JSP_Blog

JSPから発信するビジネスブログ

女性優位

2017-10-27 08:21:31 | 日記
 左右の大脳を繋ぐ橋の役割をする脳梁(のうりょう)という部位がある。体全体に分散する臓器は血管の中を往来するメッセージ物質を使ってゆるやかに会話しながら協調して生きるための仕事を行っている。メッセージのやり取りにかかる時間はおおむね秒から分の単位の、のんびりした連携だ。
 
 しかし、脳の仕事だけは秒以下の短時間で実施しなければならず、手紙を書いて血管の中に流す方式では間に合わない。そのため例えば右脳と左脳は脳梁という電子回路を通して電気的に会話する方式を取っている。アメリカとロシアの大統領を繋ぐホットラインが何本あるのか知らないが、おそらく数本だろう。しかも、たまにしか電話しない。それと比べると脳梁の回線数は膨大だ。1億回線とも2億回線とも呼ばれている。左脳にいる日本人が右脳からかかって来た電話に全員総出で応えても足りない。この脳梁を通して絶えず左右の脳が意見交換し、目の前で起きるホットな出来事に対応している。
 
 パソコンやスマホの場合、毎年技術が高度化し、高性能をうたう機種が世に出て来る。より高性能なハードウェアに人気が集まる。できるならサクサク動く機械を手に入れたいと多くの人が望むからだ。脳梁の構造や使い方の話しだけで見ると、実は明らかに女性の方が高性能な構造をしていることがわかっている。脳梁の回線数を1億とも2億とも、と前述したが、確実に女性の方がこの回線数が多いという。女性の脳の脳梁は男性よりも大容量の情報交換が行える。
 
 体中の臓器が独自の考え方に基づいて仕事をしているように、脳の各部署も自分たち自身の思想に基づいて独自の仕事をそれぞれ並行して行っていると考えられ、おそらく100ミリ秒とか200ミリ秒の短時間に男性より女性の方が脳内の部署間の打合せ回数が多いのだ。各部署が独自に自分たちなりの分析結果を持ち寄って様々な角度から事件の解明を行い最善の解決策を出す、ということにかけて女性の脳は男性をはるかにしのぐ。おそらく妊娠時代を含め自分自身だけでなく子供の生命までも一瞬で守る策を講じないと生き残れない事態に遭遇する確率が男性より高いことが、このように脳全体の機能をフル活用するための高度なインフラを女性の体内に作り上げたのではないか。
 
 この高度に発達した脳内インフラが最高に活躍するのはもちろん子育て中の時期であるため、彼女たちからすると旧世代のシステムインフラのような貧弱な脳内システムしか持っていない男性の処理能力はあまりにお粗末で呆れてしまうに違いない。
 
 にもかかわらず、何とか子供を預けて会社に出れば、性能の悪いシステムを頭の中に維持し続けている男性ばかりが大きな顔をしている。社会の制度もまだまだ男性優位だ。子供が出来て急速にフル活用することになった脳が見る社会は新鮮で不平等や理不尽であふれかえっていることだろう。だが同時に今まで見えなかった幸福や面白さも見えて来てしまうから困ったものだ。だが、そちらだけに傾倒してしまうと不平等打開はなかなか進まない。本質的に優位な頭脳を持っている者たちが社会の中枢で責任を果たす気概を持つべきだろう。(三)
 

moniswitch
  今お使いの離床センサーがそのまま使える!
  離床センサーのスイッチ入れ忘れ事故防止に

monipet
  動物病院の犬猫の見守りをサポート
  病院を離れる夜間でも安心

ASSE/CORPA
  センサー、IoT、ビッグデータを活用して新たな価値を創造
  「できたらいいな」を「できる」に

OSGi対応 ECHONET Lite ミドルウェア
  短納期HEMS開発をサポート!

GuruPlug
  カードサイズ スマートサーバ

株式会社ジェイエスピー
  横浜に拠点を置くソフトウェア開発・システム開発・
  製品開発(monipet)、それに農業も手がけるIT企業
コメント   この記事についてブログを書く
« 新・思い出ダイバー 13(銭湯... | トップ | 応援 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事