50歳からの海外移住生活

風とカモメの街に暮らして                               

人生、またもや失敗したかな?

2020-12-03 23:20:23 | 海外生活、切れやすい夫とのこと。


今日は歯医者に行きました。
夕方5時半からの予約で、歯のお掃除です。
4か月前に予約して今日です。
返ってきてピザを食べてから、夫がテレビのニュースを観ようとしたところ、トランプ大統領が出てきて演説、そこで、また夫はトランプ大統領のことを誹謗し始めました。
聞くのが嫌で、ニュースは観ないようにしてたのですが、ここで、また喧嘩になりました。
夫は、いきなり私の頭を叩きました。
そして、またFのつく言葉で罵り始めました。

ああ、またこのようなことの繰り返し。
日本に帰れたら、どんなにいいだろう?
淋しいけど、一人で暮らせたら、喧嘩などしなくて済むのに。

そんな日本も中共に侵略されたら、嫌ですけどね。
それに、私には、家族と呼べる人もいない。
息子夫婦は寄り付きもしない。
お嫁さんは私のことを嫌ってるし。

孤独な老後が待ってます。
こんな人生になるなんて、誰が予想したでしょう。
私は自分で言うのも何ですけど、難しい人間でもないし、単純だけど、素直な人間。
人が喜んでくれると幸せな気持ちになる人間。

しかし、自分の意見に従わせようとする人には、やはり、ついていけません。
家族関係では、恵まれていませんでした。
母が亡くなってからは、私の味方は、一人もいなくなりました。

この大統領選挙のこと、中国のこと、夫は未だに、日本の尖閣諸島が中国に攻撃されてることを信じません。BBCでは、こういうニュースは報道していませんからね。
トランプ大統領に関するニュースも誹謗中傷のニュースが、殆んどですから。
香港のアグネスチョウさんなど3人のデモシストが逮捕されたニュースも報道していません。

こんな世の中になるなんて、1年前まで想像もできませんでした。
日本には、いつ帰れるのか、わからないし、先の見通しが全くつかめません。
中国人が検査なしで、日本に入国できるというのに、海外に住む日本人は2週間の隔離期間が必要とは、本当に不公平な気がします。
日本政府はいつから、日本人よりも、中国人優先になったのでしょう?

まして、中国では、また感染者が出ているとのこと。それなのに、事実を言わない中国。
それに、中国に日本人が入国するには、2週間の隔離期間が必要ということです。
一体、日本という国は、どうなってるんでしょう?
さっぱりわかりません。
にほんブログ村



コメント

出ていけと言われても、出ていけないつらさ。

2020-10-20 06:12:12 | 海外生活、切れやすい夫とのこと。

ハーフタームに夫の息子が来ると言う。
内は狭いから泊めてあげられないからということで、夫は、息子を呼ぶために、ホテル代や交通費を出すことにした。
私も、ホテルに泊まってお湯につかって温まりたいのに。
子供たちには、お金を使って、私のためには、お金使わないんだな。
いつもそうだった。
しかし、それなのに、夫の息子は、お金をもらうだけもらって、Hastingsのお友達のところに豪華なランチパーティをしに行くという。
貧乏な夫が、なけなしのお金を出して呼び寄せたというのに。
そんなこんなで、夫は機嫌わるい。

そして、また、今夜、切れた!!
いつも矛先は、私に向かう。
いらいらしていて、当たりちらす。
しまいには、いつものように汚い言葉Fで始まる言葉で罵る。

60代のブログのダメ女さんのブログを毎日欠かさず読んでるけど、やはり、旦那さんが、汚い言葉で罵るようだ。
どこも同じかな~と、共感を覚えるし、慰めになってる。

なかには、優しい旦那さんもいるみたいだけど、それでも、別居されてる人もいる。
別居できるのは、本当に幸せだね。
できれば、私もそうしたいくらい。
そして、たまに会うのが一番いいんだろうね。

ダメ女さんの場合は、いつも2階に閉じこもることで、不仲夫さんと顔を合わせないようにしてるようだ。
何を言われても、言い返さず、黙って退散。
私も、そうしなきゃ!!
夫がいつも、言う言葉は決まって、出ていけということ、今はコロナで、日本にも帰れない状況だというのに。
そして、毎回、言うのは、カウンシルタックスを払ってやってるのに!ということ。

食費とかは、私が半分は、支払ってるし、大型家電や、カーペットなども私が支払ってきた。
日用品も殆ど私が払ってる。
日本の夫みたいに、奥さんを養うという気持ちが、イギリス男性には、ないと思う。
他の家庭は、どうか知らないけど。

離婚率も高いし、女性でも、自立してる人が多いし。
まあ、この国は、子供がいたら、政府が至れり尽くせりで、シングルマザーには、十分なお金を補助してくれるから日本みたいに大変ではないかもしれない。

50歳という年齢で、こちらに来たことは、正直言って、無謀だったのかもしれない。
かと言って、日本で、あのまま暮らすのも、耐えられなかった。
私がイギリスに来た途端、父が亡くなるとわかっていたら、日本にいて、母と一緒に暮らすということも出来たのに。
しかし、ダメ女さんのブログを見ていても、介護というのは本当に大変なものだ。
特に、遠距離介護は、つらいものがある。

かと言って一緒に暮らしていても、しんどいことが多いだろうなあ。
不仲な夫さんの家を出て、お母さんの家に一緒に住んで、介護という手もあるだろうに、と思ったりもする。他人事ながら。

