団塊の世代のつぶやき

誇れる日本を取り戻そう

「日本は敵」「核実験で打撃」

2017年05月26日 | 北朝鮮

  朝鮮学校への補助金を未だに出している自治体があるようですが、05月10日、第 1429回の「千 葉市、朝鮮学校補助金、交付せず」のように止めるところが増えてはきているでしょう。
  と言うか、補助金を出すことが信じられません。結局は反日売国左翼・在日が怖いのじゃないでしょうか。

  これも、戦後日本人の劣化による「触らぬ神に祟りなし」の卑怯者精神そのものでしょう。

  その腰の引けた卑怯者対応で、日本人を舐めきった北が、調子に乗って言いたい放題です。

  産経ニュースより     2017.5.15

 「日 本は敵」「核実験で打撃」朝鮮総連が学習資料作成 日米への敵対視強化

 在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)が日本を「敵」と位置付け、ミサイル発射や核実験を強行している北朝鮮の金(キム)正 (ジョ ン)恩(ウン)朝鮮労働党委員長をたたえる学習資料を傘下団体向けに作成していたことが15日、分かった。朝鮮総連関係者が明らかにした。2月の正恩氏の 異母兄、金正(ジョン)男(ナム)氏殺害事件を受け、正恩氏の偶像化推進と動揺する組織の引き締めを図 ることが目的。朝鮮総連は韓国大統領選で北朝鮮寄りの左派政権が誕生したとみて、韓国と比べ、より日米を敵対視する姿勢を強めそうだ。

 関係者によると、学習資料は表紙を含めて18ページ。3月から4月にかけて、朝鮮総連本部が都道府県別にある各地方本部に 配布した。

 学習資料では、「米国やその追従勢力である日本が軍事的圧迫と制裁を立て続けに強めてきた」と批判。その上で、昨年の北朝 鮮の 核実験と「光明星4号」と称する長距離弾道ミサイル発射について「敬愛なる(金正恩)元帥様は、武器実験を繰り返し、敵に無慈悲 な打撃を与えてやつらの気勢をそいだ」と評価。日米を明確に「敵」と位置付け、核実験を強行している正恩氏を支持する姿勢を 打ち 出した。

 さらに、「国防分野での輝く勝利は、祖国人民に民族的な誇りを与え、米国と日本に恥じ入る破滅を与えた」ともアピールし た。

 また、正恩氏の人柄については「敬愛する最高領導者、(金正恩)元帥様は、領導のための格別な風貌をお持ちになっている。 常に 勝利への道に祖国を導く卓越した領導者である」と賛辞。加えて「誰もまねることのできない非凡さと驚異的な能力で、国力を最上の 境地で輝かしている」「朝鮮人民は偉大なる太陽である元帥様に仕える」などと神格化した。

 正男氏殺害事件をめぐっては、複数の朝鮮総連幹部らが内部の非公式会合で「遺体は正男氏と確認されていない」「マレーシア 当局 が(猛毒の神経剤)VXによる毒殺を主張しているだけだ」と部下らに説明。「マレーシアには米中央情報局(CIA)のアジア拠点 があり、事件は米韓による謀略である」と断定していた。

 朝鮮総連内では、こうした説明を受けても「正男氏は北朝鮮当局に殺害された可能性が高く、気の毒だ」と正恩氏に反発する声 が噴 出し、動揺が広がっていた。

 朝鮮総連は産経新聞の取材に対し、「応じない」としている。

  北にすれば、これほどに扱い易い国は無いでしょう。ちょっと脅せば、何でも受け入れる卑怯者国家を嘲笑ってやりたい放題です。
  何と言っても、拉致被害者を取り返しにも来ない日本をバカに仕切っているでしょう。それでも、憲法改正もしない卑怯者国家ですから消滅するだけでしょう。それでも良いのですか。  

 先人も諦めているでしょう! 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

米軍の北朝鮮攻撃早くて六月

2017年05月17日 | 北朝鮮

  トランプさんが、本当に特亜3国を崩壊させるか、それとも金に転んだかが分からず、気が揉める毎日です。
  最悪なのは、トランプさんが金に頃んで、矛先を日本に向けて来ることです。未だに、グローバリズムを信奉しているように思える安倍さんだけに貿易で徹底的に搾り取られるなんてことにならないことを願いたいものです。

 何時もの宮崎さんが、北攻撃は、あったとしても空母三隻体系が整う6、7月だと書かれています。やってくれるのなら待ちますが、果たしてどうなることやら。

  宮崎正弘の国際ニュー ス・ 早読みより   平成29年(2017)5月7日(日曜日) 通算第5281号  <前日発行> 

 宮崎正弘の国際ニュース・早読み  <米軍の北朝鮮攻撃、「もし」があるとしても早くて六月、あるいは七月

 米軍の北朝鮮攻撃、「もし」があるとしても早くて六月、あるいは七月
   空母攻撃群は三隻以上なければ戦争にならない

 シリアの空軍基地へのミサイル攻撃(4月7日)は、地中海洋上の米海軍駆逐艦からで、象徴的に打ち込んだだけだった。
戦線の拡大も継続もトランプ大統領は意図していなかった。ロシアの軍事施設は巧妙に攻撃目標から外された。左翼メディアからこっぴどく叩かれるトランプだが、不動産ビジネスで鍛え、幾多の裁判闘争を闘ってきただけに大胆にみえて細心である。

 セルビアへの空爆は、かのクリントン政権下で行われたが、「5000メートル上空からの介入」といわれ、地上軍の派遣はなかった。バルカン半島はつねに世界大戦の火薬庫であり、セルビアに泥沼の介入は最初から回避されていた。
 そればかりか、NATOのイタリア空軍基地には最新鋭の英国ハリアー、米国のA10が配備されていたにも拘わらず「安全が確保されない限り出撃できない」として、使用されなかった。
 デモクラシー国家では、目の前のアルバニア人が大量に虐殺されそうな状況でもパイロット一人の命が尊重された。リアルポリティックスの現場で現実に起きたことである。

 湾岸戦争では空母攻撃群が六隻態勢だった。四日連続の空爆が行われ、イラク前線の基地、防空壕、兵站線はこなごなに粉砕された。もとよりイラクに制空権がなかった。

 「大量破壊兵器がある」としての予防的先制攻撃とされたイラク戦争では、兵站を含め15万人の兵力が投入された。
その前のアフガニスタン侵攻では、パキスタンばかりか、タジキスタン、キルギスに米軍の兵站が置かれ、モスクワも上空通過を認めた。欧州にあった兵器システムまでが移送された。

兵站の準備状況から言えば、米軍の北朝鮮攻撃は少なくとも、空母攻撃群が二隻日本海に入り、もう一隻が佐世保か、横須賀入りする時だろう。
三隻目の空母が朝鮮半島を目指している気配はいまのところない。ということは間近の北朝鮮攻撃は考えにくい。
 
 北朝鮮は核実験を延期して、韓国の大統領選挙の様子を見ている(というより工作員が文在寅政権の誕生を画策している)。
文政権誕生となれば、南北統一を北が有利な条件で進められ、べつに軍事攻勢に打って出る必要性も稀薄になるからである。

 ▼アメリカは朝鮮半島に介入する気がない

 すでにアメリカには韓国を守るためにアメリカ人の若い血を犠牲にする必要性を感じていない。
第一に韓国は反米国家であり、韓国主導の南北統一は想定しにくくなった。
第二に韓国軍はモラルが低迷し、戦争に打って出る気力が薄弱である。
となれば、アメリカの利益は武力威嚇で北朝鮮と交渉し、アメリカ本土に届くICBMの開発を凍結させ、核兵器の小型化開発を凍結することである。
この目的が達成されれば、日本に届く核ミサイルは容認しかねないだろう。

