ」って、
意識しさえすれば
いいパワー「気」も
引き寄せられるんだと、
いま強く実感できているわけです。

今では人のこと考えるエネルギーを
自分の好きなことに使う。

実際に「願い」が叶ったこと
何度もあるんです。
いいほうの願いですよ。
次はそのカンタンな方法を。
 
というわけで、
マイナス実験、できれば実行しないでね。
自己責任でお願いします~~。
 
いつも応援ポチ
ありがとうございます。


にほんブログ村
にほんブログ村

コメント

全然ダメだ・黒留レッスン。

2018-08-19 11:15:44 | 家族の結婚エトセトラ

 

奇跡的に涼しい日が続いています。

そうだ、黒留着付けの練習しなきゃと、

え用意しました。


黒留は何度か着ていますが、

心配なのは帯ですね。

姪の式のときは、つけ帯だったのよ。


写真の袋帯はリベンジ用。

垂れが長すぎる。

 

前はオシドリの刺繍。

ヤフオク・プチプラで・

着丈がちょっと短いのです。

結婚式にプチプラってどうよ、と思うかもしれないけど、

これは個人の方から譲っていただいた優れもの。


 

 

で、今回の着付け。

わあ、ぜんぜんダメだ。

 

ひなやの袋帯。

 

この格子の部分がお太鼓に出ない!!。

きものも重い、かさばる~~。

 

礼装用の襦袢にはまだ半襟付けていないので、

夏用を適用。

衿周りがうまくいかない。

あああ、

もっと早くから練習しておけばよかった。

あの暑さの中、とても着る気になれなかった、

というかレッスンすっかり忘れてた。


恥ずかしいけど、とりあえずアップ。

 

何年か前のほうがきれいに着てるね。

帯締めNGだけど。

 

衿の出方が偏っている。

帯締めまで手が回らないので帯板もなし。

このタイプの帯締め締めるの難しい。

 

きもの警察の方々、どうか逮捕しないDene


普段きものがあんなに楽だと思い知った。


こりゃ、大変だ。

何度か練習してみて、いざとなったら

お願いしようか~~。


ヘアはこんな感じ。

ヘアはお願いするのですが、

このヘア、あっという間にできた

気にいったので、今後はこれで行こう。

 

 

 

公園の木の葉はもう色づき始めています。

秋はすぐそこ。

 

黒留着付けレッスン、さてどうなりますか。

でも着付けに集中できて、

よけいなこと考えずに済むね

 

いつも応援ポチ

ありがとうございます。


にほんブログ村

コメント

「やめなきゃ」より「やりたい」ことを考える

2018-08-18 10:56:35 | 「引き寄せ」の法則

 

何年も「捨てなきゃ」と思いながら、

その都度挫折してきました。

あることを「やめたい」「こうしなきゃ」

思うと、

逆にそれに捕らわれてしまうのですね。


たとえば、

タバコや甘いものをやめたいと思うと、

もうそのタバコや甘いモノで頭のなかは

いっぱいになる。


「身体に悪い、ダイエットしなきゃ」と、

自分に言い聞かせても、

その無理やりな言い聞かせで、

 頭の中にある甘いモノのイメージを

打ち壊すことは難しい~~。


旅行が好きだったけど、いつしかきものに。

台湾。


そのあと、手仕事に~~。

 

「やめなきゃ」と思うもの

(タバコや甘いモノ・例えです)は

いったん棚に上げて、まずは

自分のしたいこと、

好きなことのイメージで頭を満たす


すると甘いモノ、タバコなどは

頭から出ていってしまいます。

「痩せなきゃ」は「あの洋服着たい」

というイメージを膨らませ、

頭をいっぱいにする。

 


私の場合、これは「捨てなきゃ」

洋服や小物など「捨てなきゃ」と

「思い続けて」きた。

でも、その「思い」は「もったいない」や

「(洋服・きもの)好き」に

阻まれて、なかなか実現しない。


ところが、新たな「好き」を見つけた途端、

もう「気」持ちはすっかり

そっちに向かってしまいました

 

私は、あるものに固執する

傾向がありますが、

逆にいうと、

集中力があるということ。

これを利用して、

「やらなきゃ」より「やりたいこと」に集中する。

同じようなモノに執着する傾向がある」

 

集中したあと、ああ、甘いモノ?(笑)

少しずつ馴らす~。

 

洋服、捨てなきゃ」ではなく

「あのきものを着たい」


モノの山にうんざりするより、

すっきりした部屋をイメージする。


「式、出たくない」ではなく

「黒留、着られる」

 

