ルイガノ旅日記

あちこち出かけた場所で目にとまったもの、
心惹かれたものを紹介しています。
よかったらおつきあい下さい。

天神屋台 河ちゃん

2020年02月12日 | 居酒屋
少し時間が経ってしまいましたが、夜の博多満喫ツアーの続きです (^-^)ゞ
鶏出汁おでんと焼鳥の店『酉どうあん』を出て、春吉から天神の屋台、河ちゃんに向かいました。途中、天神大丸の前にも屋台数軒が密集…………。


3年ぶりの河ちゃん。まずは、いつものとおりビールとウーロン茶で乾杯です🍻


久しぶりに会う大将と話が弾みました。


めんたい卵焼き。見た目も綺麗ですが、食感ふんわりで味も折り紙付き。ここに来たときは、毎回必ず注文しています。


熱々の鉄板で出されるニラ玉。余熱で絶妙に火が通っていきました。


夜の寒さを吹き飛ばすお湯割り2杯😃


酉どうあんでお腹いっぱいだったので、肴はイカの一夜干しでお仕舞いに…………。


大将や常連さんたちと別れを惜しみつつ、河ちゃんを後にしました。よく食べて、よく飲んだ博多の夜でした (^-^)ゞ


脱サラならぬ脱公務員で屋台の道に入った河ちゃんの大将。元警察官で屋台のオーナーという異色の経歴の持ち主です。妻の電子書籍『ママさん探偵 律子の事件簿2』にも登場しているのですが、またシリーズ新作の構想を練っているそうですので、ストーリーの中で再び大将が活躍するかもしれません(笑)
中洲と違って、天神の屋台は常連さんが多いのが特徴です。お互いの日常が河ちゃんを接点にして繋がり、自然と会話が始まるのが屋台の醍醐味。この屋台で知り合って結婚されたカップルも何組かあると伺いました。屋台と言う狭い場所で時々顔を合わせれば、次第に打ち解けていくのも自然の流れかもしれませんね。

人気ブログランキングへ

天神屋台 河ちゃんバー・お酒(その他) / 西鉄福岡駅(天神)天神駅天神南駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5

コメント (2)

焼鳥と鶏出汁おでん~酉どうあん@博多

2020年02月02日 | 居酒屋
昨年6月に博多春吉にオープンした酉どうあん。朝びきのはかた地鶏と鶏出汁おでんが人気の店です。
こちらが、酉どうあん自慢の鶏出汁おでん。定番40種に加え、季節の具材がじっくりと煮込まれています。
鶏ガラを長時間炊きあげた出汁に昆布を合わせ、塩で味付け。鶏出汁は継ぎ足しのため、さまざまな具材の味や風味がしみこんで、醤油は使っていないのに少し茶色がかったスープに仕上がっています。


店内に入ると、おでん鍋を囲むようにカウンターが12席。奥には個室(テーブル席)があります。


いつものように、ビールとウーロン茶で乾杯しました。この日の付き出しはマグロの漬け。


鶏出汁おでんは、大根、炒め葱巾着、アキレス、たまご、極太ごぼう天の5種が入ったどうあん盛り(税別1,050円)を頼みました。辛子と山椒もろみ味噌が添えられます。
私が感動したのは、ほろほろに煮込まれた極太のアキレス。妻は、炒めたネギと生姜の香りが良い炒め葱巾着が気に入ったようです。


名物もも焼き。藁の火力で、一気に旨みを閉じ込めていきます。


もも焼きは藁で焼いた後、フライパンで中までしっかり熱を通してあります。
ハーブ塩と鶏油の香りがよく、歯ごたえしっかり。噛むほどに味わい深いひと品でした。添えられたきゅうりのたたきも美味しかったです。(ボリュームもすごかった…………)


青森の銘酒、田酒の純米吟醸は、東北の酒らしくどっしりとして安定の旨さ。


焼鳥も、まずは大将のおまかせ気まぐれ6種(1,200円)。手前から、(多分)ソリレス、つくね、ふりそで、豚バラ。どれも美味しかったですが、つくねのふんわり感や火の通し具合、塩加減は特筆もの。美味しかったです。ソリレスも、肉の弾力が素晴らしくて印象に残りました。


卵の黄身を豚バラで巻いたもの。串の名前は聞き忘れました (^-^)ゞ


トロっとした黄身を豚バラの甘みが包み込んで、かなりの美味しさ。初体験の味でした。


手羽も黄身の豚バラ巻きも、おまかせに含まれます。


レモンクラッシュアイスサワー。凍ったレモン果汁のクラッシュのおかげで、冷たさと味をキープできます。


抜群に美味しかったつくね(300円)を追加注文。


下仁田ねぎ焼き(600円)はとろっとろの食感。甘くて美味しかった~ 山椒もろみ味噌も旨し~


温かみのあるグラデーションの暖簾。酉どうあんは、国体通り春吉交差点から、ひとつ南に入った春吉2番丁にあります。


酉どうあんには、このほかにも美味しそうな焼鳥やおでん、趣向を凝らした酒の肴がたくさんあり、もっと試してみたかったのですが、名物もも焼きが想像以上のボリュームでお腹いっぱい。後の予定もあったので、ここで店を後にしました。次の機会にリベンジするつもりです (^-^)ゞ

