奄美ロングステイ

奄美の自然の中でロングステイのできるペンションを作りました。毎日のできごとを紹介していきます。

今年のあーりーばーど5大ニュース

2018-12-26 15:36:50 | イベント・行事
気が付くといつの間にか年末です。
本当に月日が経つのが早い。
今年もたいして大きな出来事があったわけではありませんが
5大ニュースの発表です。




マンゴー収穫

今年一番うれしかった事、それはここ数年毎年ヤギのうるるに枝をかじられて
実をつけなかったマンゴーの木にたわわに実がついたこと
夏の間お客さんの朝食に供されました




ピザ窯壊れる

一番がっかりしたのが台風でピザ窯が吹き飛ばされ崩壊してしまったこと
今次の窯はどんな形にしようか頭を悩ませているところ



鶏ニューフェイス加わる

新しく4号5号6号の3羽が新メンバーとしてお目見え
毎日せっせと卵を産んでいる




車、スクーター、耕運機が代替わり

奄美にきてそろそろ10年
当時使っていた車や道具もすべてガタがきて総取り換え
時間の流れを感じる




ビニールハウス建て替え

数年前からボロボロだったビニールハウスがついにリニューアル
来年の夏もパッションフルーツやマンゴーを楽しめそう





今年もあーりーばーどをご利用頂きありがとうございました。
都合により年末よりしばらくお休みします。
再開の準備ができたらまたブログでお知らせします。
お問合せはメールで。
頻繁にメールチェックできない可能性もあるためお急ぎの場合は
携帯電話 080-1329-3808までお願いします。

それでは皆様よいお年をお迎えください。











コメント (2)

冬野菜が育っている

2018-12-22 14:47:21 | 
奄美では11月に入ると冬野菜の種まきで忙しくなる。
そして今それらが少しずつ大きくなりつつある。




一番バッターはジャガイモ
いつも種イモを小さく切りすぎるのであまり実がつかない
今年は大きなまま植えてみた




順調に育っているようだ
この分だと大きなイモがとれそうだ




ちょっと心配なのがダイコン
去年もさっぱり大きく育たなかった
今年も芽は出したもののその後の成長がイマイチだ




ソラマメは毎年立派に育ってくれる
この畑と相性がいいのだろう
でも個人的にはこれよりとなりの畝に植えているスナップエンドウ
のほうが好きなのでそっちが気になる




これはニンニク
奄美ではフルと呼ばれていて葉っぱを炒め物などに使う
今まで植えるだけで満足してほとんど食べたことがなかったが
今年は自分で料理に使ってみよう




北海道から持ってきたアスパラガス
寒いところでしか育たないと思っていたがここでも結構大きくなっている
収穫できるのはまだまだ先のようだ




今日の畑の様子
もう年末だというのに気温は24度
ポカポカ陽気だ
長く収穫できるようにするため時期をずらして畝を作り種を蒔きなおしている







コメント (1)

ビニールハウス再建

2018-12-03 11:54:42 | 
このたびビニールハウスを新しく建て直したので報告いたします。




度重なる台風のせいで5年前に廃材を使って建てたビニルハウスは
ボロボロになっていたが今年の台風直撃でもはや廃墟と化した




もうパッションフルーツの植え付けが始まってしまう季節を迎え
なんとかしなくてはとは思いつつも作業の大変さを思い憂鬱な
日を無為に過ごすだけだった
そこに救世主として現れたのが隣の集落に住むタツヤさんであった
奇特にも「手伝ってやるよ」と骨組みとなるパイプを加工してわざわざ
持ってきてくれた




タツヤさんはパッションやマンゴーを育てている農家でビニルハウスを何棟も
所有し維持管理している
だからめちゃくちゃ手際がいい




あれよあれよという間にビニールハウスが形になっていく
自分ひとりで建てたら2か月はかかるだろうなと思って(いただけで
実際はなにもしなかったが)いたのが実質数日で組み立ててしまった
すごい!!




台風に対する補強も万全だ
今回のハウスは10年はもつだろうと期待させてくれる




入口も調達してきてつけてくれた




いよいよビニールをかぶせる




この日は少し風があって難儀したがなんとかきれいに張ることができた





ついに完成
素晴らしい出来だ
写真だけ見ているとほとんどタツヤさんがひとりで作り上げた印象を
持たれるかもしれないが、そんなことはない
自分もちゃんと作業をし貢献している(1割くらいは)




中はこんな感じ
じつに快適である
ここでしばらく寝泊まりしてみたいくらいだ
マンゴーたちも居心地がいいだろう
今年の夏に実をたくさんつけすぎたのと台風に痛めつけられたので来年は実がならない
のではと半分諦めかけていたが、このぶんだと収穫を期待できるかもしれない
タツヤさんには感謝感謝である
今まで夜寝るとき足の方向が彼の家の方角を向いていたのだが、今は布団の
向きをかえて彼に足を向けないようにしている

あとやらなければならないのはピザ窯の作り直しと鶏小屋の修復である
ぼちぼちやっていきます







コメント

奄美の夏は終わった

2018-11-16 16:01:04 | 暮らし
気が付くと前回の投稿から3か月近く経とうとしている。
月日が経つのは早いものですね。
ブログはさっぱり書かなかったけど3か月何もしないで
過ごしていたのかというとそうではなく、それなりに
いろんなことはありました。
でも残念ながら写真を撮っていなかった。

