お福さんの日記

徒然なるままに、風の吹くまま気の向くまま、茶の湯、庭に咲く花、野菜作りなど、日常の出来事を綴ってみました。

マドレーヌ

2017-03-21 09:15:55 | 日常の出来事

 

散歩をしてきたら、一服して甘いものが食べたくなりました。

それではとコンビニスイーツに味をしめ、ナナコカードを持ってコンビニへ

まっすぐスイーツのブースをめざす。

ところが 

ない

お目当てのスフレも、そしてモンブランも

あるのはイチゴショートとプリンだけ

どうしようか

ならば自分で作ろう、とばかりに腕まくり

一番簡単で作り慣れたものがいいと思い、マドレーヌになりました。

卵3個に後は、砂糖、小麦粉、バターは全部同量

 

焼いてから少しおいたほうがシットリして美味しいのですが、そんなこと言っていられない。

早速いただきましたぁ

まんずまんず・・・でした。

 

オーブンで焼いている間に、私の好物、お馴染みのポテトサラダをつくりました。

ポテトを湯で、ニンジン、マカロニ、卵を湯で、ハムとタマネギをスライスしたところで・・・ない

きゅうりが。

まっ、いいか、と混ぜ合わせたところが、どうも間が抜けているみたいで

 

で、冷凍しておいたブロッコリーを散らしてみました。

まんずまんず・・・でした。

 

昨日はお彼岸の中日、穏やかな暖かい日になりました

お中日には、決まってお赤飯を炊きます。仏壇にお供えをし、

お寺さんにお布施を持っていくのが恒例。

 

恒例といえば、お弁当箱にお赤飯をつめ、そしてお惣菜をつめ、インスタントみそ汁に湯をそそぎ、

外でかの方と食事をするのが常でした。

インスタントみそ汁ってね、外では全く抵抗なく、おいしいんです。

こうして外で食べたのは、かの方があちらに逝ってしまってからは、何年かぶりでした。

 

中はお馴染みのものばかり。

こっちはね、空っぽ。

だって食べる人いないんだもーん。

随分長い間使ったお弁当箱です。

そして決まって出る会話。いつも同じ。

”ようやく暖かくなってきたなぁ。”やっと涼しくなってきたなぁ。”

時には、年によって寒い日も暑い日もあったのに、アホみたいに同じ言葉。

みたい、じゃなくてアホです。

似たもの夫婦でした。

 

今朝は昨日と違って雨の一日になりそうです

もう締めなくなった帯をといてランチョンマットを作ろうかと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント (11)
この記事をはてなブックマークに追加

初音を聴きました。

2017-03-12 09:14:36 | 日常の出来事

 

冷たく澄んだ空気の中、爽やかに初音の声を聴きました

透き通るようでした

春の到来を感じさせてくれますが、まだ寒ーい

昨日、一昨日のあたたかい風が吹いたお蔭か、いっきに春の花が咲いておりました。

 

 フキノトウももうこんなに。

 昨年咲いたクリスマスローズの下に

かわいい芽が覗いていました。これって、クリスマスローズの種がこぼれたものなの?

 

 庭の枝垂れ梅の花が、白に続いてようやく

紅も咲き始めました。

 

先日、我が家の二階への手すりの木が、山ブドウの木、と書きましたが、ブロ友の山小屋さんが教えてくれました。

山ブドウの木は、中が空洞になっていると。

カメラの角度を変えて撮ってみます

確かに空洞になっています。

気付いてはいたのですが、虫か何かがはいって、中を食い荒らしたものではないかと、ずっと思っていました。

山ブドウの性質というか、特性だったんですねぇ

山小屋さん、ありがとうございます。

 

皆さんは、ご存じでしたか。

知らぬはお福さんばかりかな

 

 

 

 

 

 

 

コメント (18)
この記事をはてなブックマークに追加

お雛様ご免なさい、今年は・・・・・

2017-03-04 09:08:53 | 日常の出来事

 

新聞見ると、お雛祭りの様子が報道されています。

今年は我が家は飾ることが出来ませんでした

長い間あまり動かなかったので、足の筋肉が衰えてしまったのか、人形はともかく、

飾る段が重くて運べなくてね

外の物置に収納してあるのでね。

 

そんなわけで、今年はちょっとさびしい雛の節句でした。

 

せめて床に立ち雛のお扇子を。

 

三十六歌仙のひとり、紀 貫之の軸を掛けてみました。

「拾遺集」の中の、

”桜ちる 木の下風はさむからで 空にしられぬ 雪ぞふりける”

 

男雛が右で、女雛が左なので、これは関西風の飾り方ですね。

 

ひし餅は友人が、今年はお餅つくことができなかったでしょう、と言って持ってきてくれました

ひし餅はふつう三色で、赤は桃の花、白は雪、緑は春に芽生えた草の色を表すといわれていますが、

何故か友人の家では、赤と白だけのひし餅なんです。

 

笛の掛け花入れに、クリスマスローズを入れてみました。別名を名乗って今回は、

寒シャクヤク、といったほうがいいかしらね。

ちなみに毎年飾っていた昨年の雛飾り

 

 毎年UPしておりますけれどね

 

 

 

 

春の気配です。

岩松がようやく元気になりました。

 

冬の間は寒さの中でちぢこまっていました。

 

 こんな風にね。

四季の移り変わりを知らせてくれる植物たちの逞しさに、元気をいただけます。

 

 

