矢野(五味)晴美の感染症ワールド・ブログ

五味晴美の感染症ワールドのブログ版
医学生、研修医、医療従事者を中心に感染症診療と教育に関する情報還元をしています。

開催予告 水戸熱病塾 2018夏

2017-09-30 16:32:59 | 感染症関連
開催予告 水戸熱病塾 2018夏

水戸熱病塾では、2018年夏に、再び、学問、歴史、文化の町水戸で、感染症領域の学問を究めます。

2018年7月21-22日(土日)を予定しております。

ケースから思考フレームを学ぶグループ・ディスカッションが中心のセッションです。

細かい知識をレクチャで聞いてもすぐに忘れますが、「考え方のトレーニング」を2日間、
みっちり何度も繰り返すことで、「新しい考え方に慣れる」ことができます。


感染症は、一定量の知識は必要ですが、もっと重要なのは「考え方と判断」です。

皆さま、ぜひ、水戸熱病塾 2018へ「いざ出陣!」してくださいませ。


お待ちしております。





関口健二先生 教育回診 終了

2017-09-30 16:14:35 | 医学教育
当院の教育回診シリーズ


関口健二先生 教育回診です。








総合内科および老年医学の米国専門医の先生で、とても楽しく、有益なセッションをしていただきました。


特にウイットに富んだロールプレイや実演は、高齢者のご家族との対話について、
本当に勉強になりました。

現場のジレンマや感情を言語化して、医師としてのプロフェッショナリズムの真髄を教えていただきました。

患者の家族が、“できることはすべてしてください”とおっしゃることは多いですが、
その解釈として、いつも医師としては“できることはすべてやる”のであり、
ただし、ゴールが救命のみならず、症状軽減などの緩和であったり、患者さんが自分らしく生きる・自分らしく最期を迎えるためのお手伝い、というようにゴール設定が変わるだけである、とのお話は、感銘を受けました。

患者さんに苦痛となるような侵襲性の高い医療行為のみが“できることはすべてやる”の意味でないことを、実感として医療者も理解できるセッションでした。

大変、ありがとうございました!

私からのスモールギフトとして、サザコーヒーのカップオンコーヒーと“百年梅酒”をお持ち帰りいただきました。

ぜひまたお越しいただきたいです。



感染症科 修了式 7-9月

2017-09-29 07:26:38 | 感染症関連
7-9月の感染症科rotationの修了式でした。






病理部と合同カンファレンス兼ワイン会を開催しました。





学生時代からの”愛弟子”にあたる先生と再会し診療できたことが、人生でも至福を感じる期間となりました。


自立した優秀なレジデントの先生の信頼性の高い診療に感銘を受けました。



10月21日土曜日 14時から 多施設・感染症科合同カンファレンス

2017-09-26 19:24:46 | 感染症関連

10月16日から21日(月から土曜日)に
感染症科の大家であるDavid Schlossberg先生が当院にて教育回診されます。

場所 
筑波大学附属病院水戸地域医療教育センター
水戸協同病院
水戸市宮町3-2-7


ご希望の方は当院のwebsiteから、見学をお申し込みください。
どなたでもご参加可能です。
http://www.mitokyodo-hp.jp/center/

residency@mitokyodo-hp.jp

また最終日は10月21日土曜日に多施設合同ケースカンファレンスを開催いたします。
場所は 水戸協同病院 4F 講堂


10月21日土曜日に、David Schlossberg先生のレクチャに加え、
ミズーリ大学カンザスシティ感染症科 アシスタントプロフェッサーの
水澤昌子先生が、ちょうど一時帰国されるとのことで、
当日に、臨床微生物学 Clinical Microbiologyのレクチャをしていただくことになりました。

当日のタイムテーブルです。

14:00-14:30 水戸協同病院 症例提示

14:30-15:30
ミズーリ大学カンザスシティ感染症科
水澤昌子先生 レクチャー(20分程度の質問を含みます)

15分休憩

15:45-16:15 東京大学 症例提示

16:15-16:45自治医科大学 症例提示 (予定)

10分休憩

17:00-18:00
 David Schlossberg先生レクチャ

18:15ぐらいから懇親会(希望者)

