Reflections

時のかけらたち

8月の終わり ・・・ end of August

2018-08-31 23:56:30 | seasons
異常気象の夏が去っていく。
猛暑が続き、半端ない雨が川を氾濫させて、台風も当たり年。
今年の夏ほど体調が悪くなったことはありません。夏風邪も、胃腸炎も・・
年齢的なこともあるかもしれませんが、この気象も影響していると思います。

日曜日から夜になるとおなかが痛くなり、苦しんだけれど、とうとう昨日は
帰ってから起きていられなくなり、夕食も食べずに寝ていたら、熱が出てきて
しまって、今日は仕事を休んでしまいました。
ベットで寝ているといつも下からブルーが心配そうに見ていたことを思い出します。

やっと病院に行って、診てもらいました。お腹を壊した時は大体1日で
治るのに、思いがけず伸びています。風邪なのか胃腸炎なのか熱中症なのか
全部の症状が混ざっているみたい。軽い脱水症状もあるからOS1の500mlを
1日2本飲んでと言われました。
前回血圧の薬をいつもの薬局でないところでもらった時にしつこくジェネリックを
進められて、それにしてしまったけれど、薬が変わったことも影響しているのでは
と先生にお聞きしたらそういうこともあるとのことでした。

夏の終わりの花を撮りたかったけれど、一眼レフを持ち歩く元気がなくて
病院に行く途中の夏の花をスマホで撮りました。














通勤の途中で見るピンクのサルスベリの間にある白いサルスベリを撮ってみたかったのだけど・・・


夏が過ぎ風あざみ
誰のあこがれにさまよう
青空に残された
私の心は夏模様
コメント (4)

蓮や睡蓮の季節にいつの間にか -3 ・・・ in a quiet garden -3

2018-07-23 23:30:24 | seasons
小石川後楽園で、奥の池まで睡蓮を見に行って、また入口に戻ってきました。
雨上がりの、現在のような酷暑でなかった7月9日の朝です。
子ども園でも暑さ指数が30を超えたので今日はプールは中止です。教室の外の温度計は
40℃を越えていました。外にいる時間はできるだけ短くしたいと思うこの頃です。












































July 9 2018 Koishikawa Korakuen
コメント

蓮や睡蓮の季節にいつの間にか -2 ・・・ in a quiet garden -2

2018-07-22 23:24:00 | seasons
7月9日の小石川後楽園の続きです。






















遠くにアオサギが大きな獲物と格闘中でした。































































百合も夏の花ですね。










亀さんがあいさつにやってきました。

































July 9   2018   Koishikawa Korakuen
コメント

蓮や睡蓮の季節にいつの間にか -1 ・・・ in a quiet garden -1

2018-07-19 23:58:49 | seasons
静かな庭で(7月9日 小石川後楽園)

この日は休暇を取っていました。4月からスケジュールが変わってしまっていけなくなった12時からのFヨガに久し振りに
行くことができました。

朝、新宿のモーニングサービスでフルーツてんこ盛りのフレンチトーストをいただいてから
どこかにお花を見に行きたいと思っていたのですが、月曜日は新宿御苑も閉園で、都の公園なら
空いていそうなので、小石川後楽園に蓮の花を見に行きました。娘の職場は10時始まりなので
モーニングまで一緒にしました。まるで旅行気分です。






果実園リーベルの山盛りフルーツフレンチトーストがモーニングで1000円以内です。


4

早朝の小石川後楽園へ




雨上がりで緑がみずみずしくて・・・

























































*















あじさいは今年あまり見れなかったので、残っていてうれしかった。




















July 9 2018 Koishikawa Korakuen
コメント

色とりどりの緑の中の京都で ・・・ Kyoto in various green

2018-05-28 23:59:59 | seasons
新緑の美しさを感じた京都2泊3日の小学校のミニクラス会でした。
京都でも仕事を展開していたS君が以前から町屋に泊まってクラス会もいいねと
話していたのに、乗ってやっと実現できましたが、町屋は人気で取れなくて
以前出張で泊まったホテルと教職員の組合のホテルというリーズナブルな宿泊施設と
なりました。

