しろつめ・楚々・くちかずこ姫のお部屋 goo

安易に清水の舞台から飛び降りるが、意外に用心深い。極めて自己中心的だが、意識がない部分で情が深かったりもする。

気晴らしにお買い物

2017年02月19日 08時27分11秒 | 日記・エッセイ・コラム

八日間も家で療養していたら・・・

腐りそう

療養もほどほどにして、たまには出掛けようかと、

サメ氏の仕事(ボランティア)に同伴して大型ショッピングモールへ

 

一応、行こうかどうしようか、迷いました。

欲しいもの無いし。

それでも、行った以上、爆買いする性格だし。

これには、諭吉さん数名の命運が掛かっている。。。。

 

で、ま、

行きました。

交通費が便乗だからお得感あるし、

時は冬物最終処分かな、と。

 

先ずは、KALDY。

 

 

         

前列左の蓮の花茶ね、163円

プーアール茶は、235円。

手前中央の布袋はプレゼント品。

※3000円以上で一つ、くちこは6800円だから二つ欲しいと思ったのでした・・・

瓶欲しさのマヨネーズとか、お子様くちこです。

お茶をあれこれ買ったのは、秋田旅行や船旅に持参用です。

 

↓ビール、三種買いました。

水曜日の猫以外は、知らないビールですが、現品限りとかセールに弱いのでね。

 

                 

 

旅行用と言えば、キャリーバッグのハンドルに通して使えるボストンバッグを購入しました。

ムーミン柄で可愛い、今のは黒無地でヘナヘナなのでね。3672円。

 

                   

 

職業柄、額が見たくて、studio CLIPへ。

 

                    

 

 可愛いムーミンのクリップ(1500円)とブローチ(1200円)も。

ニットワンピは、2250円!

              

 

         

 

パンツも二本、春用に購入。

※太ったのでね・・・

 

   

 

全部で8959円。

この辺で・・・

軽く反省したくちこです。

午前中にして、既に諭吉さんが数名離脱

 

さて、

ランチはハワイアンパンケーキのお店にしました

休憩中のサメ氏と二人です。

こんなお店。

 

          

 

                     

 

ふふ、くちこのチョイス。

 

 

               

 

二人で、半分ずつ食べて、完食です。3574円。

 

午後は、しつこく、ユニクロで衣類を購入。6400円。

四月に、孫姫が帰省するのでね。

 

 

ロフトで、ボールペンや雑貨を買って、

最後に、食料品を購入。

諭吉さん、一体何人離脱したのか、捜索はしないことにしました

但し

当分、買い物には行きません。

いけません

 

車で行ったので、午前も午後も一人で車で休憩しつつ、

マイペースで回遊しましたよ。

爆買いは否めませんが、

結構、お買い得品も多かったです、二月ですから

 

今日は、サメ氏の名代で自治会の火伏祭りへ。

物欲の煩悩を消して来ます。

コメント (33)
この記事をはてなブックマークに追加

急性胆管炎の診察

2017年02月13日 13時38分49秒 | 膵神経内分泌腫瘍 p...

迷いに迷った消化器外科の受診ですが、

皆さんが、口を酸っぱくして?受診を!とお勧めなので、

意を決して、愛しの外科医長に会ってきました。

彼の外来は、月曜オンリーなのでね。

チャンスに後ろ髪は無い

予約センターに電話すると、既に診察枠は全部埋まっているそうで・・・

一瞬、腰が引きましたが、彼に連絡を取って貰いました。

待って貰うようになるけれど、診察O.Kとの返事。

良かった

未だ、彼との交際は続いていたわ

 

高熱スタートの為、インフルエンザの検査も・・・結果はマイナス。

血液検査の結果は、炎症反応が高い。

CRPが、2.28   (通常0~0.30)

他は、全て異常無し。

あ、ALT 34  (通常6~27)

 アミラーゼ 25 (通常37~120)

でもね、これは、いつものことで、彼もスルーしています。

 

腹痛、下痢、腹満からスタートし、その後、悪寒、発熱。

過労の自覚も。

愛しの外科医長、以下、「い」

かわいいくちこ、以下、「く」

 

く やっぱり、急性胆管炎?

 

い そうだね

  軽いと、じっとしているだけで治ることもあるしね。

  前に薬出していたんだねえ。

 

く  そうだよ。

   一年半前。

   これで二度目。

   前の方がしんどかったよ。

   でも、今回は四月まで診察が無いから薬出して貰いに来たんよ。

   診察も受けたくてね。

 

い  このまま、ずっとならないこともあるよ。

 

く  もし、胆管が狭くなっていたら、四月の造影CTの画像に出るの?

 

い   出るよ。

   必要なら、バルーン治療するし、

   治らなかったら、またバルーンするし、

   絶対にどうにかなるから大丈夫。

 

く  とにかくさ、前回言われた、掛かりつけの開業医、作るよ。

   〇〇内科がどうかなあ?

 

い  え?

