矢野(五味)晴美の感染症ワールド・ブログ

五味晴美の感染症ワールドのブログ版
医学生、研修医、医療従事者を中心に感染症診療と教育に関する情報還元をしています。

必読 「儒教に支配された中国人と韓国人の悲劇」

2018-01-03 14:12:52 | 著書紹介
ケントギルバートさんのベストセラー

「儒教に支配された中国人と韓国人の悲劇」講談社 α新書

年末年始の買い込んだ本の中の一冊

本当に勉強になりました。

中国のメディアの情報は、日付以外、ほとんど信頼性に欠けるとのこと。

世界の複数のメディアでニュースを見る必要が益々 高まります。
同時に、どれも情報操作されていることを認識する必要があります。

これまで いろいろな場面で、理解できなかった中国系の人の行動がようやく解明された感じがします。

在米中や国際的な場面で、アジア系で親しみを感じつつも、違和感を感じていた国民性が儒教に支配されていたから、と説明されて、非常にクリアに納得しました。

人に合わせて行動することは少ない印象でしたが、その理由もわかりました。
逆に 日本人の 他人を優先する行動気質も 以前よりも明確になりました。

善悪でなく、無意識のうちに意思決定 行動が規定されていることを認識することで、変化できます。

世界中のいろいろな友人 知人とのお付き合いで学んだ距離感 交渉法に 文化的 学術的な理論が加わると さらに
やりやすくなる感じがします。

相手の出方が自分の文化背景から想像できないととても不安ですが、少し解消されて、交渉においては戦略が立てやすくなります。

友情の面でも、何を優先するのがベターか、以前よりも想像できる気がします。

インド系 アラブ系の方たちも個人レベルではとても親切で優秀な人も多いですが、パーソナルに理解できかねる面も多くありました。

人の行動を規定する根幹を研究することがとても興味深いです。
学生時代から文化人類学 比較文化学にとても興味があります。
シュリーマンのように どこかの時点で この興味をキャリアに統合したいです。

課題図書 読破: 西洋哲学に傾倒して

2017-08-06 19:48:40 | 著書紹介
受験生の頃、哲学に傾倒して哲学を勉強したいという直感がありました。

哲学科に行くと医師にはなれなくなるため、医学部に行って医師の勉強しながら、哲学を勉強するという決断をしました。

医学部に入って、解剖学が始まったときには、うれしくて鳥肌がたち身震いすらするぐらいに感動的でした。
それ以降、医学の勉強が主体に変わりました。

ここにきて、古代の賢人の本を読んで、歴史と相まって、学術的な至福を感じます。2400年以上前の著書を今、読めることに驚愕します。古代の国家と法について論じたソクラテスの偉大な教えには感嘆しました。

受験生の頃からの興味をやっと満たすことができて、さらに読み進めます。

歴史家のシュリーマンの本も二冊 買ったまま何年もそのままのため 、8月の移動中に、夏休み課題 図書として、読みます。

プラトンの国家
アリストテレスの形而上学

50代しておきたいこと という本も購入しました。

40代後半を存分に活かしたいと希望して仕事をめいっぱいしております。
やりたいことは、プライベートでも プロフェッショナルにも即実行しております。

その勢いで50代も、動けるだけ動いてやりたいことを完遂します。

旅行で行きたいところもいっぱいありますので、私も"攻めの健康法" で、マラソン出場です。

夏休み課題図書

2017-08-02 08:44:08 | 著書紹介
小学生の頃のように 夏休み課題図書を自分で決めて読んでいます。

受験生の頃に 傾倒していた西洋哲学の本を やっと読める時期になりました。周りまわってです。
英国滞在中に オックスフォードの街で、レガッタをしている学生さんたちを見て、人生がやり直せるなら自分もここで哲学を学びたいという直感を感じました。

その思いから、外国に住みたいという希望で渡米し 研修しました。

医学のことも、他の文化についても、まったく知識のないまま飛び込んで、今から思えば、医療はまったく分かっていませんでした。病気しか、見えていなかったことにようやく気がつきました。

日野原先生のご講演や著書を拝見しながらも、現場と関連づけるのが困難に感じていました。

出会った若手の先生の崇高な慈愛の心に触れて、彼女のような精神性を身につけるにはどうしたらいいのか?
と自問してきました。

一つの解が、一般教養や歴史の勉強でした。

黒川清先生がサーチされた世界のトップ大学の学生の必須図書

プラトンの国家
アリストテレス
などの古典があります。

関連して日本の社会構造の解明提案の一般書

中根千枝さんの
タテ社会の人間関係
タテ社会の力学

ようやく読めました。

現象を抽象的に言語化して理解でき、世界が変わって見えるようになりました。

世界一訪れたい日本のつくりかた デービッド アトキンソン著

2017-07-09 19:34:24 | 著書紹介
都内のコンサートに行って帰りに 即断で購入しました。

学会などで図書カードを頂いてなかなか使う機会がなかったので、ちょうど良い機会でした。

少し前の著書の 観光立国というのは、斬新な響きで、知識がない私はとても惹かれました。

同じ著者のデーヴィッド アトキンソンさんが、新刊を出されました。

駅で平積みの本にはいつもざっとみて、興味があれば、即買します。

図書カード消費もあり、駅の本屋さんで購入は多いです。

ルーティンでは、もっぱらアマゾンで購入が大半です。

私も国民のひとりとして、いかに日本が発展できるかをいつも考えます。
特に日本の若手や 近いところでは、可愛い姪や甥たちの時代が、少しでもよくなるように最大限のことをしたいです。

