50歳からの海外移住生活

風とカモメの街に暮らして                               

展覧会を終えて、一息。

2016-11-28 11:05:46 | 海外生活
土曜日、日曜日と、二日間に渡って、タウンホールで、展覧会が開かれて、私たちも、土曜日の午前中と、日曜日の午後、アテンダントとして、出席した。

たった2日だけの展覧会にもかかわらず、色んな人が、入れ替わり立ち替り、来てくださった。

一日目は、10時半からMayorの挨拶もあったせいか、大勢の人が、入場してきた。
タウンホールの会場は、2階になる。

タウンホールは、古い歴史ある建物で、中も豪華な威厳のある雰囲気。



2階に上がると、展覧会の会場が設置されていた。



一日目は、オープンと同時に、私の生徒さんであり、家族同様に親しくしてくれているMちゃんが、早速
歩いてやってきてくれた。彼女の家からタウンホールまで徒歩、5分くらいの距離なのだ。

それから、友人のK夫妻と、K夫妻の友人のインド人のVさんが来てくれた。

3人を案内、そして、入場者に、案内の紙を渡したりしてるうちに、ボランティアで行ってる犬の飼い主の
Pさんが、杖をつきながら、彼女のお友達に付き添われてやってきた。

その後、ベジタリアンレストランのオーナーのCさんが来てくれた。

「あなたの絵は、どこに、展示してあるの?」と、皆に聞かれ、私の作品と、夫の作品のある場所に案内した。そんなこんなで、かなり、忙しかったけど、Excitingな一日だった。
何しろ、展覧会に自分の絵を出展するなんて、生まれて初めての経験だもので、とても、エキサイティングな、経験だった。

昨日は、展覧会2日目、私は、おととい連絡のあった、ポストオフィスに行って、無事、ジャズピアノのCertificateを受け取った。
郵便局員は、私の顔を覚えていて、「覚えてるよ!今すぐ取ってくるからね!ずいぶん待たせて、すまなかったね」と言ってくれた。
私も、笑顔で、「どうも、有難う!」と言って、もらってきた。

2日目は、午後からのアテンドだったが、1日目に比べて空いていた。
ソサエティの人に、「あら、あなた、今日も来てくれたの?一日だけでよかったのよ」と言われて、
「ええ?そうなんですか?でも、2日間、出席しないといけないと、書いてあったもので」と言ったものの、もし、私が帰ってしまったら、今日、来ると言ってくれた、友人に、申し訳ないから、その後も、閉まるまで、アテンドを務めることにした。

フィットネスクラスのJさんが、一人で観に来てくれた。
随分、離れた所から歩いてきたようで、寒さのため、涙ぐんでいた。

それから、お世話になってるK夫妻がやってきた。
時間があったため、会場の片隅に併設されてるティーコーナーで、一緒にお茶をした。

お茶と、美味しそうなケーキが売られていたので、そのケーキも一つ頂いた。
お茶とケーキで、たったの1ポンド50ペンス。

何と、このケーキ、Mayor(市長さん)の旦那様の手作りだそうだ。
Mayorの旦那様が、自ら、ケーキを朝から焼いて、売っていた。
生クリームとフルーツが乗っていて、市販のとちがって、甘ったるくなくて、なかなか美味しかった。
ちなみに、市長さんも自ら、お茶を入れたりして、来客者にサービスをしていたので、びっくり!

その後、またMちゃんが、写真を撮りたいからと言って、やってきてくれた。
そして、もう30分で閉まると言う頃になって、友人のCさんとYさんがやってきてくれた。

2日間の開催期間で、私の作品と、夫の作品が、1点ずつ売れた。



夫の作品は、夕食のKipperと言う魚と味噌汁などを描いた、いたってシンプルな作品。
時間も手間もかけていない、この作品が売れた。



私のはというと、やはり、時間も手間もかけていないパステルのこの作品が売れた。

Mちゃんのママは、仕事が終わって、駆けつけてくれた。
そして、この後、皆で、Town Hallの前のバーで、「お疲れ様」会を。
私にとっては、何とも充実した、展覧会だった。
夫は、大きな作品が売れなくて、ちょっと、がっかりしていたが。。







コメント

イギリスの郵便局は、信用できない!(・_・;)

2016-11-26 21:47:00 | 海外生活
今日と、明日、タウンホールで開催されるExhibitionのために、昨日から、奔走していた。
昨日は、絵画の搬入の日。
私の作品3点と、夫の作品3点(これが大きいサイズで)を、一人で、運ぶのは、大変だった。
私にとっては、生まれて初めての、Exhibition、初めての経験だった。

今日は、朝から大忙し。Exhibitionのアテンダントをしないといけなかった。
朝の2時間だけだったけど、初めての経験で、少々、戸惑ってしまった。
私は、リーフレットを渡したり、来客を案内したりする役目だった。