20時すぎには終了予定。

水戸まちなかフェスティバル 2017

2017-09-24 23:17:17 | 旅便り
水戸の秋のイベントがありました。


車で出勤したら、歩行車天国で通れずに近くの駐車場に車を止めて歩きました。

おかげで、歩行者天国のフェスティバルに少し参加する機会ができました。

常陸牛のバーガー🍔と焼き栗をランチに買っていただきました。

秋晴れの快晴で、さわやかな日でした。

自宅で、洗濯 ふとん干しをして、気分も爽快でした。

オフィスで、7時間ぐらいのブロックタイムをつくり、集中して論文を完成させました。
コラボレーターの先生方にフィードバックをお願いして、最終仕上げになります。

夏以降、クレージーなスケジュールが続き、自分の予想を越えて、予定外に難航しましたね

週末に 起きれないほど疲れていましたが、今日は気合いが入っており、なんとか起きました。
早起きは三文の徳で、水戸のまちなかフェスティバル 2017にはじめて参加できてよかったです。



ID Week 2017 日本人会 20名満員御礼

2017-09-21 11:31:42 | 感染症関連
来たる10月5日に記念してIDWeek 日本人会を開催予定です。

おかげ様でご参加希望が20名で満員御礼になりました。

参加の申し込みを終了させていただきます。

高山赤十字病院 講演会 終了

2017-09-20 22:30:30 | 感染症関連
高山は、ご縁をいただき 赤十字病院で講演会にお招きいただきました

熱心な研修医の先生や感染症の専門薬剤師の方などとディスカッションして楽しいひとときでした。

名古屋からの高山までの深い渓谷や深い杉の木が印象的でした。
江戸幕府の直轄地の歴史を知ってとても興味を持ちました。

内科の白子先生にお招きいただき 感謝申し上げます。

また機会がございましたら ゆっくり高山を見たいです。
町並みが素敵で好きな場所です。

別の機会には、ぜひ下呂温泉♨️にも行ってみたいです

デスク片付け、論文に集中

2017-09-17 14:48:25 | 感染症関連
本日は当番で院内勤務しております。

非常に学術的に興味深いコンサルトで患者診療し、その後、デスク回りを片付けしました。

デスク上の”書類のなだれの山が2つ”まだ残っていましたので、それを片付けました。大半が破棄するもの。

周囲のなだれがなくなって、気持ちがすっきりして頭が爽快になりました。

集中して仕事ができそうです。

週末はがんばります!

"レクチャーよりカルチャー” 当院卒業生の名言

2017-09-17 14:36:22 | 感染症関連
当院を卒業されるときの挨拶で、

”レクチャーよりカルチャー”と当院の診療文化を形容された梶有貴先生。

筑波大学をご卒業され、徳田安春先生がご在任中から学生時代からずっと闘魂外来などで医療面接、身体所見、臨床推論を

トレーニングされてきました。水戸協同病院のたたき上げレジデントの先生です。今年3月で卒業されましたが、そのときの挨拶が当院の教育歴史に残る名言でした。

心に残る印象的な言葉でしたので、ちょうどご依頼いただいた感染症関連の雑誌の巻頭緒言にて引用させていただきました。



化学療法の領域の9月号 p.27です。
無料ダウンロードできます。


日本の医学教育、臨床医学、感染症診療は、この10年、15年で飛躍的に向上しました。

さらに高みを目指すため、”レクチャーよりカルチャー”

”環境から自然に学べるように” 

その環境整備を次の10年、陸上400メートルの最終第4コーナーを回る感じで全力を尽くしたいと考えております。

人生100年計画で、60歳から、グローバルヘルスの教育と実践、世界の医学教育のコンサルタント業務、世界旅行などの夢が広がっています!




