NAO日和

ピアノ講師NAOの日々感じた事を本音でトーク♪
コーギー・B'z・グルメ話あり
映画の点数は自分の満足度で評価

「ダンケルク」

2017年09月29日 | 洋画

~生き抜け、若者たち~

2017年  イギリス/アメリカ/フランス合作  (2017.09.09公開)
配給:ワーナー・ブラザース映画   上映時間:1時間46分
監督・脚本・制作:クリストファー・ノーラン
製作:エマ・トーマス
美術:ネイサン・クロウリー
衣装:ジェフリー・カーランド
音楽:ハンス・ジマー
出演:フィオン・ホワイトヘッドトム・グリン=カーニージャック・ロウデン
       ハリー・スタイルズアナイリン・バーナードジェームズ・ダーシー
      
バリー・コーガンケネス・ブラナーキリアン・マーフィマーク・ライランス
    トム・ハーディ

<見どころ>
第2次世界大戦で敢行された兵士救出作戦を題材にした作品。ドイツ軍によって
フランス北端の町に追い詰められた連合軍兵士たちの運命と、救出に挑んだ者たち
の活躍を描く。監督は『インセプション』などのクリストファー・ノーラン。トム・ハーディ、
『プルートで朝食を』などのキリアン・マーフィ、『ヘンリー五世』などのケネス・ブラナー
らが出演。圧倒的なスケールで活写される戦闘シーンや、極限状況下に置かれた者
たちのドラマに引き込まれる。

<ストーリー>
1940年、連合軍の兵士40万人が、ドイツ軍によってドーバー海峡に面したフランス
北端の港町ダンケルクに追い詰められる。ドイツ軍の猛攻にさらされる中、トミー
(フィオン・ホワイトヘッド)ら若い兵士たちは生き延びようとさまざまな策を講じる。
一方のイギリスでは民間船も動員した救出作戦が始動し、民間船の船長ミスター・ドーソン
(マーク・ライランス)は息子らと一緒にダンケルクへ向かうことを決意。さらにイギリス
空軍パイロットのファリア(トム・ハーディ)が、数的に不利ながらも出撃する。

<感想>
公開早々に鑑賞しましたが、ワンコの件でUPが遅くなり・・・・

1940年5月に実際あった「ダンケルクの大撤退」の話。
過去に何度か映画化されてるみたいですが、いずれも観ていないし、この事自体も
この映画で初めて知りました。

 
ドラマというよりは、状況を伝えることのみに徹したつくり。
バックに流れる音楽を控えることにより、戦争の恐怖さを感じ、一切敵の姿が見えない
ことがより恐ろしさを際立たせているように感じました。

 
☆脱出をはかる兵士 、☆救出に向かう民間ボート 、☆脱出を援護するスピットファイアーのパイロット
この3つの視点から描かれていて、ちゃんと最後に時間が合うようになっていたのは良かったな~。

淡々としたつくりで、過剰な台詞もなく話は進むのですが、眠気は一切来なかったです。
ハンス・ジマーの音楽は、映像にマッチしていて溶け込んでいたのが凄く良かったし
この音とCGを使用していない映像は、スクリーンで観るべき。

しかし、キリアン・マーフィ出てたんですね・・・。セリフが少なすぎたので、ED見た時驚きました(笑)

点数:7点 (10点中)

『映画DVD(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
« 流れについてけず(笑) | トップ | 過去の経験を活かす »

コメントを投稿

洋画」カテゴリの最新記事

2 トラックバック

ダンケルク (ネタバレ映画館)
てめードイツのスパイだろ!さっさと降りろ!
ダンケルク  監督/クリストファー・ノーラン (西京極 紫の館)
【出演】  フィオン・ホワイトヘッド  マーク・ライランス  トム・ハーディ 【ストーリー】 1940年、連合軍の兵士40万人が、ドイツ軍によってドーバー海峡に面したフランス北端の......