《お知らせ》
「地球の歩き方」福岡特派員ブログに『響灘をめぐる!エネルギーバスツアー(エコタウンセンター編)』をアップしました。併せてご覧いただければ幸いです。


人気ブログランキングへ

酉 どうあん 春吉店居酒屋 / 天神南駅西鉄福岡駅(天神)渡辺通駅

夜総合点★★★★ 4.0

コメント (4)

男飯 女飯 俺たちの台所

2020年01月28日 | 居酒屋
ちょっと前ですが、小倉魚町の居酒屋「男飯 女飯 俺たちの台所」に行ってきました。


この日は土曜日。飛び込みでギリギリ入れましたが、カウンター・テーブルとも満席状態でした。


藁の火力で一気に焼き上げた鴨の藁焼き。
ちなみに、この店のメニューはほとんどが390円(一部780円もあり)で提供されています。


左から、和牛の握り(3貫)、ポセイ丼(要は海鮮丼です)、和牛いなり。


和牛の上に、カニ、いくらなどを載せた丼。料理名も値段もはっきり覚えていませんが、これは780円だったような気がします。


ほんのり甘いドレッシングが美味しかった海鮮サラダ。


こちらは九州野菜のサラダです。たっぷりビタミン補給しました (^-^)ゞ


酒を何かで割るのが嫌いで、基本、ロックかストレートで飲むことが多いのですが、近ごろはブームにあやかってハイボールを頼むことも多くなりました (^-^)ゞ


揚げ餃子にシラスと桜エビのトッピング。意外な取り合わせですよね。


39円と驚き価格のピーマン。果肉に甘みがあり、歯ごたえシャキシャキ。味噌ベースのソースが美味しかったです。


〆のきゅうり(?)でさっぱり。こちらも1/2本で39円です。


男飯 女飯は、魚町銀天街と平和通りの間、小倉アビイ通り。小倉鉄なべの2軒隣りにあります。


たまたま通りかかって入った店でしたが、料理も美味しく価格も良心的。スタッフの皆さんの応対も良くて楽しめました。

人気ブログランキングへ

男飯 女飯 俺たちの台所居酒屋 / 平和通駅旦過駅小倉駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5

コメント (4)

夫婦の忘年会@ぞろ芽

2019年12月30日 | 居酒屋
先週の金曜日、八幡西区大浦にある「串揚酒場 ぞろ芽」で、夫婦二人の忘年会を…………(^^♪
ショーケースを囲むL字型のカウンターに案内されました。


掘りごたつ式のテーブル席やソファ席、カウンターを合わせて32席あるそうですが、歳末の金曜日ということで、すべての席は予約でいっぱい。何とか確保できてよかったです。


串揚げのたれは、ソース、タルタル、酢醤油の3種類。ネタの種類や好みで使い分けます。また、席には岩塩や一味も用意されていますので、こちらもお好みで。


キンキンに冷えた生ビールとウーロン茶で乾杯。ちょうどこの日、年末の大掃除も終わったので、「お疲れ様会」にぴったりのタイミングになりました。


席の正面に並んでいた美味しそうな酒。後で、このうちのどれかで締めの一杯を頼みました(^^♪


串揚げは、とりあえずの日替わり6種とおまかせ野菜串9種を注文しました。ほくほくで甘みがあって美味しかった里芋やエビなど。


じゃがバターと山芋の梅シソ天。


イカとキスの大葉巻き。


レンコンと牛さがり。この店の串揚げは、衣が薄くてキメが細かいのが高ポイント。サクッとした食感で、どの串もほんとに美味しかったです。


グリーンサラダは、甘みとコクのあるドレッシングが好みでした。


アスパラガス、しし唐ベーコン、かぼちゃ。これらもすべて、おまかせ野菜串に含まれています。


ここからは単品で追加した串揚げ。まずは舞茸です。


タマネギとウズラの煮たまご。


厨房の暖簾には、「ぞろ芽」という店名を囲んで"JAPANESE PINCHOS KITCHEN"のロゴ。串揚げが「日本のピンチョス」という発想が面白いですね。


ビールのあとは赤ワインを…………


甘くてぷりっぷりだった大海老。


かきの天婦羅には、大粒でふっくらとした播磨灘産の牡蠣が使われていました。


きれいに下ごしらえされた串がずらりと並んだショーケース。


カマンベールは、1年前に行った大阪心斎橋の串カツ専門店「カラッと」で感激した味。外はサクッと中はとろとろで、ワインにぴったりでした。もちろんここで、赤ワインをお替り


