JSP_Blog

JSPから発信するビジネスブログ

太郎

2016-11-30 10:47:51 | 日記
 いじめを見逃さなかった浦島太郎をほめたい気持ちがこのところ急上昇し、その流れで彼の後半生に関する妄想がやまない。彼が救ったのが恒星間飛行を可能にした文明を持つ異星人だったとすれば、ひょんなことから地球の危機を救ってしまったヒーローであったかもしれない。乙姫の星ではもちろん、危険を顧みず星の仲間を救ってくれた地球を代表する人物として紹介されたに違いない。そんな妄想である。
 
 乙姫の星を仮に竜宮星と呼ぶなら、竜宮星では国家が連合して星全体を管理する政府が樹立されている。そのトップが乙姫だったということか。どのような歴史をたどってそこにたどり着いたかはわからないが、星全体が一つにまとまっている世界が予想される。
 
 地球でも国連はあるが星全体が一つの国家であるかのように振る舞う状態には程遠い。その上、期待の実験だったEUも英国離脱によって急に寂しくなり、さらに追い打ちをかけるようにトランプ大統領の出現だ。国家や個人がそれぞれ自分のことしか考えない、そんな世界になれば、いじめもいじめと呼ばれず、あたりまえな話しとみなされるかもしれない。主な関係者の即時の利益のみが優先され個性ある多様性は排除される。いずれ武力を使ってでも自国の利益を守ろうとする動きも出てくるだろう。そんな世界の中で浦島太郎はひとり立ち上った。竜宮星でヒーローとして紹介されたのもおかしくない。
 
 そんな太郎が異世界でただ遊び歩いていたとは考えにくい。江戸末期にアメリカに渡り、かの国の先進的な考え方を熱心に学んで、その後の日米の関係強化に尽力した中浜萬次郎、後のジョン万次郎のごとく竜宮星の制度や技術を学びに学んだのではなかろうか。その彼が何の目的もなく地球に戻り世をはかなんだあげく、装置の使い方を間違えて急速に老化して亡くなってしまったとは思えない。本人が戻って来たのであれば世界を相手に改革ののろしを上げたに違いないのだ。
 
 そんな物語が残っていないところを見ると急速に老化した太郎は本人ではなく例えば故郷の様子を見るために送り込まれたアバターのような存在だったのだろう。

 では、本物は何をしているのか。地球に似た発展途上の星の住人への啓蒙活動を推進する団体で働いている、と妄想した。

 根拠のない迷信によって動かされるのではなく「なぜ」そうなるのか自分で考えて行動できる人々を増やすための活動を人知れず行なっている団体だ。人は人だけで生きているのではなく、その星に生きるすべての命とともに協調して生きていること、その命の一つ一つがかけがえのない尊いものであることを学ぶ道を作ること、そのための活動にのめり込んでいる。

 地球で科学が急速に発展し始めた時期と太郎が活動し始めた時期は重なる。彼らの活動は地球人の一世代ではとても実らないかもしれないが、紆余曲折を経ながら着実に進んでいる。なぜかずっと若いままで。(三)
 


monipet
  動物病院の犬猫の見守りをサポート
  病院を離れる夜間でも安心

ASSE/CORPA
  センサー、IoT、ビッグデータを活用して新たな価値を創造
  「できたらいいな」を「できる」に

OSGi対応 ECHONET Lite ミドルウェア
  短納期HEMS開発をサポート!

GuruPlug
  カードサイズ スマートサーバ

株式会社ジェイエスピー
  横浜に拠点を置くソフトウェア開発・システム開発・
  製品開発(monipet)、それに農業も手がけるIT企業
コメント

試験勉強

2016-11-29 08:59:58 | 日記
試験に向けて勉強をしようと思っています。
久々の事です。
この資格に関連する知識を得たい。得た知識を仕事に活用したい。そう思いました。
「そう思いました」、私にとってはとても珍しいことです。
出来ることならば試験は避けたい、と考えて過ごしていたので。勉強、試験、とても苦手なのです。

