多摩川雑学事典 by元林徹(文と写真)

名前の通り多摩川の話題ブログ。それとなぜか保守の立場から政治・社会も取り上げますのでこちらもどうぞ!


🐈思案猫

2019-11-15 | Weblog
水害で荒れた多摩川の写真が続きましたが今日は猫です。

猫が何か行動を起こすとき、後で写真を見ると実はその気配が顔に出ていることがあります。

写真のは最初は余裕だったがキョロキョロし出し、そしてこの顔。
不安になったのかやがて姿をくらましたのでした。

「えこひいきだよー」…「桜を見る会」参加者追及の左翼の幼児性

2019-11-15 | Weblog
桜を見る会の参加者で左翼、安倍政権を追い込めると浮かれているようです。
しかし安倍攻撃にこうしたネタを取り上げることに彼らの幼児性が露呈しています。

それは病的な平等欲求。
「えこひいきされた」と嫉妬する子どもと同じ幼児性です。

英語民間試験導入で萩生田文科相を追求した左翼、受験や入試から抜けることのできない幼児性があること、以前指摘しました。
ただ子どもなら忘れるか叱れば済むことですが左翼、執着メンタルで忘れられないと見えます。

そしてこうしたえこひいきネタで自らの嫉妬心を燃え上がらせ、同類をあおるから始末が悪い。

近くで見るほど荒れている…多摩川水害から一か月(5)

2019-11-14 | Weblog
10月の水害から1か月以上が経ち、多摩川の流れも平常に戻っているかのように見えます。
堤防が決壊したわけではないから確かに大きな流れは以前のままです。

しかし川筋の近くで見れば土砂や倒木でかなり荒れています。
この先は冬枯れの季節ですが、来年の春、草木が茂りだすとサテどうなるか?

「断韓」より「断中」が大事?…習近平国賓来日反対

2019-11-14 | Weblog
南朝鮮に気を取られていますが、習近平の国賓訪日が予定されています。
最近の香港は言うまでもなく南シナ海浸出、ウイグル・チベット侵攻、日本では尖閣に邦人拘束と世界のいたるところで暴虐を働いています。

中共とかかわっても何一ついいことなどありません。
その中共の領袖の習近平を国賓として招く理由など何一つありません。

米国も北朝鮮と交渉しているではないかと思うかもしれませんが、中共や南北朝鮮を対話で変えさせられると思うのがそもそも間違っています。
習近平の国賓訪日には断固反対し、マスコミが隠す中共の悪事を日本と世界に知らせる方が大事では?

ハンター不足ならドローンで害獣駆除?

2019-11-13 | Weblog
最近は住宅地にもクマが出没して問題になっています。
イノシシも地道に行動エリアを広げています。
しかしハンターは減って猟銃やトラップで対処するのも難しくなっている。

そこで米軍が中東で使ったようなドローンを使うのはどうでしょうか?
ドローンでお墓参り代行という漫画がありましたが似た発想です。

ドローンがクマさんやイノシシさんを発見したら攻撃して駆除。
山にわざわざ人が入らなくてもオフィスで操作できます。

ただしこれまた米軍が中東でやらかしたように住民に対する誤爆には万全の対策が必要。
それと中東と違い既存のドローンでは日本みたいな山の中では行動範囲が限られるので改良も必要。

このくらいやらないと害獣駆除、もう打つ手はないかも?