ファース本部の福地会長・毎日更新の携帯ブログ

ファースの家・開発者 福地建装 代表取締役会長 福地脩悦の毎日更新の携帯ブログです。

パーソナリティーを磨こう…北斗市

2008年10月29日 18時28分56秒 | Weblog
巨人軍の原監督がWBCの監督に選任されました。原監督の就任を大リーガーのイチロー選手はじめ、一流選手の方々は大いに歓迎し、協力する意向を示しているようです。

選手から慕われる監督さんとして、長島さん、王さんなどに共通している事は、関係者に対する気遣い、心配りの出来るパーソナリティーだと思えます。
パーソナリティーとは、持ち味、個性、人柄などを言います。

常に表情が明るい、他人の悪口を言わない、愚痴を言わないなどの人柄と、経験、実績、行動力なども加味されるのでしょう。このような視点でWBCの監督を選ぶため、消去法で選択すると、原監督は自然の成り行きだったと思われます。

昨日、マラソン金メダリストのQちゃんこと、高橋尚子さんが、引退の記者会見を行っておりました。彼女の最高潮の時もスランプの時も、誰もが一緒に喜び、哀しんで来たように思います。彼女も優れたパーソナリティーの持ち主だったと思います。高橋尚子さんに「お疲れ様」「勇気をありがとう」と心で叫んだ人が多かったようです。

どんなに強くても、どんな辣腕指導者でもパーソナリティーが伴っていなければ、選手や監督として評価されても、心から好きで手放しで協力しようと思えないものです。
これはスポーツの世界に限った事でなく、政治家や経営者なども同じ尺度となるでしょう。

人や物、動物や自然など全てに心優しさがあり、自然の気遣いや心配りの出来る人をパーソナリティーが確立した人格者と言うのでしょう。
特に家づくりにおいては、一生一代の大事業を成し遂げる建主さんのために、ハウスメーカーや工務店の経営者のパーソナリティーが問われそうです。

私もパーソナリティーを磨こうと言いながら、自分自身を省みる事が多いのですが…
写真は先日、来社された網走の山内建設社長、山内政光さんと北海道の最南端、松前町の白神岬で撮ったものです。山内社長も優れた人格者で私が尊敬する人の一人です。

今日の北斗市は今年一番の寒さで、今夜あたり北海道が雪になるところもありそうです。
今日は終日、執務室で特許出願する技術検証を行っておりましたが、また明日も…
家スペシャルfasオフシャルサイト毎日更新
ブログ総集編
函館市・北斗市周辺の方々は

コメント   この記事についてブログを書く
« 方向違いの報道…北斗市 | トップ | 人徳とは「徳が得」を積む事…... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事