多摩川雑学事典 by元林徹(文と写真)

名前の通り多摩川の話題ブログ。それとなぜか保守の立場から政治・社会も取り上げますのでこちらもどうぞ!


日本も核武装を?…半島情勢の悪化に備え

2018-06-22 | Weblog
最近あまり聞かなくなった言葉に敵基地攻撃能力があります。
少し前、北朝鮮のミサイルによる日本攻撃が現地味を帯びJアラートなどとともに自衛隊の敵基地攻撃能力の必要性が唱えられました。

しかし米朝首脳会談で差し当たって武力衝突はなさそうと思ったのか沙汰やみに。
米国にしても在韓米軍撤収まで言い出したのは、米国領土への攻撃さえなければ半島がどうなっても無関係と割り切り始めたのもあるからでは。

この前も書きましたがこの分では半島に核武装した強力反日の南北統一国家が出現する可能性が濃厚になってきました。
そして半島に米軍が不在となると、米国はそれでよくても日本は抑止力が一段後退したことになります。
しかも後退するのは朝鮮に対してだけでなく、さらに深刻なことに中共に対してもです。

こうなれば日本も核保有を選択肢にせざるを得ません。
ただしただちに核武装を急げというのでなく、日本には核保有という選択肢もあること、世界に表明するだけでもかなりの効果と思うがサテどうか?

この記事をはてなブックマークに追加

注目の『夏祭浪花鑑』ですが…歌舞伎座六月夜の部

2018-06-21 | Weblog
歌舞伎座の六月大歌舞伎、夜の部です。

『夏祭浪花鑑』ですが、先月の『雷神』と並んでストーリーが大変ややこしい。
ただややこし過ぎて話についていけなくても、舞台にメリハリがありスピード感があれば観ていておもしろいのですがそこが今一つ。

うまくいけば大坂の夏祭の空気ももっと出ていたことでしょう。
吉右衛門がそつなくこなしていましたが、歌六の三婦も光っていました。

『巷談宵宮雨』は四谷怪談を一回りスケールを小さくしたような芝居です。
一回り小さい分だけ軽くなりますが、そこを松緑と芝翫がうまくやっていた。
特に芝翫はこうした世話物の小悪党役に向いているのでは?

この記事をはてなブックマークに追加

北朝鮮の核はそのままで半島統一国家出現?

2018-06-21 | Weblog
何度も書きましたが、北朝鮮の核兵器廃棄よりも、南朝鮮からの米軍撤収と半島統一国家出現の可能性の方が高い。

従北の文在寅も自身が大統領の今が最大のチャンスと進めまくるでしょう。
おそらく彼の任期中に実現とまではいかなくても、米軍撤収と統一国家の道筋はつくのではないか。

となるとこれまた以前書きましたが、核武装した北朝鮮主導の強力な反日国家が半島に出現。

そんな国ができてもどうせ経済が駄目だからさほど脅威ではないと思うかもしれません。
しかし経済が駄目なら日本への賠償請求、移民送り込みなど硬軟両様で日本にすり寄ってくるはずです。

北からのミサイル攻撃や米朝軍事衝突がなさそうだから安心などでなく、この統一国家出現に今から備えた方がいいのでは?

この記事をはてなブックマークに追加

😸雨やどり?…多摩川猫シリーズ

2018-06-20 | Weblog
写真の猫、どうも部屋に入れてもらいたくて鳴いているようです。

遊びに出たが雨が降り出した。
そこで入れてもらおうしたが所詮他人様のお宅で無反応。

そして写真の後、意を決してか雨の中、出て行きましたのでありました。

この記事をはてなブックマークに追加

「かかわった」のが運の尽き?…トランプと北朝鮮

2018-06-20 | Weblog
北であれ南であれ対朝鮮外交の基本はかかわらないことです。
このタブーを犯して過去に失敗したのが日本。

中共もロシアも日本の失敗から学んだのかどうかはさておき、例えば北の核兵器について口は出してもかかわろうとはしない。
元寇に際しての日本もそうでしたが、朝鮮戦争のようにかかわらざるを得なくなっても、その後はさっさと関与をやめています。

これを承知してか、北も南も他国が必要なときはその国にすり寄り、かかわらせようとする。
今回のトランプ、このワナにはまったようです。

保守の人、トランプの半島姿勢を危惧しているでしょうけれど、多分それは的中するのでは。
かかわったが最後、交渉に時間を浪費し取り決めを結んだところで時間稼ぎと相手の消耗に利用されるだけ。
そしてその取り決めにしたところで守る保証などさらになし。

サテどうなるか?

この記事をはてなブックマークに追加