JSP_Blog

JSPから発信するビジネスブログ

言葉

2012-11-30 10:33:42 | 日記
随分と前に次のような話を聞いたことがある。
言葉に関する実験の話である。

鉢植えを3つ準備し、それぞれに花の種を植え、
・1つの鉢植えにはポジティブな言葉をかけ続ける。
・もう1つにはネガティブな言葉をかけ続ける。
・最後の1つには何も言葉をかけない。
ということをやったそうだ。

結果は次の通りだったようだ。

【ポジティブな言葉をもらった鉢植え】
 まっすぐに伸び、キレイな花を咲かせた。
 
【ネガティブな言葉をもらった鉢植え】
 どこか曲がりながらも、キレイな花を咲かせた。
 
【何も言葉をもらわなかった鉢植え】
 花を咲かせることはなかった。

この実験がいわんとすることは、無視が一番よくないということだ。


最近は両親共働きの核家族やモバイル端末の普及から、人のコミュニケーション能力の低下を危惧する話をよく聞く。
小さい頃から携帯のあったデジタルネイティブ世代は、道に迷った時、人に道を尋ねるということすらできないらしい。
家族団欒の時間のはずなのに、そばにいる家族との会話はおざなりに、スマホでSNSやら何やらで近くにはいない外の人と文字でのやり取りをずーーーーーーっと行っている。
こんな人も多いのではないだろうか。
あなたがそれで幸せで、周りの人もそれで文句がなければ何も言うことはない。


ところが、仕事となるとそうもいかない。
100%完璧な仕事ができる人なんて、そうはいない。しかもお客様あっての仕事である。さらにかわいい後輩はビジネスマンとして立派に育ってほしいと思う。
だから上司は言うのである。
あれはどうなった、資料はできたか、どういう計画で進めるのか、そのやり方はよくない、その件はこうやって欲しいetc...
何も言わないなんてことがあるはずもない。
まぁ、その言葉のうるさいこと。細かいこと。
毎日毎日、また言われたと落ち込み、イライラする人も多いかもしれない。

しかし、上記の実験話を踏まえて、一度冷静に考えてみてほしい。
いつもの言葉もありがたい言葉に思えてくることだろう。

あなたには言葉をかけてくれる上司がいますか?
私の上司は今日も愛情たっぷりにうるさいです(笑)


(ゆ)

monipet
  動物病院の犬猫の見守りをサポート
  病院を離れる夜間でも安心

ASSE/CORPA
  センサー、IoT、ビッグデータを活用して新たな価値を創造
  「できたらいいな」を「できる」に

OSGi対応 ECHONET Lite ミドルウェア
  短納期HEMS開発をサポート!

GuruPlug
  カードサイズ スマートサーバ

株式会社ジェイエスピー
  横浜に拠点を置くソフトウェア開発・システム開発・
  製品開発(monipet)、それに農業も手がけるIT企業
コメント

DMIC

2012-11-29 10:34:27 | 日記
 そう遠くない昔、およそ70年ほど前には日本は朝鮮半島とその周辺の地域で大いに暴れまくっていた。尖閣だの竹島だの小さな島をめぐる微妙な駆け引きとはまったく趣向を別にするダイナミックな暴れ方である。当時の中国と言えば、今や台湾に追いやられてしまっている中華民国である。さらにほんの少しさかのぼれば清という中国最後の王朝の時代であった。この王朝の最後の皇帝である宣統帝を担ぎだして、清国皇帝一族が旗揚げした故郷の土地満州に独立国家を作ってしまった。中華民国とすればいい迷惑であるが、日本は当時アジア地域では圧倒的な武力を有するきかん坊だったため、顔色をうかがいながら文句を言うぐらいしか出来なかったのである。
 