京都に半分住んでいたようなS君と、京都通のHさんがいろいろ提案してくれて
素敵な旅が出来上がりました。3日目は雨でしたが、行ってみたかった勧修寺と
石峰寺に行くことができ、観光客がほとんどいない静かな旅ができました。
今回は人込みを避け、小さなあまり知られていないようなところを選んで
いい旅でした。2日目はS君の住んでいた亀岡を案内していただきましたが、
素晴らしいところでした。京都市内でも住んでいる人しか行かないところとか・・
一味違った旅ができたのかと思いました。

5月21日

Hさんと7時10分の新幹線で京都へ向かいました。
ホテルでの待ち合わせ11時半まで、骨董通りとか街を見て回るために。




出張でも使ったハートンホテルで集合して歩いて
膳處漢(ぜぜかん)ぽっちりで中華のランチ。





ランチで午後に回る場所の相談。
大原瑠璃光院が最初に意見がまとまった場所でしたが、SNSで有名になって混んでいるという噂。
他北野天満宮の御土居や智積院、青蓮院などが候補でしたが、夕食の祇園にも行きやすい場所ということで
智積院で長谷川等伯の絵を見て、養源院(浅井長政の追善のため淀君が建立)の俵屋宗達の杉戸絵を見てから建仁寺に回るルート。
ランチの店から歩いて鴨川を渡り四条河原町から八条まで京阪に乗りました。






                                     智積院


                                     養源院


                                     建仁寺




夕食は当初ホテルの近くの松長を借りておばんざいを作ってもらう予定だったけれど
だめになって祇園のきららというお店で元吉兆でも仕事をしていた清潔感溢れる板前さんの
おばんざいも含めた京料理を楽しみました。






帰りは何と四条までぶらぶらと歩いて行き、そこからタクシーでホテルまで帰りました。


5月22日

朝食は近くの進々堂でおいしいパンとコーヒーの朝食。イノダも近かったけれど、こちらを選択。








ホテルの移動があり、朝タクシーでルビノ京都堀川まで行って、荷物を預けて、タクシーで二条駅まで。
二条から保津川を見ながらJRで亀岡まで。初めて降りた地は明智光秀が城を持っていたところ。
トロッコ電車は当日並んで券を買わなければならないのとランチのへき亭までは駅から遠いので
今回はあきらめることにしました。余裕ができたのでゆっくりと明智光秀が本能寺に出撃した亀岡城を
散歩しました。






                                亀岡城跡

へき亭は想像以上に素晴らしい建物とお庭とお食事でした。
亀岡市はとても魅力的で、温泉もあるので、娘と今度は来てみたいところです。





                              へき亭の女将さんと


食後は保津川下りと旅行のハイライトです。船の一番前に座ってしまったので、船頭さんたちとの
掛け合いと楽しみながら、1時間40分くらいかけて川を下って行きました。








嵐山についたら、宝厳院の庭を見て、観光地嵯峨野を通って常寂光寺の緑を楽しみ、しばらく歩いてJRの駅から
最初に乗った二条駅に戻り、Oさんとはそこでお別れです。お嬢さんが彦根を案内したいということです。
残りの6名で歩いて3条へ行き、地元の人しか知らないような昭和ムードのゆったりとした商店街で
魚を選んで料理してくれるお店へ。なんと後ろで食事していたのが、日本語を習いに来ているイタリア人を中心とした
グループでした。


