ココアのhappy palette

小さなしあわせさがして…

雨の京都「東寺」と「京きなな」で和スイーツ

2018年05月20日 | 関西旅行
昨日までの暑さがウソのように、今日は爽やかというか、肌寒いですね。
風邪など召しませんように。

ブログ友と行く関西旅行の続きです。
二日目は予報通りの雨。
保津川下りを前日にして正解でした。

この日は雨女のヒイさんに、軍配があがりました。
mipoちゃんと私の、晴れ女パワーは全く通用しなかった。。。
でも雨には雨の美しさもあるし、のんびりしましょうということになりました。

寝起きの温泉に浸かり、朝食をたべて
ゆっくりとお宿を出発して、京都駅へ。
雨足も強いので、東寺までタクシーで行きます。
東寺は、中学の修学旅行の時、洛南会館に泊まりました。
40年以上ぶりの訪問です。
宿泊の記憶がありますが、参拝した記憶が全くないんですよ。



世界文化遺産・教王護国寺「東寺
平安建都の際に都の南玄関であった羅城門の東に作られました。
後に空海が密教の根本道場とされたといわれています。

3月20日から5月25日までは「春期特別公開」をしています。



先ずは重要文化財の「講堂」から拝観します。
825年に弘法大師により建てられましたが地震や大風や戦火で焼失し
現在の講堂は1491年に建てられたものです。
堂内には大日如来を中心に五知如来・五菩薩・五大明王・四天王・梵天・帝釈天の
二十一体の仏像が安置される「立体曼荼羅」を見ることができます。
国宝や重要文化財に指定された仏像ばかり。
一日観ていても飽きないほど、圧巻です。



次は国宝「金堂」を拝観。
1486年に焼失し1603年に竣工されました。
金堂は本尊の薬師如来坐像と日光・月光の両脇侍菩薩像が見どころで
台座の十二神将もみごと。



京都のランドマーク、徳川家光の寄進によって建てられた国宝「五重塔」は、
高さ55メートルで、木造建築では一番の高さです。
江戸時代前期の秀作といわれています。
春期特別公開で、金剛界四仏と八大菩薩を安置している塔の初層内部を公開しています。

瓢箪池周りの庭園も新緑と花々が綺麗です。

さらに「宝物館」へと向かいます。
2階ホールには、巨大な千手観音立像が安置されています。



最後は東寺塔頭「観智院」へ。
こちらは真言宗を学ぶための勧学院でした。



廻廊のある庭園も見事です。



雨なので、さらに緑濃く見えます。



波紋も美しい手水鉢。



枯山水の「長者の庭」。
真言密教の無限の宇宙観と涅槃静寂の境地をあらわしているそうです。



凡人にはよくわかりませんけど…

客殿の東側には、重要文化財の「五大虚空蔵菩薩」があります。
今まで観た仏像の中で一番のイケメン揃い。
国宝級の価値があるようですが、唐からきたものなので、なれないそうです。
その他、愛染明王像も迫力がありました。

東寺は見どころがたくさんあって、いくつ国宝や重文の仏像が観れたでしょうか。
仏像好きにはたまらないスポットでした。
気が付いたらすっかりランチタイムも過ぎていました。



今から食べると、お宿の美味しい食事が食べられないので、ここはスイーツですよね。
再びタクシーに乗って、花見小路へと向かいます。
雨が本降りとなりました。



逃げ込むように「京きなな」へ


私は、わらびもち・粒あん・白玉等が入ったきななハポン。
その他のメンバーは、ロールケーキときななもち。

お腹も腹八分目、京都駅に戻ってお土産タイム。
あれこれ買って、今宵もおごと温泉へ。
次回は、初めて行った門前町坂本です。

トラベルジェイピーに旅行ガイドが載りました。
京都旅行どこに泊まる?おごと温泉「びわこ緑水亭」がおすすめ!
コメント (14)
この記事をはてなブックマークに追加

おごと温泉「びわこ緑水亭」のおもてなし

2018年05月16日 | 関西旅行
今年のお宿も京都駅からJRで20分というアクセスのよさで、おごと温泉。
昨年は「湯元館」に宿泊して
ロケーション・お料理・おもてなし・温泉ととてもよかったので
すっかりおごと温泉ファンになりました。