雨あがりで、ほこりもたたず、穏やかに晴れ上がりましたので、時には二階の部屋に風を入れようと思い、

階段を上がろうと手すりにつかまったところ、

ガタッ 

手すりがぐらついている

 

この手すりの木ね、山ブドウの木なんですが、柱への付け根のところがもう緩んでいました。

あっちこっちガタがきている我が家。

建付けは悪いは、すきま風は吹くは、で、もうとっくに建て替えの時期はきているのですが、

なにせ先立つものがなくてね

かの方との思いでの家でもあるし、住み慣れたところだし(言い訳)

 

来月からお稽古再開しようと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント (18)
この記事をはてなブックマークに追加

コンビニスイーツ

2017-02-27 10:22:03 | 日常の出来事

甘ーいものが食べたくなっちゃって、しかも外のカフェかなんかでね。

でも近くで田舎道で行かれるカフェはないし。やっぱり街中に行かなければ。

街中に行く勇気はないし。

そんなわけで、近くのコンビニでケーキ買ってきて家でのんびりと。

普段はあまりコンビニスイーツには関心持ってなくてじっくりと見たことがなかったんですが、

今回はじっくりとスイーツのブースを見ました

ありましたモンブラン!

それから、スフレ!

 

とーってもおいしかった

そう、スフレといえば、京都に行った時、ブロ友のくちこさんに紹介していただいた、スフレを思い出しました。

お店を探し当て食べたんだっけ。

これが今まで食べたことのない、まことにおいしい格段のスフレでした。

 

 

京都に行ったときは是非とも召し上がってみてください。

 

春の兆しが少しづつ感じられるようになりました。

散歩中に見つけたヨモギ

 

早速摘んできて

 

よもぎだんごを作って春近しを感じました。

 

 

フキの薹も沢山顔を出していたので、今度は、フキ味噌に佃煮

 

 

菜の花も咲いていました。

 

程よいつぼみの部分を摘んできて、辛し和えに

 

タンポポもあちらこちらに。

 

ハクモクレンの花ももうすぐ。

 

 

枝垂れ梅ももう満開。

 

 

こちらは、まだ蕾も見えない雪の降った日の枝垂れ梅

 

 

赤芽ヤナギも愛らしく。

 

フクジュソウも可憐に

 

 

 

ブロ友のmcnjさんからいただいたクリスマスローズも咲き始めました。

 

  一番最初の開花

  2番目

  3番目

まだ蕾も何本かあります。

 

mcnjさん、ありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント (21)
この記事をはてなブックマークに追加

久しぶりの外食

2017-02-16 09:52:50 | 日常の出来事

 

空、真っ青!

空気もきれいに澄んでいる

我が家の庭には、先日降った雪がまだ残っている

 

寒いんです、我が家は

先日の雪の日の画像 ↓

          

でも今日は陽ざしが暖かい。

なのであちこち部屋を全部開け放って掃除を開始。

久しぶりに掃除意欲がでました。

玄関にずっと置かれている履くことのないかの方の靴も磨きましたよ。

やはり掃除が行き届くと気持ちのよいものです。

上機嫌になったところで、ティータイム。

ここ最近もっぱら紅茶か緑茶だったのですが、久しぶりにお気に入りのカップでコーヒーをいただきました。

 

 

廊下のガラス戸越しのあたたかい日差しのなかでの一杯は、ことのほかおいしかったです

ほっこりとした気分になっていると、しばらくしなかった、というよりできなかった外食をしてみたくなりました。

車で15分くらいの所にある私のお気に入りのカフェレストランなんですが、車での遠乗りは禁止命令がでているので、

ちょっと迷いましたが、15分くらいでは、遠乗りとはいいませんよね。

というわけで、玉川に沿って車を走らせること20分

そこは、七沢温泉郷の入り口にあります。

 

 

 

  遠く大山を望み、  とても静かなところです

オーナーシェフの奥様は、以前木目込み人形教室でご一緒だった方なんです。

 

  

 

和風ハンバーグランチをチョイス。

久しぶり~  おいしい~

 

ところで、バレンタインの日には、しっかりと孫達にチョコレートプレゼントしましたよ

愛のしるしです

 

 

 

 

ばあちゃんの気持ち、わかってくれたかなぁ。

 

 

我が家の一番花のクリスマスローズ↓

 

意をけっして、一本手折って床の花入れに入れました。

 

 

うつむき加減の楚々とした感じがいいですね。

 

 

お花の右横にあるのは、香合です。

 

 

お床に香合が飾られると、炭手前を省略するという意味なんです。

 

香合は、はじきで、ちょっと華やかですが、秦野市にある「陣屋」さんという旅館の陣屋窯でやかれたもので、

確か当時の女将さんのお嬢さんがやかれたものだったと記憶しています。

下に敷かれている紙敷は↓

 

 

京都の「唐長」という工房の京からかみで、”紫地蝶三匹”といわれています。

 

ちなみに、花入れは↓

 

 

紺青交趾「尊式花入」で、中村翆嵐の作です。

古代中国の銅器の中に「尊」という細長い筒型で、口べりが広がり、胴部分に張りのある形の酒器があり、

その形の写しだそうで、他に黄交趾もあるようです。

掛物は、相国寺官庁の有馬頼底揮毫の「紅炉一点雪」です。

 

 

体調が日ましによくなってきたような気がします。

早く春が来ないかなぁ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント (19)
この記事をはてなブックマークに追加