 エドワード・ルトワックは新著のなかで次のように言う。
「日本にとってほぼ利益のない朝鮮半島において、北朝鮮が、暴力的な独裁制でありながら、使用可能な核兵力まで獲得しつつある一方で、韓国は、約5000万人の人口規模で世界第11位の経済規模を誇りながら、小国としての努めさえ果たしていない。
国家の「権力」というのは、結局のところ、集団としての結束力をかけ算したものであるが、韓国はこれを欠いている。アメリカが長年にわたって軍の指揮権の譲渡を提案しているのに、韓国が継続的に拒否しているのも、その証しだ。
それとは対照的に、日本は、新たな独立状態を獲得しつつある。これは、日米の対ロ施策の違いからも、新たな責務を担おうとする日本の現政権の姿勢からも明らかだ」(『戦争にチャンスを与えよ』、奥山真司訳。文春新書)

 つまるところ、北朝鮮はアメリカとの核凍結、もしくは1000キロ以遠を飛ぶミサイルの凍結という条件で取引に応じるのではないか。

 しかし、そうなったときに、日本は1000キロの射程に入るから、独自の外交と交渉努力が新たに必要であることを戦略家のルトワックは同時に示唆している。

  トランプさんが金に転ばないことを願うしかないですが、何だか、怪しそうなニュースが出てきました。何と、習が、トランプに太平洋司令官を更迭しろと言っているそうです。本当でしょうか。それ程までに虚仮にされても、トランプは金を選ぶのでしょうか。   

  産経ニュースより    2017.5.6

  中国、米太平洋軍司令官の更迭要求 北朝鮮圧力の見返り

 中国の習近平指導部がトランプ米政権に対し、核・ミサイル開発を進める北朝鮮への圧力を強める見返りとして、米中が対立している南シナ海問題などで対中強硬姿勢を示すハリス米太平洋軍司令官(海軍大将)を更迭するよう求めていたことが6日、分かった。米中関係筋が明らかにした。

 ハリス氏は日系米国人。先月、原子力空母カール・ビンソンに北朝鮮付近へ向かうよう命じるなど、太平洋地域の安全保障の実務をつかさどる。主権国にとって軍司令官人事は内政の重要事項で、他国が更迭を求めるのは外交上極めて異例だ。

 4月6~7日に米フロリダ州で行われたトランプ氏と習国家主席の初首脳会談に合わせ、中国の崔天凱駐米大使が米側に要求を伝えた。また経済関係についても、トランプ政権に対して中国の「為替操作国」認定を見送るよう求めた。

 トランプ政権側は更迭要求を拒否したとみられる。(共同)

  結局は、何があっても自分で自国を守る体制を整えるしかないのですが、それが一番出来ないのが今の日本というのが、余りにも情けないですね。戦後の付けが一気に来るのでしょうか。

  一番良いのは、中国が北の制裁で真っ二つに割れて内乱になることですが、そんな美味しい話が上手く行くでしょうか。

もしかしたら、日本の終わりかも!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「反韓親北」日本が舞台

2017年05月11日 | 北朝鮮

  2日の「虎ノ門ニュース」は、百田さんとゲストの櫻井よしこさんという豪華メンバーですが、百田さんが嘆かれたように、見物の方達が青山さんの時を上回って集まったいました。連休と言うこともあるのでしょうが、櫻井さんの人気の凄さに驚かされました。

 と思ったら、連休の間はずっと見物が多かったようです。やはり、ウィークデーには来ることが出来ないフアンの方達が多いのでしょう。それにしても、「虎ノ門ニュース」の人気がどんどん上がって来ているようです。良い事です。

  その櫻井さんが、前日に産経新聞に、北朝鮮の工作の恐ろしさを詳しく書いてくれています。その凄まじさに改めて恐ろしくなります。
  韓国の平和ボケもそうですが、それ以上に日本人の平和ボケは、北の工作が大きそうです。

  産経ニュースより    2017.5.1

 【櫻井よしこ美しき勁き国へ】「反韓親北」日本が舞台 韓国が反国家団体に指定する非合法団体など政治活動

 4月28日、ソウルで「対日抗争期強制動員被害者連合会」が徴用工の像をソウルの日本大使館前、慰安婦像の隣に設置し、8月 15日には釜山と光州にも設置すると発表した。

 彼らは日本企業約80社を相手に「強制徴用」の賠償を求める訴訟をすでに起こしており、文在寅(ムンジェイン)氏が5月9日の 大統領選挙で当選すれば、韓国政府に元徴用工の対日補償交渉を求めるのは必至だ。

 慰安婦に続いて徴用工でも対日歴史戦を挑む韓国内の動きは日本での動きとも通底し、北朝鮮の意向を反映した勢力が深く関わって いる。

 手元に雑誌『月刊イオ』がある。「イオ」は「継承」を意味する。在日の若い世代に朝鮮民族としての日本に対する負の感情を忘れ させまいとする意図がにじむ雑誌だ。

 発行元は、朝鮮総連の機関紙「朝鮮新報」を発行する朝鮮新報社である。その5月号で三重県在住の「フォトジャーナリスト」、伊 藤孝司氏(64)らによる「植民地・侵略被害の証言」をネットで公開する運動が報じられた。それによると、昨年2月、「植民地支 配・侵略の被害者証言を記録する会」(以下、「記録する会」)が大阪で設立され、8月にはNPO法人(特定非営利活動法人)の認 証を受けたという。

 伊藤氏が「30年以上」かけて集めた慰安婦や被爆者ら約800人の証言を映像とともに、日本語、朝鮮語、英語の字幕つきで順次 公開するそうだ。だが、「記録する会」の本部は、朝鮮総連大阪府本部内にある。朝鮮総連は朝鮮労働党の日本支部で、北朝鮮の事実 上の大使館だ。傘下には金日成主席の主体思想を広める朝鮮大学校もある。「記録する会」の理事長は在日韓国民主統一連合(韓統 連)大阪本部常任顧問の李鉄氏で、理事14人中3人が韓統連、9人が総連の所属である。

 韓統連は2月4日には中央本部が主催して東京新宿駅前で「朴槿恵退陣・逮捕! キャンドルデモ」を行った。キャンドルデモは北 朝鮮の主張に盲従するデモであり、彼らは朴大統領の即時退陣、米韓合同演習の中止、日韓「慰安婦合意」破棄を叫んだ。

 5日には中央大学駿河台記念館で代議員大会を開き、保守体制の打破と政権交代実現の運動方針を決定。これは2月19日、韓統連 大阪本部定期総会で確認されている。

 明らかな反韓組織の韓統連は総連同様、韓国政府が反国家団体に指定する非合法団体である。右の2つに朝鮮労働党を加えた3団体 は、韓国での活動は許されていない。

 日本が反韓国、親北朝鮮の政治運動の舞台として利用されているのは明らかだ。伊藤氏の「記録する会」は総連、韓統連が支える北 朝鮮の国家ぐるみの情報戦の最先端にある。当然、反韓国の先には厳しい反日がある。

 北朝鮮勢力は一見そうとは見えない形で日韓両国に深く浸透している。一例が韓国の「キョレハナ」(同胞はひとつ)である。発足 は2004年、会員6千人、事業内容は全て北朝鮮支援で03年から11年の間に25億円分の物資を北朝鮮に送った(崔碩栄、 「WEDGE REPORT」)。