おごと温泉というと、昔は男性が喜ぶ歓楽地で知られましたが
改装や、サービスの見直しで、今は女性にも人気です。



びわこ緑水亭」は、目の前には琵琶湖、後ろ側には比叡山という抜群のロケーション。



客室に案内してもらうと、嬉しいことにグレードアップをされていました。
2間続きの優雅特別室です。
格子戸の向こうには客室露天風呂があります。
和モダンでオシャレな客室に感動。

 

客室露天からは琵琶湖が一望。
さわやかな風が吹き込みます。



今回は、お部屋にアロマを焚いてくれて、アイマスク・足の疲れを癒すグッズや
アメニティ(2日目)の付いたリラックスプラン。 



歩き疲れたので、先ずは温泉。
大浴場も内風呂・露天風呂・くり抜き岩風呂もあって
無色無臭の温泉ですが、PH9の美人の湯で、お肌がスベスベ。



湯上りには、湯上りライブラリー「月の調べ」もあって
ジュースやアイスコーヒーやアイスキャンデーなどのサービスや、
ソファーでゆっくりできるスペースになっています。



水鏡の中庭には、足湯に手湯もあります。
夜になるとライトアップで幻想的。

すっかりお腹も空いて、夕食タイム。



一日目は近江牛しゃぶしゃぶ会席。
地元の旬の食材を使い、料理長が腕をふるった料理の数々。
近江牛のしゃぶしゃぶは最高でした。
今までいろいろなところで牛肉を頂きましたが、ここが一番かも。


二日目は近江牛ステーキ会席。



お肉が口の中でとろけていきます。
その他、おしみなく伊勢海老までも。
温かいものは温かく、冷たいものは冷たくと
器までも温められてたり、冷やされていたりとこだわっています。

そんな心遣いで、美味しさが増し、デザートまで大満足でした。
就寝前にもお風呂に浸かって、熟睡。

二日目の朝は、生憎の雨。お部屋の露天風呂に。
緑水亭は、全客室の三分の二ほどに客室露天風呂が付いているのが自慢です。



朝食はブッフェです。
和食も洋食も好きなだけ食べられます。
干物も金目鯛やシシャモ、のどぐろまであって、各テーブルのIHヒーターで焼きます。
本格的なピザも、デザートもありますよ。

お宿のご紹介はこの辺りで、次回は雨の京都「東寺へ」と。

コメント (20)
この記事をはてなブックマークに追加

京都・保津川下り 船頭さんの技に拍手!

2018年05月12日 | 関西旅行
嵯峨野トロッコ列車を降りた私たちは、バスに乗り換えて「保津川下り」乗船場へと向かいます。
最初の予定では、二日目でしたが雨の予報。
ならば最終日って思っていましたが、新幹線の車中の話し合いで
思い切って今日にしちゃおう!ということになりました。



そこでお会いしたのが、保津川遊船企業組合の理事長の豊田知八さん。
以前にもブログにも書いていますが、14年ほど前に保津川下りをして
たまたま出会った「保津川下りの船頭さんのブログ」 
保津川下りや京都の話題など、船頭だった「はっちんさん」とのコメントのやり取りから
ブログの面白さを知って、ブログを始めることになりました。
お互いに心霊話が好きで、一時期は怖い体験の話など、メールでも盛り上がりました。


14年の時を経て、やっとご対面できました。
はっちんさんは、私のブログの師匠なんです。
新聞記者から、保津川下りの船頭へ、今では出世されて理事長職に就かれました。
たしかTV朝日の「人生の楽園」にも出演されています。

多分はっちんさんに出会わなければ、ブログをしていなかったと思うし
ブログ友と知り合うこともなかったし、この日ここに居なかったと思うと感無量です。



さあ、船に乗船!一番前の席を陣取ります。



保津川下りは、亀岡から嵐山まで16kmを約1時間半から2時間をかけて下ります。
歴史は古く1606年に角倉了以が、丹波地方の木材や薪炭などを送る産業水路が始まりです。



深淵や激流などスリル満点!



船頭さんのみごとな竿さばきや、会話を楽しみながら川を下ります。



激流ではきゃ~!と声をあげたり、トロッコ列車がきたら一斉に手を振ったり
船頭さんの話に絡んだりすると、さらに楽しいです。



岩すれすれに通り抜けたり、思い切り水しぶきを受けて
水よけのビニールを張っていても、気持ちよく濡れます(笑)
スリル好きには、ゆったり流れるよりも、激流が最高!



