矢野(五味)晴美の感染症ワールド・ブログ

五味晴美の感染症ワールドのブログ版
医学生、研修医、医療従事者を中心に感染症診療と教育に関する情報還元をしています。

学会最終日

2011-10-24 07:53:52 | Boston IDSA
学会は本日で最終日でした。

午前中、Fungal infectionのセッション、2010年のハイチのコレラのアウトブレイクに関するセッションがあり、終了しました。

Fungal infectionは、在米中は、MD Anderson Cancer Centerという全米第一位にランクされるがんセンターを含むテキサス大学ヒューストン校のプログラムでフェローをしていたこともあり、重症な症例を見る機会にも恵まれていました。助からないことが多い疾患ですが、
この10年ぐらいの進歩はめざましい限りです。

ケースを元にしたinteractive sessionで、米国屈指のエキスパートの先生5人ぐらいのパネリストのコメントは、非常に勉強になりました。

その後、今回でIDSA Presidential plenary(学会長講演)では、IDSAの成り立ち、歴史、今後のsocietyとしての課題、方向性の提示があり、感銘を受けました。最初は2000人ぐらいの会員数だったというお話、2つのジャーナルを刊行していたお話、フルタイムの学会職員を雇ったのは活動をしてからしばらくたってから(2001年ぐらい)だったとのこと。その後、驚異的に発展し、今年は昨年の記録を上回る4988人(確かこのように行っていたと思います。5000人弱)のIDSA参加者がいたとのことでした。

ICAACが12000人参加者がいるのでその半分ぐらいですが、臨床に特化したとてもよい学会です。いつもinspireされています。

感動的な最後のセッション後、半日あき時間がありました。

幸運にも、お昼から3時間ぐらいのWhale watchingのツアーあったので参加しました。

念願のくじらをたくさん、間近で見ることができて感動しました!

潮を吹いている姿はダイナミックで生命の根源を感じますね。


















NY時代の友人と再会しました。ともにID fellowshipに進んだのでいつも当時のお話をしますが、古い友人のありがたさを感じます。学会中にランチをごちそうしてくれました。


州が法制化: 厳格なProfessional code

2011-10-23 13:17:37 | Boston IDSA
今年、ボストンの学会で昨年と違うなあと思った点に、Professional codeが非常に厳格だということです。

breakfast lecture, dinner lectureは、毎日のように満載されていましたが9月のICAACでも少なく、IDSAでも少なかったです。また薬品名が入ったボールペン、メモ帳、インデックスシールなどはなくなっていました。学会から配布されるものも薬品名はなく学会のマークがついているものでした。

Websiteのニュースで知ったのですが、マサチューセッツ州は、製薬企業の無料提供品は禁止、薬品名などが入ったボールペンなども州の法律で禁止されたそうです。50ドル以上の金品の受け取りはすべてdiscloseすることになっていると。(正確な条文を見たわけでないのですが、Webニュースでそのように解説されていました)


先日、外資系の英国アストラゼネカが飲食の提供禁止、無料提供品禁止(ボールペンなど)
などのprofessional codeを来年から施行すると発表があったそうです。

日本でも、この機会に、これまでのなれあいの「慣習」を見直し、より厳格に、プロとして凛と(りんと)した態度や行動を取ることを若手教育にもProfessionalism教育の一貫として定着するべき時期ですね。

学会3日目

2011-10-23 13:01:22 | Boston IDSA
今日は、昨日の緊張したmeetingが終了し、少し時差ぼけも解消して調子よかったです。

今日の夕方の記念レクチャは、2つとも心に染み入るようなすばらしい講演で、すばらしいロールモデルを提供していただいた感じでした。

とくにVanderbilt 大学のDr. William ShaffnerのMediaと感染症という内容の講演は、メディアとの関係が1799年、Edward Jennerが種痘のワクチンを発見・開発したところにさかのぼるものだとの説明もあり、感慨深いものでした。

Scientistは、ラテン語で、「知識をつくる」Create knowledgeという意味

Physicianは、ギリシャ語で、「治療する」とTreatという意味

Doctorは、ラテン語で、「教える」という意味。


と最後に締めくくり、我々は、メディアを通して一般市民を教育するチャンスがある、という趣旨でした。このメッセージを45分間にわたって、非常にわかりやすく、多彩な表情で、
諭すように話されたのは、これまでの講演のなかでもbest中のbestでした。

夜は、食事も兼ね、Boston bayでクルーズに乗りました。ダンスミュージックがかかって、
予想以上ににぎやかなクルーズでした。クルーズはよかったのですが、もう少し静かなクルーズを予想していたのでびっくりでした。

緊張と楽しいひと時の1日でした。

2011-10-22 14:50:44 | Boston IDSA
学会2日目。朝から重要なmeetingがあり緊張していました。

午前7時から、リサーチ関係のmeeting.