 対北経済支援が主たる事業の彼らが、慰安婦像設置の募金の窓口となって反日運動を推進中だ。

 韓国の左翼系新聞「ハンギョレ」は、釜山の日本総領事館前の慰安婦像を守るのは「キョレハナ」の大学生組織だと報じている。女 子大生約25人が2~3時間ずつ、交代で像を守るが、彼女らは最新鋭迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」配備にも 日韓慰安婦合意にも反対だ。朝鮮半島の南北分断は米国のアジア戦略が悪いからだと幼稚な主張も展開する。

 だが、キョレハナを運営する隠れた首謀者らは狡智(こうち)である。彼らは日本に幅広い人脈を築き、社会の深部で反日の機運を 醸成する。目を引くのが、昨年3月、立命館大学特任教授の徐勝(ソスン)氏を引率者とした沖縄旅行を企画したことだ。徐氏は約 30人の参加者を引き連れて辺野古基地反対運動の現場を訪れたという。

 氏は1971年4月、韓国留学中に国家保安法違反等の容疑で逮捕され、1審で死刑判決を受けた。逮捕の理由は、氏が平壌でスパ イ訓練を受けていたからだとされる。獄中で19年間を過ごした後、氏は金泳三政権下で釈放された。人権団体の支援で、欧米諸国で 講演し、立命館大学が法学とは無縁の氏を法学部教授として迎えた。

 その氏を案内役にした「徐勝教授と共に行く東アジア平和紀行」の企画には「東アジア歴史戦争の中枢、大虐殺の現場、中国南京」 「東アジア反基地運動の最前線 沖縄」「植民地青年の強制徴用の歴史を記憶する 日本九州」などが目につく。強い反日歴史観を醸 成するかのような旅である。

 一方、沖縄は金日成主席の主体思想研究がとりわけ盛んである。とうの昔に破綻した主体思想を後生大事に唱え続ける人物に沖縄大 学名誉教授の佐久川政一氏がいる。氏は今年1月8日、金正恩氏の誕生日を祝う新春セミナーで、若い世代に主体思想を広める重要性 を訴えた。同じく沖縄大学名誉教授の平良研一氏は日米同盟が諸悪の根源だとする講演を行った。昨年1月の同様の新春セミナーで は、チュチェ思想国際研究所事務局長の尾上健一氏が「北朝鮮が核武力をもつことは不可欠」だとするメッセージを送っている。

  偶然でしょうか、「報道特注も」、北の工作を詳しく語ってくれています。


  今や、「報道特注」も目が離せなくなりました。「虎の門ニュース」などと共に、こうした日本の信実を取り上げてくれるネットの力は、きっと反日売国左翼・在日達を撲滅してくれるはずです。
  その時こそ、日本の再生は成るでしょう。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カーター元大統領に北朝鮮特使を打診か?

2017年05月08日 | 北朝鮮

  トランプさんも国内の反対勢力に、腰が引けてきた のでしょうか。この期に及んで、あのジミー・カーターを引っ張り出そうとしているようです。本当ですかね。

  何時もの、宮崎さんが、取材旅行から帰られて、早速、書いてくれています。やはり、宮崎さんの取材旅行などでの休みの時 は、面白い記事が無くて寂しいですね。
  
 宮崎正弘の国際ニュース・ 早読みより   平成29年(2017)4月28日(金曜日)弐 通算第5271号   

 宮崎正弘 の国際ニュース・早読み  <トランプ政権、ジミー・カーター元大統領に北朝鮮特使を打診か?

 トランプ政権、ジミー・カーター元大統領に北朝鮮特使を打診か?
   北朝鮮への圧力に平行して話し合いも模索へ

 フィナンシャルタイムズが4月27日付けで報じている。
 トランプ大統領は秘策の一つとして北朝鮮へ、ジミー・カーター元大統領を特使として派遣する打診をしているという。

 94年の北朝鮮危機のおりにも当時のクリントン大統領は、土壇場でナン上院議員の派遣を中止させ、かわりにカーター元大統 領が金日成から招待をうけていた話を思い出して、「私人」としての訪朝を促した。

 平壌に飛んだカーター元大統領は、あくまでも「私人」として、金日成と長時間の話し合いをなした。
そして、IAEAの駐在査察の継続、使用済み燃料の再利用中止と引き替えに軽水炉支援(合計13億ドルを米国は支援したのだ が)、これらによって米国は国連の制裁決議促進を一時停止するなどの合意を得た。

 この北朝鮮の首領様と米国の「私人」との合意を、しかしながらクリントン政権が追認した。

 たしかに、1994年の危機は回避されたが、結局、米国は北朝鮮が約束を反古にしたため、臍を噛むこととなった。

 そのカーター元大統領を、また引っ張り出すのは愚策ではないのかとワシントンには懐疑論も飛び交っているという。

  これだけは止めてもらいたいですね。北を延命させれば、中国と違った意味で世界にとっての癌にしかならないでしょう。
  トランプさん、どうか初心を忘れず、中・北、を叩き潰してください。ついでに、韓国もお願いしたいですね。この特亜3国を潰しておけば、世界も静かになって住み易くなるというものです。

  宮崎さん、イギリスと韓国へ行かれていたそうです。


  韓国は、本当に緊張感がないんですね。驚きです。と言うか、この期に及んで、連休で韓国旅行をする日本人も同じですね。もしかしたら、向こうの人なのでしょうか。
  残念ながら、当分攻撃は無さそうですね。

 特亜3国、早く滅びろ!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

朝鮮総連側に約15億円支払い命令

2017年05月02日 | 北朝鮮

  RCCって、まだあったんですね。総連本部の売却問題の後、噂も聞かなかったので忘れていました。
  そこが、今度も朝鮮総連に支払いを求めていたのだそうです。それに対して、京都地裁が支払い命令の判決を出したそうです。
  反日売国左翼・在日供に乗っ取られていると思っていた司法にも、少しは日本の立場に立つ気概が残っていたようです。

  産経WESTより   2017.4.20

  朝鮮総連側に約15億円支払い命令 RCCの債権回収で 京都地裁判決

 経営破綻した朝銀近畿信用組合などから貸し付けを受けていたパチンコ店経営会社2社の実質的な経営主体は在日本朝鮮人総連合会京都府本部(京都市)だとして、同信組から債権を譲り受けた整理回収機構(RCC)が朝鮮総連府本部に計約15億3600万円の支払いを求めた訴訟の判決が20日京都地裁であり、三木昌之裁判長は、債務の連帯保証人として同府本部にほぼ全額の支払いを命じた。関係者によると、すでに2社に対しても同様の判決が出ていた。

 判決によると、パチンコ店経営会社の「シヤイン企画」と「タカラ商事」の2社は、収益金を朝鮮学校の運営資金や朝鮮総連の費用に充てる目的で設立された。同信組は平成10年にシヤイン企画に計約7億9千万円を、3~11年にタカラ商事に計約10億2500万円をそれぞれ融資したが、同12年に同組合が経営破綻。両社への残りの債権はRCCに譲渡された。

 三木裁判長は判決理由で、同府本部の幹部職員が2社の債務の連帯保証人になっていたことについて、「府本部名義では債務保証できないため、個人名義を借りた。(幹部個人としてではなく)府本部が組織として貸付金について責任を持つとの趣旨だったと認めるのが相当」などと指摘した。

  これで、京都府本部を担保に取って、本部ビルの弔い合戦をやりましょう。と言うか、府本部ってビルでもあるのでしょうか。
  いずれにしても、もういい加減本気になって叩き潰して貰いたいものです。一体、今までに、何兆円掠め取られているのかと考えると、あの小泉・竹中・孫などの顔が浮かんできて怒りが収まりません。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