   彼は、膵臓が専門じゃ無いよ。

   まあ、膵臓の専門医は少ないけれど。

 

く、心の声

   それでも、肝臓の専門医じゃん。

   くちこの調べによると・・・

   

医学博士
日本内科学会 総合内科専門医
日本消化器病学会 消化器病専門医 中国支部評議員
日本肝臓学会 肝臓専門医
アメリカ消化器病学会(American Gastroenterological Association)
日本消化器内視鏡学会 専門医
日本消化管学会 胃腸科専門医
日本がん治療医認定機構 がん治療認定医
日本医師会認定産業医

日本抗加齢医学会 専門医

   膵臓の専門医なんて田舎で開業している訳無いし。

なかなか良いと思うんだけれどなあ・・・

何故か、彼にその気無し

でもさ、先生にも心当たりの先生が居ないじゃん

 

く   とにかく、この程度で忙しい先生を振り回しても悪いから掛かりつけ医作るよ。

 

い   まあ、そんなに急がずに、また考えよう。

    僕は、いつも院内にいるんだし。

 

く、心の声

   先生が前に言ったんじゃん

   掛かりつけ医が必要だ、と。

   よく解らん

   まあ、あの時、くちこが「捨てないで!」と言ったんだけど。

 

結局、頭が????満載で薬を貰って帰宅したのでした。

恋の駆け引き、

な訳が無いし。

 

まあさ、今日は、先生も忙しそうで、

くちこは、予約患者さんの間に強引に入れて貰った身分。

あれこれ言える立場でも無く、

 

く  じゃあ、四月にね

い  うん

 

ってことで終了したのでした。

なんとなく不安そうにしているくちこを落ち着かせることを彼は重要項目にしていたのか

人の心は考えても解らんわ

まあ、流れに身を任せてみるか。。。

 

閑話休題。

明日は、バレンタイン。

王子は先行して受け取っています。

 

             

 

            

 

相変わらず、幸せな王子を邁進しています

 

コメント (36)
この記事をはてなブックマークに追加

二回目の急性胆管炎?

2017年02月11日 20時33分21秒 | 膵神経内分泌腫瘍 p...

やられたっ

災いは忘れた頃にやってくる

膵頭十二指腸切除術オペ後、四月で四年に。

輝く?第一回急性胆管炎は、一昨年秋でした。

http://blog.goo.ne.jp/kazukomtng/e/20b7124ec7c4dd8e7124ee8659c70529

 

急性胆管炎

 軽症の場合には抗生物質による治療を行うこともありますが、中等度以上の場合には感染した胆汁を抜くための治療が必要です。重症の胆管炎では、適切に感染した胆汁を抜かないと死に至ります。

 胆汁の排泄方法としては、内視鏡を用いてチューブを挿入する方法(ERCP)、おなかの表面から肝臓内の胆管にチューブを挿入する方法(PTCD)、手術で開腹してチューブを挿入する方法があります。感染が落ち着いてから、胆管炎の原因となった病気(結石、がん)の治療を行います。

 

胆管の出口には、腸管からの逆流を防止する役割をしている乳頭括約筋がありますが、手術や内視鏡治療の切開でその機能が失われると胆管に感染を起こしやすくなります。

 

日常生活の注意は胆石症と同様、暴飲暴食を慎み、過労を避け、規則正しい食生活をすることがたいせつです。

 誘因としては

長期旅行,深酒,徹夜の魚釣り,畑仕事,大掃除などが挙げられた。


はいはい、ハーイ、存じておりまする

でもって、くちこは最近、とっても忙しかったんです

お出掛け満載、家の雑用満載、庭仕事だって致しました。

反省だけならサルでも出来る。

はい、サル以下のくちこです


3/9木曜日、朝から腹痛、下痢、気分不良でした。

が、午前中は、深刻な人生相談。

午後は、いつも大騒ぎのシャドーボックス教室。


それでも、甘酒を作ったり、

辛子大根を漬けたり、

牛乳寒天を作ったり、

宅急便なんて7軒分一気に準備しましたし、

誰からも頼まれていないのにね・・・

限界までやるのがアホくちこです。

軽い腹痛を感じつつ寝たのでした。


3/10 金曜日 AM3時、寒気と関節痛で目が覚めました。

ニュースでも寒気寒気と騒いでいたので、そのせいかとも思ったアホです。

どうも・・・違う・・・

熱を測ると既に37度代、

出た

これは急性胆管炎だ

多分・・・

37.5以上で服薬するように予め愛しの外科医長が処方してくれていた薬一式。

37.3で飲みました。

先手必勝は、くちこの常套手段です。

鎮痛解熱剤、抗生剤、胃薬、これで三種の神器。

因みにこの日は、最初の服用が3時だったので、

3,9,15,21時、六時間毎に4回服用にしました。

抗生剤の血中濃度を安定させたかったのと、

抗生剤の時間注射のイメージで。

常に、勝手なことをするんです、くちこって。


それでも、熱は、38度代と37度代を行ったり来たり。

これは、なかなか接戦だな。

勝負は未だついていない。

折悪しくサメ氏は仕事で不在。

勝負に負けたと判断したら、とっととタクシーに乗って救急受診しよう。

くちこは主治医の携帯番号を知っているのですが越権行為だしな、と。


とにかく、

此処は戦の分水嶺

暫時憎悪に流れるか

暫時軽快に流れるか

勝たねばならじ

とにかく体中が痛い、背中も痛い

食欲は無い。

消化の良い低脂肪食を少しづつ。

ひたすら良い子にしていました。


金曜日って言うのがタイミング悪いよね。

週末は救急オンリー。

当番医の適当な処置しか期待できない。

ああ、上から目線、これも、くちこの悪しき特徴です。

自分を過大評価し、他人を過小評価する・・・

ああ、イヤな女!

サメ氏は、救急受診して欲しいみたいでしたが無視。

自分の思い通りにしか動かない女。

どんだけ嫌な女?