                                        宝厳院


                                        常寂光寺





そこからなんとホテルまで歩くということになりました。ライトアップの二条城が見れました。夜の京都散歩。
ゆったりとした歩道ではランニングをしている人もいました。





5月23日

3日目は3つに分かれて、住んでいたことのある西宮に行くF君と仕事があるS君とは
お別れ。残りの4人で雨が少し降っていたけれど、当初の計画通り、勧修寺、随心院、醍醐寺、
若冲と関連の深いお墓もある石峰寺へ向かいました。こんなに人がいない京都もあるのねと
思うくらい静かな京都を味わいました。Hさんが行きたがっていた東福寺の塔頭はその日は公開していないことが
後からわかりました。
バスと地下鉄東西線を使って小野で下車。勧修寺は自然とマッチした素晴らしいお寺でした。
仏教を勉強している学生さんが二人来ていました。
水鳥と花と・・藤の花の季節も素敵そうです。コバルト・ブルーのカワセミも飛んでいました。



                                            勧修寺


                                            勧修寺


                                            隋心院


                                            醍醐寺 弁天堂


                                            醍醐寺 三宝院


                                            石峰寺

今回は平安時代のムードが強かったような気がします。お庭どれも素敵で、もみじも
いろいろな色がありました。

歴史とともに生きる街京都はとても刺激的で、美術品や美しい自然のほかにも、受け止めるものが
多く、クールダウンに時間がかかっています。東京に戻ってからも翌日は終了間近な大観展、星岡と
続き、写真整理の時間もなく、これから時間をかけてみて行こうかと思っています。
取りあえず旅程を載せました。
コメント (2)

5月のバラの香り溢れて -3 ・・・ ‎fragrance of roses in May -3

2018-05-18 23:39:14 | seasons
秋のバラは秋の空気の中でしっとりして素敵だけど、春のバラは生きる喜びを
感じます。









初恋















琴音














ライラックビューティ






クリスチャン・ディオール







クィーン・エリザベス




ニュー・ドーン




























ここから下が、娘のミラーレスの写真。私はマクロしか持って行かなかったので、建物と花がうまく入りませんでした。
バラの花がよく似合う、素朴で重厚な外観。建物はジョサイア・コンドルの最晩年の設計。
ここは陸奥宗光の邸宅があった場所でしたが、次男が古河家に養子に行った際に古河家の所有となり、その後次の代で周辺の土地を
買収して広くして建てたものということです。
洋風庭園に続く池泉回遊式の日本庭園は植治の名で知られる京都の庭師、小川治兵衛(おがわじへえ)が作庭ということを
初めて知りました。最後に京都に行った時、無鄰菴で彼の庭のことを知りました。




















May 6  2018   Furukawa Gardens


新年になってからあっという間に5月になってしまいました。
やっと家計簿の当座表はレシートから1ヶ月ずつつけて追いついたのですが、
引き落とされる光熱費や信託銀行からくる通知を整理しながら、ホセ・カレーラスを
PCで聴いていたら、なんとScott Walker と同じ”What Are You Doing The Rest Of Your Life”を
歌っていて、声の質やパーソナリティでこんなに違うものになるのかと驚きました。そのまま続けてScottで
I Still See You を聴いていたら、とても心が痛みました。どこかでフィリップスとの決別したときの
レコーディングと聞きました。自分のやりたい道のために、商業路線を捨てたときです。その後何度か
歌いたくない歌も歌って、自分のやりたいことするということが何回か繰り返しがありました。

この前、法事で従弟に会った時も子供が芸能界に入って、いとこは普通の世界での仕事に戻るなら27歳くらいまでに
結論を出さないといけないと話していましたが、母親は好きなことをやっている娘を見ると安心すると話していました。

コメント (2)

5月のバラの香り溢れて -2 ・・・ ‎fragrance of roses in May -2

2018-05-16 23:52:16 | seasons
薔薇の名前を見ながら、そのイメージに思いをはせながら花園の中を
まわりました。



スヴニィール・ドゥ・アンネ フランク












マスケレード





















ブルーライト






















カトリーヌ・ドヌーヴ




ダブル・デライト




黒真珠




春芳




白鳥


















May 6  2018   Furukawa Gardens

コメント (4)