タコとエリンギバター。串揚げはこのほかにも頼みましたが、写真はこれくらいにしておきます (^-^)ゞ


豆腐のふんわり天みぞれあんかけ。ぞろ芽は串揚げだけではなく、こうした一品料理もなかなか美味しかったです。


箸でほろっと崩れるほどやわらかく煮込まれた豚の角煮に、マッシュポテトを添えて。


せせりと安岡ネギの塩ダレ鉄板。鶏せせりの弾力と旨みに安岡ネギの甘さが加わって美味しかったです。


さて、目の前に置いてあったブラントン・シングルバレル、ラフロイグ10年、白州、獺祭焼酎の中から、私が選んだのはブラントン。オーナーお勧めの1本でもあり、稀少なシングルバレルというところに惹かれました。ハイボールを飲んでみましたが、バーボンとは思えないまろやかさ。この日の締めにふさわしい一杯でした。


ぞろ芽は、学園大通りから産業医大に抜ける通り沿い。間口は狭めですが、店内は席と席の間隔が比較的広いのでゆったりできます。


1年ちょっと前、大阪の「串カツ専門店 心斎橋カラッと」で本場の串揚げを初体験。美味しくて店の雰囲気も良く、それ以来すっかり串揚げファンになりました。そんな折、あるブログでこの店(ぞろ芽)のことを知り、いつか行ってみたいと思っていたんです。期待にたがわず、串揚げはもちろんそのほかの単品料理も美味しい。場所はなんと、時々食べに行く「焼鳥ダイニングとりぢゅう」の隣と、わが家から超近(ちか)。美味しい店を新たに開拓できて、いい忘年会になりましたヽ(^o^)丿

令和元年もいよいよ大晦日。冬型の気圧配置が強まって、寒さ厳しい年越しになりそうですね。
この一年間、ルイガノ旅日記や「地球の歩き方」福岡特派員ブログにおつきあい戴きありがとうございました。つたないブログですが、気が向いたときにお立ち寄りいただければ幸いです。今後ともよろしくお願いいたします。
皆さまにとって、2020年が明るく希望に満ちた一年となりますように。
よい年をお迎えください




串揚酒場 ぞろ芽串揚げ / 折尾駅
夜総合点★★★★ 4.0


コメント (6)

小倉魚町 大阪満まる

2019年11月05日 | 居酒屋
少し前ですが、友人たちと小倉で一杯やることになり、またまた小倉魚町の「大阪満まる」に行ってきました。前回は大学時代の同期生でしたが、この日は現役時代の仕事仲間です。遅れて到着する一人を残して、とりあえず二人で乾杯を…………


この日通されたのは2階。金曜日の夜とあって既に満席でした。予約しておいてよかった~


前回は気づかなかったのですが、とり急ぎ何かつまみたい時の参考になるこんなメニューがテーブルの上に置いてありました。


メニューは後でゆっくり見ることにして、とりあえず前回と同じく串カツ盛り合わせを注文。ちょうど1年くらい前の大阪食いだおれの旅で立ち寄った「串カツ専門店 心斎橋カラッと」のおかげで、すっかり串カツファンになってしまったんです (^-^)ゞ


プレモルを何杯か飲んでハイボールに…………。


飛び入り仕事で遅れていたMくんがようやく合流。改めて三人で乾杯です。現役時代の職業柄、スタートダッシュが得意のオジさん二人は早くもほろ酔い状態。Mくん、早く追いついてね~(笑)


薄味ながらダシの味がしっかりしみ込んだ卵焼き。


タマネギサラダでさっぱり。血流サラサラにして、このところ右肩上がりの血圧を抑えておきたいところです (^-^)ゞ


シーザーサラダも追加。


このあとは互いの近況報告や昔話などで忙しく写真はこれだけですが、年甲斐もなくお酒も料理もバンバン追加。このメンバーの時は最低でも二次会までは行くのが普通なのですが、お腹のテンションマックス状態につき、ここでお開きにしました。前回集ったときは、私が最初に折尾駅で降りた後、一人は降車駅のホームで転んでスーツを破いたり、もう一人は寝過ごして南福岡まで行きタクシーで帰宅したなんてことがありました。危険なメンバーです(笑)
そんな反省もあってか、この日の帰りの電車の中では「暴飲暴食できるのも健康のおかげ。奥さんに感謝しないとね~」などと、いつになく殊勝な三人でした (^-^)ゞ

人気ブログランキングへ

大阪満マル 小倉魚町店居酒屋 / 平和通駅小倉駅旦過駅
夜総合点★★★☆☆ 3.5


コメント (2)