JSP_Blog

JSPから発信するビジネスブログ

火の用心

2018-10-10 09:00:00 | 日記
日曜日の夕方、我が家の近所で火事があった。火事に気がついたのは、夜の8時くらい。

その日は、小学生の娘が秋休みに入り、イベントとして娘の友達が我が家に泊りに来ていた。我が家には小さな屋上があるが、屋上にテントを張って外でキャンプ風に寝たいという娘たちの要望に答えて、屋上で簡易テントを張る作業をしていたところ、娘が近くで煙が上がっているのに気がついた。

その時は、煙も大したことはなかっため、焚き火か花火の煙くらいかと思っていたが、よく見てみると近くで消防車らしき赤色灯の明かりが見えたため、子どもたちと一緒に確認に出かけた。

煙が見えた方向に向かって歩いていると、我が家から徒歩1分くらいのところで、警察が道を通行止めにしていた。間違いなく火事のようだった。娘の友達の家が近くにあったが、その家ではないことだけ確認がとれた。

地域の防災メールによると、その火事は、17時30分頃に発生し、鎮火できたのは22時30分頃とのことで、かなり大きな火事だったようだ。

翌日の朝、犬の散歩のついでに現場を確認しに行った。
現場に到着したのは、9時頃だった。住人らしき夫婦が立ち会って、警察や消防が現場検証の真っ最中であった。木造2階建の一軒家が全焼していて現場は住宅密集地だったが、幸い周りの家に燃え移ることはなかったようだった。

周りの住宅をよく見ると、雨どいが溶けてしまっていたり、壁が焼けて塗装がドロドロになっている家もあり、かなりの勢いで燃えたことが想像できた。

犬の散歩には、子どもたちも同行していたが、初めて見る火事の現場に驚いていたのと、火事の危険を肌で感じる経験になったようだった。

台風の塩害などで火事の報道が記憶に新しいが、我が家では暖房に石油ストーブを利用しているため、家族で改めて火事には気をつけなければならないと認識をした機会にもなった。

明日は我が身。これから冬に向かい空気が乾燥する季節になるため、気をつけたい。

(岳)

moniswitch
  今お使いの離床センサーがそのまま使える!
  離床センサーのスイッチ入れ忘れ事故を防止するスマートスイッチ

monipet
  動物病院の犬猫の見守りをサポート
  病院を離れる夜間でも安心

ASSE/CORPA
  センサー、IoT、ビッグデータを活用して新たな価値を創造
  「できたらいいな」を「できる」に

OSGi対応 ECHONET Lite ミドルウェア
  短納期HEMS開発をサポート!

GuruPlug
  カードサイズ スマートサーバ

株式会社ジェイエスピー
  横浜に拠点を置くソフトウェア開発・システム開発・
  製品開発(monipet)、それに農業も手がけるIT企業



コメント