多摩川雑学事典 by元林徹(文と写真)

名前の通り多摩川の話題ブログ。それとなぜか保守の立場から政治・社会も取り上げますのでこちらもどうぞ!


高倉健さんは仁義ヒューマニズムである

2012-12-31 | Weblog
年末年始にNHKが高倉健さんの映画を一挙放映します

ただ惜しいのは代表作の一つの『網走番外地』がないこと

『君よ憤怒の河を渉れ』もないですが、あんなのは駄作だから見なくてよろしい

それにしても色々作っているものです

ないのはエッチ系くらいです

しかしどの作品にも共通しているのは高倉健さんの「仁義ヒューマニズム」

この一言ですべてが分かるはずだ

ご意見・お問い合わせは→ golijaf○mail.goo.ne.jp
○をアットマークにしてどうぞ

交通の便が悪い? 多摩川沿いの初詣

2012-12-30 | Weblog
多摩川沿いの社寺の初詣の話です

まず結論

多摩川の中・下流の社寺の初詣はどこも交通の便があまりよくない

電車では駅からかなりの距離を、分かりにくい道を歩くのがよくあるパターン

だから遠くからわざわざ電車で、というより地元民が徒歩・自転車・車で、の世界でしょう

理由は、多摩川沿いの神社は、洪水を避けるため川筋から離れた所にあるのが多いからでは

それになぜか最寄りの駅からも遠い

それでも探せば例外はあります

浅間神社は多摩川に近く、東急東横線の多摩川駅にも近く道も分かりやすい

上野毛の稲荷神社(写真です)や二子玉川の諏訪神社も多摩川に近く駅からも近いですが、初めて出かけて道が一発でスッと分かるかな

こう書くと、足の便がいいのは、何だか東急沿線が多いですが、小田急や京王沿線は機会があれば書きます

ご意見・お問い合わせは→ golijaf○mail.goo.ne.jp
○をアットマークにしてどうぞ

年賀状は毛筆手書きで!