本日土曜日は、ずっと36度代。

勿論安静にしています。

食欲も戻ってきました。

勝てた、かな


この時期に高熱だとインフルエンザも考えられますが、

風邪症状は何一つ出ていなくて、

多分違うかと。


一回目の急性胆管炎の時は、もっと寒気もひどく、熱も高く、

オペ後と違わない位苦しかったのですが、

今回は、それよりかはマシでした。

で、一日経ったら解熱したのは同じです。


いつものイエローカードから

レッドカードになった感じです。


晩年の母の姿を思い出します。

病人なのにアレコレ動く、動こうとする。

入退院を繰り返しつつも、しぶとく用事をしようとする。

それを叱りつつ、冷たく呆れた目で見ていましたが、

なんの、今のくちこです。

遺伝って怖いわ。。。


五月には五日間の秋田旅行、

十月には16日間の船旅があるのにな。

大丈夫か?

くちこ・・・どうなる・・・


今回ね・・・

愛しの外科医長のお言葉が蘇った次第。

掛かりつけ医の開業医が必要だ、と。

ごもっともです、わ。

従います。

彼の外来って月曜オンリー。

明日、元気に受診するのも如何なものかと思われるし、

明日か、四月の定期受診が悩ましいところです。


節分には護摩炊きにも参加してお札も貰いました。

真ん中の塔が途中から外されて、そこに炎が上がります。

今年も怪しい般若心経を唱えたくちこです。



動かないと、体が萎える。

動き過ぎると、体が萎える。

板挟みだわ。。。

そして、どうにかして、心だけは生気を保ちたいなあ・・・と。

コメント (30)
この記事をはてなブックマークに追加

久しぶりの道の駅巡りと、各種お土産

2017年02月08日 08時51分54秒 | 日記・エッセイ・コラム

サメ氏がね、漬物食いなんです。

特に、白菜漬けは、毎食山盛り食べる

※なのに低血圧、なんで

 

白菜漬けは、ご近所さんにずっと頼んでいましたが、

そこのお母様も癌末期・・・

能天気に白菜を預けるのも如何なものかと、前回より自立。

既に暦の上は春。

漬けるのも今回が最後かなと買い出しに出かけました。

山奥の道の駅だとね、白菜は一株、130~180円位なんです。

スーパーでその値段だと、四分の一株ですよね?

それを漬物で購入すれば、さらにその倍額。

やらねばならじ、クソ面倒だけど・・・  

 

洗った樽一式、            干し中の白菜、           前回漬けた白菜

    

美味しい手作りパンや、クッキー、お惣菜も買って、今度は、海の店へ。

 

鮮魚、海から上がりたてで、漁師さんが持ち込む感じ。

なんでも、一パック千円のコーナーがあって、

どれも、こんなに沢山???って感じ。

くちこは、本メバルにしました。

20cm位の本メバルが6匹で千円。

但し、下処理は無しです。

くちこは、魚が捌ける女なのでね、面倒ながら、家でしました。

煮付け用に、鰓、腹、鱗を取り、飾り包丁を

 

 

普通サイズの蜜柑が20個位で、250円。

土佐分担が、もう出ていて三個で250円でした。

土佐分担、大好きなので、二袋買いました。

此処のお惣菜も田舎風で美味しいのであれこれと。

 

帰宅後、サメ畑のほうれん草を茹で、

サメ山の胡桃を殻が混入していないかチェックして炒る準備。

ほうれん草の胡桃和えにしました。

 

                      

 

考えてみると、すり鉢も、擂り粉木も、21歳で結婚する時に母が持たせてくれた物だわ。

今回、メバルを捌いた小出刃も、そう。

あれから37年。

母が亡くなって18年。

母って・・・偉大だわ。

いつも、中卒だからと卑下していたけど、なんのなんの

 

具沢山の豚汁も作って、滋味のある夕飯が出来上がりましたよ。

 

折しも、娘から香港土産が到着。

お土産の入ったペーパーバッグが凄い良い雰囲気に可愛い。

聞いたら、旧正月バージョンなんだそうです。

 

             

 

お疲れのくちサメは、ティータイムに。

奇華餅家のチョコパイのようなお菓子。

このお店は、杏仁餅と言うクッキーが名物だって。

そっちも食べたかった・・・

 

 

一応、ロイヤルコペンハーゲンのカップと九谷焼のお皿ですが・・・

くちこのお皿が欠けている。

犯人は、絶対・・・サメ・・・くちこ、洗わないもん

 

チョコの詰め合わせと、豚でんぶ。

豚でんぶを知る人は台湾通、中華通

干し肉がふりかけみたいになっています。

台湾生まれの父や父の兄弟達の好物でしたし、

くちこや、娘も好きなんです

 

その前に、次男からも、お菓子が、二箱ありましたが、とっとと食べて画像はこれだけ。

叶匠寿庵の粒あん、栗たっぷり、ジャンボどら焼き風。

 

          

 

他にも、ブロ友さんから、治一郎のバームクーヘンとラスクを戴きまして・・・

とっとと食べて、せめて箱だけでも写したらピンボケでした。

〇〇〇さん、恩知らずでソーーーーリーーーーー

結構な品を美味しく戴きました

 

最後に、シャドーの生徒さんから、こんなのも貰いました

 

 

石鹸の詰め合わせ

泡たてネット付き

いつも見たら食べそうになるくちこです。

コメント (34)
この記事をはてなブックマークに追加

アルフォンス・ミュシャ展と、入船山記念館

2017年02月03日 09時07分12秒 | 旅行記

この日を迎えるまで、どんなに緊張したか?