北朝鮮攻撃の前に二次的制裁

2017年04月20日 | 北朝鮮

  アメリカの北攻撃が何時始まるかと待っていますが、アメリカも結構慎重なようです。攻撃の前に、二次的制裁なるものを考えているのだそうです。

  何時もの宮崎さんが、詳しく書いてくれています。やはり、私のような単純バカの思うようには行かないようです。何でも良いから、早く叩きつぶしてくれと考えるのは、何時死んでも良いと思っているからでしょう。人生これからの人達にとっては、何も起こらないことを願っているでしょうね。
  とは言いながら、ここまで平和ボケになってしまった日本を目覚めさせる為のショック療法も必要なのじゃ無いでしょうか。そうしてでも、目を様さない限り、このままの平和ボケでは日本は消滅するのじゃないでしょうか。  

 宮崎正弘の国際ニュース・ 早読みより  平成29年(2017)4月11日(火曜日) 通算第5264号    

 宮崎正弘 の国際ニュース・早読み <北朝鮮攻撃の前にセカンダリー・サンクション(二次的制裁)

 北朝鮮攻撃の前にセカンダリー・サンクション(二次的制裁)
  米国、中国などの関与した貿易会社、銀行に制裁準備。リストはあがっている

 カール・ビンゾン空母攻撃群がシンガポールから、寄港予定だったオーストラリア訪問をキャンセルして南シナ海の北上を開始 し、米国西海岸サンディエゴ海軍基地からは駆逐艦なども西太平洋方面へ出航した。
朝鮮半島近海に展開し、北朝鮮のミサイル、核基地攻撃準備態勢の示威である。空母には特殊部隊も乗り込んでいるとされるか ら、「斬首作戦」の同時展開もシナリオに入っているのだろう。

 その前に、米国はいくつかのセカンダリーサンクションの選択肢を撰ぼうとしている。
 第一は遼寧省丹東、瀋陽にある北朝鮮の銀行、ならびに北朝鮮にミサイル部品など国連制裁決議に違反して輸出していた中国系 商社の制裁を強める。

 第二に在米中国の銀行に資産凍結、取引停止など強い処分をふくめての制裁準備である。これは中国への強いブローとなる。報 復として中国が、米国系銀行の在中国支点の営業停止などの挙にでると、米中貿易は自動的に縮小し、双方の痛手となるため、ど こまでの制裁レベルに留めるかが、これからの検討課題となる。

 マレーシアの妖しげな貿易会社も制裁対象になっているとされる。
 北朝鮮からの亡命者がロイターに語ったところに拠れば、ハンフンイル(音訳不明)は20年前にクアランプールへやってき て、張成沢と繋がるマレーシアの商売相手とコングロマリット「MKP」(マレーシア・朝鮮パートナー社)を設立した。
この商社は、労働者の斡旋、貿易、石炭の輸出、石油の輸入などを表看板に、アジア、アフリカ40ヶ国と取引していた。

 「なかには不正な武器輸出が含まれ、武器取引は、このマレーシアの北朝鮮系商社が行っていた」(ロイター、2017年4月 10日)。

 年に一度、北朝鮮から高官が現れ、ドル、ユーロの現金を手渡していたことが目撃談として語られた。
 ことほど左様に金正男がクアラランプール空港で暗殺されるまで、北朝鮮とマレーシアは持ちつ持たれつの関係であったことが 明るみに出た。

  やはり、世界は金の亡者が蠢いているようです。こんな奴等が、中国や北を生き残らせているのは間違い無いでしょう。やはり、犠牲はあっても、延命させればさせるだけ世界を危機を齎す国は叩きつぶしておくべきです。

トランプさんやってください!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

北朝鮮、日本の漁民50人以上を 殺害か…

2017年04月02日 | 北朝鮮

  反日売国左翼・在日などが、南・北朝鮮や中国の工作と思われる安倍さんの追い落としを画策している今、何故、こんな記事が出るのでしょうか。

  北が、日本んお漁民50人以上を殺したのだそうです。当然、その程度のことはやっているのでしょうが、何故今なのか、それとも、この記事自体が怪しいのか。やはり、裏に何かあるのでしょうか。 

  DailyNK Japan(デイリーNKジャパン)よ り  2017年03月23日
  
  北朝鮮、日本の漁民50人以上を 殺害か…元工作員が証言

 北朝鮮の元工作員が、海上における日本人の拉致に関する衝撃的な証言をした。北朝鮮による日本人拉致疑惑に関しては、いまだに明 らかにされていない事案が存在していると見られているが、今回語られた海上における日本人拉致の証言は彼以外からは出ていない。
漁船ごと沈めた

 今月17日、東京で日本・韓国・タイの北朝鮮による拉致被害者の家族が集まるシンポジウムが開かれた。主催は、北朝鮮反人道犯罪 撤廃国際連帯(ICNK)、韓国の対北朝鮮放送協会と北朝鮮民主化ネットワーク。シンポジウムでは、元偵察局(現偵察総局)要員 であり、現在はデイリーNKで記者として活動するチェ・ソンミン氏が加害者の立場から海上における日本人拉致の手口について具体 的に語った。

  チェ氏によると、海上拉致は「漁民作戦」と名付けられ、日本海側の元山(ウォンサン)近くなどを拠点に60年代から80年代 中頃まで繰り返された。作戦に使用する工作船の船体には漢字で「〇〇丸」と日本式の船名が書かれ、乗り組む工作員たちはある程度 の日本語を話す。さらに、日本製の腕時計や服などを身につけるなど、日本の漁船を装って、夜に無灯火で日本漁船に近づき、船を襲 撃するのだ。

 工作員たちは、日本漁船に乗り込むやいなや、ナイフや銃で船員たちを制圧し、10〜30代の健康そうな若者だけを連行する。その 他の船員たちは船倉や船室に閉じ込めて、証拠隠滅のため、船ごと沈める。作戦は、年に3回から2年に1回ほど実行されたことから、拉致被害者は10人以上、殺害された人は50人〜60人以上に上る可能性もある。

 漁民拉致の目的は、日本海沿岸の地理や軍事基地などの状況を把握するためだった。

 一昨年、東京新聞が入手した極秘資料には、北朝鮮の工作員は拉致を実行する際、対象が抵抗したら毒殺などによる「処断も可能」 (殺害)と記されているという。先日、マレーシアで起きた金正恩党委員長の異母兄である金正男(キム・ジョンナム)暗殺事件もそうだが、海上拉致の手口が事実だとすると、北朝鮮の工作活動は殺人もいとわないものなのだ。

(参考記事:抵抗したら殺せ…北朝鮮「拉致指令」の動かぬ証拠)

 チェ氏は、こうした作戦に少なくとも1回以上、参加したという。現在は自らの行いを深く悔いており、謝罪の気持ちを込めて証言に踏み切った。 

 ただ、この証言が事実であるかどうかは、客観的には証明されていない。デイリーNKジャパンでも裏付け情報の収集に動いたことがあるが、古い時代の話でもあり調査は困難を極めた。

 たくみに証拠隠滅が図られていれば、襲撃された漁船は海難事故として処理されたはずであり、そもそも拉致の疑いすらもたれなかった可能性が高い。

 はたして、この情報を日本はどうとらえるべきか。チェ氏は、現在も北朝鮮国内の元同僚と極秘に連絡を取り合っており、作戦が実行 された正確な時期や場所などについての情報も入手するつもりだという。その情報と過去の日本で起きた海難事故の情報が一致すれ ば、北朝鮮による海上拉致の実態が明るみに出る可能性もある。