前回試験勉強をしたのはいつのことだったか。
情報処理技術者試験だったかな。
自信がある分野の試験でしたが、結果はダメダメでした。
なお、この試験は再挑戦を諦め、再度試験は受けていません。
もっと前にさかのぼると、こちらも情報処理技術者試験。
何度も何度も試験を受けました。
「そりゃぁX回受ければ誰でも受かるでしょ?」という感じで、何度も何度も受けて資格取得となりました。

もっともっと前にさかのぼると、短大の受験、高校受験。
高校受験の時は「このままじゃ何処の高校にも行けないぞ!」と先生にご指導頂いたことを記憶しています。
先生、ありがとうございました。
いま、わたしは給料を頂くことができる仕事が出来ていますよ。

さてさて、今回の試験、どうなることやら。
最初に書いた通り、
「試験に向けて勉強をしようと思っています。」という状況です。未着手です。教本は数ヶ月前に買ったんですがね。
気持ちだけは、少しあるのですよ。
「よし、やろう!」と思った時だけ、教本さんはわたしのカバンに入れられ、自宅と会社間を往復しています。
そろそろ開いてあげたほうが良いですね。

高校受験の時は、先生が「合格への道」を考えてくれていました。
そうですね、まずは計画からですね。
計画を立てるための時間を作らればなりませんね。
さてさて、どうなることやら。

1ヶ月後わたしが担当するブログの書き出しはなんでしょうか。
「試験に向けて計画を立てようと思っています。」となって、、、
きっとなっていないでしょう!
頑張ります。


(八)


monipet
  動物病院の犬猫の見守りをサポート
  病院を離れる夜間でも安心

ASSE/CORPA
  センサー、IoT、ビッグデータを活用して新たな価値を創造
  「できたらいいな」を「できる」に

OSGi対応 ECHONET Lite ミドルウェア
  短納期HEMS開発をサポート!

GuruPlug
  カードサイズ スマートサーバ

株式会社ジェイエスピー
  横浜に拠点を置くソフトウェア開発・システム開発・
  製品開発(monipet)、それに農業も手がけるIT企業


コメント

防寒

2016-11-28 08:47:16 | 日記
 寒さにかじかんだ手に息を吹きかけて歩いていると、モコモコに重ね着してミシュランのマークのようになった幼児が両親に挟まれてよちよち歩いているのを見かけた。何とも愛らしい。その同じ日に、「あつい、あつい」と叫んで逃げ回っている半袖半ズボンの男の子がいた。その子にウインドブレーカーを着せようと追いかけているお父さんもTシャツ1枚に前をはだけたブルゾンという格好だった。元気がいい。
 
 数日後、早くも雪が降った。気象予報士は「持っている服の中で一番温かいものを選んで着て下さい」と言っていた。このシーズン最初のマフラー出勤日になった。そんな雪の日でもなおコートも羽織らずスーツだけで平気な人もいる。寒くなって来ると過剰ともいえる暖の取り方をする人とその逆の人の違いがはっきりする。
 
 おそらく子供のころの環境に左右されている部分が大きいと勝手に解釈している。寒くなって来たら早めに完全防寒を心がけている家庭に育った人と限界のその先まで寒さ対策など気にしない家庭で育った人では大人になってからの対応は大きく異なるだろう。
 
 子供の危機を事前に察知し子供に害が及ばないように管理する親は多い。寒さへの対処と同じではないと思うが、何となく似た感じがする。
 
 危機に見舞われないように危険なものに近づかないようにあらかじめ子供に言い含めたり危険な玩具は使わないように取り上げたりする。それでも危険な目に会ってしまったら、なぜそうなってしまったかを一緒に考えることなく、間髪を入れずにもっと面白い別のものがあるからと別のものに興味を移させて新しい管理を始める。そういう育て方をしている親は多いと思う。
 
 しかし管理が行き過ぎると寒さや痛さを経験しないまま成長してしまう人が増えて行く。危機に対する正しい理解もないまま、それを悪いものだと遠ざけてしまう管理の仕方は子供たちの可能性を狭めてしまうことにもなるのではないか。
 
