日々是マーケティング

女性マーケターから見た日々の出来事

人の手からAIにとって代わられる、というのは本当か?

2017-06-05 11:08:48 | ビジネス

Yahoo!のトピックスに「数年以内に、レジ打ちという仕事が無くなる」というタイトルの記事が掲載されている。
BEST TIMES:「数年以内に、レジ打ちという仕事が無くなる」赤羽雄二氏に聞く
元となっている記事は、何回かに分けて掲載をされているようなので、全体の記事を読む必要はあると思うのだが、本当に「レジ打ちという仕事が無くなるのか?」という点で、やや疑問を感じたのだ。

我が家の近所のスーパーでも、「セルフレジ」を設置してある所がある。
日曜日の夕方ともなれば、人がレジ打ちをする列よりも、セルフレジのほうが長い行列になっていることもしばしばだ。
その点で考えれば、「レジ打ち」という仕事は無くなる傾向にあるのだな、と感じる。
だが、すべてのレジがセルフレジになることはないのでは?と、感じてもいる。
何故なら、「セルフレジが苦手」という人や「支払い時に(機械に)せかされるようで嫌」という、生活者は一定数いると思うからだ。

実際、セルフレジの支払い時に戸惑いながら、係員を呼んで支払いをされる方はいらっしゃる。
そして戸惑いながら支払う人の姿を見て、苛立つオーラを出している人もいる。
このような「苛立ち感」を戸惑いながら支払う人が感じると、「次回からは人がいるレジを利用したい」という気持ちになってしまうのではないか?と、考えるからだ。

「クレジットカードや電子マネーで支払えば、そんなに戸惑うことも無い」と思う方もいらっしゃるだろう。
確かにクレジットカードや電子マネーの利用者は増えているし、少額でも利用する人も多くなってきている。
それでも、今だに現金で支払う人は多い。
イオンが積極的に展開をしている「WAON」も、当初は電子マネーだけだったが、今では現金支払いでもポイントが付くタイプも展開をしている。
言い換えれば、現金支払いの顧客の存在が意外にも多い、ということだと思う。

レジに限らず、人の心の内には「人と接したい」という気持ちがある。
コールセンターなどでも、自動音声のガイダンスでは不安を感じる、という方は案外多いのではないか?
それは年齢とは関係なく、人としての当たり前の気持ちなのだと思う。
AIという情報技術は、重労働から人を開放させてくれるかもしれない。
しかし、「人と接したい」とか「人の目・手で確認をする細やかさ」には、AIでも勝てない部分だと思う。
むしろそのような部分に関しては、いくらAIが進歩したとしても、人には追い付けないのではないだろうか?



コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 「レゴランド」と「ジブリパ... | トップ | トップに求められる「冷静さ」 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2017-06-07 17:48:50
スーパーのレジがなくなる可能性は高いと思うよ。 駅の改札が自動改札になったのと同じくらいの確率でそうなると思う。 既存のバーコードを使って、1点1点をレジ打ちするような仕組みだと駄目で、商品についてるICタグのようなものを、無線方式で一括認識して計算する方式。 カゴ一杯のレジ計算が2秒で出来るとか言う世界になるのではないでしょうか。計算が出来れば、その後は、現金払いでも、カード払いでも、自動販売機と同じだから既にシステムはあるしね。 

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ビジネス」カテゴリの最新記事