  これはきっと本当なのでしょう。もしかしたら、日本政府も知っているのじゃないでしょうか。
  北には腹が立ちますが、これを知っていて放置していた日本政府の劣化に、本当に情け無いものがあります。
  結局、こうした事なかれ主義が、今の、反日売国左翼・在日がやりたい放題の日本の劣化に繋がったのでしょう。
  今の日本人は、日本の歴史上、最低なのじゃないでしょうか。特に、私のような団塊の世代も。

  もしかしたら、これでも目を覚まさないかとの日本人への警告でしょうか。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

北朝鮮には「新しいアプローチ」が必要

2017年03月25日 | 北朝鮮

  アメリカは北朝鮮をどうするかに悩んでいるようですね。国務長官が日韓中へ急遽訪問して何をしようとしているのでしょうか。

  何時もの宮崎さんが取り上げてくれています。あのバカなアメリカは、過去20年、135億ドルも北に投じたのだそうです。あの日本が朝銀につぎ込んだ金額と殆ど同じですね。
  結局は、バカな日米が北を援助したと言うことなのでしょうか。

   宮 崎正弘の国際ニュース・早読 みより   平成29年(2017)3月17日(金曜日) 通算第5228号 

  宮崎正 弘の国際ニュース・早読み <北朝鮮には「新しいアプローチ」が必要とティラーソン国務長官

 北朝鮮には「新しいアプローチ」が必要とティラーソン国務長官
   過去二十年、アメリカは135億ドルも投じて北を支援したのに

 3月16日、急遽、来日したティラーソン国務長官は安倍首相と一時間会談。そのあと外務省飯倉公館に場所を移し、岸田外相 と夕食をともにしながら「日米同盟」の重要性などを話し合った。

  その後、ティラーソン国務長官は岸田外相とともに記者会見に応じ、アジア三ヶ国訪問の主目的は「北朝鮮問題」だと示唆しつ つ、北朝鮮には「新しいアプローチ」が必要だとした。じつは国務長官就任から六週間、ティラーソン国務長官が記者会見に応じ たのは、これが初めてなので、米紙も大きく報道している。

 ティラーソン国務長官は記者の質問に対して、「過去二十年、アメリカは135億ドルも投じて北を支援したのに、ミサイルの実 験を強行した。過去のアプローチの方法では、対応できない」とした。同長官は18日に中国を訪問する。

 ニューヨークタイムズによれば、ティラーソン国務長官は、日本のあと北京を訪問するが、北朝鮮への制裁、核開発凍結などで中国の展開してきたいい加減な遣り方につよく警告し、米国の要求に従わない場合は、米国進出の中国の銀行に制裁を課すことも検討中であると伝えるという。

 米国の軍事筋は「戦略的忍耐」から「あらゆる選択肢」に舵を切ったトランプ政権の、「あらゆる選択肢」には先制攻撃というオプションも当然入っているとしている。
中国は「韓国へのTHAAD配備が原因であり、米韓軍事演習はただちに辞めるべきだ」(王毅外相)などと、まだ寝言を並べているが、北京で18日、何が起こるか?

  こうやってみると、結局はバカで、争いを恐れて腰の引けた日米が、北や中国を育てて、今になって慌てているということなのじゃないでしょうか。
  やはり、特亜3国は崩壊させ未来永劫相手にしないことが世界にとっての平和に繋がるのじゃないでしょうか。つまりは、損切りの決断の時でしょう。

できるかな!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

群馬県、朝鮮学校に「反日的教育確認できず」

2017年03月15日 | 北朝鮮

  反日売国左翼・在日が森友学園潰しに全力を上げていますが、学園側のおかしな動きも見えるようで、多分潰されることになるのじゃないでしょうか。
  折角の素晴らしい教育が、こうやって潰されるのは悔しいですが、それだけ日本人が平和ボケから目覚めてないということでしょう。

  こうやって、日本の素晴らしい教育を徹底的に潰しに懸かるクセに、北朝鮮には未だに優しいことを、7日(火)、第992回の「朝鮮学校補助金 千葉市長『適切に支出』」で、取り上げ呆れました。
  心配したように、今度は群馬でもおかしな動きがあるようです。  


  産経ニュースより    2017.3.6

  群馬県、朝鮮学校に「反日的教育確認できず」 補助金問題、それでも慰安婦「性奴隷」表記も

 群馬朝鮮初中級学校(前橋市)に対する群馬県の補助金交付問題で6日、県は朝鮮学校で使用する教科書や授業内容の調査結果概要を県議会常任委員会で示した。授業視察や教科書から「現時点で反日的教育は確認されなかった」としたが、教科書には「朝鮮女性を日本軍の慰安婦として性奴隷にした」などの誤った記述や金正日総書記を「敬愛する将軍様」とする記述も。授業視察も抜き打ちではなく、北朝鮮が日本に向け弾道ミサイル4発を発射する中、疑問も残る。

 調査は昨年3月、文部科学省が各都道府県に補助金の妥当性に関し再検討を促す通知を出したことを受け実施。9月から今月1日まで約10日間にわたって県職員や通訳が学校を訪問し授業視察を計4回行ったほか、使用している「朝鮮歴史」と「社会」の教科書を受け取り翻訳した。

 授業では、いずれの教科も教師が教科書に記載された朝日平壌宣言などの歴史的出来事や用語を説明。拉致問題については教科書に記述はなかったが、授業で教えるなどしていたという。ただ、事前に学校側に伝えた上で視察していた。

 中学の教科書には反日感情をあおる表現がたびたび見受けられる。日本語に訳した「朝鮮歴史」(星への歩み出版)には、慰安婦問題について「日帝は10代から20代の朝鮮女性たちを日本軍の『慰安婦』として侵略戦争に引き連れて行き性奴隷として虐待した」との根拠のない記述もあった。「敬愛する将軍様」と金正日総書記を紹介、「世界一固い信念をもった闘士たちの中で力強くお育ちなされた」との記載も。

 県は調査の中で「対日闘争という特有の歴史観に基づく記載が見られた」としながらも、授業では「特有の歴史観に基づく教科書の記載部分は担当教員が通読するのみで、日本や他国を敵対視するような説明はなかった」としている。

 校長への聴取や文書照会も実施、「現時点で反日的、反社会的な教育が行われていることは確認されなかった」とした。

 県は今後、調査結果を最終確認した上で、14日の次回委員会でさらに具体的内容を報告する予定。補助金交付を実施するか否かは、その上で大沢正明知事が総合的に判断する見込み。

 群馬朝鮮学校の今年度生徒数は、定員(420人)の約1割程度の41人で、県が補助金を交付し始めた昭和61年度の212人から年々減少している。

 交付金については、昭和61年度の1人当たり5300円が平成19年度からは同5万9千円となり、27年度は45人分計265万5千円を交付している。

 学校運営費は約3600万円とされ、内訳は寄付金約2600万円▽学生納付金約600万円▽県交付金約265万円-など。6割が寄付金だが、県は「件数が多く大口はない」とし、「朝鮮総連からの資金面の支援はない」と校長から報告も受けているという。

  森友に対する対応とこれほどまでに違う優しさは何なんでしょうね。やはり、日本の地方自治体は完全に制圧されているのかもしれません。
  教育勅語は攻撃され、金一族を崇拝する学校は守る素晴らしい日本は、もう再生は無理なのかも知れません。
  と諦めては負けです。絶対に日本を取り戻しましょう。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

やっぱり北朝鮮で何かがおこるのか?

