Reflections

時のかけらたち

春を探しに-1・・searching for spring-1

2010-01-31 23:42:32 | seasons
先週は悲しい決断をして、また今後のことを相談したり仕事もピークで
何かと忙しい日々でした。主人が昨年末一時退院した時に車を運転してガードレールにタイヤを
すったことが車に大きなダメージを与えて車軸の交換や表面をきれいにすれば多額の
修理費がかかることがわかり、この際車を捨てることにしましたが、主人の意識が
はっきりしていなかったのでやっと話ができたのが1月24日でした。
やはり脳にいろいろな血管障害があると運転はあまりにも危険です。私が運転する番かと思いましたが
娘が恐くて乗らないというので、愛車を手放すことに決めました。それはつらい決断でした。
主人にとっては「足」でしたから・・これからは公共の乗り物を利用していくしか
ありません。マンションの駐車場代がとても高いことも決断するきっかけとなりました。
年金生活になればとても車を維持できません。

その後は区役所で介護の区分変更依頼の手続きをしたり、障害者支援の追加をしたり
難病の更新の診断書を先生に依頼等やるべきことが次々とありました。
パンフレットだけではわからない介護のことも窓口で聞きました。また回答者により
間違ったことを言うので困りました。

1週間前の小石川後楽園の次の日(1月24日)に娘と行った皇居東御苑です。
小石川で見損なったソシンロウバイを見にとホームページで河津桜と福寿草が咲き始めたことを
知ったからです。さすが皇居で一輪でも咲けばニュースが載っています。





1月24日の朝、朝日を浴びてほんのりピンク色の富士山です。









病院に行ってから、皇居東御苑と新宿へ修学旅行の外貨をそろえに行くことにしました。




皇居東御苑の大手門にキンクロちゃんたちが数羽いました。
ここにはいつも白鳥とカワウがいます。白鳥は2羽遠くに見えました。




入るとすぐロウバイを見つけました。
もう終わりでしょうか・・・





隣には桜の季節を待ちきれずに冬咲く十月桜





この椿は色とりどりです。












































みつまたはまだまだ固そうな蕾です。










椿の陰に誰かさんがいます。と思ったけどただの葉っぱかしら?






まんずさくのシナマンサク・・
去年の春新宿で見たのとは種類が違って早く咲く種類でしょうね。













                                           Jan.24 Imperial Garden






コメント (4)

Heal the World

2010-01-29 22:50:59 | music


"Songs"という番組でマイケル・ジャクソンを見た。
話題のドキュメンタリーからの映像です。今までまったく興味がなく、どちらかというと
スキャンダラスで奇妙な感じが好きでなかったけれど、そのプロフェッショナルな舞台作りに圧倒された。

それにこの自然の風が流れる”Heal the world"が心の中にまっすぐ入ってきた。



There's a place in your heart
And I know that it is love
And this place could much brighter than tomorrow
And if you really try you'll find there's no need to cry
In this place you'll feel that there's no hurt or sorrow

There are ways to get there
if you care enough for the living
Make a little space
Make a better place...


Heal the world
Make it a better place for you and for me
And the entire human race
There are people dying
If you care enough for the living
Make a better place for you and for me

If you want to know why there's a love that cannot lie
Love is strong
It only cares for joyful giving
If we try we shall see in this bliss

We cannot feel fear or dread
We stop existing and start living

Then it feels that always love's enough for us growing
Make a better world
Make a better world...

And the dream we were conceived in
will reveal a joyful face
And the world we once believed in
wll shine again in grace
Then why do we keep strangling life
Wound this earth
crucify its soul
though it's plain to see
this world is heavenly
be God's glow

We could fly so high
Let our spirits never die
In my heart I feel you are all my brothers

Create a world with no fear
Together we'll cry happy tears
See the nations turn their swords into plowshares

We could really get there if you cared enough for the living
Make a little space to make a better place...

Heal the world make it a better place
For you and for me and the entire human race
There are people dying if you care enough for the living
Make a better place for you and for me

・・・・

You and for me
Heal the world we live in
You and for me
Save it for our children

コメント (2)

あの日から  ・・・since the day

2010-01-28 11:18:37 | a day in the life


私たちが鎌倉に行った翌日、生しらすを買ってきていたので
行けなかった主人のために同じ様に夕食に作りました。
とてもおいしいと何度も言っていました。
鎌倉の牡丹の写真もとてもきれいといってくれました。写真を見て何か言ってくれる
ことはとても珍しいことです。薔薇みたいとも言っていました。
主人の母が大切に庭で牡丹を育てていたことを想い出しました。

その日(1/11)の真夜中にけいれんが止まらなくなって救急で病院に行きました。
病院に行ってから意識状態が悪くなり、ずっとよくない状況でしたが
やっといろいろな機器が取れ、口から流動食が取れるようになっています。
ずっと眠り続けていたように意識が遠い状態でしたが、やっと余裕が出てきたのか
おととい「夕日がきれい」というメールが来ました。ベットから窓の外を見れるように
なってよかった。話せないけれどメールができるという不思議な状況です。






