ルイガノ旅日記

あちこち出かけた場所で目にとまったもの、
心惹かれたものを紹介しています。
よかったらおつきあい下さい。

十和田湖とその周辺

2006年04月22日 | 青森
多少青森での生活にも慣れてきたので、十和田湖までちょっとだけ遠出することにした。奥入瀬を経て十和田湖まで、約1時間半のドライブ。途中、酸ヶ湯温泉方面に寄り道をして、開通間もない八甲田・十和田ゴールドラインを走ってみた。北国の春は未だ遠く、道路だけは除雪されているものの、周辺には分厚い積雪が至るところに残っている。


奥入瀬から酸ヶ湯温泉に至る八甲田・十和田ゴールドライン。「雪の回廊」と呼ばれ、標高が上がるにつれて、道路両側の雪の壁が高く切り立ってくる。


雪解け水で水量豊富な奥入瀬。6月になると、新緑が眩しいほど美しいそうだが、残雪の奥入瀬もまた清冽。


子ノ口から休屋に至る国道103号線沿いにある高台から鳥瞰した十和田湖。周辺の山々に残る雪と、湖の深い青が印象的なコントラストを演出する。


休屋から御前浜を5分ほど歩くと、高村光太郎の手になる有名な乙女の像がある。
コメント

桂温泉(その1)

2006年04月16日 | 青森
青森での生活も2週間が過ぎた。北国の生活に慣れるにはまだまだ時間がかかるだろうが、嬉しいのはいたる所に温泉が湧出していること。我が家の近くにもいくつかの温泉があり、週末ごとに通っても全部回るにはしばらくかかりそうだ。なんでも、青森県は温泉天国らしく、人口一人あたりの温泉数はダントツで日本一だという。

これは、家の近くの「桂温泉」。ツルツルのお湯が気持ちよい。週末は、朝に夕に温泉三昧が楽しめる。

温泉の後はビールと相場が決まっているが、りんごジュースもまた美味しい。地元のりんごジュースは、他では味わえないコクと甘味がある。
コメント (2)

青森到着

2006年04月09日 | 青森
平成18年4月1日。快晴の日本列島を一路北上し、青森県に到着。関東平野を過ぎる頃から、眼下の日本列島は雪景色に変わった。雪深い地域での生活は初めてのことゆえ、不安と未知の世界への期待が交錯する。
初めて迎える週末、白鳥飛来の地として知られる下田公園を訪ねた。この公園は、三沢空港のある三沢市から八戸に向かう途中にある。

思いのほか、多くの白鳥が出迎えてくれる。岐阜県各務原市にある苧ヶ瀬池の鯉を思い出した。
コメント (2)