HELLHOUND-FILES 3

さすらいのブログ「HELLHOUND-FILES」からの続きもシーズン3になっちゃいました!

C.S-M PROTO 1

2017-05-28 21:15:08 | タクティカル


2年くらい経つでしょうか、C.Sというモデルを作ろうと試行錯誤し始めたのは。
Combat.Suvival-Medium PROTO 1
プロト1としていますが、このタイプを作るのは2本目であり、この個体が完成する前には、このデザインをベースにしたカスタムモデル2本が既に完成しています。
プロト1・・・コンセプトが煮詰まってからの1本という事です。



〈ブレード〉
●155mm、5.5mm厚、SKD-11/ミクロデント処理
フラットグラインドで全体重量を落としながら、ブレード側に荷重を残すバランスにしてあります。
この個体は6インチブレードでバランスを取る為のプロトタイプというモノですので、ほぼ狙い通りの仕様となりました。




〈ハンドル〉
●125mm長/ダークグリーンリネンマイカルタ
サブヒルト効果を狙ったハンドル形状にしてあります。
ハンドルの丸めも角を立てたタイプで、角で滑り止めとするコンセプト。
ハンドルエンドは小指が引っ掛かる形状で、振り回した時は飛んでいくのを防ぎ、モノに突き刺した時は引き抜くのに有利に働く様にしました。




〈シース〉
●カイデックス/テックロック仕様
タクティカルコンバット系だけでなくとも定番としていますが・・・コレに関してはど真ん中の仕様ですね。
クロスドローのテックロック仕様ではありますが、ミリタリー装備(M.O.L.L.E)に装着する場合はマリスクリップ等に換装する必要が出てきます。


〈あとがき〉
中型タクティカルサバイバルナイフとして製作しています。
本当のプロトタイプは6.5mm厚の鋼材を使い重すぎました。
実用方向としては???だったので、ゼロからやり直したわけですが、前述の通りカスタムモデルが既に2本完成しております。
実質的にはプロトタイプではなく、バリエーションの1つとして認識して頂いても差し支えない仕様になっています。
後は、どの時点でベースデザインであるSTDとするかだけですね。


ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 続・散歩のついでに | トップ | Combat.Utility »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
カッコいいですね (未定)
2017-06-11 17:33:30
以前の同名&同コンセプトのモデル群に比べ、格段にまとまっているように思えます。ブレードサイズに比してハンドル後部がボリューミーにもかんじますが、実際に手に取るとまた印象が異なるのでしょうね。
Re:カッコいいですね (hellhound-knives2014)
2017-06-11 17:50:38
コメントありがとうございます。
C.Sコンセプトは中型モデルのスタンダードとして試みています。
そのためデザインバランス、重量バランスはかなり気を使いました。
まだいろいろ試していきますので、今後も見て頂ければ幸いです。

コメントを投稿

タクティカル」カテゴリの最新記事