2017年03月13日 | 北朝鮮

  これをアップする頃は、北朝鮮は既に崩壊、もちろん大将は始末されているなんてことが行われているのでしょうか。問題は、拉致被害者の無事な奪回です。

  何時もの、宮崎さんが、アメリカの動きに何かありそうと書かれています。

   「宮崎正弘の国際ニュース・ 早読 み」より   平成29年(2017)3月5日(日曜日) 通算第5209号 

  宮崎正弘の 国際ニュース・早読み  <やっぱり北朝鮮で何かがおこるのではないのか?

 日米異常接近、国防長官につづき、国務長官が来日。秋にトランプ大統領
  やっぱり北朝鮮で何かがおこるのではないのか?

 基本的な構造は「普通の国」になろうとする日本と、「普通の国」に戻ろうとする米国との微妙な関係変化、因果係数は経済ではな く、安全保障がポイントとなる。
 
 これほど頻度激しく、日米首脳が会談するのは珍しい。
 安倍首相はすでに二回、トランプ大統領とあったが、「異例の厚遇」というより「破格の待遇」だった。
裏に何かあると考えるのが普通だろう。

 マティス国防長官は議会承認を得るや、すぐに来日したが、こんどはティラーソン国務長官が来日する(3月17日)。
水面下では国防関係者が陸続と横田基地から防衛省へ。
 やはり何かある。それも北朝鮮で。

 ニューヨークタイムズによれば、オバマ政権下で、北朝鮮の核施設をサイバー攻撃する準備を整えていたという。
オバマ前大統領はトランプとの政権引き継ぎのおり、ホワイトハウスにトランプを呼んだが、「北朝鮮問題が、もっとも深刻であり、 かつ政権が真っ先に取り組む問題となろう」と伝えているという。(3月4日付け)。

 朝鮮半島がきな臭くなった。
 マレーシアは北朝鮮大使の国外追放を決め、またヴィザなしの入国を認めない措置をとった。

 中国は韓国のロッテが進出した中国のスーパーやショッピングセンターに些細な難癖を付け、罰金をとり、また店の前には抗議集会を 演出させるなど強烈な嫌がらせ、また団体の韓国行きツアーを事実上禁止するという挙にでている。
 いずれもロッテが提供するTAHAAD基地への「報復」である。

 その韓国は大統領弾劾不在という異常時代、次期大統領は親北政権になりそうというのだから、軍事的空白が生じかねず、これまで の緊張緩和状態が一気に緩んでいるのではないのか。


  アメリカが腹を括ったのでしょうか。アメリカのおこぼれで拉致被害者の奪還が行われるなんてことでは、日本の恥ですね。とは、言いながら、何の準備も出来ていない日本には何も出来ずに、アメリカに頼るしかないのでしょうね。
  しかし、憲法改正して独立するのを待っているのでは遅すぎます。まずは、取り返すことこそが急がれます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

北朝鮮、公式的に中国を批判しはじめた

2017年03月06日 | 北朝鮮

  金正雄暗殺にどんな裏があるのかは分かりませんし、それが中・北の関係に何かの影響を与えるのかも分かりませんが、何と、石炭の方が影響があるようです。

  中国が国連の制裁を珍しく守ったことに北が反発しているようです。どこまで本気かは分かりませんが、遠慮せずに目一杯反発しあえば良いのに。ついでに、北が北京にミサイルでも打てば良いのですが、やらないでしょうね。両方とも根性なしです。

  何時もの宮崎さんが書いてくれています。  

  宮崎正弘の国際ニュー ス・ 早読みより  平成29年(2017)2月25日(土曜日)
通算第5199号  

 宮崎正弘 の国際ニュース・早読み <北朝鮮、公式的に中国を批判しはじめた 

 北朝鮮、公式的に中国を批判しはじめた
  石炭輸入禁止措置が死活的な影響をあたえる

 中国は国連の制裁決議を履行するために、北朝鮮からの石炭輸入を年内禁止するとしたが、本当に実行しているかどうかは訝し いとされた。
 なぜなら2016年にも、「禁止」のはずの石炭を2240トン、輸入していた「実績」がある。

 北朝鮮炭は、中国では鉄鋼生産の高炉に使用されており、北朝鮮の港から、バージ船で渤海湾を渡る。この石炭は北朝鮮の輸出 の40%を占め、まさに死活を制する、外貨獲得の生命線である。

 中国は国連決議2270号に基づき、北朝鮮の経済制裁に加わっていたものの「生命の危機を脅かす恐れがある物品は例外措 置」とする例外条項を楯にして、北朝鮮から石炭を輸入してきた。

 また中国は北朝鮮への原油供給は依然として続けている。
遼寧省丹東からは鴨緑江を越えて、石油ならびに食料、医薬品など「人道的支援」は、継続されており、鉄道貨車およびトラック の列は、依然とかわりなく継続しているのだ。

 人民日報系のタブロイド紙『環球時報』は23日付けで、『石炭の輸入停止は公平であり、国連決議によるものである』と、その 正統性を主張した。対して北朝鮮の公共放送は、24日、はじめて中国批判を開始した。

 さて東アジアのメディアは金正男暗殺事件直後からマレーシアに、あるいはマカオに取材チームを派遣して大規模な取材合戦を 演じている。とくに日本のテレビカメラの夥しさ。
 
 しかし欧米、とくにアメリカの新聞は、暗殺事件もかなり大きくは報じてきたが、日本に比べると扱いは小さかった。

 ところがマレーシア当局が、犯行に使われたのがVXガスと発表してからは、どのメディアも一面トップである。
安全保障、軍事技術、そしてテロ対策を重視する価値判断と、日本のテレビのように興味本位、推理小説より面白いという観点か らの番組構成の姿勢とは、根本的な差違がある。

  それにしても、日本の反日売国マスメディアは日本の危機なんて何の興味もないのでしょうね。兎に角、日本人を平和ボケのままにしておきたいのでしょう。それが中国の指令でもあるのでしょうか。
  ここは、やはり、北朝鮮に中国に対して思いきった行動に出てもらい、中国の崩壊のきっかけになることを期待したいものです。
  それにしても、中観北と本当にややこしい国が近所にあるのもです。揃って消滅してくれれば、日本にとっても世界にとってもこれ程有難いことはないのですが。

そうなることを願いましょう!

  

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

米軍が、新しい対北朝鮮作戦を具体的に準備している

2017年02月19日 | 北朝鮮

  何故今なのかと思えるような金正男の暗殺がありましたが、何か裏があるのでしょうか。かと言って、いまさら正男さんが死のうが体勢に影響があるようには思えませんね。

  それ以上に、青山さんが「虎ノ門ニュース」で語られたことに驚かされました。こちらこそ、何があるのでしょうか。

  産経ニュースより   2017.2.14

 【金正男氏殺害】マレーシア警察、金正男氏死亡と韓国政府に連絡 空港で「顔に何か吹きかけられ、体調が悪い」

 マレーシア警察は14日、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男氏(45)が死亡したと韓国政府に連絡した。関係者が明らかにした。複数の韓国メディアは韓国政府関係者の話として、マレーシアのクアラルンプール国際空港で北朝鮮工作員に毒殺されたもようだと報じた。マレーシア警察は死因は確認されていないとした。

 マレーシア警察は14日、共同通信に対し、クアラルンプール国際空港で13日午前9時ごろ、北朝鮮人の男性が体調不良を訴え、近郊プトラジャヤの病院へ搬送中に死亡したため、検視を行ったと明らかにした。死因は確認されていない。男性は空港スタッフに「顔に何か吹きかけられ、体調が悪い」と訴えたという。

