週末を原村で

非日常性のユッタリした時の流れを信州は原村で。音楽を聴きながら星を眺め!最近は海外の旅の記事もアップします。

#0126 -’19. 一時は自分も考えました老後の海外移住

2019年08月31日 16時25分30秒 | その他
仕事関係の知人が50歳に成ったら息子たちに経営を譲り、オーストラリアに移住して老後を楽しむんだと言っていました。
その後、お付き合いも疎遠になり移住されたかは分かりません。
その話を聞いて、自分の心の中にも芽生えた老後の移住でした。

老後の海外移住先のおすすめの国は嘘



こちらは、不動産屋さんのある意味回し者ですと、言うと言いすぎかもしれませんが現実を表していないと思います。
TTMつよしさんのとは大違いです。

タイ移住 海外移住しやすい国 衣食住 ダサい マズイ 汚い!?はホント? 実生活体験談。海外移住を簡単にする方法メリット 老後年金生活も貧困の心配なし!プロンポンで超高級 家賃○2万円の家借りて見た!


貴方は、若くても場合も老後の場合も海外移住する目的は何ですか?
ただ単に日本の通貨に比べて、移住する海外の通貨が安いからその国に移住すれでは間違いのもとかと。
30万円/月、40万円/月、50万円/月の収入があったとしても、目的が通貨と生活物価の要件だけで選ぶのでは楽しい老後は選べないと思うのでアップした次第です。
老後の移住先ナンバーワンのマレーシアの物価が安いから20万円の収入が40万円の収入になるとか、50万円の収入が100万円の生活ができるなどでは破綻は目に見えています。
好きな国に行くべきですし、老後を託す国ならその国を愛するべきです。
愛する事が出来る国に行ったのでは行っても意味が無いと思っています。
料理が美味しい、物価が安い、治安が良いとの宣伝に踊らされては帰国する資金も食いつぶし流浪の民になりかねません。
只の個人的な見解にすぎません。
行かれる方は頑張ってください。

コメント (4)   この記事についてブログを書く
« #0125 -’19. 駆除された悲し... | トップ | § 隣国(韓国)だからと言っ... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
まさに (馬とモンゴル)
2019-08-31 18:43:14
原村さん

こんにちは!

今日のコメントは読み捨てしてください

この頃、あなたのブログでTTSつよし君のビデオを見るのが楽しく面白くなっています。

彼のトレードマークの白メガネが壊されたのは馬鹿韓国男レポートの時でしたね

知能が低い韓国男性と差しで日韓締結の会話は危険です

心配しながら拝見していましたが最後は暴力沙汰でした

また、通訳が日本贔屓女性ということだけで心配してましたが案の定というか大変だったのでしょう

でも私はつよし君を評価し、嘘や偽者じゃないと感心しています

勇気と度胸と知識豊富な若者です

今後は在大使館なり通して通訳をしかるべき人にすれば暴力や問題も判・事故もなくなるかもしれません

日本の大学で勉強し日韓歴史を理解しているような人物が適任です

老後の海外移住や老後移住生活で気になる事があったのでコメントします

原村さんが実行しなかったのは賢明な判断です

海外移住や老後の海外楽々生活は嘘というのが真実です

海外生活をするのは何処の国でも条件は同じです

何か条か滞在条件があります

全てクリアしても財産を全て失う危険性が95%でしょう

一番、問題なのは日本の斡旋業者に全てを任せる事が一番のリスクです

二番目は海外住居・滞在には一度滞在すると条件は永遠に保障されているとはいえにことです

法律や条令はその時々の政治家や各省庁のトップに委ねられているのが現状だから変更が生じる

いちゃもんをつけていると国外退去なんてあります(きついい方をつすれ財産没収です)

優しい言い方をすればもう、当地では住めなくなります財産を処分し帰国されたら如何ですか

財産処分しようとすると購入者に裏で圧力をかけ思いどおりに処分できません

二束三文ならまだましなほうで滞在期限切れで不法滞在者として追い出されます

財産処分できなく国外退去者になれば二度と入国できません(財産があっても、彼らはこれをします)

これが現実です

私の考えでは海外滞在は最初から全て最後まで自分で事務処理できる能力がなければ海外滞在や老年海外移住は出来ません

私は全て私がしています(大変ですが面白い)

年金生活を浮かしたり安上がりの海外生活も実は日本の業者はビジネスをしているわけですから利益が出なきゃ倒産します(業者には必ず当事国の業者と合弁会社を設立しています)

老後生活者の財産を使い果たすビジネスですから注意が必要です

滞在先の法律や行政事務・条令・施行令等が理解できなきゃ言われたまま料金を支払いさせられ家計簿を調べたら日本より金がかかっていたなんてザラです

一度海外に出て日本へ戻ることになると出るより戻りの方が二重の動力と資金と活力が必要になります

日本でも海外へ出て行けば役所に住民税・国税・県税が掛からないように海外移住出国手続きが必要です(大変d素)