町のタウンホールは、威厳のある古いビルディング。時計台は、クリスマスなどになると、ライトアップする。


町の中心地、タウンホール(市役所)の2階で、Exhibitionは開催された。
いろんな人が来てくれた。
私の知り合いにも、宣伝したためか、知人、友人、そして、生徒のMちゃんなどが、こぞってやってきてくれた。
それだけで、もう、大忙しだった。
10時半からは、Mayor(市長さん)が、開催のセレモニーにも来て、スピーチをしたり、地元の新聞社が来たり、オープンから、かなりの人出だった。
でも、絵が売れるとは限らない。


いろんなアーティストが展示しており、それぞれ、個性があって、面白い作品も多い。
いろんな人たちと、話したり、案内したり、自分自身も楽しんだ。


それから、4日前に届いた郵便物が、行方不明になっていた。
郵便配達が配達した水曜日に、不在だったため、荷物を受け取れなくて、郵便局に取りに行った。
しかし、荷物が行方不明になっていたため、再度、木曜日、そして、金曜日、そして、今日も
郵便局の本局に行った。

しかし、郵便局の局員は、「見つからない」という。
「電話しますから」と言うので、待っていたが、多分、連絡は、ないだろうと思っていた。

以前、日本から送られてきた荷物が、金額が高く書いてあったため、目玉が飛び出るくらいの金額の
Taxをかけられたことがある。
仕方なく、日本に送り返してくださいと言った。
でも、その荷物は結局、日本には、戻らず、行方不明になってしまった。
多分、郵便局員か、税関の職員が、盗んだのだと私は思ってる。

先日、日本の友人が、インスタント味噌汁や、ラーメン、その他、日本食を送ってくれたと言う。
彼女が送ってくれたのは、もう3週間前。
多分、その荷物だろうと思った。

行方不明と聞いて、「ああ、またか?」と、気分が重くなった。
せっかく友人が、心を込めて選んで面倒な思いをして、送ってくれたものが、なくなるなんて、悔しくて
仕方なかった。
今日こそ、来てるか、と思ったが、やはり来てなかった。
「昨日も、おとといも、ここに、来たんですよ。荷物は、どこに行ったんですか?」と詰め寄ったが、局員は、「わからない」の一点張り。

昨日の職員は、「すみませんね。マネージャー(上司)にメモを残しておきますから」と謝ってくれたが、誤って済む問題じゃない!
大切な荷物が、なくなるなんて!

今日も、しぶとく行って、尋ねた。職員が、「マネージャーが、今探してますから」と言うのだが、待てど暮らせど、マネージャーは出てこない。
私は、ついに切れて、「マネージャーを呼んでちょうだい!」と言った。
「あんたじゃ、話にならないわ」と思ったのだ。
ようやく、マネージャーは出てきた。
目が赤く腫れていて、なんとなく、服装がだらしない感じだった。
「探してるなんて言って。。裏でお茶でも飲んでたんじゃないの」と心の中で思っていた。

そして、ここは、強く言わないと、と思った。
夫は、私みたいに、強く言えないタイプ。
私は、英語で、文句を言うのは苦手だけど、ここは仕方ない。
自分で言わなきゃ、強く言わなきゃ!きっと、何も進展がない、と思った。

普段は遠慮深い性格なのだが、腹がたってたので、思い切り文句を言った。
「どうしてくれるの?!荷物は、いったいどこに行ったっていうの!?責任を取りなさい!」と言う感じで。。。
ここに来た頃は、こんなこと、とっても言えなかったけど、私も強くなったもんだ、と自分で思う。

今日は、この後、ポストオフィスに行ったり、午後からは、ミリーの散歩に行ったり、そして、夜は、ベリーダンスのパーティに誘われていたので、少しだけ、顔を出したが、どうも、居心地が悪くて、早々と退散してきた。
そんなこんなで、忙しい一日が終わった。
こんなに忙しい一日は、滅多にないことだ。

ベリーダンスのパーティは、イマイチだったけど、充実した一日だった。
それから、ミリーの散歩中に、ポストオフィスのマネージャーから、電話があった。

私の荷物が見つかったとのこと。
それは、荷物ではなかったようだ。

どうやら、先日受けたジャズピアノのCertificate(賞状)のようだ。
結果が出たことすら、知らなかった。
ネットで調べてみると、Distinctionで、合格していた。

それで、結局、今日は、良い一日となった。

しかし、北海道の友人の送ってくれた荷物、SAL便で、今月の9日に送ってくれたと言うが、まだ届いてない。SAL便だと、せいぜい、かかっても2週間で届くのだけどなあ。
無事に届くといいのだけど。。。(・_・;) Fingers Crossed! (幸運を祈る)
コメント (2)

残りもの野菜で、ミネストローネを作りました。

2016-11-17 23:05:12 | 料理
このところ、腰痛と、足底筋膜炎、それに、膝の痛みに悩んでおります。

体重を減らさないと!(・_・;)
ポッコリお腹も、気になります。
日本から持ってきたジーンズも、太ったせいで、履けないのが出てきて、少々、焦っております。(;゚Д゚)
何か、ダイエットによい食事は、ないものか?