写真も写してくれますよ。
一番先頭が私たち4人。



嵐山が近くなると保津川下りの船にぴったりと横付けする「琴ヶ瀬茶屋」は
いか焼・おでん・みたらし団子・ジュース・ビールなどを販売。
船上コンビニってところですね。
私たちは、みたらし団子を。

あっという間の1時間40分でした。
嵐山に戻って、コーヒータイム。
「嵐山はんなりほっこりスクエア」のタリーズコーヒーへ。



友禅を用いたポール約600本を林に見立てた「キモノフォレスト」。

龍の愛宕池もあって、嵐山に降り立った龍に祈ると希望が叶い、
水に手をひたすと、心に安らぎが訪れ幸せへと導かれるとのこと。

楽しいトロッコと川下りで京都の一日目を満喫し、おごと温泉のお宿へと向かいます。
とっても、いいお宿に感動。続きます。


コメント (30)
この記事をはてなブックマークに追加

ブログ友と行く関西旅行・京都嵐山編

2018年05月09日 | 関西旅行
初夏のようなGWが明けたら、冬が戻ってきたかのような寒さ。
25年ぶりの寒さらしい。
今年は、季節がいったりきたり…着る物も迷います。

2007年から始まったブログ友と行く女子旅も、今回で12回目。
5月6日から2泊3日で楽しんできました。
7人の仲間ですが、諸事情があって今年は4人で関西旅行。
12回皆勤賞のこうさんと私、あとはmipoちゃんとヒイさんの参加です。

7時の新幹線で出発!京都駅に着いて、先ずは「嵯峨野トロッコ列車」のチケットをゲットして
昨年と同じように京都タワーでおごと温泉のお宿に荷物を送ってもらいます。

JRで嵯峨嵐山へ。
徒歩でトロッコ嵯峨駅に行き、5両ある車両のうち1両だけしかない
側板や床まで素通しの「ザ・リッチ」のチケットと交換し、保津川下りのチケットも買って早めのランチ。



去年、市松模様の湯豆腐を食べた「松ヶ枝」と同じ敷地内にある「嵐山よしむら」へ。



行列ができる人気店ですが、早い時間なのでまだ空いています。



京都らしいメニューをチョイス。
私は大好きなにしんそばを、他の3人は京の野菜そばです。
国産のこだわった蕎麦の実を、石臼で引き、熟練の蕎麦職人たちが打った蕎麦を使っています。
引き立て・打ち立て・湯がきたての美味しいお蕎麦です。



テーブルからは、渡月橋が目の前に見える嬉しいロケーション。

ランチの後は、トロッコ嵯峨駅へと向かいます。



今年は1名いる船嫌いからOKが出たので、トロッコと保津川下りを楽しめることになりました。
思い出せば、卓球仲間と行く旅は毎年恒例になっていますが、
14年前に初めて行った時に乗った、トロッコと保津川下りで懐かしいです。



これが「ザ・リッチ」。



窓ガラスがないので、渓谷からの気持ちよい風が吹き抜けます。



トロッコは、荷物輸送用の小型貨車として、トラックや通常の列車が入れない場所を走る箱型車両のこと。
早くこいだ自転車くらいの速さで、平均速度は時速約25km。



片道7.3kmの距離を25分間かけて、ゆっくりと走るので、
春は桜・夏は新緑・秋は紅葉・冬は雪景色と、四季折々の美しい保津川の渓谷美が楽しめます。
景色が美しい場所では、速度をおとして走ってくれる優しいトロッコです。

トロッコ亀岡に着いたら、バスに乗り換えて保津川下りの乗船場へと向かいます。
そこで、私のブログの師匠であるあの方と14年の時を経て対面!
次回は、その保津川下りをUPします。
コメント (26)
この記事をはてなブックマークに追加

風薫る5月 腱鞘炎&兜のアレンジ

2018年05月03日 | 健康
GWも後半、いかがお過ごしですか。
昨夜から朝まで、メイストームが吹き荒れた東京も、お日様が覗いてきました。
まさに風薫る5月。
花々の香りとともに、若葉の香りも運んできます。

昨日は、整形外科へ。
手首の小指側が2月頃から痛み出して、ロキソニンテープを貼ったり、
サポーターをしたり騙し騙ししてきましたが
あまりにも手首が痛くて、包丁を使うことさえ苦痛になりました。
さらに暖かくなっても、指もこわばる。
PCは、左手でだけでキーを叩いたり、なるべく右側を使わないようにと思いながらも
どうしても使わずにはいられません。