 日本はきかん坊だったが、ただ満州の人々を搾取するために建国支援したわけではない。港湾施設の改良、鉄道、道路、上下水道など社会インフラの整備のために当時としては破格の財政的人的支援を行ったのである。ここに夢の国を作ろうという勢いがあった。どの国の人々も、今住む所とは別の所に夢の国を作ろうと言い出すと夢中になってそれに邁進するクセがあるようだ。アメリカ合衆国の成り立ちなどいい例かもしれない。理想的な国家を作ろうというスローガンは人を惹きつけて離さない。

 第二次世界大戦の後、1972年の日中国交正常化後も、まだまだ発展途上にあった中国に対し、これから世界を牽引する市場になると見越して日本は官も民も揃って中国経済発展のために力を尽くして来た。予想は的中した。しかし、拡大は予想以上で、手がつけられない大きさになってしまった、と感じていることだろう。夢はすでに醒めている。中国の次を早く探さないといけない。インフラの整備のような、日本人が得意とする世話を焼ける広大な未開の大地が広がる地域は、どこにあるのか。
 
 経済産業省が目をつけたのは、インドであった。インドといえば上に小さな二等辺三角形、下に大きな二等辺三角形をくっつけたちょうどソフトクリームのような形をした大地からなる巨大な人口を抱える国家である。この上側の二等辺三角形の左の斜面あたり一体に、世界的にも先進の技術の粋を集めた一大産業拠点を生み出そう、というプロジェクトが進んでいる。DMICと言う。「デリー・ムンバイ間産業大動脈構想」。インド政府主導のプロジェクトではあるが、90億ドルの支援枠のうち半分の45億ドルは日本がまかなう。日本の名だたる商社、重工業メーカーは揃って最新技術を利用したこの地域の事業展開を提案中である。一地域に集中してインフラ整備を中心にした経済的人的支援を実施しようとする状況はまさに満州国建国の昔を彷彿とさせる。確かに、うまくいけば面白いことになる、と期待は膨らむ。
 
 DMICは2006年の年末に日本側からインドに提案され、2007年、今や時の人と言っても過言ではない自民党の安倍さんが総理大臣だった時代に日印で大きくスタートを切ったプロジェクトである。過去の経緯を含め、このプロジェクトの前途が有望であることを宣伝するような発表を経済産業省が行ったのが衆院解散の翌週月曜日11月19日のことである。かの省には自民党大好きな方々が大勢いるのだな、ということがよく分かるタイミングの発表だ。
 
 おそらくDMICの成果が現れてくるには、これから10年以上の年月を必要とするだろう。すぐに結果が出ることではないが、地道にチャレンジして欲しい。この試みが、かつてのように戦争によって頓挫してしまわないよう注視して行きたいと思っている。(三)
 
monipet
  動物病院の犬猫の見守りをサポート
  病院を離れる夜間でも安心

ASSE/CORPA
  センサー、IoT、ビッグデータを活用して新たな価値を創造
  「できたらいいな」を「できる」に

OSGi対応 ECHONET Lite ミドルウェア
  短納期HEMS開発をサポート!

GuruPlug
  カードサイズ スマートサーバ

株式会社ジェイエスピー
  横浜に拠点を置くソフトウェア開発・システム開発・
  製品開発(monipet)、それに農業も手がけるIT企業
コメント

痛み

2012-11-28 11:46:01 | 日記
現在歯医者に毎週通院している。

今月初旬に左側の奥歯と歯茎周辺に異変を感じ、痛みでどうにも仕事に集中できなくなったため、現在常駐しているお客様先の近くの歯科に予約をとり、通院することと相成った。