2012-12-29 | Weblog
来年の年賀状は久しぶりに毛筆・手書きでしましたが、疲れたねえ

ただ疲れると言っても久しぶりだったからで、PCで作成・プリントアウトするのと時間と手間はたいして違いません

デザインや宛先のチェックにかかる時間はどちらもあまり変わらないからでしょう

餅つきを杵でやっても餅つき機でやっても手間はそれほど変わらないのに似ています

手書きと印刷の違いは、手書きではできの良し悪しが出てくること

それも最初は不慣れだからぎこちなく、進むにつれて良くなって、終わりが近づくとダレてくる、と複雑なパターンをたどります

ただそれも楽しめて、プリンタの番人をするだけの印刷よりは面白いのでは

ご意見・お問い合わせは→ golijaf○mail.goo.ne.jp
○をアットマークにしてどうぞ

野川は工事中

2012-12-28 | Weblog
この写真、多摩川の支流、野川です

去年もそうでしたが、河川工事が始まっています

場所は大体世田谷通りより下流

そのせいか、バードウォッチャーは殆どいなくなり(と言うかゼロ)、散歩の人も激減

写真には写っていませんが、あの狭い川筋に建機やトラックがかなり入っていますから、そういうのが好きな人はウォッチングにでも出かけたら

ご意見・お問い合わせは→ golijaf○mail.goo.ne.jp
○をアットマークにしてどうぞ

多摩川から奥多摩がよく見える

2012-12-27 | Weblog
この写真、川筋に南武線の鉄橋にホームレスさんのおうち、典型的多摩川風景です

ただ注目して欲しいのはそういうのでなく、奥多摩の遠望です

写真では分かりにくいが、かなりクリアに見えている

このくらい見えるのは、普段の年ならもっと寒くなってからですが、今年は寒いのでしょうか

ご意見・お問い合わせは→ golijaf○mail.goo.ne.jp
○をアットマークにしてどうぞ

年末の多摩川サイクリングロード情報

2012-12-26 | Weblog
年末年始のお休みに多摩川沿いを自転車で、と、ご計画の方も多いのでは

休みですが、今日あたり、多摩川サイクリングロードで自転車人が特に増えたようすもありません

普段の土日より少ないくらい

ただしこれから先は分からないよ、と、一応逃げを打っておきます

注意点と言えば、普段あまり走り慣れない人が増えるようですから、事故にご用心を

ご意見・お問い合わせは→ golijaf○mail.goo.ne.jp
○をアットマークにしてどうぞ

ブームになる?新装オープン歌舞伎座

2012-12-25 | Weblog
歌舞伎座が改装されて来年の4月に再オープンです

生きているかどうか分からないまだ先の話ですが、チケット発売の話も出始めているようです

何となく盛り上がりそうで、これから役者のスキャンダルでもあればもっと人気が出るでしょう

とにかく同じ伝統芸能でも、橋下さんがケチをつけて注目された文楽人形浄瑠璃よりはパワーがあるのは確かです

新劇場のオープンで盛り上がるのはバブルの頃によくありました

例えばサントリーホールとかもそういう感じでしたが、こういうの、絶えて久しい

そこでこの新歌舞伎座、スカイツリーくらい人気になるのか、サテどうか

ご意見・お問い合わせは→ golijaf○mail.goo.ne.jp
○をアットマークにしてどうぞ

公明党は民主党より悪い?