今、5歳の姪が歩む人生が、どんな感じかなあと楽しみです。

今、大学生の姪や6月に米国の大学を卒業したばかりの甥のキャリアも最大限サポートしております。
今度、甥の卒業祝いの珍道中です。

日本語の総合内科・感染症の良書のご紹介 2017年6-7月に発刊

2017-07-03 13:19:24 | 著書紹介
最新刊で、日本語で、楽しく勉強できる良書を2つご紹介します。

1つは、2017年6月号のMedicina (医学書院)千葉大学の谷口俊文先生が編集されています。

総合内科全般で、「予防医学」にフォーカスした内容です。日米で活躍する新進気鋭の方々著者になっています。

ご一読を。。当院の図書で見つけて、拝見しました。

2つ目は、2017年7月号の「総合診療」(医学書院)。

獨協医科大学の志水太郎先生らが企画。

感染症をSystem 1(熟練による直観的診断、パターン認識による)と System 2(分析的な診断)でどのように診断するかを、ケースベースで紹介されています。

私も1つ症例を出しました。System 2です。

感染症や総合内科のエキスパートが著者となっています。

ぜひご覧ください。興味深い症例が多いです。

御礼!「感染症まるごとこの一冊」が第9刷となりました

2017-05-16 18:30:13 | 著書紹介
多くの方にご利用いただき、とても光栄に思っております。

感染症全般をまとめた「感染症まるごとこの一冊」が第9刷になりました。

毎回、最新情報を加筆修正しております。

特にワクチンスケジュールは変更もありますので、最新版を掲載するように努めております。

医学生、研修医のみならず、多職種の方にご利用いただき、とてもうれしく思います。

現在、看護学生、薬剤師、検査技師の方への講義や講演もあり、結局チーム医療を教育でも実現することに尽きる、と体感するようになりました。

引き続き、情報をわかりやすく提供する教材を開発していきたいと思っております。

キーワードは

”ともに学ぶ”

ですね。

時代小説「光圀伝」

2017-03-16 20:28:15 | 著書紹介
水戸に心酔しつつ、水戸学、水戸の歴史を学ぶ機会をいただきました。

水戸光圀はどんな人物だったのかの講演会に参加してきました。

満杯で、ご年配の方が多かった(自分も?)ように思いますが、とても興味深いお話でした。中学生ぐらいの方もいました。

それで、さっそく水戸学がご専門の名誉教授の先生がご紹介された時代小説「光圀伝」を購入しました。

まだ読んでいませんが、とてもおもしろいとの評判で、購入して楽しみにしております。

来週は松山と沖縄に伺いますが、そのフライト中にも読んでみます!


歴史に夢中になりますね。

御礼 「絶対わかる抗菌薬はじめの一歩」13刷になります。

2017-02-02 01:55:09 | 著書紹介
おかげさまで、ご愛用いただいております「絶対わかる抗菌薬はじめの一歩」が13刷になります。

今回は特に新しい内容に改定する箇所はありませんでした。

引き続きよろしくお願いいたします。

「街道をゆく 越前諸道」司馬遼太郎著

2016-11-06 19:43:07 | 著書紹介
この度の越前への旅は、感謝の連続でした。

お連れくださったお店は、お寿司で有名なお店とのことで、司馬遼太郎さんの「街道をゆく 越前諸道」にも出てくるお店だそうです。
p. 202からのくだりです。

とっても”粋いき”でしたのは、そこのおかみさんが、すばらしく、ご丁寧にご説明くださったことです。

”いまお客さんの席に、司馬さんも座っていらっしゃいました”とお声をかけてくださいました。

さらに、おみやげに司馬遼太郎さんの文庫本をくださいました。お店の名前は出てないのですが、ここのくだりがうちのお店です、と。

帰りの新幹線でその数ページを読みました。紀行文の面白さを知りました。旅行文は沢木耕太郎さんのファンで、深夜特急は全巻読んでいるので
すが、司馬さんの軽快で、なかなか個性的な表現と感性がおもしろかったです。

越前について、もう少し知りたいと思いました。司馬さんの「越前諸道」を読んでみます。

いまから次回訪問が楽しみです!

