ぶちぶちワンコの日記

ダルメシアンと暮らすOLの徒然なる日記

【ストラスブール旅行記 20】アルザス博物館②

2018-08-31 21:33:58 | 旅行(ストラスブール2018)

アルザスと言えばクリスマスツリー発祥の地。
ストラスブールはクリスマスの首都とも言われています。
残念ながらクリスマスシーズンには行けませんでしたが、昔のクリスマスの室内の様子はココで見れました。

が、驚くなかれ!

クリスマスツリーが天井から吊られてます・・・
そうか、コレも有りなのか。
今年はウチも吊るしてみようかな。

で、この人達、なんかクリスマスに関係する人達(衣装)みたいなんですが分かりません。

マントの人は大きな麻袋を持っているのですが。


本当は全部撮影したかった民族衣装。


この頭飾りも結構いろんなバリエーションが有るようです。


そしてこれもいっぱい有ったドールハウスの一部
(激しくボケてますが・・・)











予想以上に多くの展示物が有って、当時の普通の人の生活の様子が分かる博物館で楽しく、行って良かったです。



にほんブログ村 犬ブログ ダルメシアンへ


コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 【ストラスブール旅行記 19】... | トップ | 【ストラスブール旅行記 21】... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは(*^^*) (みなみママ)
2018-09-03 17:25:51
麻袋を持ったマント姿。。。

所謂 サンタクロースですかね?
それとも サンタクロースの手下(笑)

謎めいた姿に妄想をかきたてられます。


ドールハウス可愛らしくて
何回も見てしまいました(笑)

確かに 当時の暮らしが垣間見れますね(*^^*) 


飽きのこない博物館ですね☆
みなみママ様へ (りか)
2018-09-03 21:20:11
謎の人物については、調べてみたんですが、これといったものは見つからず・・・
なんかクリスマスにそぐわない不気味な姿ですよね。

ドールハウスは、細かい所も結構凝っていますよね。
なんか子供には勿体無いですよね。

コメントを投稿

旅行(ストラスブール2018)」カテゴリの最新記事