私の水戸 探訪日記

2017-09-16 20:35:24 | 旅便り
心にしみるほど心酔する水戸ですが、探訪しています。

先日、やっと一度行って見たかった コーヒー☕️屋さんの
コーヒー哲学 というお店に立ち寄ってみました。

興味深かったです。田んぼと道路の近くでした。

常陸の国 Bravo❣️




本日 HAICS 講演 終了

2017-09-16 20:21:14 | 感染症関連
本日は、感染管理の講演会 HAICSにお伺いさせていただきました。

感染管理認定看護師の方々が400名以上集まる研修会です。

今回は、なんとかお願いして 本研修会初の試みで、グループディスカッションを中心にしたセッションをさせていただきました。

教育理論を駆使して 効果が期待される方法を使わせていただきました。

ケーススタディを グループディスカッションしていただく形です。

一例30分で、3例準備しましたが、ディスカッションの進行を見て急きょ、二例をじっくり扱うことに変更しました。

結果として しっかりとディスカッションしていただくことができ、よかったと思いました。

貴重な機会をいただきありがとうございました😊

会場の亀戸で、神社⛩にお参りしました。

勝ち石 という石があり、触ってきました。
スポーツ神社としても有名だそうです。







私のクレージーな標準予防策 徹底実践

2017-09-15 20:00:37 | 感染症関連
21世紀のメディアにも素手の採血💉が登場するのをとても残念に思います。

先日、鑑賞した「君の膵臓を食べたい」の採血場面 素手の採血場面でした。
フライト✈️中に見た 宮沢りえさんの映画でも 素手の採血場面がありました。
がっくりでした。
医療監修しているはずですが、。。標準予防策が遵守されていないのです。


さきほど、久しぶりに見ていた19時台のNHK テレビ番組でも、素手の採血が堂々と流れました。
取材番組でしたので、その医療機関の標準予防策が遵守されていないのです。
ベテランの医療者の方が素手の採血をしていることに さらに、残念に感じます。

このようなベースラインの医療機関が多い状況で、東京オリンピックを迎えることを現実として、現場教育の戦略を立てることが必要ですね。

果てしない道のりですが、千里の道も一歩から 。。。

2000年ごろに 標準予防策が概念として通じず、感染対策を講演会 年間50回ぐらいさせていただいた頃が懐かしいです。しかし今も標準予防策の遵守をお伝えし続けることと現場で若手の方々に クレージーと思われるぐらいの標準予防策の遵守を実践していることを見て頂いております。

クレージーじゃないと 物事は、成就しない❣️

クレージーなほど、標準予防策の遵守をお願いします❣️

標準予防策が、医療従事者の安全を守るのです!

10月5日木曜日 ID Week 2017 日本人会 開催

2017-09-14 22:30:10 | 感染症関連
今年は、節目の年です。

2002年ごろに サンディエゴで日本人会をしました。そのメンバーを中心にメーリングリストを立ち上げました。

「日本の感染症科をつくる会」です。その後 その参加者で、研究会として発足しました。

それが、日本感染症教育研究会 IDATEN です。私は初代代表世話人を務めさせていただきました。

2015年末で、11年務めさせていただきました世話人を退任卒業しました。

今年もまた、サンディエゴで学会があります。日本人会をします。

開催日 2017年10月5日 木曜日 学会2日目です
学会プログラムが17:45までの日です。
開始時間 18:45から

学会会場から徒歩圏内にあるレストランを予約しました。シーフードのレストランです。
お肉もあります。 16名のグループになります。

予算は100ドル前後になるかと💵💲思います。

ご参加ご希望の方は、私の方まで ご連絡ください。
hgomi-oky あっとマークumin.org

お名前と人数をお知らせください。

皆様にお会いできますのを楽しみにしております。


津覇実史先生 (ユタ大学感染症科修了)レクチャー終了

2017-09-12 23:15:45 | 感染症関連
私にとってもっとも嬉しい瞬間でした。今年の快挙のひとつです。

自治医大の卒業生で、着任直後の卒業生の先生が、義務年限を終了し その後渡米。
着々と準備して、ユタ大学感染症科フェローシップも終了し ご帰国されました。

2005-6年から、12年近いときが経過しました。

立派にご成長され、変わらぬ慎重かつ丁寧で精緻なお人柄に、とても感銘を受けました。

研修の様子やリサーチについてお話くださいました。

ダブルレクチャーの一日で、アカデミックにも非常に充実して、至福のひとときに感じました。





岡田正人先生のスーパーレクチャー終了

2017-09-12 22:52:23 | 感染症関連
アレルギーと膠原病の大家 岡田正人先生のスーパーレクチャーを終了しました。

目からウロコの 大家 エキスパートのまとめ 概念構築に感動しました。

基礎研究のご経験に裏打ちされた確かな基礎免疫メカニズムの理解と洞察 insights とても素人の私は教科書を独学しても 到達できない概念構築concept construction and/or transformation と理解に触れる機会をいただきました。

もっと早くレクチャーを受けて診療していれば、と思う内容でした。

免疫の世界の醍醐味を見せていただきました。

レクチャースライドをいただきましたので、復習します❣️


膠原病領域は、経験症例が少ないため丸暗記で乗り切ってきましたが、次回の総合内科の米国専門医の更新試験を来年受験予定ですが、丸暗記から脱却したいです。