 

心地よく暮らすためには、

自分が接するものや出来事に対し、

とにかく

いいイメージを抱く

これが大事、

もしかしたら一番大事なこと、

かもしれません。


と、ことさらいうのは、

人は(私は)マイナスに

引かれてしまう傾向があるからなんですね。


いつも応援ポチ

ありがとうございます。



にほんブログ村

コメント

花邑帯教室・更紗帯作成中

2018-08-17 19:00:50 | 手仕事 和裁

 

花邑帯教室に行きました。

作っているのは、またまた更紗。


こちらは裏。同じ布の別部分を使用。

 

更紗帯、何本も持っているのですが、

家にある布を使おうとしたら、

これがベストだった。

 

帯教室は当分お休みするのですが、

途中までになってしまいました。

 

それはともかく、

花邑さん、帯教室はそのままですが、

帯販売は中止するそうです。


で、9月からは嬉しいバーゲン。

なんと40%からモノによっては

80%!引きだそうです。

 

絞りに蝶の帯。

更紗に別の帯を接いである。

写真、デジカメなので、あまりよくないです。

また改めてアップしますね。

もちろん、誰でも入れる、買えます。



教室ではまたまた珍しい帯を作っている方が。


 

なんと、糸を細編みにして帯に。

帯芯は入れないので、糸に工夫がいるそうで、

いろいろ試行錯誤しているとのこと。

細編みで帯ができるなんて。

この教室に来て、いろんな素材で

帯が作れることがわかりました。

 

 

 

教室に行く途中でトイレに寄ったら、

そこに可愛い小鳥が入ってきた。

あとついてきた?



雀ではなく、少し鶯色かかった鳥。

 

鶯かと思って調べたら、メジロだそうです。

目白だからメジロ?

鶯とメジロの違いとは!」

 

 

鳥は富をもたらす

メッセンジャーですよ。

やっぱりね!!

唯一無二の本格的帯教室・花邑帯教室に

帯、バーゲンに興味ある方はこちらを。

 

ということで、

いつも応援ポチ

ありがとうございます。


にほんブログ村

コメント

良きイメージの強力なパワー・ありがとうございます

2018-08-17 09:37:06 | 家族の結婚エトセトラ

 

結婚式に向けて揺れる娘の気持ちを

「まあ、そんな気持ちになることもあるよね」

と優しく受け止めることなく、

ここぞとばかりに

自分の「思い通り」の方向に

向けようと操作した悪しき母の心~~。


ぶんぶとうるさい蚊のごとく

ぱちんと叩き潰されてしまいましたが。


 

式、近づいてくるにつれて

緊張が強くなるのは無理もない~~。



そんな紫苑を、優しく受け止めてくださり

嬉しいコメントをいただきました。

 

 

男きもの」の鴨志田さんからは、

こんな愉しいコメントを。

以下、アップさせていただきます。

 

「~~自分の事を振り返りました。

親戚以外は会費制。

客入り客出しまで全てのBGMも決めて

テープにダビング。

余興もこちらからオーダー。

雛壇からはすぐにおり、皆と同じに食事は食べ、

司会者も友達、式の進行も指示出ししました(笑)。

楽しかった(笑)

仕事関係の招待者の祝辞は周りがあまりに

フリーハンド(仲人挨拶さえ原稿禁止にしました)に圧され

書いてきた原稿を広げずフリートーク。

週明けの会社の朝礼で

「カルチャーショックを受けた」

と社長が話していたと同僚から聞きました。

    -----



愉しそうですよね。

式の様子がありありと目に浮かんできます。

私も親戚、友人などの式に

何度か出席しましたが、

考えてみれば、出席する人、皆、仲良し。

皆、あなたを好きな人ばかりだよ。


堅苦しく考えないで、

どんどん楽しんじゃおうと

いう気持ちになりました。

思い浮かべるイメージが変わってくると、

ホントに、気持ち変ってきます。


子どもの頃の遠足や運動会の前の日を

思い出します。

明日への期待の、楽しいイメージが

頭のなかい広がって、わくわくしていました。


うん、いいイメージの力ってすごい。

君が単純なんだよ。

 でも単純ってこれまた力です。


 

愉しいイメージ膨らませて

準備に向かいたいと思います。

さあ、黒留を着る練習しようっと

やはりそこですか。

黒留め・リベンジレッスン

何年か前、姪の式の時いろいろ不満が残ったので、

リベンジ練習したときのモノです

 

黒留、新調したんだった。

着なきゃね。

何枚も黒留持ってどうするの?