くちこ教室(シャドーボックス)の生徒さん九人を引き連れて、

と言うか、総出でのお出掛けだったんです。

そ、くちこは、班長さんだから

どこか、頭の緩いくちこは、このお出掛けを以ってして、

やっと、生徒さんが何人居るのか自覚した次第。

チケット、食事、おやつ・・・

いろんな手配や準備をしてもさ、

何をやらかすか解らないのがくちこなの、よ

でも、元気に楽しく、十人で行ってきましたよ

 

美人揃いが特徴です

※くちこは、後列の帽子

※チケットは、前売りで800円。

 

アルフォンス・ミュシャって、くちこも、生徒さん達も好きな画家で、作品展を見に行くのはこれで二度目。

19世紀末にヨーロッパで大流行した、アールヌーヴォー様式の代表的な作家さんです。

故国チェコの読み方だと、ミュシャでは無く、ムハだそうで、今回はずっと、各絵画にその注釈がありました。

チェコの切手や、紙幣、国債にも、ミュシャの絵が使われているのが展示されていてビックリ

アールヌーヴォーの作家として有名なだけでなく、故国の再興にとても寄与した英雄なのですよね。

 

1860-1939 まずまずの長生き。

貧しい時代もありながらも、結構早めに成功したイメージかな?

晩年は、違った作風になり、二つのイメージがある感じ。

晩婚ながらも、二人のお子さんが産まれていて、

くちこ的には、子々孫々の才能が知りたいところです。

 

恐れ多くも、大昔、くちこが、シャドーボックスの作品にしましたよ。

 

 

お許しあれ・・・

 

さあさ、

次は、入船山記念館に。

此処にはね、

旧呉鎮守府司令長官官舎があるんです。

 

明治の頃の、(明治24年)

あの、「坂の上の雲」の頃の建物。

 

旧帝国海軍ってさあ、

陸軍とは、趣きが違うよね。

最初から、結構、英国風?

建物も、制服も、

軍隊の方式、考え方も?

 

とにかく、

くちこは、この時代に日本に建てられた洋風建築を見るのが好きなんです。

しかも、美術館の隣にあるんです。

生徒さんは、立場上、くちこには逆らえません。。。

※入館料は250円。

 

が、

素敵・・・であっただろう外観は、二日前からら修復に入っていました。

ああ、シートに覆われた外観

十人のコワモテのオバサン達から文句タラタラ言われた係員さん、お気の毒でした。

ソーーーリーーーー

なのに、その職員のオジサマが、快くガイドまで引き受けてくださいました。

なじられても、身を捧げる・・・良い人だわ

博学で説明も面白く、最後には、くちこファミリーの恩人に格上げされていましたよ

 

本当は、こんな外観だった筈。

国の重要文化財です。

 

 

この写真では解りににくいですが、鱗屋根です。

東京駅とか、神戸の鱗の家と同じです。

 

 

 

 

 

なんと、桜井小太郎の建築物です。

ロンドン大学を主席で卒業し、

弱冠21歳で、日本人初の英国公認建築家になった人で、

東京駅とか建てたジョサイア・コンドルの弟子。


※ちなみに、呉海軍兵学校も建てています。

くちこのブログ

http://blog.goo.ne.jp/kazukomtng/e/ea6d864d4e6108f711c51b4cbc423140

此処も、良く保存されていて、歴史的価値が大きいと思います。


 

当然?

この時代の建物ですから、

公的な洋館と、

私的な和館とが並んでいます。

 

和館から。

未だ、古いガラスでした。

 

 

 

洋館とは、ドア一枚で繋がっています。

和館にしても、洋館にしても、敗戦後接収された進駐軍に相当荒らされてしまったようで、

残念無念

くっそーーーーっ

まあ、日本人の叡智を尽くして復旧していますけれどね。

なるべく、そのまま使って欲しかったわ。

家具なんかは、持ち帰られたのか、捨てられたのか、

殆ど無くなったそうです。

 

東京の旧岩崎邸で、金唐紙は、見ていたのだけれど、

こちらの方が、圧巻でした。

各部屋、金唐紙だらけ!

これは、日本が独自に、革細工の替わりに編み出した手法の壁紙。

ま、進駐軍は、その上に全て白のペンキを天井も含めて塗りたくったそうですが・・・

じっくりペンキを剥がしたり、

僅かに残っている所から再度、それを下絵に作ったりしたそうです。

 

 

 

年に二回、金唐紙を作成する体験教室あるそうです。

貴重な、型と道具を使わせて貰って・・・なかなかの人気みたいです。

 

 

 

 

 

←昆虫が沢山隠し絵で入っている壁紙です。

 

 

 

これは、戦艦大和の模型ですが、相当精巧にできていました。

で、

この建物は、映画の戦艦大和のロケ地にもなったそうです。

そうだよねえ。

当然だわ。

 

 

こんなステンドグラスにも海軍のマークが。

素晴らしいデザインだなあ。

 

と、ガイドさんには、総勢総意で感謝しつつ、お別れしたのでした。

旧海軍工廠塔時計の所で最後にパチリ

掲載については、了承を得ていますよ。

 

 

その後、予約しておいてレストランでランチ

お一人様、珈琲、ケーキ付で1500円。

和食4名、イタリアン4名、洋食2名。

たいした所では無いけれど、十名の席が重要だったのでね。

コース料理でしたが、適当に数枚しか写していないです。

 