5月のバラの香り溢れて -1 ・・・ ‎fragrance of roses in May -1

2018-05-15 23:31:24 | seasons
5月6日、連休最後の日は古河庭園のバラを見に行きました。
連休後半もずっと仕事だった娘も最後の日は休みをもらえて、ミラーレスの
カメラを提げて、出かけました。私一人だと仕事が終わって午後に行けるので
その方がすいていていいのだけれど・・・
古河庭園には時々みどりの日とかに行っていたけど、今までになく入るのに
時間がかかりました。バラの季節も今年は早まっていたのか、ブルームーンはもう
終わっていて、ほとんどのバラが見ごろ、ピークを迎えていました。




















































ブルームーンに近い紫色のバラ シャルル・ド・ゴールだったかしら・・  


















 

最初バラの名前にはあまり興味がなく、この辺はプリンセス・マサコやサヤコ、ミチコと並んでいました。
マサコはピンク、ミチコとサヤコはオレンジ系でした。



この辺から薔薇の名前も一緒に撮るようにして、これはプリンセス・オブ・ウェールズ、ダイアナ妃にささげた薔薇です。
その鮮烈な生き方が心に残る人です。










ゴールデン・メダイヨン














サハラ



















シンデレラ





May 6 2018 Furukawa Gardens

コメント

butterfly

2018-05-14 23:40:11 | seasons
先週の土曜日、朝のヨガからの帰り道、家の近くの心身障害者施設の入口で
今年初めてのキアゲハを見ました。

近寄っても全く逃げなくて、生まれ変わったばかりの蝶なのかしら?
さなぎから蝶になるって本当に不思議な現象ですね。






















蝶々は生まれて一人で生きているのよね。

butterfly で思い出すのは ショパンのエチュード、シューマン、Scott Walker、 中学か高校の頃家でTVで見た
映画「慕情」のラストシーン、ヴィクトリア・ピークの公園で飛んでいた蝶々。
大学生の頃、よく上智大学の先輩のところに行っていたけれど、その庭で見た蝶々。

YouTubeで探していたらケンプやアシュケナージ、リヒテルなどかなり古いのもあったけど、ブーニンやランランのも入っていた
11人のピアニストによる蝶々。





Scott Walker の butterfly に出会ったのも学生時代だけど、この青い海をバックに
飛ぶ蝶の孤独感が何とも言えなかった。





There's a butterfly circling the beach
Searching the rocks where you are
He chooses your hair, and that's where he belongs
For he's lost like a star

Head down, reluctant and warm
You give your thoughts to the sea
Dark rivers your eyes belong to no-one

Like a star
Like a butterfly


May 12  2018 
コメント (2)

東御苑のバラ ・・・ roses in the East Gardens of the Imperial Palace

2018-05-11 23:44:28 | seasons
4月30日の5月を先取りしたような東御苑です。
東御苑にはバラの花も少し植えてありますが、
普通のバラ園のような感じではなく、ささやかな感じがします。

サンショウバラも苑のあちこちに咲いていていました。




















キモッコウバラ
 モッコウバラは黄色というイメージだけど そういえば白もあったのだったのね。









































帰りは北桔梗門から











この辺はオフィス街なので、コーヒーを飲むにも祝日だとお店が開いていないので、如水会館まで行ってお茶にしました。







東京会館がやっているのでケーキはおいしいし、とてもすいているのがいいです。
私は定番のアップル・パイ。


如水会館を出たところにも、エゴノキ。
如水会館は祖父とつながりのある会館で、ここで誕生祝か何かお祝いをしたのも
もう何十年も前のこと。
祖父の23回忌、祖母の33回忌、叔父の17回忌が今度の日曜に行われます。
もうこんなに年月が流れています。



















April 30 2018 the East Gardens in the Imperial Palace




コメント