2012-12-24 | Weblog
今度の政権は自公でやるそうです

自民党はさておき、公明党というのが気になります

民主党政権がつぶれたのは、特殊な主張をする小政党の社民党と組んだのも原因です

公明と組んだ自民党政権も同じ運命をたどるのでは

左翼社会主義の社民党は、反米・媚中や護憲の左翼主張で民主党を振り回しました

公明も自民党に対して似たようなことをやらかすのでは、というわけです

そもそも日蓮系新興宗教の創価学会が母体の公明党が、日本の伝統重視の自民と組むのが変

石原さんと橋下さんの組み合わせより、もっとグロテスクでは

ご意見・お問い合わせは→ golijaf○mail.goo.ne.jp
○をアットマークにしてどうぞ

恥ずかしい日本の出会い系クリスマス

2012-12-24 | Weblog
何がおめでたいのか知りませんが、日本でもクリスマスを盛んに楽しんでいます

これについては宗教がどうの、と固いことを言うつもりはありません

しかしクリスマスを恋人探しの場にするのはやはり変では

まして絶好の交尾の機会というなら、これは相当恥ずかしい

そんなことならカニさんみたいに、満月の大潮の夜にでもやりなさい

ご意見・お問い合わせは→ golijaf○mail.goo.ne.jp
○をアットマークにしてどうぞ

お笑い? 世界滅亡の日

2012-12-22 | Weblog
昨日はマヤの暦で世界が終末を迎える日だったそうです

昔、ノストラダムスの予言とかありましたが、性懲りもなしにくだらないことをよくも考えつくものです

マヤのことはよく存じませんが、そもそも世界の終末なんて発想、西洋的・キリスト教的では

それをまったく異質な文明のマヤに強引にあてはまるなんて、かなり傲慢です

少しは反省しろ

それにしても世界の終末なんて言われて不安になるのは、キリスト教的な価値を刷り込まれているから

同じ西欧でも古代ギリシアあたりでは、世界に始まりもなければ終わりもなく、とか言っていたらしく、こちらのほうが成熟しています

とにかく、世界の終末みたいな不毛なことに思いをめぐらすヒマがあれば、今日のメシは何にするか考えていたほうがいいのでは

ご意見・お問い合わせは→ golijaf○mail.goo.ne.jp
○をアットマークにしてどうぞ

正体不明の渡り鳥

2012-12-21 | Weblog
カリンの枝に見たことのない渡り鳥

渡り鳥というのも、大勢さんで、地元民のスズメとコノヤロウとケンカしながらさっさと通過していったので、渡り鳥でないか、と言ったまでです

見た目はモズの系統みたいですが、とにかく正体不明

例の正体不明の金さんの国からでも来たのかな

ご意見・お問い合わせは→ golijaf○mail.goo.ne.jp
○をアットマークにしてどうぞ

五島美術館再開

2012-12-20 | Weblog
少々遅くなりましたが、ご存じ、多摩川沿いの屈指(?)の美術館、五島美術館が今秋、再開しました

多摩川沿いで屈指と書きましたが、書画骨董系の美術館なら日本屈指です

なかでも書は逸品がそろっている

ただし写真はこの美術館と関係ありません。庭園はまだ再開されていないのもありますので

その庭園もチラッと見ましたが、正面に例の二子玉川再開発のビルがデンと見えている

あんなの眺めながら、お茶席ですかねえ

それと中高年のお客さん、も少しマシな恰好で来てね

垢汚れたリュックサックや小汚いジーンズとか、ご近所のスーパーにお出かけみたいなの

みっともない

ご意見・お問い合わせは→ golijaf○mail.goo.ne.jp
○をアットマークにしてどうぞ

安全保障より生活が大事?

2012-12-19 | Weblog
安全保障というと、国際関係や軍事とか難しくて、しかも党派色がはっきり出ます

選挙でも「国民の生活が大事だ」とか言って、ごまかしてきた党派もありました

たとえば民主党や小沢一郎さんの何とかといった政党

しかし、戸締り・防犯みたいな生活の安全から国防まで、つながっています

シーレーンが奪われれば石油もガスも輸入できないし、弱い国なら外国が侵略しなくても、国内で外国人がデカい顔をして悪いことをする

生活も経済も、全部安全保障につながっています

ご意見・お問い合わせは→ golijaf○mail.goo.ne.jp
○をアットマークにしてどうぞ

安倍晋三さんはひ弱である?

2012-12-18 | Weblog
以前、首相の座を投げたので、安倍さんは線が細くてひ弱だ、という意見もあります

敵もおそらくそこを突いてくることでしょう

しかし果たしてそうか

大したこともない病気を理由に逃げたと言うなら、それは間違いだぞ

あの病気、かなり大変だそうです

それでもたとえ病気だろうと、政治家は決して投げては駄目だ、と突っ込むかもしれません

確かに中国では、どんな重病でも政治家は逃げてはいかん、という伝統があります

例えば晩年の周恩来

日本でも狙撃後の浜口雄幸みたいな例がある

ただこれにしても政治家としての普遍的な倫理観、と言えるだろうか

というより、そんなに重病をおしてまで頑張っても、ハタからすればかえって危なっかしいのでは

もし安倍さんがひ弱だとしたら、理由は病気より、むしろ育ちのよさみたいなところから来るかもしれません

ご意見・お問い合わせは→ golijaf○mail.goo.ne.jp
○をアットマークにしてどうぞ

これから保守の時代が来る?

2012-12-17 | Weblog
今回の選挙のこと、色々言われています

ただ見えてきたのは、どうもこれからは保守の時代に向かうかな、ということ

左翼リベラルは脱原発に賭けましたが、結果は見事なハズレ

それではどういう保守かと言うと、戦前回帰でも、戦後の自民党全盛・佐藤栄作政権時代復帰とも違うような気がします

なぜなら担い手が若返っていて、底流にはネット右翼さんみたいなのがあって、実際の政治勢力では維新みたいなのに流れている

そしてその主張は、美しい日本より強い日本のパワー志向が強くなるのでは

反中共、日米同盟より自主防衛、憲法破棄、再軍備、核武装検討、こういうのが前面に出てくるでしょう

ご意見・お問い合わせは→ golijaf○mail.goo.ne.jp
○をアットマークにしてどうぞ