矢野(五味)晴美の感染症ワールド・ブログ

五味晴美の感染症ワールドのブログ版
医学生、研修医、医療従事者を中心に感染症診療と教育に関する情報還元をしています。

Learn most from my mentees!!

2018-09-12 20:06:19 | 感染症関連
私のかつての教え子であった先生と再会する機会がありました!

卒業され 10年以上の歳月が流れました。

今や グローバルヘルスの一線で活躍するプロフェッショナルとなられ
光栄にも再会することができました!

興味深いご経験をいろいろ教えていただきました。

No wonder, I am getting older!!

いつかご一緒した方 みんなと同窓会をしたいです

Harumism 同窓会^_^

近いうちに 実現します!

出雲 旅日記

2018-09-09 21:15:10 | 感染症関連
出雲大社にお参りしました!






出雲そばが大変、美味しく、西日本で讃岐のうどんに慣れている岡山県人の私は、子供の頃、そばはあまり食べる機会がなかったです。

うどんもあまり食べない方でした。

それが、水戸で常陸そばに出会い、絶品のお蕎麦のお店が病院近くにあり、ランチに出たりしたところ、ずいぶん、変わりました。









御礼 出雲熱病塾 2018 大盛況

2018-09-08 23:35:45 | 感染症関連
ご関係者の皆様のおかげで 出雲熱病塾 2018 大盛況に終了致しました。

夢のように楽しい楽しいひとときに、感謝申し上げます。

4例の教育的な症例提示を みんなで深く考えて勉強しました。

病態が顕在化せず迷い難しい症例からスタートしました。
この症例が あまりに素晴らしい症例提示で 流れができました。
結果的には Common is common. に帰着した症例でした。


カンファレンスの前に 出雲大社にお詣りして 出雲そばをいただきました。

盛りだくさんに 充実した一日でした。

どうもありがとうございました!







多剤耐性グラム陰性菌の最新の論文

2018-09-04 23:27:39 | 感染症関連
オーストラリアからの多剤耐性グラム陰性菌の報告があります。

これから詳細を読む予定ですが 一般のニュースにもなっており、深刻です。

大変です!

卒業以来の再会

2018-09-03 21:50:07 | 感染症関連
週末のセミナーで、母校の先輩に再会しました!
卒業以来の再会です。25年の歳月が過ぎ去っております。

そのほか 自治医科大学のアラムナイの先生などがお声かけしてくださいました。

ありがとうございました!


9月8日土曜日 13時 出雲熱病塾 2018@ 島根大学医学部

2018-09-02 20:30:11 | 感染症関連

夏休みのスケジュールが終了し 明日から新学期です。

9月8日土曜日には、島根県出雲市で島根大学医学部で出雲熱病塾2018を開催です。

よりよいセッションを提供すべく 毎回のセッションが勝負どころです。

秋以降 超人的なスケジュールが続くため 体力を維持するように スポーツクラブに行く時間を確保してサバイブしたいですね〜。

自分の勉強時間を確保することから始めようー。

11月20日には オンラインでの米国内科専門医の更新試験があり 、 シビアです。

ワインも勉強します!
ワイナリーの現状を知って 臨場感を感じながら 学習します!

本日 第47回 抗菌薬適正使用生涯教育セミナー

2018-09-01 13:28:39 | 感染症関連
本日 東京 国際フォーラムで 日本化学療法学会 抗菌薬適正使用生涯教育セミナーが開催されております。

800人以上の参加者だそうです。

AMR抗菌薬耐性への対応をテーマにセミナーが開催されております。
私は、ベータラクタム/ベータラクタマーゼ阻害薬の配合薬の適正使用を担当致しました。

All Japan で対応する体制の確立を目指して 現場から変えましょう!