イギリス式の食事をしていては、だめだなあ~( ̄▽ ̄;)

満腹になるまで、食べてしまう癖もやめないと!(;^_^A

こちらの人は、夕食の後、必ず、デザートを食べます。
私も、お腹が、いっぱいでも、別腹と言って、ついつい、お付き合いで食べてしまうので問題!(-_-;)
何と、意志の弱いことか!?

冷蔵庫に、たくさん残ってきて古くなりそうな野菜。
昨日は、スパゲティイタリアンを作ったのですが、スパゲティソースが余ってしまって、
今日は、久しぶりにミネストローネを作ることにしました。余ったソースも入れました。



残り野菜は、ペッパー(オレンジのパプリカ)マッシュルーム、ズッキーニ(イギリスでは、コジェットと言います)スウィードと言う野菜(蕪のような、でも、甘みがある野菜)セロリーなど。



ガーリック少々を、オリーブオイルで、炒めて、ベーコンも炒めて、あとは、野菜などの材料を加えて、煮込みます。トマト缶や、豆(私は缶詰のミックスビーンズを使いました)も入れた方が、美味しいです。



コンロで、少し煮込んだら、あとは、オーブンに入れて、一番弱火にします。
45分ほど、オーブンに入れて置いたら、もう出来上がりです。



あとは、シェル(貝殻)型のパスタを茹でて、スープに混ぜて、頂きます。

とても、美味でヘルシーです。ダイエット食にも、いいかも?



お昼は、昨日、マーケットで、タイ人の人たちが炭で焼いてる、チキンと豚の串焼き、そして、大きめの春巻きを頂きました。



やはり、炭火で焼いた串焼きは、美味しいです。チキンは、生姜の味のソースが利いていて、豚肉の串焼きも、タレが美味しくて、イギリスでは、なかなか、焼き鳥などを食べれないので、毎週、水曜日に、ハイストリートで行われてるマーケットに行く機会があったら、この串焼きは、必ず買うことにしています。




コメント

スーパームーン

2016-11-14 22:53:36 | 海外生活
土曜日は、嵐でしたが、昨日の日曜日は、秋晴れの良いお天気でした。

今年は、気象観測史上、1880年から数えて、最も、暖かい年だったそうです。
温暖化が進んで、将来、日本のような夏の暑い場所で暮らしていけるのか、不安です。

昨日は、夕方、車で走っていて、あまりに月が美しくて、しかも大きなお月さまだったので、
つい海岸まで行って、海の上に浮かぶ月の写真を撮りたくなりました。

実は、私は、スーパームーンなどとは、知りませんでした。
それにしても、あまりにも、月が美しくて、思わず見とれてしまいました。

海岸は寒くて、ずっと見ていられませんでしたが、海の上を、煌々と月の光が照らしていました。
カメラでなくて、スマホしかなかったので、上手く撮影できなかったのが残念です。

コメント (2)

あんころ餅が食べたい!

2016-11-10 20:43:37 | 海外生活
今日は、ジャズピアノの試験の日でした。
隣町のブライトンまで行ってきました。

Scalesは、簡単なのは、練習しなくていいと思って、最近は、集中的に、難しいスケールや、苦手なのをやっていました。
そしたら、今日、一番、簡単なスケール、「DorianのCを、弾いてください」と、Examinerに言われて、しょっぱなから、ミステイクを2回もしてしまいました。

でも、Aural Test B 即興で弾くのは、苦手なはずなのに、詰まることなく、弾けてしまいました。

結果はどうあれ、まずまずの出来かな?と思っています。
来週、ピアノリサイタルがケアハウスで行われるので、その練習が、欠かせません。
やっと、曲選びをしました。

秋も深まりつつあります。先週末、散歩した公園は、落ち葉で埋め尽くされていました。



ギルドレッジパークにある公衆トイレ、この建物は、築100年以上だそうです。



土曜日は、ミリーを連れて、森に行きました。



今日はブライトンに行ったついでに、お餅を買ってきました。

昨日は、スーパーで売ってるAzuki Beans の水煮の缶詰に黒砂糖を加えて煮込みました。
簡単に、餡子、ぜんざいが出来ました。



これで、明日は、あんころ餅を作ろうと思っています。



少しだけ頑張った自分にご褒美。。お餅は少々高かったけど、たまには、お餅も食べたくなるというもの。
餡子のお餅と、のり醤油のお餅を作ろうかなと考えています。

こういう寒い季節になると、お餅が食べたくなるのです。



コメント