しかし、日本の今の情勢を見てると将来、どうなるやら?
日本が日本のままでいられるか?
中国の支配下になってしまったら、嫌だなと思う。
地震の心配もあるし。
温泉や美味しい食事は魅力的だし、日本は、何と言ってもサービス精神が全くちがう。

コロナになってから、友達が激減した。
というか、リア友っていうのが、きっといなかったのだろう。
昔からの友人たちは、遠くに住んでいて電話でしか、交流できないし。
しかも、時差があるときてる。

孤独だ。本当に、まじ、孤独だなと感じる日々。



スパゲティペスカトーレ、2日連続で食べてる、飽きてきた。


今日は、本当に久々に、バナナケーキを作った、バナナが古くなってきて使わないとと思った。
オーブンでバナナケーキを焼いてる間、何とも言えないくらい良い匂いが漂ってきてた。



簡単、安上がりのデザートの出来上がり。砂糖入れず、ハチミツをほんの少しだけ。

久々にYoutube をUpしました。生徒さんにメロディを弾いてもらって伴奏は、私がするというもの。
chimchim cherry duet version
https://www.youtube.com/watch?v=JpRRLfytXes

なかなか楽しいものです。デュエットって。

にほんブログ村



コメント

老後は、やはり、日本で暮らすしかない。

2020-10-05 01:28:53 | 海外生活、切れやすい夫とのこと。

夫のことだけど、最近、認知が少し入って来たのではないかと思うことが少々ある。
それに、言動が、今まで以上に、暴言を吐くようになった。
普通に会話が出来ない。
私が何か言おうとすると怒りだす。
何も、私の言うことを聞こうとしない。
一方的に自分の意見を言う。
私が何か質問しようとしたら、怒る。
だから、何も言えなくなってきた。

少しでも気に入らないことがあると、罵るし、今日は、暴力まで振るわれた。
もう限界かな?と思う。
早く日本に帰りたい。
もうこれ以上は、我慢が出来ないと思う。

これまで、我慢もしてきたけど、もう、さすがに。
人の傷つく言葉を繰り返し使うし。

今までは、いろいろ夫に頼ってきた。
頼ってきたことが、良くなかったのだろうか?
やはり、この国で生きていくには、自立していないと無理みたいだ。

言葉の壁は、やはり大きいし、今までは、いろいろ、私の相談に乗ったり。助けてきてくれたと思う。
特に、銀行のことやら、複雑な内容のことは、夫に聞いていた。
でも、それも、無理っぽくなってきた。

今日は日本にいる、友人のTさんと電話で久々に話した。
彼女が言うには、海外在住でも、老後に、日本に戻ってくる女性が多いと言ってた。

私も終の棲家を探したいし、やはり、ここでは、夫に頼らざるを得ないし、そういう生活では、暮らしていけないことが、わかってきた。

天気も重苦しいけど、家中に、重苦しい空気が流れてる。
狭い家だから、顔を突き合わせて暮らすしかない。
ちょっとしたことで、すぐに怒る夫とは、老後、仲良く暮らすのは無理だとわかってきた。

銀行の手続きで、わからないことがあって聞いても、Stupid woman!! と言って怒鳴られる。
もう、本当に悲しくなってしまう。
ここでは、誰にも頼れないと、つくづく感じてしまう。
日本にいたら、言葉が通じるから、何でも自分で処理できるのだけどね。
それに、専門家や友人や、いろいろ助けてくれるひともいるし。
これで、私が病気になったり、体が不自由になったら、虐待されること間違いなしだと思った。

実は、今日、元夫の姉に電話した。東京で隔離期間の2週間泊めてもらえないだろうかと。
元夫の姉とは、唯一、今も交流を重ねている。

彼女は、弟K君(元夫の弟でもある)が今、体を壊して、おまけに、幸せなはずの家庭だったのが、奥さんによって虐待されていて大変なことになってると伝えてくれた。
以前は、一流大学卒業で、などと自慢の種だった奥さんらしいけど、K君が体を壊してから、奥さんの精神もおかしくなってきたようだ。そんなこんなで、今は難しいと。
もともと、旦那さんも癌を患っていたから、無理だろうとは思っていたけど。

今までは、夏の心地よい快適な気候、そして、ここでは、少なくとも自分の好きな仕事が出来ることで、我慢して過ごしてきた。
今迄から切れやすい夫だったけど、ここまで横暴で、人の言う言葉を一切聞かない人だとは、思わなかった。
もう覚悟は出来てる。
あとは、いつ、日本に帰れるか、が問題だ。
コロナがなかったら、今すぐにでも帰るのだけど。
2週間の隔離期間があるから、などと言ってられない状況だ。

今、飛んでる飛行機、直行便がなくても、東京で2週間、ホテルに滞在するしかないだろう。
今年末か来年早々、帰れることを願ってる。
今までは、アシアナ航空で帰っていたけど、このご時世では、韓国の飛行機に乗るのは、ためらわれる。

そして、一番心配なのは、日本が中国の支配下になったら?ということだ。今日電話した友人も、皆、そのことを心配してると言っていた。

60代ブログの人気ランキングの人々のブログを読むことだけが、今の私の慰め、救いになっています。皆、悩みをかかえながら、不仲な夫がいても、頑張ってるんだと思うと勇気が出ます。

にほんブログ村



コメント