午後から 症例提示で 事例の検討をするセッションです。



高山日赤 訪問記

2018-08-21 16:24:46 | 感染症関連
素敵な指導医の先生方に素敵な研修医の先生方がお集まりの高山日赤にお伺いさせて頂きました。

ご縁に感謝しております。

心に染み入る街並みに 3回目の高山に魅せられております。

駅で見つけた

ちょっとエゴな50代 という本に共感。


死ぬまでに何がしたいのか 改めて見つめる夏です。

カズオ イシグロ氏の本をやっと読み始めました。


感激の出会い:自治医大の卒業生の先生方

2018-08-19 07:12:12 | 感染症関連
地元でご活躍されている自治医大の卒業生の先生方と。。


在任中に講義をさせていただいた学年?の先生方ですが、時の流れを感じます。

地域で、重要な役割を担っていらっしゃり、責任感のある素晴らしい医療者となっていらっしゃることに感激でした。





青い森:むつ総合病院にて

2018-08-19 06:57:37 | 感染症関連
3年目になりますが、むつ総合病院にお伺いさせていただきました。



とても暖かい方々のご厚意で、お伺いさせていただき感謝しております。

抗菌薬の基本のお話と職業感染対策など(ワクチン接種や針刺し切創)についても改めましてお話させていただきました。

自治医大の卒業生の方や十和田のご遠方からお越しいただいたご関係者もおり、感激しました。







再び風しんの流行

2018-08-15 08:29:19 | 感染症関連
報告された風しんが一万人を超えたとのことです。

飛沫感染します。

抗体がない方は罹患します。
麻疹と異なり 感染しても 何割かの方は無症状です。
無症状でも 感染性があります。静かにアウトブレイクが起こります。

症状があり報告された患者が一万人を超えたとのことは 無症状の患者は含まれていないため より多くの方が感染していることを示唆しております。

新聞ニュース
https://www.asahi.com/sp/articles/DA3S13635865.html

成人向けのワクチン接種を推進する必要があります。

会社の検診や人間ドックに麻疹 風しん ムンプス 水痘の抗体検査を含める対策を推奨しております。

自己健康管理の一環として 重要です。






8月20日月曜日 高山赤十字病院 講演会です。

2018-08-13 20:49:43 | 感染症関連
高山も風情あり、大好きな町の一つです。

今年も、お伺いさせていただく事になりました。豪雨で特急は運休しているそうで、名古屋からバスで移動します。

抗菌薬の使い方を中心に熱心な研修医の先生方や、ご関係者の先生のお役に立てればうれしいです。

グラム染色を始めたそうで、お伺いしたときに、こちらも

15:00から、研修医の先生のセッション
症例ベースで、臨床推論、臓器と微生物、標準的な抗菌薬、フォローの仕方、などを行います。


17時ごろから、全職員向けのお話をさせていただきます。
感染対策、予防につきます!

多剤耐性のアシネトバクターのアウトブレイクのように、1例検出されたら、アウトブレイクと認識できる「組織力」が必要です。


888の日:2018年8月18日土曜日 むつ総合病院 講演会です。

2018-08-13 20:34:02 | 感染症関連
今週末、ご縁あり、3回目の青森県はむつ総合病院。下北半島の付け根の街です。

8月18日の土曜日に、

午前中、10:30-11:30は 全職員向け

午後 13:00-14:30 まで研修医の方向けの抗菌薬はじめの一歩 2018です。

どうぞよろしくお願い申し上げます!


ちょうどむつ市では、お祭りだそうで、お勉強後、私も参加させていただく予定です。

とても楽しみに、「青い森」へお伺いさせていただきます。

帰りに、少しずつ周辺の風物を見て帰っていますが、今年は恐山(おそれやま)に行ってから戻ります。

来週 青森むつ市と岐阜県高山市へ

2018-08-10 21:54:59 | 感染症関連
ご縁をいただき、来週には青森のむつ市 と岐阜県高山市へお伺いします。

黄色ブドウ球菌の血流感染を十分に治療できるかが、感染症科診療でとても重要です。

北米では、黄色ブドウ球菌の血流感染は感染症科専門医へのコンサルトが義務化された州もあります。

若手の先生や学生さんたちに 学んでいただきたい最重要な感染症です。

お伺いさせていただく病院での、学修目標にしております。

9月8日土曜日にも島根県出雲市でも熱病塾の「姉妹塾」を開講します。


祝 888の日に。。。

2018-08-08 22:24:23 | 感染症関連
本日は、台風の接近でしたが、なんとか都立松沢病院の講演会にお伺いさせていただきました。

なんと、888の末広がりの日。8月8日2018年。

昨日から、夕方の講演会が難しければ、ランチョンでもお伺いいたします、とご提案しておりましたら、ランチョンとして無事に開催されました。

ご英断をいただいたご関係者の皆様、またご遠方より御集りいただいたご参加者の方がたに深謝申し上げます。


今回は精神科医療の拠点病院での感染対策と感染症診療について、お話させていただきながら、ご施設の環境ラウンドをさせていただき、勉強させていただきました。
ご担当の非常勤の感染症科の先生ともご一緒でき、とても有益でした。CIC感染管理の資格も、勉強して取得する必要があることを改めて認識しました。
勉強することが山積み!ですが、生きている限り、診療する限り、常に勉強を続けることが必要ですね。

感染症は好きなので、苦にならないです。細菌検査室を見学させていただき、新しい診断方法を見せていただいて、いや〜、おもしろいですね〜というコメントが思わず
出てきます。

感染症の診断方法がオプションが増え、激変している今、現場に近く実臨床に触れ続けることがとても大事です。

お心遣いが心にしみた1日でした。無事に自宅に戻れました。久しぶりに家族と夕食ができてよかったです。