「巣立ちゆく、」(文芸社)坂田陽子著

2016-11-03 18:42:25 | 著書紹介
10年以上のご縁で家族ぐるみでお付き合いをさせていただいている坂田陽子さん。


私のかつての教え子の方で、いまでは本当に親友、感染症科の同志。1年ぶりでしょうか、久しぶりに再会しました。









富山県で執筆されていますが、小中学校で教師をされていたご経歴をお持ちです。教育現場を題材にしたノンフィクション
「風のごとく」(文芸社)

この度、フィクション(小説)の「巣立ちゆく、」(最後が句点で終わる意図)を出版されました。




富山にて、盛大な出版記念会をされました。
富山はご縁あり、これまで数回、仕事やプライベートでお伺いしています。凛とした立山に見つめられる市内は素敵です。

富山城に紅葉が重なって、秋の日を感じる1日でした。


大連や県内、県外からの御関係者がお集まりで、すてきな空間、ご家族の暖かい愛情あふれたひとときでした。


最近生まれたお孫さんが可愛らしかったです。

ホテルのロビーはすでにクリスマスツリーがありました。







御礼:「感染症まるごとこの一冊」第8刷となります

2016-10-24 20:14:03 | 著書紹介
本日、出版社の方からご連絡をいただきました。

感染症のまとめの本として、もう5年前になりますが出版した本ですが、毎回増刷時に情報をアップデートしております。

この度、第8刷となります。

前回の改定では、ワクチンの部分などを最新版に変えております。この5年間にもかなりの抗菌薬の適応が変更になりましたので、変更された場合には増刷時に加筆などして改訂しております。

今回も、できる限り、「最新情報」をお届けする姿勢を維持してまいります。

「職場における感染症対策」(新刊)

2016-10-21 21:50:01 | 著書紹介
とても便利な本が出ましたので、ご紹介です。

昨日購入して、本日届きました。

東京医科大学の濱田先生の編集です。

「職場における感染症対策」(新刊)


風疹、デング熱、渡航される職員の方の健康を守るために必要な知識が網羅されています。




最近購入したお勧め著書 

2016-10-21 06:40:21 | 著書紹介
医学関係のお勧め著書2冊です。

当院にて教育回診をしていただいた聖隷三方原病院の森雅紀先生らの編集された緩和医療のレジデントマニュアル。

「緩和ケアレジデントマニュアル」(医学書院) 新進気鋭の緩和医療医師らの編集
緩和医療について、体系的に要点がわかるようにまとめられています。ポケットに入るサイズで便利です。
私も購入して、参考にさせていただいております。

もうひとつは、感染対策の本。

この2-3年、看護師学生の教育に携わるようになり、感染対策の面の教育についてトレーニングが必要と感じております。

「感染対策40の鉄則」(医学書院)坂本史衣先生著


感染対策、特に消毒などや廃棄物、そのほかこれまで自分があまり携わらなかった点について、要点を確認するため購入させていただきました。
レイアウトが見やすいので、パラパラと全体をオーバービューしやすいと思いました。



世界10大小説 「罪と罰」

2016-09-07 22:06:20 | 著書紹介
フライト中にみた映画で、「白鯨」(米 メルヴィル著)に関するものがありました。

そこから非常に興味をもちはじめ、「世界10大小説」をぜひ読んでみたいと思うようになりました。

Wiki pediaであらすじを読んでとてもおもしろいと思ったドストエフスキーの「罪と罰」。
一度は読んでみたかった本。購入しました。

読みたい本がたくさんありまして、メルヴィルの「白鯨」も購入。

新著の「世界に通用する一流の育て方」SB新著も購入。

移動中と寝る前に読んでいます。

監訳書 「やさしい抗菌薬」: 原書Antibiotics Simplified 3rd edition

2016-08-24 10:23:16 | 著書紹介
この度、自治医科大学、テキサス大学の”アラムナイチーム”にて、翻訳をしました。


Antibiotics Simplified 3rd edition

翻訳書「やさしい抗菌薬」(シナジー社)


をようやく出版いたしました。

お話をいただいてから丸4年の歳月が流れましたが、なんとかここまでこぎつけました。


予約が開始されました。

アマゾンのサイト


原書は、私が感染症の教育をいかにシンプルに、わかりやすく進化させるかを思案していたときに、第1版に出会い、その後すぐに第2版が出版され、翻訳時には第3版になっていました。

日本語での書籍として、世に出したいと強く思った書籍のため、”感染症の同志”の皆さまにお声かけして実現しました。


私の代表著書の「絶対わかる抗菌薬はじめの一歩」では、抗細菌薬を厳選して執筆いたしました。

医学部4-5-6年生から初期研修医の2年間の4-5年間ゾーン (臨床医学教育のもっともクリティカルな時期)に学んでほしい抗菌薬です。


そこでカバーしきれなかった真菌薬、ウイルス薬(HIV、Hepatitis C薬を含む)、寄生虫薬が含まれています。


むずかしいと感じられることが多い真菌薬、ウイルス薬、寄生虫薬を、”シンプル”に原書がまとめていますので、その翻訳版をぜひご活用いただけたら、と思っております。