 マレーシア警察によると、持っていたパスポートから北朝鮮国籍と判明した。マレーシアから出国しようとしており、カウンターで倒れたという。(共同)

  青山さんの動画は消されるので、何時ものようにくっくりさんのところからです。

  ぼやきくっくりよ り   2017.02.13 Monday

  日 米首脳会談の一番の成果は麻生副総理&ペンス副大統領の新たな経済の枠組み・ユネスコ改革に熱心でない外務省…青山繁晴「虎 ノ門ニュース」

  …略

  (9)北朝鮮ミサイル ムスダン改良型の可能性と韓国

 ムスダンかノドンかは、はっきり言ってどうでもいい。
 問題は、北朝鮮はICBMを撃つぞ撃つぞと言ってて、それを撃つ気配がなく、とりあえず高く上げて落としたのは日本海。
 今まではカタログ販売だったが、今回は違う。
 今まではショービジネスで、イランや、イランと険悪なサウジアラビアとやってきた。武器商人の典型。
 わざわざ性能を切り詰める形で日本海に落としたのは、日米を脅してるんじゃなく、自分も仲間に入れてということ。

 土曜日のみのもんたさんの番組(「よるバズ!」。後で動画リンク紹介します)で片鱗だけ言ったが、先週の後半、複数の日本政府 の公式な人たちと別々の場所で会った時に、言ってたのは、米軍が、新しい対北朝鮮作戦を具体的に準備していると。
 中身は言えませんが、僕は目玉が飛び出そうな感じになった。

 トランプさんは選挙中は、金正恩さんと会うと言っていたが、それどころじゃない。
 実行するかどうかは分からないが、もしやるとしたら意外と早いと、複数の関係者が全部一致してる。
 合衆国の側の中にも、そう遠くないと言ってる人がいる。

 このことは北朝鮮側も気がついてる。
 日本はスパイ防止法がなくて、一番いい情報が取れるのは日本国内。
 基地の外で反対活動してる方もいるが、基地の中でも北朝鮮は活動してる。
 気がついてるからよけいに、このミサイルは、仲間に入れてよ、私たちを孤立させると何が起きるかわかりませんよと。


(10)会見わずか2分足らず「日米連携」を演出

 演出と書いてあるが、これは実は安倍さんの訪米の中でも、安全保障について一番大事な場面だった。

 つまりニコニコして晩ご飯食べてる時に、日米双方ともにメモを入れて、北朝鮮がミサイル発射したと分かったら、すぐにその場 で、トランプ大統領と安倍さんが相談して、共同記者会見を、ご飯を打ち切ってやろうと合意して、やった。

 演出なんて話じゃなく、非常に意味が大きい。
 本物の連携だってことを世界に見せたのと同じで、大事な場面だった。

  青山さんが驚いた米軍の作戦って興味がありますね。まさか、正男さんの事じゃないでしょう。頭の悪い私には想像できませんが、これをアップする時には、既にその作戦が実行されていたなんてことは無いでしょうね。
  と言うか、実行されて拉致被害者が奪還されるなんてことがあれば良いですね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

北朝鮮の核施設破壊作戦をトランプは何時命令

2017年01月31日 | 北朝鮮

  中国問題がどうなるかに期待を持ってトランプさん注目している私ですが、何時もの宮崎さんが、全く思いもよらなかった見方で、トランプさんの動きに注目しているようです。

  何と、北の核施設破壊作戦だそうです。こんなことが練られているとは思いつきませんでしたが、あって当然かもしれないですね。
  と言うか、是非破壊してもらいたいものですが、どうもそうは甘くなさそうです。  

  宮崎正弘の国際ニュー ス・ 早読みより  平成29年(2017)1月22日(日曜日) 通算第5173号  

  宮崎正 弘の国際ニュース・早読み  <北朝鮮の核施設破壊作戦をトランプは何時命令するだろうか?

 トランプ政権発足、第一号はTPP離脱、オバマケア見直し命令だったが
  北朝鮮の核施設破壊作戦をトランプは何時命令するだろうか?

 第四十五代米国大統領就任式は無事に終了した。いつものように左翼グループが暴徒化したが、予測の範囲内であり、ホワイト ハウスに入ったトランプ新大統領は早速、公約であったTPPの離脱、オバマケアの見直しという大統領命令に署名した。

 これからメキシコとの国境への壁の建設、NAFTAの見直し、同盟国への軍事分担増加要請など、つぎつぎと政策変更の嵐が まっているが、実は最も驚異的な難題は、北朝鮮の核兵器をいかに扱うのか、ということではないのか。

 北朝鮮が米国に届くICBMの実験を行ったことは、これまでの米朝関係を変えた。
 トランプは北のICBMに関して「そうはさせない」とツィッターでメッセージを発信している。
ならば「そうはさせない」という具体的中身は何か?

 選択肢は三つあり、第一はICBMを単なる北のブラフと認識する態度を続ける。
 第二は北が米国と直接対話をしたいための信号であるという外交の駆け引きに対応する。
 第三は、しかし、従来の前者二つの選択肢を無視して、じっさいに米国が予防的先制攻撃という選択をするかである。

 つまり北朝鮮の核施設を空爆で破壊して、脅威をとりのぞくという選択である。おそらく潜水艦からのSLBM発射が主力とな るだろう。
 実際に北朝鮮の核施設攻撃オプションは、ペンタゴンで何回か立案されたが、ときのクリントン政権が土壇場で回避し、オバマ 政権ではタブー視された。

 ところが北が六者会談を無視し、中国の政治的圧力を避け、ついにICBMのレベルまで達すると、予防的先制攻撃の選択肢 が、米国内で公然と論じされるようになった。「フォーリンアフェアーズ」でも、論究されるとなると、ペンタゴンでもシナリオ が存在しているに違いない。

 トランプならやりかねない、というのが国際政治の現場感覚だろう。
 しかし先制攻撃というシナリオを前にして、米国が直面する三つの難題がある。

 ▼残された三つの選択肢とは

 第一は中国がどう動くか。これまでには「中国が北朝鮮を抑制し、影響力を行使すれば、やめさせることが出来た。なのに、し なかった」(トランプ)。もちろん中国も、この北朝鮮の核こそが、対米交渉のカードであり、下手な使い方をしないだろう。

 第二に韓国がいかなる反応をするか、つまり作戦遂行後、米韓関係は緊密化するか、対決となってしまうのか、である。現実に 朴権恵政権は弾劾の淵に立たされ、命運が尽きようとしているが、次期韓国政権は親北派の勝利が予測されている。
火に油を注ぐ結果が明らかな現状で、米国は軽率な行動はとれそうにない。

 第三は「全面戦争」への発展を米国は考えていないという前提から発生する諸問題だ。つまり、攻撃後の北朝鮮の報復はかなら ず行われ韓国へ侵攻するだろう。
そのときに在韓米軍はどこまで耐えるか、北朝鮮からソウルは近く、また地下トンネルが無数に掘られている。メトロポリタン・ ソウルという人口密集地(1400万人)が人質となるが、その犠牲を恐れずに米国が先制攻撃を行えるか、どうか。

 1981年、イラクのオシラク原子炉をイスラエル空軍機が破壊した。米軍の協力があった。
 2007年、シリアの核施設をイスラエル空軍機が破壊した。むろん、背後では米軍の協力があった。
 しかし、イランの核施設はイスラエル側に破壊能力があるのに、できなかった。

北朝鮮の核施設の正確な場所を把握していない限り、作戦の成功もまた難しくなる。
 こう考えてくると、残された選択は北朝鮮を交渉の場に引き出して、中国にも圧力行使を期待しての「核の凍結」ではないのか。