 親や環境の影響は大きい。原発事故から避難して来た少年を横浜の少年たちがいじめた事件などは、この延長線上にあるように思えてならない。ある程度痛いこと寒いことの経験が無いと、周囲で同じような目に会っている人の痛さや寒さを思いやる気持ちは湧き上がって来ないのかもしれない。
 
 会社に入っても先輩後輩の間で、似たようなことは起きている。後輩を心配するあまり後輩に仕事を任せることが出来ない。なぜなら後輩には力が無く、失敗してしまうから。そう思って徹底的に後輩を管理する先輩がいる。会社によっては先輩という生易しい言い方でごまかせない。上司が皆この先輩のように考えているところもある。で、上級管理職が中間管理職を管理する。なぜなら中間管理職には力が無くて失敗してしまうから。そう思っている。子供を管理している親が子供に対して抱いている気持ちと同じだ。恐ろしく優しい。
 
 未来を探して一緒に考えたり笑ったり悔しがったりしてくれる親と、あれはダメこれはダメと将来の危機を早期に察知してダメ出し管理する親のどちらの子供たちが夢のある明日を作ってくれるのだろう。(三)
 

monipet
  動物病院の犬猫の見守りをサポート
  病院を離れる夜間でも安心

ASSE/CORPA
  センサー、IoT、ビッグデータを活用して新たな価値を創造
  「できたらいいな」を「できる」に

OSGi対応 ECHONET Lite ミドルウェア
  短納期HEMS開発をサポート!

GuruPlug
  カードサイズ スマートサーバ

株式会社ジェイエスピー
  横浜に拠点を置くソフトウェア開発・システム開発・
  製品開発(monipet)、それに農業も手がけるIT企業
コメント

体操

2016-11-25 12:23:03 | 日記
最近、朝起きたらラジオ体操をするようにしている。

去年の秋頃、首を痛めてからずっと、首から肩、背中にかけての痛みに悩まされている。一時期はPSラボ近くの接骨院に通い電気療法で治療していたが、治ったかなと思い通わなくなってしばらく経つとまた痛みが戻ってしまう を繰り返している。
特に今の季節、気温が下がってくると痛みやだるさが増す。朝起きた時の首から背中にかけての こりと重さはかなり辛い。
その日も朝からこりが酷く、何度も首を回しながらテレビをつけた。前日の夕方、子供たちがテレビを見たのだろう、チャンネルがそのままでこれからラジオ体操が始まろうとしていた。
ちょっとやってみようかな とふと思いラジオ体操をやってみた。すると こりが和らぎ、だいぶ楽になった。寝ている間や寒さで硬直した筋肉がほぐれたのだろう、想像以上の効果にそれ以来ラジオ体操をするように決めた。

ラジオ体操もやってみると奥が深い、というかやり方によって奥深くすることができる。ラジオ体操が始まる前に、先生らしき人がラジオ体操中の動作の説明をしてくれることがある。どういう効果を狙った動作でどの部位に意識をおくとよい といった説明だ。
すべての動作に対して説明をしてくれるわけではないので、説明がない動作についてはアシスタントの方々の動作を注意深く見て、どの辺りを意識すればよいか考えてみる。
一つ一つの動作に対し、そんなことを考えながら体操をすると終わる頃には結構疲れ、じんわりと汗をかく程度になっている。

適当に行えば何事もなく終わるものでも、高い意識をもって取り組めば、しっかりとした効果を得ることができる。これはラジオ体操に限ったことでなく、仕事に対しても同様だ。
自分のやりたいことでなかったり、単純に思える作業でも、その目的をしっかりと意識し、どういったアウトプットを求められているかを考える。もっと効率的に作業を進める方法を考える。そのように仕事に取り組んでいる人はどんな仕事であっても、言われるがまま流されて仕事をしている人より確実に成長していくだろう。(ほ)

monipet
  動物病院の犬猫の見守りをサポート
  病院を離れる夜間でも安心

ASSE/CORPA
  センサー、IoT、ビッグデータを活用して新たな価値を創造
  「できたらいいな」を「できる」に

OSGi対応 ECHONET Lite ミドルウェア
  短納期HEMS開発をサポート!

