ルイガノ旅日記

あちこち出かけた場所で目にとまったもの、
心惹かれたものを紹介しています。
よかったらおつきあい下さい。

鎮国寺 早咲きの梅

2020年01月31日 | 福岡
宗像市にある屏風山鎮国寺は、四季を通じて境内に様々な花が咲くことから、別名「花の寺」とも呼ばれます。1月から3月にかけては、梅や桜が境内を彩りますが、とりわけ本堂前の梅は早咲きで知られています。


残念ながら、既に盛りを過ぎていました。さすがに早咲きの梅です。


こちらは境内のほかの場所。本堂前以外の梅は、これから見ごろを迎えそうです。


暦の上での春(立春)は目の前。この時期、梅の花を見るとほっこりしますね。


黄水仙やあやめなども咲いていました。


こちらは同じく境内の熱海桜。熱海桜は緋桜と山桜を交配したものです。早咲きの桜として有名な河津桜は、寒緋桜と大島桜の自然交雑種。
ちなみに、2月上旬から3月上旬にかけて見頃を迎える河津桜に対して、熱海桜は1月上旬には咲き始めますから、桜の早咲きチャンピオンはこの熱海桜だそうです。


ソメイヨシノよりもやや色が濃く、花が密集しているのが特徴です。


一眼レフに望遠レンズで熱海桜をとっている人が何人かいました。レンズの先にはいたのはメジロです(薄緑色の〇で囲んだところ)。


標準レンズですが私も撮ってみました。桜にメジロ、春の兆しを感じますね~


鎮国寺付近には野鳥が多く生息していて、とりわけこの時期、たくさんのメジロが境内にやってくるのだそうです。朝早い時間帯には、枝にびっしり集まることもあるのだとか…………。


梅は少し時期を逸しましたが、メジロの可愛らしさに癒されました。


屏風山鎮国寺の開祖は、唐から密教(真言宗)を学び帰った弘法大師(空海)と伝えられています。遣唐使として派遣された折、荒れ狂う海で遭難の危機に瀕した遣唐使船を救ったのが不動明王だったことから、帰朝した弘法大師は屏風山の岩窟で不動明王像を彫ったそうです。国の重要文化財に指定されているこの不動明王像は普段は鎮国寺の護摩堂(本殿の隣)に安置されていますが、年に一度(毎年4月28日)、紫灯大護摩供(さいとうだいごまく)の日だけ公開されます。この日は、境内の不動明王像の前で行われる護摩焚きなどの神事に続いて、燃え尽きた護摩壇の灰をならした上を裸足で歩く「火渡りの神事」も行われるそうです。(当日は鎮国寺へは車の乗り入れができず、代わりに宗像大社の大駐車場が開放されます。そこから鎮国寺までは無料シャトルバスが運行されます)

人気ブログランキングへ
コメント (2)

男飯 女飯 俺たちの台所

2020年01月28日 | 居酒屋
ちょっと前ですが、小倉魚町の居酒屋「男飯 女飯 俺たちの台所」に行ってきました。


この日は土曜日。飛び込みでギリギリ入れましたが、カウンター・テーブルとも満席状態でした。


藁の火力で一気に焼き上げた鴨の藁焼き。
ちなみに、この店のメニューはほとんどが390円(一部780円もあり)で提供されています。


左から、和牛の握り(3貫)、ポセイ丼(要は海鮮丼です)、和牛いなり。


和牛の上に、カニ、いくらなどを載せた丼。料理名も値段もはっきり覚えていませんが、これは780円だったような気がします。


ほんのり甘いドレッシングが美味しかった海鮮サラダ。


こちらは九州野菜のサラダです。たっぷりビタミン補給しました (^-^)ゞ


酒を何かで割るのが嫌いで、基本、ロックかストレートで飲むことが多いのですが、近ごろはブームにあやかってハイボールを頼むことも多くなりました (^-^)ゞ


揚げ餃子にシラスと桜エビのトッピング。意外な取り合わせですよね。


39円と驚き価格のピーマン。果肉に甘みがあり、歯ごたえシャキシャキ。味噌ベースのソースが美味しかったです。


〆のきゅうり(?)でさっぱり。こちらも1/2本で39円です。


男飯 女飯は、魚町銀天街と平和通りの間、小倉アビイ通り。小倉鉄なべの2軒隣りにあります。


たまたま通りかかって入った店でしたが、料理も美味しく価格も良心的。スタッフの皆さんの応対も良くて楽しめました。

人気ブログランキングへ

男飯 女飯 俺たちの台所居酒屋 / 平和通駅旦過駅小倉駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5

コメント (4)