昨日(1/25)はケイタイの住所録で義理の兄の名前を指してメールが出したいというので
アドレスは知らないからというと、電話をかけて欲しいといわれました。
会いたいの?というと違うようです。やっと「ありがとう」と言って欲しいことが
わかりました。今まで大変世話になった姉と義兄にお礼が言いたかったのです。
今日(1/26)仕事中に来たメールはただ「あい」とだけ書いてありました。
帰りに病院によった時に聞くとやっと「愛」だったことがわかりました。
「なにアイシテルといいたいの?」というとそうだと言うように嬉しそうにしていました。
私が「こんな年なのに何言ってるの」というと大笑い・・ちゃんと口がきける時は言ってくれない言葉です。





                                                        Jan.26
                                     花の写真は小石川植物園 (Jan.23 )
コメント (6)

春よ来い・・・・come next spring

2010-01-25 23:39:43 | thoughts


春を探しに・・
病院に行く前に侘び助を見たいと思い病院に近い小石川植物園へ。

想い出が玉手箱からバラバラとあふれ出て胸がいっぱいになる。
いつもは記憶の底にあるものが何かを契機にどっと溢れ出てくる。




播磨坂を下りながらいつも私と子供のためを思ってくれていたことを
思いつらくなった。







花に誘われながら小石川植物園を歩きました。朝の公園はほとんど人がいなく
かさかさと鳥が枯葉の中を歩く音だけが聞こえてくる。








毎日やること、考えなければいけないこと、決断しなければいけないこと
がたくさんあり、悲しんでいる暇もなかったけれど、こういう一人静かに
いるといろいろな思いが浮かんできて悲しくなる。


今は病状は悪くはなっていないけれど、気持ちが萎えてしまっているのが
問題だ。今までどんなつらいことが次々やってきても耐えてきた人なのに。
このごろはすぐ涙があふれ、不自由になった口からSと二人で
生きてと一生懸命言っているようでつらい。

死んだら記憶も言葉もなくなる・・ いつか誰かの記事で
死後の世界は記憶もなくなると書いてあって、当たり前なのかもしれないが
すごく驚いてしまったことがある。スピリットになって生きている人を
守ってくれるのでしょうか...

春が近いことを知らせてくれる花たちや鳥たちに会った土曜の朝・・
その中を歩けば何か答えがみつかるのでしょうか・・





珍しく温室が開いていました。












                                                      菊更紗






 











                                                    白拍子





                                                    春曙











                                                    荒獅子





                                                  月の都















梅の下に行くと春の空気がいっぱいすえそうな感じがする。
大好きな香りの一つです。
もう咲いているなんてなんというプレゼントでしょう・・












































どこに咲いているのか探したシナマンサクは入り口のすぐそばで咲いていました。
ソシンロウバイとロウバイはとうとう見つからず・・

花や鳥からプレゼントをもらったひと時でした。
残念だったのはめじろちゃんが椿の大きな木に隠れて
鳴き声とちょっと見える姿だけだったことです。
それでも充分心落ち着きました。

                                                     Jan.23



コメント (8)

光の雨 ・・・rain of light(from north observatory)

2010-01-23 07:25:58 | a day in the life
北展望室に移動しました。こちらは遅くまでやっているのですが、レストランが半分近く
占めるので、あまり楽しめません。




さらに暗くなっているので、うまく撮れません。






動いている都市・・















三井ビルでした。






シャッター速度が遅くなるのか光が流れています。
























キラキラトウキョウタウンです。













光の海です。








明治神宮あたりが暗くなっています。






こちらの奥は新宿御苑です。







地上に降りると光の林・・
京王プラザの前です。















シズラーっておいしいのかしら?


山と日没を見に行ったのですが、結果は都市そのものになってしまいました。

                                                 Jan.16 Tokyo
コメント

光の都 ・・・city of light(from south observatory)

2010-01-21 22:29:41 | a day in the life


山の名前が知りたくて都庁の展望室に駆け上りました。
しかし私が家から見た山は見えず、その方向にも説明がありません。
残念です。
こちらは雲取山の方だったったと思います。




また写真が夜の室内モードのままです。















日が沈む前につきたいと病院から急いで都庁に向かいました。
主人は眠り続けていました。





我が家が見えました。
三井ビルと隣のビルの間から見える三つ子のタワーです。





東京湾方面です。






東京タワーって結構おしゃれなのですね。














貴婦人のような東京タワー・・・
夜の街を通らないのでちゃんと見たことがありません。






























夜の帳が深くなっていくにつれて街の明かりが浮かび上がって
まったく違う世界になっていきます。
写真でみると奥にレインボウ・ブリッジが見えます。

どんなに周りに高いビルができても東京タワーは
東京のランドマークです。越してきてすぐの時は家から
東京タワーが見えましたが、まわりにビルができてあっという間に
家からは見えなくなりました。
ノスタルジック・トウキョウ・・
光のデザイナーはまだ石井幹子さんかしら?
多田美波さんは光の造形作家といわれるけど
そういえば証明デザイナーではなかったのですね。