日本で一から人間関係を構築し生活用品の準備しなければならない面倒な社会が待ち受けています

最後に一番の問題は何処の国でも同じですが人間関係が出来るかどうかです

私のブログを見ていただくと分かりますが、現地人と付き合い・仲間つくり・同じ環境・居住区でどれだけの人間関係が作れるかです

孤独・孤立は精神病になりますよ

如何ですか・・つよし君がNOと言ってました

その通りです

現在、私も滞在許可で問題だらけです

三年前までなんら問題が起きなかったのですが大統領が交代した途端、以前の話はなかった事になった

何処かの半島国の馬鹿大統領と同じですよ

ますと夢は一人個室の布団の中で見るこくものです

馬鹿な実力行動はゆめゆめなさらぬように!

原村さんの庭の雑草刈りを夫婦で汗流し美味しい水羊羹と緑茶が最高の老後ライフです
いつも、含蓄のあるお言葉 (原村)
2019-08-31 21:24:14
こんばんは、馬とモンゴルさん。

いつも、心にしみわたるお言葉で読み飛ばすことなどできません。
只、頂いた文章全てにご返事は出来ないかもしれませんが、心に留まったところを中心にご返事させて頂きます。
TTMつよしさんの考え総てに関して同感と言う訳ではありませんが、自分の心の狭さを感じさせてくれていつも教えられることが多くて好きです。
その上ウイットに富んでいて、自分のように大上段に構えず温かい所がすきです。
どこのVLOGで拝見したのかわすれましたが、全身白いパンダが生まれたとの事。
只の白熊になってしまったと述べていた時には大笑いしてしましました。クマとパンダの違いを超越して可笑しい事。
最近の新聞などのディアと業者は同じで事実より自分にとって都合の良い事のみを伝える宣伝ですね。

その国の良い面も悪い面も好きなになってこそ、ほれ込むことが重要なのだと教えられたのも馬とモンゴル産のBILOGでした。
異国で住むことの大変さもありますが、日本人観光客の現地ガイドとして、日本の大手旅行社とタイアップすると良いのではといつも思っている次第です。
余計なおせっかいですいません。

法令の継続性など、法治国家の歴史が浅い為に色々の不都合があるかと思います。
異国に住むことの困難さ大変さと肌で感じます。
何もできませんが精神的な応援のみです。

お山の草刈りも家内に尻を叩かれて、やっと重い腰をあげました。
痺れを切らして鎌で草刈りを始めましたが、家内の労力は並大抵ではありません。
エンジンの刈払機では怖いので電動のナイロンコートの物を買ってくれといわれてしまいまさいた。
お隣さんは電動もエンジンももっていますが、電動は音も静かですし、危険も少ないです。

永住許可などいろいろ困難もあるかと思いますが、日本語学校と言うか塾もいかがなものなんでしょうか。
モンゴルは若い世代が沢山居るようですから、特異な能力で活躍することを願っています。

いつもコメントありがとうございます。
Unknown (カナリヤ)
2019-09-09 10:23:20
原村様、お早うございます。

私は旅行が嫌いで、
飛行機も船も嫌いなので絶対、
海外に行くことはないのですが。

海外移住の話はテレビなどで聞いたこと
多々ありましたが、
良い話ばかりでしたので。。

とても参考になりました。

私、PCでしかブログをしないので、
原村様に
応援ボタンを押せなくて残念です。
海外移住もですが。 (原村)
2019-09-09 11:53:45
おはようございます、カナリヤさん。

昨日は台風が直撃で1時過ぎに目が覚めまして、その後強風で眠れずに朝食時間になりました。
取り立てて被害が無かったようなので助かりました。

飛行機は大好きですが、着陸時より離陸時のあの何とも言えないフワットスル重力感が嫌いです。
我慢我慢で乗っています。
でも、日本は千差万別の沢山の観光地がてんざいしていますし、お祭り一つとっても大好きです。

海外移住は安いからその国に行くでは、問題が生じるかと思うようになりました。
その国が大好きでその国に骨を埋めたいとの気概が必要かと思い、日本に勝る国は無いと思うようになりました。
国粋主義者ではありませんが、素敵な国に生まれたことに感謝です。

PCとタブレット等を使用していますが、読者登録が出来ずにいます。
使用方法が以前の読者登録と異なりフォロアー管理になり登録できずにいます。
私の使用方法が誤っているのか登録できず申し訳ありません。
また、応援ボタンについては気にする必要はありません。
お礼と言うより、良いなと思ったら押させて頂いています。
ただ、自分のブログは時々、棘もあり毒もある文章を載せる事がありますので、そんなときはスルーしていただければ幸いです。

これからも宜しくお願い致します。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

その他」カテゴリの最新記事