今回の歯科医の先生は、結構物事を歯に衣を着せずにズバズバ言う方で結構厳しいことも色々といわれた。まあご指摘の事項は最もであり、返す言葉もございません。

医者は患者から病状をヒアリングし、適切に情報を引き出した上で、患者が理解、納得できるよう色々を説明しなければならない。考えても見れば話が下手では医者は務まらないのだな、とも今更思ったのだが、ただまあなんだろう、口を開けて治療を受けている最中に色々問いかけられても返事が出来ない。
呻き声を上げて返事をしたり相槌を打つのもなんだか恥ずかしい。首の動きで頷いても治療のジャマになるかと思い、しばらくピクリともせずに話しを聞いていたら「大丈夫ですかー?」と心配された。うん、大丈夫だ。大丈夫だが難儀な状態だ。
興が乗ってきて話を振ってくるのだが、コミュニケーションとしては一方的だ。来週までにはうまい返事の仕方を考えるとしよう。

いい歳をして恥ずかしい限りだが、やはり口の中をいじられるのは何年たっても抵抗がある。このままじゃいかんと危機感を持って歯医者に行く覚悟が決まるのが遅れことが、今回ひどくなる原因でもあった。ただ不幸中の幸いにしてまだ十分リカバリが可能であると診断された。ただ、少々治療は長引くが。


さて話は変わるが、実は自分の父親の健康状態があまりよろしくない。元々父方は肺をやられる家系らしく、祖母も伯父も肺の病気が原因で亡くなっている。食欲もなくなってきており、以前に比べて目に見えて病的に痩せていた。

自分が痛い、苦しいのは勿論あまりよい精神状態ではないのだが、慣れることは多少できる。
ただ、自分でない誰かが痛み、苦しんでいるのを見て、聞くのは思っていたよりも自分にとってかなりしんどい状態であると再確認させられた。目をそむけて耳を塞ぎたくなることもしばしばある。
それゆえ自分の父親であるのにうまくコミュニケーションが取れない。元々あまり仲が良くもなかったのだが、それでも兄達にくらべて自分はダメすぎな状態だ。
自分が子供のころから家庭内で絶対的な力を持っていた暴君ともいえる存在が苦しんで衰えていく様を見てどのように接すればいいのだろうか。当面の課題である。


余談だがきっと自分は医者になれと言われても絶対なれないだろう。医者になれるだけの頭脳をもち、努力をしていたとしても更に目の前の患者の痛みや苦しみを受け止める覚悟と度量が必要だ。残念ながらどちらも備わっていないのが厳しい現実である。

だがしかし、自分の痛みだけでなく他者の痛みとも向き合えるのが本当の意味での強さなのかも知れない。目をそらし、耳を塞いでいることだけが選択肢ではないはずだ。自分と向き合う覚悟も必要だが、他者とも向き合う誠意にも似た覚悟が欠けたとき、周囲との見えない壁ができあがり、何もかもギクシャクしていくのだろう。程度の差はあれど、それはどこでも必要なのではないかとも感じるようになってきた。

まあ結局自分はまだまだなのだな、と思う今日この頃であった。


あ、あと歯医者は定期的もしくは早めに行きましょう。痛くなってからでは遅いのです・・・。
(刑事長)


monipet
  動物病院の犬猫の見守りをサポート
  病院を離れる夜間でも安心

ASSE/CORPA
  センサー、IoT、ビッグデータを活用して新たな価値を創造
  「できたらいいな」を「できる」に

OSGi対応 ECHONET Lite ミドルウェア
  短納期HEMS開発をサポート!

GuruPlug
  カードサイズ スマートサーバ

株式会社ジェイエスピー
  横浜に拠点を置くソフトウェア開発・システム開発・
  製品開発(monipet)、それに農業も手がけるIT企業
コメント

太極拳の動作

2012-11-27 11:47:51 | 日記
 前回のブログでは、太極拳との出会いや、太極拳の魅力について書かせてもらいました。今回は太極拳の動作について書いてみたいと思います。

 太極拳はご存知の通り、中国の数多くある伝統的な武術の一つです。太極拳の中も多くの流派が分かれていて、主なものに、陳式、楊式、呉式、武式、孫式などがあり、自分は楊式(簡化二十四式太極拳)を学んでいます。簡化二十四式太極拳は、最初の制定拳として、1956年に発表され、その名の通り、24の動作から構成されています。健康運動として世界中に広がっていて、日本で行われている太極拳の中では一番多く普及しています。