             

 

              

 

とんかつ専門店で夕飯をGETし、

 

                    

 

あろうことか、全員が釘付けになり、爆買いしたのは・・・

八百屋

長ーい白ネギや、長ーい泥付き牛蒡を躊躇なく買いまくる。

里芋、干物、乾物、いりこ、みかん等々。

この姿を見た人は、間違いなく地元の人だと思った筈です。

柿色のリュックがくちこです。

 

  

 

今回も長くなり陳謝。

くちこも、疲れました

此処まで読んだ人も、お疲れ様でした。

 

 

コメント (48)
この記事をはてなブックマークに追加

放電に備えてパワー充電中

2017年01月31日 08時10分15秒 | 日記・エッセイ・コラム

充電三日目。

ま、平たく言えば、連日コタツムリ

元気でもね、くちこ的、処世術。

 

今春でオペ後四年。

いつもジャンプしていたら飛べなくなること。

ジャンプの前には、膝を落としてじっとしておくべし。

何度も痛い目に遭って学んだ事。

他の人はどうあれ、

無理が通ることは・・・無い。

無理は、正確にツケで溜まり、勘定を払う日が必ず来る。

 

それでもね、明日は、週一の健康体操に参加します

先週見学に行き、明日から正式に。

なんと、35歳から4年間位在籍していた古巣で、

先生他、古参の方々に歓待されて、居心地良いんです

平均年齢70代半ば

体操は、正味1時間程度で、後はお喋り。

できることだけやればいいって感じでお気楽

 

そして、明後日は、シャドーボックスの生徒さん達と久しぶりに遠出します。

総勢十人。

なんと、生徒さん全員参加になりました。

毎週来る人から、月一、数か月の一回、気の向くままの師弟関係です。

電車の手配、美術館のチケット、レストランの予約、各人のメニューの確認まで済ませていますよ。

あ、おやつも十人分、おやつ袋を作りましたよ。

これを無事、責任を果たすために、英気を溜めています。

 

そのまた翌日は、節分祭。

夜、運転してお一人様で参加。

お護摩に参加して、大数珠をみんなでズルズル廻しながら、

極めて怪しい般若心経を唱えます

 

そうそ、くちこ家の節分も完了、毎度同じ・・・

※ちょっと、暗かった・・・

 

                         

 

                         

 

 

昨夜は、テレビを見つつ、詐欺のようなランチョンマットを三枚作り足しました。

来客用?

気に入ったような、余計なことをしたような、複雑な気分です。

くちこ家の食卓は、透明なテーブルマット(厚手)が置いてあって、その間に挟むと言う詐欺マット。

 

                       

 

                       

 

         

 

↓大晦日に紅白見ながら作った、くちサメ用。

 

                         

 

                      

 

さあさ、

コタツムリ、コタツムリっと

 

コメント (32)
この記事をはてなブックマークに追加

久しぶりの参戦!

2017年01月28日 17時43分37秒 | 日記・エッセイ・コラム

昨日は、片頭痛にて不調

今朝は、朝寝坊して、八時半位に、よろよろリビングのソファーで、へたっていたら

サメ氏は、我が道を行くが如しに、大きなチラシを差し出す。

どうも、車で10分位の所にスーパーがオープンするらしい、今日。

 

くちこ「そんな気力、体力は無いよ。

    一人で頑張っておいで。

    卵とか、素早くGETするの得意じゃん!」

サメ氏「一人ではできない。

    知らない店では無理。」

 

しぶしぶ、くちサメペアで参戦するも、

時、やや遅かりし。

駐車場に入る為の車が長蛇の列。

車とサメを置いて、くちこは、リュックで雄々しく行ってきました

 

 

 

欲しい物は全て一人でGETしましたよ

此処に、勝利を宣言

 

が、元々体調は△だったので、またも頭痛・・・

鎮痛剤飲んで、寝ていました

宣言撤回か

 

それでも、夕方は、ちょっと歩きに出ました。

頭痛専門医の先生が、毎度、くちこに歩けと言うのでね。

サメ氏は一万歩コースなので、途中で別れて、おひとり様で地元天神様へ。

階段の中腹までで断念

それでも、この景色で、五千歩は越えました。

あ、朝の買い物込みで。

 

 

遠くに見える海の近くに、くちこ家がありますよ。

 

孫王子一家は、今日から香港です

ジャスト旧正月だけど大丈夫かしらん?

娘は、香港で誕生日を祝って貰う予定だそうで

 

 

そんなこんなで、へたりつつも、まあまあ元気なくちこです。

コメント (40)
この記事をはてなブックマークに追加

おごれるものは久しからず・・・・盛者必衰の理をあらはす・・・

2017年01月23日 18時03分46秒 | 日記・エッセイ・コラム

奢ってもいないし、

盛者でも無いけれど、

生き続けて、時が流れただけで・・・

 

エアコンが壊れました。

見ると、九年経過。

何時の間に・・・遠い目。

 

修理を依頼すると、ガスが既に6割しか残っていない。

修理費は、ざっくり6,7万円、と

時は大寒

蝋燭で暖を取るハメに。。。

 

翌日、買い替えを決意した、くちサメは、電気店へ。

折しも、その日から、決算セール

ああ、禍福は糾える縄の如し・・・

此処までが禍福。

 