みなさんのところもそうだとは思いますがもう夏は終わりました。
奄美は夏から「夏じゃない季節」に入っています。
秋と呼ぶには鮮やかな紅葉もないし特に実りの季節を感じさせる収穫が
あるわけでもない。
冬と呼ぶには雪もないし第一、道産子として中途半端な寒さが続く季節に半袖姿で
サンダルはいて歩き回っている風景を冬とは呼びたくない。
冬というのは吹雪いてあたり一面が雪に覆われて気温がマイナス20度まで下がって
もし酔って道端で寝込んでしまったら確実に凍死してしまう、それが冬だ。
(もう奄美の気候に慣れ切ってしまっていて冬の北海道では生きていけないと思うけど・・)
一年中ハイビスカスが咲いているし桜も内地とは違うので春の芽吹きもそんなに感じない。
だから夏が終わったあとに来るのは「夏じゃない季節」。
これが思いのほか長い。
今年の奄美の夏は10月後半まで続いた。
ついこの間まで最高気温が27度とかあったのだけれど、さすがに
11月に入ると25度を下回ってきている。
梅雨明けのちょっと前まで半年以上この「夏じゃない季節」が続く。
気候的には雨が多く風も強くて観光には向いていないかもしれないが
畑仕事にはとてもいい季節。
あのじりじり照り付ける悪魔のような太陽の日差しの下での作業を思えば天国だ。

と、ようやく数少ない写真に結び付けられる日差しというキーワードに
たどり着くことができた。




奄美の夏の間の日差しはすこぶる強い
布団なんか一日干しているだけで乾燥はもちろん、潜んでいる
害虫や病原菌でさえすべて殺してくれそうな気がする
だから頻繁に布団の天日干しをしている




でも奄美の布団干しには大きな問題点がひとつある
天気の急変だ
今まで雲一つない青空が広がっていたと思ったのに5分後には雨が
その空から落ちてくる
そしてまた5分後にはからっと晴れている
亜熱帯気候のスコールみたいなものだ
あとに残るのはぐしょぐしょに濡れた布団だけだ
雨がそんなに強くない場合はそのまま干しておけば、また乾いて
しまうのでそんなに問題はないのだが、雨は一度きりとは限らない
一度濡れて干してまた濡れてそれを干すを3回繰り返したときは
本当に頭に来て空に向かって石を投げて唾を吐いた
天に唾することの愚かさはわかっているが他にもどこにもぶつけようのない
怒りを奄美ではよくおぼえる




奄美では決して洗濯物や布団を干しっぱなしにして出かけてはならない
ヤギのうるるにとっては日陰ができてうれしい




そういえばヤギはあまり水を飲まないとかとおもっていたが奄美の
強烈な日差しの下では毎日ガブ飲みしていた





コメント (2)

今年の果樹栽培を振り返る

2018-08-29 15:40:17 | 
先日の台風で畑の作物がバナナ以外すべて枯れてしまい
今年の収穫はもう望めなくなってしまいました。
もう少し涼しくなったったら冬野菜の植え付けの準備に入ります。
それまでにヤギのうるるには頑張って畑の雑草を退治してもらわなくては
いけません。
ここで今年の畑での収穫を振り返ってみたいと思います。



パッションフルーツは植え付けをサボって遅くなってしまい収穫は
例年の三分の一になってしまった




その分マンゴーは豊作だった
今年はうるるに葉を食べられないよう細心の注意をはらったので
3年ぶりの収穫に結びついた




普通農家では1本の枝になる実を極力少なくして実を大きくするのだが
せっかくなった実を落としてしまうのがしのびなくてなるがままにした
その割には思ったより大きな実をつけてくれた




毎朝成長を確認しながらやさしく撫でて励ましの言葉をかけてあげる
あまりしつこく触るとポトンと実が落ちてしまう




熟す前に落としてしまった実は集めてかごの中で完熟させ
宿泊のお客さんの朝ごはんのデザートにお出しする




小さいうちに落ちてしまった実も無駄にはしない




マンゴー酒にするのだ
こんな実で果実酒ができるのかどうかはわからない
でもちゃんとお酒になってくれないとせっかくのブランデーが
無駄になってしまう
でもそもそもマンゴー酒って聞いたことないけどあるのだろうか




ちなみにこれはネットで非常においしいという記事があったいちご酒
1週間くらいで実の色がぬけ、たぶん飲み頃なんだと思う
作ったことで満足してしまい自分で飲もうという気があまりおこらない




他にも桃、すももなど何種類かの果実酒をつくったのだが、今となっては
どれがどのお酒なのかほとんどわからないまま棚に飾ってある
見ても何の実を入れたのか思い出せないものすらある




他の野菜については畑のキュウリはうまく育たなかったのでちょうど穴が
あいて使えなくなっていたヤカンに種を蒔いてみた
途中までは元気に育っていた




でも結局は枯れてしまった
うまくいけばインテリアとして使えたのだが残念だ




トマトはこの2個がなっただけ
あとは花をつけることすらなかった




ブロッコリーもここまで頑張って大きくなったがここで力尽きた




ということで畑の野菜については散々な結果に終わってしまったが来年に向けて
若い芽が育っている
食べたマンゴーの種は全てプランターに植えているのだがいくつかが芽吹いてきている




去年植えそこなったパッションフルーツの苗は今年は早めに植えよう




まだ細々と成長を続けているキュウリもある
でもだだっ広い畑に雑草を生やしながら何がうれしくてプランターで
キュウリを育てているのだろうか








コメント (2)