 太極拳の一連の動作は套路(とうろ)と呼ばれ、連続的な攻撃方法、防御方法、立ち方、歩き方などがその中に総合的に盛り込まれています。太極拳というと皆さんは非常にゆっくりした動作の印象が強いと思います。実際、かなりゆっくりとした動作なのですが、それ故にきちんとした動作を覚えていないと、見た目以上にきつい動作になってしまいます。

 練習では、套路の動作を教わりながら、太極拳の基本動作を繰り返し、繰り返し、徹底的に叩き込まれます。基本中の基本でありながら、なかなか思うように出来ないのが、正しい立ち方です。首をゆるめ、肩をゆるめ、胸をゆるめ、腹をゆるめ、股関節をゆるめ、膝をゆるめ、自分の体重をまっすぐ足の裏やや踵よりに落とします。全身の力を抜き、頭頂部から糸で釣られているような形でまっすぐに姿勢を保ちます。言葉にすれば簡単ですが、これがなかなか難しく、どこかに力が入ってしまいます。かなり意識をしないと「気をつけ」の姿勢のように、見るからにガチガチの姿勢になってしまいます。上級者と初心者は立ち方からして明らかに異なっています。

 基本的に、力を抜く、姿勢を真っ直ぐ保つ、足の裏に体重を落とすという動作は套路の中では常に維持しておく必要があります。しかし、動作の中で手の動きや、腰の回転、移動などを行うと、どうしても余分な力が入ったり、体を真っ直ぐ保てず、足の裏にまっすぐ体重を落とせなくなり、ふらついたりしてしまいます。単純に見える動きですが、体重移動、腰の動き、肩の動き、手の動き、目線、などを一連の動作の中で行わないといけないため、ある程度の見た目にするだけでもかなりの時間を必要とします。

 太極拳は比較的普及していることもあり、入門用のビデオなども多く販売されています。ただし、復習のためには有効かもしれませんが、初心者がビデオだけでマスターしていくのはなかなか難しいと思います。見た目の動作と、実際に行う動作にはかなり開きがあり、へたをすると腕だけを振り回している動作になってしまいます。本来腰の回転と連動した動作を腕だけで行おうとしてしまい、大きく異なる動作になりがちです。健康法として広まっている太極拳ですが、基本は格闘技であるため、その一つ一つの動作に、攻撃、防御を行うための意味があります。見た目だけそれらしくしても、基本をしっかりしていないと、本来持ってる動作の意味が全く失われてしまう可能性があります。

 まだ初めて数年の太極拳ですが、練習をすればするほど、その奥深さに先が見えなくなってしまいます。あせらず、気負わず、ゆっくりと進めて行きたいと思っています。(菊)

monipet
  動物病院の犬猫の見守りをサポート
  病院を離れる夜間でも安心

ASSE/CORPA
  センサー、IoT、ビッグデータを活用して新たな価値を創造
  「できたらいいな」を「できる」に

OSGi対応 ECHONET Lite ミドルウェア
  短納期HEMS開発をサポート!

GuruPlug
  カードサイズ スマートサーバ

株式会社ジェイエスピー
  横浜に拠点を置くソフトウェア開発・システム開発・
  製品開発(monipet)、それに農業も手がけるIT企業
コメント

選択肢

2012-11-26 08:36:29 | 日記
 中肉中背という表現がある。どの程度の範囲を指して言うのかわからないが、私の場合、明らかに中背を超えている。小学校の6年生の頃からみんなで並んでもひょろりと大きいのが一人いるというのがどうも変で嫌で、少しでも小さく見せようとあらん限りの努力をしたものだ。いわゆるコンプレックスである。年を重ねて厚くなってきたつらの皮のお陰で最近ではようやく気にならなくなって来ていた。
 と、思っていたところ、既製服のお店にスーツを買いに行って、いきなり中肉中背へのあこがれが私のもとに回帰した。買い物に行ったお店は、大きな売り場を構える洋服の専門店である。遠くに霞む売り場の彼方からずらりと並べられたスーツの品数はやけに多い。フォーマルからカジュアルまで選り取り見取り、似合うものを楽しく選択することができる。が、それは中肉中背の皆様に限っての話しであった。
 