と娘。

たしかに。


ブログを読んでくださる方々に

助けられています。感謝しております。

その上、

いつも応援ポチ

ありがとうございます。


にほんブログ村

 

コメント

「結婚式やめようかな」「やめよう、やめよう」

2018-08-15 19:03:12 | 家族の結婚エトセトラ

 

お盆に帰ってきた娘が

「式、やめようかな」

ぽつりとつぶやいた。

 

聞けば、式に向けてのエトセトラ、

自分一人の肩にかかってきて、

相手は「なにもしてくれない」のだとか。

「~~一緒にやることに意味があるのに、

これでは何のためにやるのかわからない~~」

 

直接のイライラは、自分で作ったビデオの焼き付けが

うまくいかないことらしい~~。

 

単なるボヤキと取ればいいものを、

ここに私の密かな願望が反応、

引き寄せたのか~~?


「~~そうだよ、意味ないよ。

一人に押し付けるのはよくないよ」

「今ならキャンセル料払えばいいだけだから」

「式に何百万も使うより、

それをほかのことに使ったほうがいい」

云々カンヌン~~。

「思い」があやうく実現しそうになったのか?

 

私、式とかホント苦手なんです。

パーティとか嬉しそうに行っていますが、

あれは着物着て、

美味しいもの食べて帰ってくるだけだから。


 娘の結婚式となればそうはいきません。


堅苦しい挨拶に始まって、

ほら、例の「おかあさん、ありが~~」

 

いじられるの嫌なのに、メイクにヘア?

黒留は自分で着る!と主張したものの、

自分でも大丈夫かい?と一抹の不安。

あれやこれや~~。

 

そこへもってきて、娘の一言。

もう飛びつきましたね。

出てくるわ、出てくるわ。

「思い」が実現しそうになったのか?


「千と千尋の神隠し」より借り写真です。


私、黒いものをどんどん吐き出す

カオナシのごとし。


しまいには、娘、

「00君の前ではうちの娘、

こういうこと好きだから。

なんて言っていたくせに」

「だって、好きでしょ」

といつもの言い争い。


他人のことに介入するのは

ほんと、エネルギーの消耗、

「課題の分離」なんていいながら、

家族に対しては、

自分にとって都合のいい方向に

持っていこうとする~~。

家族、難しいね。

 

で、すぐに態度を改めたところは、

これまでと違う、ね。

 

 ご飯淡々と作って、

娘が作って欲しいという

リングピロークッションっていうの?

和のクッションいう淡々と作って。

 

そのくらい買ってよ、と思っていたけど、

手作り、してほしいのね。

カンタンにできる。



 

次の日には、迎えにきた相手に、

「わあ、このビデオ一人で作ったの、すごいね」

と言われて、娘、すっかりご機嫌。

カフェで一緒に作業するって

仲良く帰っていった

 

「やめれば」に使ったマイエネルギー、空回り。

母のエネルギーより、愛のエネルギーの

ほうが強かった??

よかった、よかった。

引き寄せはいいことだけ

引き寄せるわけじゃない。

アブナイところだった。


でも、密かな?願望吐き出したお陰で

すっきり。

前向きに考えるようになった。

 

ヘア、メイクしてもらえるぞ。

美味しいもの食べられるぞ。

ソッチデスカ。

きもの着てて本当によかった。

着るのは楽しいからね。


いい日にするぞ、と

これも引き寄せの法則?

 

好き、嫌いの法則と嫌われる勇気」

 

いつも応援ポチ

ありがとうございます。


にほんブログ村

コメント (4)

「他人を思い通りに」は「気」の無駄使い

2018-08-14 10:11:43 | 「引き寄せ」の法則

 

先に

きもの警察とエネルギー・ヴァンパイア」

ついてアップしました。

補足です。

 

これは他人に「自分が正しいと思うイメージ」を

押し付けることで、

相手からエネルギーを奪うことだと。

思い通り=イメージ通り、ということです、


なぜエネルギーを奪うかというと、

 人によって「きれい」と感じる

イメージは、もう千差万別。


抱いているイメージは、もうまったく違う。

同じところで習ったとか、

イメージを共有している場合は、

スムーズにいく。

この場合は「思い通りにする」わけではない。


相手に自分の「正しいと思っているイメージ」を

ぶつけると、

相手の抱いている「イメージ」とぶつかる。

イメージのギャップが大きいほど

お互いに消耗するエネルギーは大きくなる。

 