次は、禍。

駐車場に入ろうとしたサメは、思いっきり縁石に乗り上げ、

凄い音と、振動。

「大変なことになった、絶対に車は無事じゃないよ。」byくち

「絶対に、当たっていないよ、車は無傷だし、何も聞こえなかった。」byサメ

「年寄りは、耳が悪くて鈍感にしても、これが聞こえなくて感じないなんて!」byくち

「絶対に当たっていない。」byサメ

 

駐車場で確認。

当然、

思いっきり、左側下のボディーと底を擦っていました。

結構派手に

サメ氏は、日頃温和なのに、本当に自分がやらかした時は妙に意地になる習性が

「修理代は出すよ」

「それ以前の問題

当てても解らない、聞こえないなんて、危険極まりない

 

と、憤懣をみなぎらせつつ、エアコンを購入。

壊れたのも、今回買ったのも、ダイキンの「うるるとさらら」

リモコン等々、使い慣れているのでね。

ざっくり総額で、20万強。

要るモンは、要るんだし。

 

帰り道はホンダへ。

可愛いくちこカーの修理費は八万円

自分で直すことにして帰宅しました

で、

後日、コンパウンドをかけて、ザクザクに起き上がった塗装を落とし、

補修用のペイントをゴム手して塗ったのは・・・くちこです。

天国の両親は、驚愕していたことでしょう

父は一級整備士の資格を持つプロレベルの人でしたが、

娘については、何もしない、何もできない人間に育てた父、そして母だったので。

そこまで成長した?ことは福なのか

そんなことまでするしかない人生になったのは禍なのか

 

故障したエアコンを見て貰った時に、ついでにリビングのエアコンも見て貰いました。

同じダイキンの「うるるとさらら」なので。

こちらは、何と、後4か月で十年とのことでした。

光陰矢の如し・・・

で、こちらの方は十年保証だったそうで(くちこには記憶が無い)

無料で、明日、お掃除ロボットが交換されます。

工賃も無料。

先日の、出張費も、このエアコンを見せたお陰で無料になりました。

 

くちこは、こう見えて、お人よしなので、

車の修理を断って、サメ氏のスーツとカッターシャツ三枚を購入したのでした。

まあ、天に徳を積むって感じでしょうか?

ま、サメ氏が太ったからとも言えます。

 

今日は、サメ車の一年点検。

因みに、二人共、Fitで、サメ車は4WD、くち車はHYBRIDです。

二台でホンダに行き、くちこは自分の修理をホンダで自慢し、

くちこ車で、先ず、頭痛専門医へ。

今月は中旬不調で、既に、片頭痛薬を2回、鎮痛薬を4回服用したと報告するも、

その程度なら問題無し、と。

そして、また・・・運動を薦められる。

五千歩なんて、屁、のようなモンだと。

そう、くちこは、年々頑固な不眠症になっているのでね。

睡眠の悪化は加齢現象で不可避とも言われましたが・・・

薬局では、首を温めて寝てみるように言われました。

片頭痛の予防薬は、きちんと服用するようにも念押しされました。

はあい。。。

禍でも無く、福でも無く恙なく終了?

 

さあ、お楽しみの、あなご飯を食べに。

テレビで見て、裏メニューが人気メニューになったらしく、

安くて新鮮で美味しそう

下見にまで、先日行きました。

が、

定休日でした

 

では、株主優待券で、うどんを奢ってあげると豪語したくちこ。

どんなに探しても、バッグに無い。

このうどん屋の株、買って半年で売ったけれど、配当金や、株価上昇や、優待券まで、と、

甘い汁を吸いましたが、優待券は今も行方不明です。。。

なんで

 

久しぶりに釜飯の美味しいお店に行くことにました。

建物は軽くお洒落で、

海を見下ろし、

砂浜に波が打ち寄せる様と、多島美を楽しめる場所。

 

 

 

ただ・・・

お高いんです。

くちサメにとっては

 

 

海鮮釜飯と、茶碗蒸し(海鮮)、味噌汁、食後の珈琲まで。

お刺身の盛り合わせは、絶品ですよ、荒波で育った天然鯛等々の地魚ですから。

ジャンボ海老フライは、近くに養殖場があるんです。

サヨリの酢漬け、初めて食べたかな?

 

くちこは、店員さんに、恐る恐る訊きました。

「一人分を二人で分けて食べたいんですが・・・」

「良いですよ。」

ほ・・・

ああ・・・一杯の掛け蕎麦ワールド・・・


お茶碗とお箸は二つ。

サラダに付いていた苺一粒は、二つにカットされていました・・・配慮?

 

お一人様、四千円のお食事。

くちサメ的には、お二人様は無理。

それでも、美味しく食べて結構満腹に。

禍?

福?

 

次は、いつも、くちこと遊んでくれる従姉妹のお見舞いに。

同じ歳ですが、膝関節を人工関節に置換。

直後と、数日後の写真をlineで拝見。

※〇〇ちゃん、勝手に載せてごめん。

 

         

 

思ったより元気そうで安堵。

前日まで、新聞配達していたそうで・・・

禍?福?