それに心配なのは、リウマチ。
かかりつけのクリニックのリウマチ外来に行こうと思ったら、リウマチ外来がなかった。
近所の整形外科のドクターは、以前ばね指を手術したクリニックの手の外科にいたり
大学病院のリウマチ科にもいらしたということで、急に思い立って行った次第です。

エコーで検査したところ、やはり腱鞘炎。
痛みを取るために、ステロイド注射をしていきますか?と聞かれたので
痛いけれど、お願いしました。数年ぶりのステロイド注射、やはり痛かった!
リウマチも心配なので、一応血液検査も。
ドクターが仰るには、指を見た感じでは、リウマチではないようなといわれました。
一週間ほどで結果が出ます。

やはり関節の痛みは、乳がんのホルモン療法の副作用の可能性とのこと。
最近は、手足の関節が痛むので、薬の変更を考えたい。



間もなくこどもの日。
今年から兜を出さない代わりに、兜をフラワーアレンジで。
なんとなくそんなイメージでしょう。
ミニバラ・カーネーション・クレマチス・デルフィニウム・ナルコユリ。



残った花はテーブルへ。
爽やか~
ブルーの花は大好きです。

皆さま、それぞれのGWをお過ごしくださいね。


コメント (26)
この記事をはてなブックマークに追加

GWが始まりました

2018年04月29日 | 
春が来た!って思っていたら、もうGWです。
毎年のことながら、GWはどこに行っても、混んでる!高い!っていうことで
どこにも行かずに、家事に勤しみます。
衣替えや、普段あまりすることがない丁寧な掃除とか…
主婦は忙しいです。
フィットネスもほぼ休みになるので、普段は行かない曜日に
何年振りかで、プールのプログラムに行こうかと。
運動をしないで、物を食べるのは少し罪悪感が漂うから。

今年は、花の開花が早くて、お隣のジャスミンがいい香り~
ブログにUPと思っているうちに、散り始めていました。

我が家の冬~春のビオラは、伸びきってしまったので
そろそろ植え替えです。



多肉のセダム(マンネングサ属)が、黄色の花を咲かせていました。
セダムはいろいろな種類がありますが、花のかたちは星型が多いみたいですね。



まるでミニバラのような、八重咲のゼラニューム。
植えた頃は、弱くてすぐに枯れそうでしたが、
数年経ったらすっかり丈夫になって、どんどん増えていっています。



多分、十年以上前に和歌山のブロ友まぁーちゃんから頂いたラビットテール。
毎年可愛い穂を出します。
滴がキラリと輝く瞬間が好き。



日曜日は毎朝スーパーへ買い物。
寺町なので行く途中は、緑が多くて気持ちがいいんですよ。
秋には黄葉が美しい銀杏も、今は新緑が眩しい。



この参道も好きな道。
自転車で風を切って坂道を下れば、蒸し暑い夏もここだけは、涼しいんです。


ここだけ見ると京都のような風情もあります。

GW中は静かにおとなしく家に居て、明けたらブロ友と京都へ行く予定。
現在あれこれ準備中です。

コメント (22)
この記事をはてなブックマークに追加

いい睡眠をとりたい

2018年04月24日 | 本と雑誌
最近よく眠れていますか?
春眠暁を覚えずなんて、遠い昔のこと…と思われる方もいらっしゃいますね。

日々の睡眠が足りなくなることを、睡眠負債といいますが、
それが積み重なっていくと、体にも不調がでてくるとか。

若い頃は、何時間も寝ることができて、10時間も寝れたことがありましたが
最近は、めっきり睡眠時間が少なくなりました。
息子も家を出て、お弁当作りも遅い夕食もなくなったのに
結局寝る時間は12時過ぎで、朝ものんびりでいいはずが、
5時頃に目が覚めたり、寝てもせいぜい6時過ぎ位。
7時間が理想とかも聞きますが、なかなかそこまで寝ることができない。

以前は疲れているとお昼寝も1時間~2時間も寝ることができましたが
最近は10分程度、でも本当はそのくらいの方がいいらしいけれど。
寝るのにも、パワーがいるんですよね。
年を取ったということでしょうか。
睡眠導入剤を使われている方も、結構いらしゃいますね。

人の眠りは脳は起きていて体が眠っている「レム睡眠」と、脳も体も眠っている「ノンレム睡眠」。
それを繰り返します。

寝つくとまず90分間のノンレム睡眠がきますが、睡眠全体の中で最も深い眠り。
睡眠の質を高めるには、最初のノンレム睡眠をいかに深くするかということがポイント。
ここで深く眠ることができれば、その後の睡眠リズムが整い、自律神経やホルモンの働きが良くなるらしい。
いい睡眠はいい覚醒をします。
スッキリと朝、目覚めたいですよね。