どことなくレトロは東京タワーです。
















南展望室は5時半にしまってしまいますので
北展望室に行くことにしました。

当初の目的だった山々を調べることもできず
富士山の方向への日没もボツ・・
なんと富士山が見えなかったのです。

東京タワーがラヴリーだったので、暮れゆく中
たくさん撮ってしまいました。                                          

                                                                              Jan. 16, Tokyo Metropolitan Government Buildings



 



コメント (4)

緑園都市・・・To see my parents in Ryokuen

2010-01-18 12:30:46 | a day in the life
鎌倉を歩き回ってからお昼過ぎには両親の住む街へ・・
結構体が温まって、のどのも渇いたので駅前の31アイスクリームへ。
そこではおじいちゃんと女の子の孫という組み合わせに
2組会いました。私の隣に座らされた女の子は頭が重くて
下にひっくり返りそうになりました。おじいちゃん危ない・・
反対側のソファーに移してもらえてアイスを口に運んでもらっていました。
熊のバックを肩にかけて縞々のハイソックスをはいてその様子が
すごくかわいくて写真を撮らせてもらいたかったのですが、おじいちゃんじゃ
ちょっと話が難しそうなので止めました。ブログなんていっても・・ね。




駅前の広場にはいつもワンコがいます。
今回の姿はどこか違うと思って撮りました。





規模の大きなマンションです。

























ヒヨがいました。










両親は何とかお正月を迎えていました。
3日が届け出た母の誕生日(ほんとうは12月生まれ)なので
お友達からの花が届いていました。


夕方になり、そろそろ帰らなくては・・














14階からの眺めです。















よろよろと母が見送りに来てくれました。
お母さん寒いからもう家に帰ってね。

                                                 Jan.10 Yokohama
コメント (6)

若宮大路から再び小町通へ Through Wakamiyaooji to Komachi St.

2010-01-17 21:50:37 | a day in the life
鶴丘八幡宮と由比ガ浜を結ぶ大路はリゾート気分満喫です。
湘南という感じ・・サンドイッチやハンバーガーショップが多かったです。
ひたすら小町通りの店を目指します。




























海に行く途中にあったワンコたちに再び会いました。





鎌倉では珍しい?教会





道路の反対側は「材木座」です。










江ノ電・・あっという間に通り過ぎました。













先ほど予約しておいた店に着くともう外には行列が・・
予約を進めてくれて助かりましたが、海まであまりにも遠くて時間通りに戻れるか
心配でした。お店の希望時間には戻れましたが、もう少し早く戻りたいと無理を
いわなければよかった。





チーズ豆腐としらす丼(しょうがと小ねぎ、大葉)





鎌倉野菜の天麩羅(黄にんじん、赤大根、ズッキーニも色が違うように説明がありました。
デザートのゆずシャーベット


生しらすを買って帰り、翌日家でも同じように作りました。
喜んで食べていた主人もとてもおいしいといってくれていたのに
また真夜中に緊急で入院となってしまいました。


                                               Jan. 11 Kamakura

コメント

由比ガ浜まで・・・・To see the ocean

2010-01-16 20:05:20 | seasons
小町通を歩いて昼食にどこかいいお店がないか
探しました。まだ早い時間なのでお蕎麦屋さんも開いていません。
しらす丼が食べたくなってお店に上がってみると11時半からで
予約しないと並ぶと聞き、予約をお願いしました。



寄ってみたいお店もたくさんありましたが、そぞろ歩きです。

























すぐ見えるはずたった由比ガ浜にやっとたどり着くことができました。
海がみたくて、七里ガ浜に行ってビルズというオーストラリアのお店に行くか
迷っていたところでしたが、横浜にも寄ることもあり(実は第1目的)鎌倉で
昼食をとって海も見ちゃうという欲張ったコースになりました。
光に向かってシャッターを切ったので、メタリックな海になりました。




Sも龍馬でなくても叫んでみたくなると思うと言っていました。















































Jan.10 Kamakura



コメント (2)

冬牡丹の咲く鎌倉初詣 -3・・winter peony in Kamakura -3

2010-01-15 20:24:12 | seasons
鎌倉鶴岡八幡のぼたん園の牡丹の続きです。





















































































ビロードのような紫色が好きです。





































一年分の牡丹を見ました。
たぶんこの冷たい空気の中で咲く花が好きです。



                                                Jan.10, Kamakura

コメント (2)