 私は売り場に売り子さんが立っていれば、必ずその人にすべてを託すタイプの客である。その日もわが社の社員になってくれたら良さそうだなと思うタイプのイケメン店員さんを選んで声をかけた。店員さんは私を上から下まで見回した末、私からその店の会員カードを奪い去り過去の買い物リストを確認するために端末のあるところまで飛んで行った。息を切らして戻って来て「少々お待ちくださいませ。合うサイズがご用意できるかどうか少し探して参ります」、もうすでに待っている、また待つのか、とは言わずに私は待った。
 
 少し待つと、「こちらに揃えましたので」と案内された所に6着のスーツがかかっている。この広大な何万何千とありそうなスーツの海のような場所で私の体に合うサイズのスーツがわずか6着。しかも店員さんの言葉が涙を誘う。「お客様、これまでもご苦労なされたでしょうね。最近大きなサイズは作られるようになってきたのですが・・・」。そのとおり。私はこれまで、買い物に行って選ぶ、ということをあまりしたことがない。あれば(あったものを)買う。無ければ買えない。それだけである。中肉中背へのあこがれが休止していた活火山がボンと火を吹いたように吹き出した。
 
 私はその日、紺色のスーツを買いたいと思っていた。サイズが合う6着のスーツのうち3着は黒系、2着がグレー系。紺系は最後の1着。1着でも売っていてくれて良かったと思うほかない。
 紺のスーツを着てみる。店員さんはじっと見ていたが少し間を置いて「このスーツは生地が良い」と言う。私は吹き出したが店員さんはお構いなしだ。「シルクが混ざったいい生地の製品なんです」。正直な店員さんである。せめてお追従に「お似合いです」の一言でも言えばいいものを。
 スーツは作業着である。無ければ仕事にならない。紺の1着を購入することにした。
 
 いろいろな選択肢があるというのは羨ましい。しかし、選択肢が多すぎてもいけないものらしい。選択肢が増えすぎると人は選択すること自体を止めてしまうという。情報が多すぎると処理し切れなくなってしまうということかもしれない。
 人生の選択肢についても同じようなことが言えるだろう。あんな人生もこんな人生もある、いくつになってもまだまだ何でも選べる、そういう優しい言葉に甘えて今をいいかげんに生きていると、つまらない未来ばかりがやって来る。
 今いるここが自分の場所。今できることを、できる限り精一杯やって行くしか道はない。そう思ってがむしゃらに頑張っている人のところにこそ面白い未来が見えてくるものだ。
 
 裾の長さを決めるために試着室に入った私は、人生の選択肢について店員さんと大いに盛り上がった。選択肢のない買い物だったが、楽しく買い物をした、と言えるだろう。
 
 試着室から出ると店員さんは言った。「選択肢はまだ5着ございますよ。どうですか?もう1着」(三)
 
monipet
  動物病院の犬猫の見守りをサポート
  病院を離れる夜間でも安心

ASSE/CORPA
  センサー、IoT、ビッグデータを活用して新たな価値を創造
  「できたらいいな」を「できる」に

OSGi対応 ECHONET Lite ミドルウェア
  短納期HEMS開発をサポート!

GuruPlug
  カードサイズ スマートサーバ

株式会社ジェイエスピー
  横浜に拠点を置くソフトウェア開発・システム開発・
  製品開発(monipet)、それに農業も手がけるIT企業
コメント