 

地元物産展でお買い物しました。

百円のカーネーションを買いました。

超短いんだけれど、アレンジ用のオアシスまで付けてくれているんです。

 

   

 

キッチン側からと、リビング側から撮影。

庭のアイビー、小町藤、ローズマリーを足しました。

 

帰り道、真言宗のお寺に、今年のお札を申し込んで、ご挨拶。

 

ホンダにサメ車を受け取りに行くと、

オートキーの故障があると。

修理費は二万数千円。

どうせ、既に14万キロも走った車。

車検は一年以上残っているけれど。

くちサメの結論。

完全に壊れたら、鍵を掛けないことにしよう。

修理をお断りして帰宅。

 

夕飯は、地元物産展で割引になっていた、田舎風お惣菜で楽をしましたよ。

 

もう・・・

禍なんだか、福なんだか・・・

奢っているんだか、いないんだか・・・

 

凡夫くちサメは今日も行く。

と、

そんな報告でした


P.S

今日は、亡き母の誕生日でした。

生きていたら80歳。(64歳で・・)

曾孫を見られたら良かったのにな、と。

 

コメント (42)
この記事をはてなブックマークに追加

サメ氏の内視鏡検査と、大酋長バーガー

2017年01月19日 08時59分35秒 | 健康・病気

サメ氏が市の健康診断を受けるに当たり、

サメ氏の掛かりつけ医は、内視鏡設備が無い。

バリウムはあるけれど・・・ね。(形だけ見ても意味無いし)

 

くちこ的には、くちこの通う総合病院の内視鏡検査を受けさせたい。

が、そこはそれ、三次救急を担う総合病院。

くちこは、サメ氏に指示を出す。

「いつもの、ウルソを処方して貰いに行った時に、

時々、胃の調子が悪いから、総合病院で内視鏡検査を受けたい。

だから、紹介状を書いて欲しい、と頼みなさい。」

 

紹介状は、持って帰りましたが、

担当医の指名まではできないと言われたそうで、

くちこが出した名前の名指しになっていない

と言うことは、

上級医や、評判の良い医者に当たる可能性は低い

大体、同時に5人位しているけれど、

緊急性が低いし、手空きの若手医師が担当(練習?)

 

 

 

 

ふうむ。

直近の外来担当表を見て、

その日に名前が無い医師が、内視鏡室に居る筈。

そこから曜日を推定し、

地域連携室に電話を掛け、開業医からの予約を変更したいと申し出る。

そして・・・

極めて下手に、希望の医師名を呟く。。。

高圧的だと逆襲に遭うのでね・・・

「確定はできませんが、希望として伝えておきます。」と。

YES

 

これと言って、症状も無い健診に此処までするか?

だってさ、何か見つかったら、そのまま主治医になる可能性が高いじゃん!

チャンスには、前髪しか無いのだ

あ、でも、皆さんに、こんな厭らしいわがままを推奨する訳ではありません。

 

当日は、鎮静下(麻酔)での検査なので、付き添いました。

窓口で、「結果は妻も同席しますので呼んでください」と。

退職する前に、関わっていた科なので、窓口の人にも見覚えが。

勿論、黙っていましたけれどね。

 

希望した医師になっていました。

やったあ!

くちこが付けた、彼のニックネームは「くつやの小人」

くるくるよく動き、働き、正直者で、性格も腕も良い。

でもって、ちょっと背が低めで、ちょっと太め。

あ、

部長クラスの上級医です

いつもにこやかで、話をよく聴いてくれて、説明も丁寧で解りやすい。

指名の無い人は、多分・・・彼にはならないんです。

 

鎮静下だと、後の覚醒時間が一時間あるので、

くちこは、ひたすら良い子に待ちました。

 

さあ、説明の部屋に。

「あ、ご主人だったの

「そうなんです、お久しぶりです

「あれから三年だっけ

くちこの癌の確定にも関わっていた医師なのでね。

「昨日、三年九か月の検診で、元気ですよ

等々・・・

 

さて、サメ氏の胃。

綺麗で模範的でした

若干の、点状びらんが、胃と十二指腸にありましたが、軽微。

加齢変化として、食道裂肛ヘルニアがありましたが、逆流性食道炎は無し。

胸やけがするとしたら、胃液が多い為だろう、と。

くちこ心の声:それ嘘です・・・貴方に遭いたくて・・・

 

潰瘍も無く、

瘢痕も無く、

萎縮も無く、

襞も深く綺麗に並んでいました。

なんと、ピロリ菌も居なかったそうで。

 

「その御年齢で、除菌もせずに、ピロリも居ないとは珍しいです。

高貴なお育ちで、御さ湯をばあやから貰っていらっしゃったのでは?」

「断固、違います」同時にくちサメ。

「食べたらすぐに横にならずに、しばらくは座っていた方が良いですね。

男性は、すぐに横になってしまう人が多いですが、たまには、食器の片づけのお手伝いでも・・・」

くちこは、敢えて黙っていたのに、

サメ氏が、

「いつも、やっています

これからもやるべし くちこ心の声。

 

「それにしても、画像が綺麗になりましたねえ」by くちこ

「そう?