エネルギーVSエネルギー。

弱いほうは、エネルギーを奪われて、

がっくり。

 

 

 

上の写真は、私が「可愛い!!」と思ってゲットした

布ですが、息子は「気持ち悪い。僕がいるときは

使わないで」と言います。

失礼な!と思うところですが、

だんだん、そう思えてきて、破棄。


彼の「嫌い」なエネルギーの方が

強かったわけです。

これがもっと私の核に触れる部分だったら、

もう「家庭内戦争」勃発ですね。

 

この写真を見て、何を思い、何を思わないかは人それぞれ。

 

では、相手からエネルギー奪った方は満タン、充実、

満足かといえば、そうはいかない。

「相手が言いなりになった」一瞬は、

「いいこと言った」

「いいことしたなあ」と

満足しますが、やはりエネルギー奪われている。

ぶつかり合いのあとは、

勝利側も疲れ消耗しています。

だからまたほかの「いけにえ」探す。


しかし、同じエネルギー使うなら、

自分のため、自分の好きになることに

使ったほうがいい。

きものとかね。

 

他人の「気になること」は

自分の理想、自分の考えの輪郭を

はっきりさせようとする自分のココロが

「気にさせる」のです。

 

「気になったら」、ああなりたい、

いや、ああはなりたくない、

自分はああしようと

自分のイメージを補強したり、

変えたりするためにある。

 

自分軸をしっかり持つようになれる、

とはこういうことです。


私はこうしたい、ああしたい。

そのために他人はいる。

皆同じだと面白くないでしょ。

 

皆と同じだと面白くないでしょ」

 こう思うのは、私に「内向的」な性向が強いから。

人からの干渉を人一倍嫌がる。

一方、「皆と同じが安心でしょ。

皆と同じじゃないとおかしいでしょ」

という人は、きっと「外交的な」性向が

強くて、周りとの協調性が高い。

これはいい悪いではないですよね。

 

ただ、今の世界では、

この協調性を強調しすぎて、

もう「同調圧力」になっている。

だから、わたし自分と同じ内向型の人の味方をしてしまう。

 

で、私自身が他人に干渉しないかというと、

家族は~~。

となってしまっていた~~。

過去形でありますように。

ちょっとした騒動があったので、

この件についてはまた。

 

いつも応援ポチ

ありがとうございます。


にほんブログ村

コメント (2)

娘の上司にご挨拶に。絹芭蕉&羅

2018-08-13 08:38:16 | 家族の結婚エトセトラ

 

式を控え、娘の上司にあいさつに行きました。

式の場で祝辞を述べてくださる方です。

娘が、

「顔と名前を間違えるといけないので

事前に逢ってほしい」とのこと。


「名前と顔」間違えないと思うけど、

(たぶん)、娘は母親がちゃんと挨拶

できるかどうか、心配なのでしょう。


なにしろ、きものだけではなく

人間関係でもフォーマル苦手な母ですから。

 

 

 羅の帯にトンボの帯留です。

 

娘、ずっと可愛がってもらっていて、

多忙ななか出席、祝辞をいただける。

 

 

きもののほうがシャキッとしているので、

との要望に応えて。

幸い曇り空。

ときおり小雨が。


絹芭蕉、洗えるのよ。

麻だと思ったら絹だったー素材にご用心」

 

ご主人が子どもと沖縄に旅行中とのことで

家にお邪魔。

娘は軽装。

 

 

私がいわゆる「内向的」なら、

娘は「外向的」な性格。

友達も多く、周りへの気遣いも忘れない。

その分~~。


性向の違いから、ことあるごとに

ぶつかってきたのですが、

最近は、この違う性向だからこそ、

お互いに補足しあっていると思うように。


娘のことだけではなく、

いろんなこと(エネルギーバンパイアのこととか

明確になったのは、

ユング再読のおかげ。

イマゴロデスカイ。

最近やないかあ~~い~。

 

 

 

 

実はこの羅の帯。

前が破れています。


 

前に緑を持ってきたくなかったこともあり、

この破れを横に回して隠してしまいました。

これで色的にはスッキリ。

羅の軽さで気持ちもスッキリ。

破れていたって使える。

どこかこじつけぽいね。

 

 

 

というわけで、

今回は娘とは仲良く~~?


それはともかく、

上司の顔と名前、ちゃんと覚えているよね。

願わくば、式当日に、

正装して別人になっていませんように。

 

 いつも応援ポチ

ありがとうございます。


にほんブログ村

コメント (2)