いい睡眠には、眠る90分前に入浴をして、刺激のない退屈な時間を過ごすことがだいじ。
寝る前に読む本は、ミステリーよりも退屈な本がいいとか。

私は、寝る前に睡眠薬代わりに読書をします。
でも退屈な本はないです(笑)
最近読んだ本を備忘録替わりに書き残しますね。



東野圭吾の「ラプラスの魔女」・中野京子の「新怖い絵」。

私的には映画が公開されるようですがラプラスは今一つ。
怖い絵は、名画の中にも、よくよく観ると怖い話が隠されていたりと面白い。
昨年の怖い絵展に行かれなかったので、読んでみました。



湊かなえの「豆の上で眠る」・沼田まほかる「ユリゴコロ」。

湊かなえは好きな作家、豆の上で眠るは、小学生の時失踪した姉が2年後帰ってくるが、
微かな違和感を抱いていた。
あなたは本物のお姉ちゃんなの?
辿りついた真実は…衝撃の姉妹ミステリー。
沼田まほかるは、アミダサマに続きユリゴコロは2冊目。
実家で見つけたユリゴコロと題された4冊のノートには、殺人に取りつかれた生々しい告白文だった。
これは誰が書いたものなのか、家族なのか…
ラストは深い愛に包まれた衝撃の恋愛ミステリー。
最近読んだ本の中では、一番の感動でした。



ブロ友の百子さんおススメの遠田潤子の「カラヴィンカ」と「雪の鉄樹」。
作家の遠田潤子自体を知りませんでしたが、なかなか面白い。
カラヴィンカは、幼い頃同じ家で育った二人の過去のおぞましく哀しい出来事。
その真実がインタビュー形式で明かされていく。
雪の鉄樹は、ある贖罪の為に、自分を犠牲にし、献身的に両親のいない子に尽くす。
愛と憎しみの果てに、人間の再生を描く感動作。

皆さまは、いい睡眠をとるために、なにか心掛けていることはありますか?

トラベルジェイピーに旅行ガイドが載りました。
カフェ激戦区・西荻窪の名店「りげんどう」手のひらランチ
コメント (22)
この記事をはてなブックマークに追加

新緑の「東京国立博物館」で日本美術を

2018年04月19日 | アート・文化
4月18日水曜日は、Aちゃんと雨の中上野へ。
上野に着くと雨は強まり、上野公園を歩き「東京国立博物館」に着くころには、
傘を差していても、ずぶぬれでした。



4/13から上野の東京国立博物館で開催中の、特別展「名作誕生・つながる日本美術」。
1889年創刊の國華は、現在でも発行を続ける世界最古の美術雑誌。
その創刊130周年を記念した特別展です。
最初のコーナーは、國華のバックナンバーの美しい表紙が飾られています。

第1章は、「祈りをつなぐ」古代から中世へ人々に祈りがつないだ仏像・仏画など。
薬師如来など仏像がずらりと並び、さらに先には国宝の普賢菩薩像。
普賢菩薩は法華経を唱えて修行する者がいれば、
六本の牙をもった白象に乗って現れ、守護してくれるというもの。
白馬の王子様ではなくて、白象の菩薩様ですね。

第2章では、巨匠のつながりということで、雪舟・俵屋宗達・伊藤若冲などの作品の数々。



伊藤若冲のサボテンと鶏が描かれた「仙人掌群鶏図襖」
鶏が生き生きとしていて、今にも絵の中から飛び出してきそう!



「雪梅雄鶏図」
雨のおかげか、人気の伊藤若冲の前も、人垣もなくゆっくりと観れました。

尾形光琳「八橋蒔絵螺鈿硯箱」や長谷川等伯「松林図屏風」など見どころ満載。
心が豊かになったような気がしました。



外に出ると雨もあがり、目に眩しいほどの新緑。



秋には紅葉の美しいシンボルツリーのユリの木も、美しい。



ツツジもイチョウも。
春の息吹を感じます。



すっかりお腹も空いて、土古里でカルビの焼肉とビビンバが楽しめる石焼ビビンバを食べて、



アフタヌーンティーで、ケーキの盛り合わせとダージリンティー。
ホットアップルパイ・抹茶とラズベリーのケーキ・ポテトのプリンも美味しかった。
お喋りもたくさんできて大満足の1日でした。
コメント (24)
この記事をはてなブックマークに追加