神戸クック・ワールドビュッフェ ヨーロッパフェア

2020年01月26日 | 北九州
ロバートの馬場裕之さんがクッキング&トークショーで紹介していたように、先週のダウンタウンDXに馬場ちゃんがゲスト出演し「豚肉大根鍋」を披露していました。また、料理を作るだけではなく「バイキングを100倍楽しむ方法《番組の最後に「1.5倍」に修正してました(笑)》」を紹介するコーナーもあって、馬場ちゃんによると「すぐに皿をとって料理を盛り始めるのではなく、まずはビュッフェコーナーを一周して料理を見て回るのが大事」なのだそうです。
そこで、かなり遅くなってしまいましたが今日は、神戸クック・ワールドビュッフェの写真をアップします。神戸クックは、昨年10月に続いて2度目の訪問。ヨーロッパフェアの期間中でした。この時は私も、馬場ちゃんのビュッフェ攻略法どおり、まずはぐるっと並べられた料理を見て回りました (^-^)ゞ
肉団子の甘酢あんかけ


なかなかの辛さだった四川風麻婆豆腐。


やわらかくて美味しい合鴨ロースの燻製。


ネギたっぷりの卵焼き。


ここからは、ヨーロッパフェアに伴う期間限定メニューです。こちらはシャンピニオンソースハンバーグ。


野菜とサラミがたっぷり入ったスペイン風オムレツ。具だくさんでボリュームがありました。


ベルギーの定番料理、ムール貝とあさりの白ワイン煮。


赤ワインでじっくり煮込んだタンシチューは、平日ディナーと土日祝限定です。


肉団子や野菜をトマトソースで煮込んだイタリアの郷土料理 ポルペッティ。


バゲットに具材を挟んで食べるボカディージョ。スペイン風のサンドイッチです。 


クレムシュニテは、カスタードと生クリームをパイ生地で挟んだクロアチアのお菓子で、妻に好評でした。


私がとってきた一皿目。真ん中の列が、タンシチューにポルペッティ、ボカディージョと、ヨーロッパフェアのメニューです。


二皿目にはムール貝とあさりの白ワイン煮。ネギ入り卵焼きと合鴨のロースもリピしました (^-^)ゞ


アルコールは撮り忘れて最後の赤ワインだけ。


さてこちらは、新聞の折り込みチラシ。


神戸クック・ワールドビュッフェのヨーロッパフェアは今月末で終了します。2月1日から3月31日は中華フェアだそうです。棒棒鶏や天津飯、エビチリなど、中華も捨てがたいですね。また、これまで神戸クックでは予約を受け付けていませんでしたが、1月25日から予約可能になったのだそうです(電話及びネット。当日予約は不可)。これでますます行きやすくなりましたね。

人気ブログランキングへ

神戸クック・ワールドビュッフェ ライフガーデン水巻店バイキング / 水巻駅折尾駅遠賀川駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5


コメント (2)

ロバート馬場さん、クッキング&トークショー~ふくおか鍋マルシェ

2020年01月22日 | 北九州
先週末、小倉で行われた「ふくおか鍋マルシェ」に行ってきました。


鍋マルシェは、福岡県農林水産物ブランド化推進協議会が企画する、鍋物や福岡県産の農林水産物を販売するイベントなんですが、私たちのお目当てはお笑いグループ・ロバートの馬場裕之さん(通称、馬場ちゃん)のクッキングトークショー。実は私、日曜日はスポーツクラブのウォーキングマシンで歩きながら、お昼前に放映される馬場ちゃんの料理番組、TVQご馳走マエストロをほぼ毎週見ているんです (^-^)ゞ
 

席の予約はできなかったので、少し早めに会場に到着。開演を待っている間に、マジシャンのマルコさんが見事なカードマジックを披露してくれました。
観客の誰がやっても、引くのはダイヤの2。しかも、カードの山に差し込んだダイヤの2が、必ず一番上になって現れるんです。よくあるマジックですが、近くで目を皿のようにして見つめても、タネはわかりませんでした (^-^)ゞ


マルコさんから指名されて私がカードに名前を書き込み、それを間違いなく残りのカードの中に差し込んだのですが、…………


何故か、マルコさんのお尻の財布に入ったのし袋から、私がサインしたダイヤの2が四つ折りになって出てきました。


折り畳んだダイヤの2が入っていたのし袋。どうやって四つに折ったんだか、いつ袋に入れたんだか、さっぱりわかりませんでした (^-^)ゞ


そうこうするうちに、馬場ちゃんが登場。披露するのは、馬場ちゃんオリジナルの豚肉大根鍋。ポイントは大根の漬物を使うことだそうです。司会は原直子さんと、そよかぜましおさん。テレビでよく見かける福岡芸人のマサルさんも会場に乱入しました。


手羽もと、にんにく、しょうがスライス、長ネギ、酒でとった出汁を味見してもらうため、馬場ちゃんが観客席へ。


お笑い芸人でありながら、料理本を出したりレギュラーの料理番組まで持っている馬場ちゃん。料理しながらもお喋りが途切れることはありません。冴えたコメントで会場を沸かせていました。さすがです~♪


豚肉大根鍋は、まだ未放映のダウンタウンDXにゲスト出演した馬場ちゃんが、ダウンタウンに披露して絶賛されたそうです。ひょっとすると、明日(1月23日)の番組で紹介されるかもしれませんね。