GuruPlug
  カードサイズ スマートサーバ

株式会社ジェイエスピー
  横浜に拠点を置くソフトウェア開発・システム開発・
  製品開発(monipet)、それに農業も手がけるIT企業
コメント

ツルっ!

2016-11-24 10:31:53 | 日記
11月上旬、本社でお客様と打ち合わせを行った。打ち合わせの終了時間が12時を少し回っていたので、一緒にお昼ご飯食べに行きませんか。と誘ってみたところ、良いですと返事を頂いた。

打ち合わせ後、そのままご飯を食べに行きたかったが、財布を持っていなかったので、急いで自席へ。財布を手に持ち、お客様の元に戻ろうたしたが、仕事用のサンダルを履いていることに気付いた。革靴に履き替えようか一瞬悩んだが、お客様を待たせるのは良くないと判断し、そのままサンダルでお客様の元に戻った。

外に出てみると、朝方に降っていた雨は止んでいた。お腹が空いていたため、そそくさと定食屋に向かう。注文後の空き時間にお客様と雑談でもしようかと考えていたが、プロジェクトメンバが揃っていたこともあり仕事の話が中心となった。(得てして、業務外の時間でも仕事の話になるプロジェクトは問題が多い。)
とてもとても有意義な昼食が終え、自社に戻ろう歩いていると・・・

「ツルっ!」

私は滑った。
しかし、持ち前の運動神経と若さで体制を整え転倒は免れた。
その一部始終を見ていたお客様、プロジェクトメンバは笑っていたが、笑い話で済んで良かったと内心思っていた。同時にサンダルの底がツルツルであったことを再認識した。

その後、私は愛飲しているMonsterと炭酸水を買うために、一人で文化堂へ。文化堂でMonsterと炭酸水を買う際はいつも歩くルートが決まっている。
この日もいつものルート通りに歩いていると・・・

「ツルっ!」

私滑った。
そして、転んだ。転び方もひどく、腰から落ちて後頭部を壁にぶつけた。手に持っていたMonsterは2メートル先まで飛んで行き床に転がる。
一瞬のことだったので何が起きた理解できず、気が動転した。今でも鮮明に覚えているのは近くに主婦が二人いたが、転んだ瞬間、スッといなくなったことぐらいである。

転倒後、まずは立つ必要があると思ったが、腰に激痛が走り体を動かせない。山王戦の桜木花道が自分と重なる。1分ぐらいかけてゆっくりと起き上がり、2メートル先に落ちたMonsterを商品棚に戻し、お店の外へ。

お店の外に出ると、落ち着きを取り戻した。そして、改めて腰の痛みが大きい事に気付いた。それでもゆっくりと歩くことは出来たので、自社に戻った。なんとか自席にたどり着いたが、座ろうとした瞬間、腰に激痛が走る。仕事をあきらめて病院に行こうか悩んだが、一度座ってしまうと痛みはあまりなかったので、仕事を続けた。

翌朝、
年を取るとケガした翌日の方が痛みが出るという話もあるため、恐る恐る布団から起き上がってみると、痛みは多少和らいでいた。
まだ自分は若い。そう思えたが、実は3週間経った今、完治していない。
ケガしてから
1週目は前かがみになることができず、一人で靴下を履くことができなかった。
2週目は、普通に歩けるになったが、走れない。
3週目になりようやく痛みはなくなり走ることも可能になった。

今回は転倒は人生の中でも経験した事がない程の転び方であった。
運良く重傷は逃れたが、痛みは長く続いた。これから寒い季節になり、足元が凍っている可能性がある。
たかが転倒。されど転倒。
皆様も注意してください。(土)


monipet
  動物病院の犬猫の見守りをサポート
  病院を離れる夜間でも安心

ASSE/CORPA
  センサー、IoT、ビッグデータを活用して新たな価値を創造
  「できたらいいな」を「できる」に

OSGi対応 ECHONET Lite ミドルウェア
  短納期HEMS開発をサポート!

GuruPlug
  カードサイズ スマートサーバ

株式会社ジェイエスピー
  横浜に拠点を置くソフトウェア開発・システム開発・
  製品開発(monipet)、それに農業も手がけるIT企業
コメント