綺麗過ぎてさ、目が吸い寄せられてさ、目が付いていかなくて、

困っているんだよ」

と、苦笑されていた、くつやの小人先生でした(尊敬を込めて)

 

それでもね、前日から、軽く緊張していたくちこです

胃癌が見つかったらどうしよう・・・とか

たかが、健診なのにね、事実上。

 

で、

サメ氏が、くちこの癌のこと、

いつも、どんなに怖く思っているか、

やっと実感した次第です

 

サメ氏は、得意満面

でもって、くちこから一言。

「見えない所が綺麗なんだね。」

 

二日連続で、くちサメの検診を異常無しで終わったので、

前から行ってみたかった、変わったバーガー屋へ。

 

                  

 

バスみたいなのが厨房で、

隣のテントか、インディアンテントの中で食べます。

世界を放浪した?(修行)

たまにテレビにも出るシェフらしいです。

↓の三つを二人で完食。

 それと、飲み物。

 

        

 

味は良いと聞いていましたが、確かに

が、意外に小さい。

なのに、お値段は、結構お高い。

今回は、お祝いだし、良いけれど、年金生活者には・・・

 

ソフトシェルクラブって、脱皮した直後の蟹らしくて、本当に一匹丸ごと入っていました。

殻っぽいところも、内骨っぽいところも、内臓も、全てむしゃむしゃ食べます。

一度、船旅でパスタに一匹丸ごと乗っていたのを思い出しました。

 

                  

 

結局、またも一日掛かりになってしまい、

しかも、連日

復活途上だったくちこは、再度ダウンした次第です

 

でも、今日は、シャドーボックスのお教室。

ひと頑張りしますよ

コメント (42)
この記事をはてなブックマークに追加

膵頭十二指腸切除術(SSPPD-D2 p 2013/4/11)  から三年九か月の検診

2017年01月16日 16時23分49秒 | 膵神経内分泌腫瘍 p...

膵神経内分泌腫瘍(p-NET)と言う希少癌になり、

消化器外科最大の手術手術である、膵頭十二指腸切除術(PD)を受けてからの期間です。

 

さあさ、今日は、愛しの外科医長との逢瀬

今回は、血液検査と診察だけだし、お気楽気分。

どうせ、異常は無いさ、と。

で、やっぱり、異常は無かったです

 

肝機能のALPは、正常値が27までで、くちこは36だけど、前回は40だったし。

まあ、これは、まだら脂肪肝のなせる技?

彼は気にする様子無し。

 

膵臓は、半分強残っていますが、一応、糖尿病には要注意。

HbA1c (糖尿病の指標)、正常値は6.2までで、くちこは5.4  (但し前回は5.2)

ま、未だ楽勝かな?

 

昨年十月から、血中アミラーゼが低値に。

正常値は、37~120 に対して、くちこは、前回も今回も29

が、彼は気にしていない。

まあね・・・

想定内なのかも。

そんなもんって感じ?

 

 

 

 

なので、あれこれ四方山話が主に。

共通の知人の話や、

同病のブロ友さんの闘病の様子等々。

 

以下、かわいいくちこは、く。

愛しの医長は、い。

 

く「二度の肝切除後に、ザノサー13クールした人がいるよ」

い「ザノサーは使ったこと無いなあ・・・どうして入院なの?」

く「その方が便利だし楽みたいだよ、看護師さんだからね」

い「ああ、あの人・・・」

く「オペ後、糖尿病を合併しても出産する人もいるよ」

く「くちこ的には結構若い女性が多くて、肝転移が多いイメージだよ」

い「・・・・」

 ※彼の心の声、その時は、肝切除だよ。(彼のデータでは、それが一番らしい)

 ※くの心の声、その時は、きっと別の選択肢が・・・(もう、十分生きたしね)

 

そして、くちこも、薄々予想していた話題が最後に。

い「掛かりつけの開業医はいないの?」

く「それが困ったことにいないんよ。ここの職員だったからね」

い「此処は、三か月しか薬が出せないし、通常の処方は開業医が楽じゃない?」

く「くちこを捨てるつもり?」

い「そうじゃないけど、CTとか検査だけフォローしたら?」

く「車で30分の頭痛専門医しか掛かっていないし、くちこを未だ捨てないで!」

い「じゃ、オペ後五年までには考えておこうね」

く「うん・・・・」

 ※く心の声、ああ、ついに恐れていた倦怠期が・・・

と言うことで、四月にオペ後四年の予約を造影CT込みで入れて貰って帰ったのでした。

 

まあね・・・

くちこも、いつかは・・・と、思っていました。

そもそも、外科は本来、手術と術後の経過だけ診る所だし。

でもさ、紹介元は、同じ病院の消化器内科なのよ。

 

この病院は、地元唯一の三次救急を担った病院で、急性期の患者のみが対象。

合併症も無く、転移も無く、いつまでも・・・・は。

今まで有り難うって言うべきだったかもですが、

くちこは、我が身が可愛いのでね、言わなかった。

日曜日まで、オペ予定を入れないといけない程忙しい彼と知っていても。

年増女の狡さです。

 

くちこの病院ね、

腫瘍マーカーを含めて全ての検査結果は診察時には出ていて貰えるんです。

MRIでも、CTでも同様、検査後の診察時には既に読影結果が出ていて貰えるんです。

どうせ車で10分だし。

開業医は、薬も一か月分しか出さない所が多いし。

失礼ながら、外れにでも当たったら悲惨なことに。

常に、人様への評価のみ辛口なくちこです。

 

危ない橋を渡れと言うのか?(勝手に開業医を下に見ている)

でも・・・

いつまでも、我が儘は言えないな。

彼が退職を断固止めた時に、職場に残るべきだったか?

否。

自由とは、尊きことなり。

長く働いてやっと手に入れた専業主婦の座なのだ

 

そんなこんなで、微妙は気分の、

目出度くもあり、目出度くも無しな、三年九か月だったのでした。

 

P.S

同病者さんの為に、膵神経内分泌腫瘍でカテゴリを分けてみました。

心の根っこの所は、親切なのでね。

 

まあ、写真が少ないので、王子でも・・・

 

              

 

コメント (44)
この記事をはてなブックマークに追加