できあがった鍋を試食できるのは、たった4名と狭き門。勝負ごとにはからっきし弱い私ですが、何故かじゃんけん大会を勝ち抜いて、試食させてもらえることになりました。干しシイタケの出汁と生姜が効いたスープでほっこり。体が温もって美味しかったです (^-^)ゞ


終了間際、マサルさんが目の前に来て大アピール。ロバート馬場ちゃんのクッキングトークショー、賑々しくフィナーレとなりました。


鍋マルシェに出店していたブースをいくつか紹介します。
小倉南区城野の日本料理店 川蝉は、博多和牛のすきやき(700円)と糸島豚のキムチ鍋(500円)を出品。


こちらは小倉北区砂津のカレー専門店 瑠璃ズキッチン。メニューは、牛骨ベースの龍之介カレー(650円/450円)とカレー鍋(500円)。


住吉酒販は、福岡県の日本酒を一杯500円で提供していました。一杯飲んで温まりたいところでしたが、ドライバーにつき我慢………… (^-^)ゞ


キッチンカーもスタンバイ。肉のエアーズロックJourneyは、ステーキサンド(600円/800円/1000円)を販売。


こちらは、博多中洲川端のはかた地鶏専門料理 福栄組合のブース。


はかた地鶏の水炊き(500円)は、濃厚なスープで地鶏らしい歯ごたえでした。


安易な鍋つながりですが…………妻の実家のもつ鍋パーティ。時々、家族が集まって"わいわいがやがや"を楽しんでいます (^-^)ゞ


この日は、秋田県天寿酒造の天壽と、鹿児島県さつま無双の薩摩火酒を開封。


35%まで磨いた大吟醸を10年間冷温熟成させた『秘蔵大吟醸 天壽』。甥が誕生日にプレゼントされたものですが、私もご相伴にあずかりました。すっきり端麗でキリっと辛口。香りもよくて贅沢な大吟醸でした。


アルコール度数35度の薩摩火酒は、友人からの戴きもの。甘みとコクが感じられて、こちらも美味しかったです。私以上に酒好きの甥にも好評で、この夜ほぼ飲み尽くしました(^^♪


クッキングトークショーのあと、馬場ちゃんに「ご馳走マエストロ」で紹介された料理を何度か作ってみたことを伝え、スマホで撮った写真を見せたところちょっとウケてました(^^♪
「ふくおか鍋マルシェ」や、そこで馬場ちゃんのショーがあることは、「北九州市政だより」の情報ステーションで知りました。月に一度各家庭に届けられる市政だよりには、なかなか面白い話題もあるので、近ごろはしっかり目を通すようにしています。(この翌日、元横綱貴乃花光司さんがゲストで登場することは知りませんでしたが……)

《お知らせ》
「地球の歩き方」福岡特派員ブログに『日本の切り絵 5人のミューズ@北九州市立美術館分館』をアップしました。併せてご覧いただければ幸いです。


人気ブログランキングへ
コメント (6)

博多純情らーめん ShinShin@小倉 駅から三十歩横丁

2020年01月17日 | 食べ歩き
友人との待ち合わせまでに時間があったので、久しぶりに小倉の「駅から三十歩横丁」博多純情らーめん しんしん(shinshin)で腹ごしらえを…………。


基本の博多ShinShinらーめん。
いかにも美味しそうな淡い色あいのスープに、ネギとキクラゲがたっぷり。豚バラのチャーシューはトロっとやわらかく、脂の旨みが凝縮しています。


博多ラーメンと言えば細いストレート麺ですが、その中でもshinshinの麺はかなりの細さ。それでいてコシはしっかり残されており、細麺にスープが絡んで美味しいです。


豚骨と鶏ガラを手間をかけてじっくり煮込んだスープは、まろやかで雑味がなく、すっきりした味わい。塩分控えめを心掛けている昨今ですが、このスープを残すわけにはいきません(笑)


博多ShinShinらーめんの美味しさを知ったのは、5年前の夏。
その日は、ランチのShinShinらーめん天神本店を皮切りに、大名のIvorish(アイヴォリッシュ)でおやつ代わりのフレンチトースト、夜は博多の屋台「かじしか」(今は博多区奈良屋町で店舗営業されていますが、当時は須崎の超人気屋台でした)と「河ちゃん」をハシゴ。お昼から深夜までたっぷり12時間かけて、博多の美味しいもの食べ歩きを敢行したのも、今は懐かしい思い出です。

《お知らせ》
「地球の歩き方」福岡特派員ブログに『北九州の美味しい野菜~若松潮風キャベツ』をアップしました。併せてご覧いただければ幸いです。


人気ブログランキングへ

博多らーめん Shin-Shin アミュプラザ小倉店ラーメン / 小倉駅平和通駅旦過駅
昼総合点★★★★ 4.0

コメント (4)