はじめてお会いした先生ですが、日本の事情をご存じで予想以上によいご提案をいただき、これからなんとかよい仕事になればと思いました。いつも感じてきたことですが、
米国で大きな仕事をしているかた、教育に携わっている方、ほとんどの先生が本当に親切で、寛容で、サポートを惜しまない姿勢をお持ちで救われます。

緊張をほぐしてくれるような暖かい人間性もとても魅力的です。

早朝からとてもうれしい時間をすごし学会に参加しました。

ランチタイムももうひとつmeetingがあり、こちらの先生も親切でとても暖かい方でした。

午後からはinteractive sessionを中心に参加しましたが、時差ぼけによる睡魔で本当に眠かったです。夕方はなんとか復活し、2つ、すばらしい講演を聞きました。

慢性疾患で感染症が関与しているものなどをまとめたお話、慢性疾患の疫学のお話で
感銘を受けました。

その後、PCRなどのmolecular testの第一人者の先生のお話で、この1-2年ぐらいで臨床現場が検査方法の大きな変化で変わる可能性のお話がありました。

すごい時代になってきたものです。

夕方以降は、テキサス大学の同窓会でした。先日IDSA vice presidentになったDr. Murrayのスイートで開催されました。なつかしい面々にお会いでき楽しかったです。








最後に、昨日訪問したBrigham and Women's Hospitalに飾ってあった世界初の腎臓移植でノーベル賞を受賞した先生のメダルです。これまでBrighamから10名ノーベル賞受賞者がいるそうです!!すごいですね。



来年は、サンディエゴでIDSAです。感染症の臨床研究を発表できたらと思っています。






本日Brigham and Women's Hospital 見学、Boston Symphonyなど。。

2011-10-21 13:23:52 | Boston IDSA
今朝は、朝からフル活動でした。

知り合いのありがたさを身にしみて感じましたが、東京大学にsabbaticalで来られていた先生に再会したかったこと、フェローの方に米国の病院やラウンドなどを体験する機会をつくりたかったことなどが重なり、Brigham and Women's Hospitalを午前中に見学しました。




フェロー2名、レジデント1名、医学生のチームでしたが、フェローはお隣のベスイスラエル・ディーコネス、レジデントはNY, 医学生はドイツから、などみんな”短期研修”の方が多く、出身国もスペイン、中国、イスラエル、アイルランド(指導医)など多彩でした。おもしろいです。

内分泌の先生でしたが、患者は多彩で肺移植、心臓移植の患者さんもいて感染症としても興味深いラウンドでした。HbA1cの解釈についてのディスカッションがあり、非常にアカデミックで刺激的でした。

貧血のある患者、輸血の既往のある患者、私はmultiple myelomaの患者の場合以前、解釈に困ったことがあったので質問してみました。

今日のtake-home messageでは、hypoglycemic episodeが頻回に起こる患者についてでした。hypoglycemia自体が、poor prognosisのindicatorであることなどを教えていただき、とても参考になりました。

ラウンドは午前中までで、フェローやレジデントは午後からそれぞれのクリニックがあるそうです。

その後、病院内のER, 細菌検査室などを見学。すごいですね。さすがに。。
細菌検査室は24/7で1年365日稼動。放射線科医もERに24/7でいるので、いつでも聞けるから助かりますと説明してくれました。

せっかくなので、Harvard Medical School内を少し見せていただきました。








1学年180名で、4つの”society”という45名ずつのグループで一緒に勉強していくそうです。

PBLも7人ずつで、24人のfacultyがいっぺんにいるから大変だとコメントがありました。


その後、NEJMの事務局を見学。数々の歴史とドラマの場所なのだなあと感激しました。




私はその後所要を済ませ、ランチはSushi lunch boxにしました。偶然にみつけたレストランで、日本人の方が握ったと思われるぐらいおいしいお寿司のランチを食べました!

午後は学会場に戻りましたが、眠くて大半を”睡眠”してしまいました。

その後、今夜はせっかくなので、Boston Symphony Orchestraのコンサートに行きました。ブラームス特集のコンサートでしたが、スタンディング・オーベーションですばらしかったです。今日のソロピアニストの方は代役で、デビューを果たしたそうです。




今日は移動がタクシーばかりでかなり出費がかさみました。
お昼に、どうも”遠回り”されたようで、ちょっと悔しいです。日本では普通の格好でも、米国で上着を着ていると”外国人”に見えるらしく、タクシーの詐欺?(遠回り)
はちょっと残念です。。


Boston到着しました!

2011-10-19 12:23:36 | Boston IDSA
なつかしいBostonに到着しました。

20才のとき、はじめて米国で”宿泊した”のがボストンでした。あのときはChicago経由でした。はじめての12時間ぐらいのフライトでかなり消耗し、乾燥した空気に慣れていなかったので、突然に夜、宿泊先のホテルで鼻出血になったのを思い出していました。
若気の至りですね。。

今年43歳の私には、23年前の出来事になります。。それ以来、米国に憧れて渡米し、米国の悪いところもよいところも自分の感性と経験の範囲内で学びました。

在米中にボストン在住の友人を訪ねたり、ID fellowshipのインタビュー、学会のIDSA, ICAACなど、さらに帰国後もCME (生涯教育のコース)などでHarvard大学に来たり、と
7-8回は訪れました。

いまでも世界的な学問の最高峰である東海岸は憧れますし、ワクワクしますね。。

Academiaをしっかり満喫したいと思います。特に今年は、知人がBrigham and Women's Hospitalにいることもあり、Harvard大学の臨床の一旦を見学させていただく予定です!
楽しみにしています。

学会中にも、研究関係で複数の方にお会いする予定で、緊張します。

ID fellowshipの母校であるUniversity of Texas-Houstonの同窓会とお食事会があり、こちらも楽しみです。恩師であるDr. MurrayがIDSA, vice presidentになったお祝いもすることになると思います~。やはりさすがとしかいいようがありません。すごいことです。

そういう方のもとで研修できたことをいまさらながら誇りに思います。。。

メンターがあまりに偉大な方なので、なんとかすこしでもそのロールモデルに近づきたいと思っています。

追伸:先日、家族とボストンの話をしていて、やっぱりシーフード(カニ?)が有名だから、ポン酢を持参するようにアドバイスもらいました。薄めのおしょうゆ味がいいです。。。