脳を活性化!? オルゴール&かかと落とし

2018年04月14日 | 健康
オルゴールって、認知症の予防にもなるらしいってご存知でしたか。
先日TVの健康番組でも、オルゴールを聴くと脳が活性化すると放送されていました。

人間の耳では聞こえない高周波と低周波の響きが、脳幹を振動させ、脳幹と視床下部の血流を促進。
そうすると自律神経の働きが正常になり、血流改善や体内の老廃物の排泄が促進される。

認知症予防にもなるとかで、思わずネット通販で買いました。



スケルトンのケースと、ゴールドの雪の結晶が素敵なオルゴールは
18弁(18音・歯)のものです。
本来は72弁がいいらしいのですが、かなり高額で手が出ない。
18弁でも効果があるらしいとのこと。



オルゴールの録音されたもの、CDなどでは効果が得られないよう。
現在オルゴール療法は、リウマチ・脳梗塞・アルツハイマー・うつ病など、
およそ120~130種類の病気に対し、5000件以上の回復例が。

今回買ったのは、日本電産サンキョー・オルゴールで、2484円。
曲は多くの楽曲から好きなものが選べます。
私は、グノーのアベマリア。
響がとても綺麗で、清々しい気持ちになって癒されます。

あと最近話題になっているのが「かかと落とし」。
「骨ホルモン」は、今世界中の研究者が大注目している新物質で、
骨を上手に刺激すると、骨ホルモンが骨から大量に放出されて全身へ運ばれて
脳や肝臓・すい臓・腎臓などの臓器を活性化してくれる。
姿勢をよくして、ゆっくり大きく真上に伸び上がり、ストンと一気にかかとを落とすことを
1日30回以上するだけという簡単なもの。
血液中の骨ホルモン(オステオカルシン)の量が少ない人は、血糖値が高い傾向にあるらしいので
こちらも続けてみたいです。

健康オタクではないけれど、いろいろ試してみたいですね。

コメント (24)
この記事をはてなブックマークに追加

骨粗鬆症の治療

2018年04月10日 | 健康
1月に「骨密度の検査をしたときの結果」は、
腰椎は1.107g/㎥で、同じ年齢の115%、若年成人の104%といいのですが
大腿骨は0.6338g/㎥で、同じ年齢の80%、若年成人の66%と低い。
乳がんのホルモン治療薬(レトロゾール)の副作用は、骨密度が下がること。
このままではどんどん下がる可能性あり。

骨粗鬆症の治療には、食事療法・運動療法・薬物療法などがありますが
食事療法や、運動療法で、骨密度を増加させたり、筋力を増加させることが期待できますが
それでは無理とのことなので、 薬物療法をすることになりました。
とはいっても、骨粗鬆症の薬はめったにないことらしいですが、副作用は顎の骨が壊死すること。
なので先ず治療する前に歯科にかかり、虫歯の治療や、歯周病などがないかのチェックが必要。
私は、一本怪しいところがあったので、治療をしてもらいました。
骨粗鬆症の薬を飲み始めると、歯科治療ができなくなるのではないかと、心配でしたが
簡単な虫歯の治療などはできるそうです。

骨粗しょう症の治療に使う「ビスホスホネート製剤」は、
骨を壊す破骨細胞に働きかけて、骨密度を増加させる薬。
この働きにより骨密度(骨の量)を上げ、骨折を減らす効果があるといわれています。
ビスホスホネート製剤には、毎日・1週間に一度・1か月に一度の飲み薬から
半年に一度注射するものまであります。
私は、何かあった時に薬が切りやすいように、1週間に一度の投薬にしました。



薬は沢井製薬のジェネリック「アレンドロン」。
アラン・ドロンみたいで覚えやすい。
この薬は朝起床後コップ一杯の水で飲み、飲んだ後30分は水以外の飲食をしてはいけない。
横にならないようにすることの注意書きがあります。
薬のシートには、飲む日の日付もいれてさらに



飲み忘れないように、カレンダーに貼るシールもあります。
この他腸からのカルシウムの吸収を助けるビタミンDも服用中。
皆さまは、骨密度のチェックをしていますか?
特に女性は、閉経後骨密度が下がるので、注意してくださいね。
検査はかかとや手首ではなくて、腰椎や大腿骨で検査をするほうが正確とのことです。

コメント (20)
この記事をはてなブックマークに追加