  中国崩壊ばかりを期待していた私としては意表をつかれた思いですが、結局アメリカは直接の危険に一番感心があるということなのかもしれません。こうなったら、是非、決断して破壊活動をやってもらいたいですね。
  その意表をついた決断力こそがトランプさんに期待するところなので、これは、是非見せて欲しい。

  日本としては拉致被害者の救出が第一ですので、この作戦に乗って、救出したいですね。その後、中韓の崩壊もお願いします。

  それにしても、大統領就任の演説に海外問題がなかったのは期待していただけに残念でした。やはり、国内第一なんですね。

 さてどうなるでしょう!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

対北制裁と朝銀救済の落差

2016年12月23日 | 北朝鮮

  このところ北朝鮮の話題を、20日 (火) 、第 535回の「拉致特別委員会で拉致スルーする野党」などで取り上げあげ、日本政府の余りの弱腰に怒りを覚えています。
  しかしながら、それも、結局はアメリカに頂いた憲法を未だに押し頂いて変更もしない日本人の責任であることは間違い無いでしょう。
  その憲法改正を反対する反日売国左翼達が北朝鮮によって操れていると思われるのですから、その情け無さはやはり日本人の劣化の象徴でしょう。

  その北朝鮮問題を何時もの中山恭子さんが【日いづる 国より】に赤池さんを招いて聞いてくれています。  

【日いづる 国より】赤池誠章、北朝鮮人権侵害問題啓発週間に考える朝鮮学校問題とテロ対策[桜H28/12/16]


  やはり、未だに独立国でない日本の限界ですね。それを、見事に三宅さんが指摘してくれています。

  私の大好きな外務省だけが悪いというのは可笑しいと語ってくれています。その通りですね。とは言いながら、外務省もやはりおかしいのは確かでしょう。

 
  いずれにしても、独立しない限り日本人の劣化を防ぐことは出来ないでしょう。それを一番恐れている特亜三国が反日売国左翼・在日などを使って邪魔しているのは間違い無いでしょう。使われている人達も知っていてやっているのでしょうね。悲しい人達です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

朝鮮大学校 60年の闇

2016年12月18日 | 北朝鮮

  北朝鮮の、日本国内でのやりたい放題を、16 日(金)、第1284回の「朝大生は金正恩元首様の戦士」で、取り上げましたが、韓国の朴大統領弾劾の騒動を見ていると、やはり、裏で北朝鮮の工作があるこを考えると、日本も本当に真剣に取り組むべきときが来ているのじゃないでしょうか。

  産経新聞が、シリーズで朝鮮大学校の設立からを詳しく書いてくれています。これを読むと、やはり、これは放置しておけませんね。と言うか、日本の平和ボケは余りにも酷いと言えるでしょう。
  戦後の日本人の劣化は、想像を絶するものがありそうです。これじゃ、世界中で笑いものになっても仕方無いのじゃないでしょうか。

  ここでも書いた事がありますが、ネットで日本の素晴らしさを知るまでの私の日本人嫌いも、まんざら待ちがってはいなかったようです。
  やはり、日本再生は、日本人の再生からですね。このまま、世界に出て行っても戦前の日本の凄さを知る人達に軽蔑されるだけのような気がします。  

   産経ニュースより   2016.9.20

  【朝 鮮大学校 60年の闇(上)】小池百合子都知事、朝鮮大学校認可取り消し視野 美濃部亮吉氏が政府無視、強引に認可

 9月2日、都知事の小池百合子は執務室に籠もり、拉致問題に関する政策を幹部から聴取中に突然、こう言い放った。

 「拉致問題はしっかりやる。どうしたらよいか考えてほしい」

 小池の言動に押された幹部の説明がほころびを見せ始める。議論の過程で朝鮮大学校を含めた朝鮮学校が朝鮮総連(在日本朝鮮人総 連合会)の強い影響下にあると結論づけた平成25年の都調査報告書が、ホームページ(HP)からいつの間にか削除されていたこと が明らかになったのだ。気色ばんだ小池が再掲載を指示。すぐに朝鮮学校の問題点を含めた報告書がHPにアップされた。即断即決 だった。

 小池がこの問題に強い関心を抱くのは、国会議員時代に拉致議連副会長を務めて知見があったからだけではない。自身が冒頭解散を ちらつかせた都議会との対決構図を浮き彫りにできる論点になると踏んだからだ。

 小池は知事就任にあたり、24年に都議会で都による朝大認可の見直しを求めて名を売った元都議、野田数(かずさ)を真っ先に最 側近の特別秘書に据えた。野田はかつて産経新聞の取材に「朝鮮学校問題を議会で取り上げる際に自民党幹部から『こんな質問をする な』とものすごいけんまくで取り下げを求められた」と証言している。認可見直しが小池の視野にあるのは間違いない。

 昭和43年、朝鮮大学校を各種学校として認可したのは、当時都知事だった美濃部亮吉だった。朝大は以降、固定資産税などが免除 され、税制上の優遇措置を既得権益として享受し続けている。

 各種学校は学習指導要領に従う義務はなく、偏向教育を行うことも可能だ。

 そもそも文部省(当時)は40年に朝大など朝鮮学校について「各種学校として認可すべきでない」との事務次官通達を出してい た。

 産経新聞が都に情報公開請求をしたところ、美濃部が認可を決める文書を決裁する際、職員が明記した文部省の通達部分のくだりを 自らペンを走らせて消していたことが判明。起案した職員は戸惑いからか、「知事みずから抹消した」と注意書きまで添えていた。

 こうした事実からは、美濃部が政府の意向を無視し、強引に朝大の認可に踏み切ったことが浮かび上がってくる。認可に至った都の 検討過程はつまびらかにされておらず、そこに切り込む検証作業が知事の小池百合子に求められる。

 美濃部が朝大を各種学校として認可した頃、朝大の寄宿舎1号館1階101号室に朝鮮総連幹部を輩出してきた政治経済学部の朝青 (在日本朝鮮青年同盟)朝大委員会支部があった。

 部屋の主の男性は現在、次期総連議長の呼び声も高い大幹部だ。同学部を卒業した男性は、そのまま朝青朝大委副委員長に就任。朝 青は在校生全員が参加させられる総連傘下の政治団体で、規約には核・ミサイルで軍事的挑発を繰り返す北朝鮮の政策を「謹んで承 る」と書かれている。

 男性は101号室を根城に班長(クラス委員)など指導的立場の在校生や教員を徹底的につるし上げた。

 「お前は反党・反革命分子だ」「忠誠心を見せろ」

 殴る蹴るの鉄拳制裁も辞さない。来る日も来る日も自己批判を強いられ、恐れおののき1カ月も授業を休んだ班長もいる。

 同時期に北朝鮮では、初代権力者である金日成(キムイルソン)の思想のみを絶対化する主体思想の浸透が急ピッチで進む一方、総 連内でも激しい権力闘 争が始まっていた。第1副議長だった金炳植(キムビョンシク)は「金日成首領様への絶対忠誠」を掲げてライバルを容赦なく排除、 議長の韓徳銖(ハンドク ス)の追い落としまで図った。男性は、そんな金炳植の先兵を務めていた。

 金炳植は在校生らによる非公然の私兵部隊(通称・ふくろう部隊)を組織化。政敵の尾行や監視、密告もさせた。最大の被害 者は“まともな学問”を教えていた教員だ。教え子からの指弾で追い詰められ、学校を去った者も数知れない。

 この権力闘争を境に朝大は荒廃に向かう。あらゆる科目が、荒唐無稽な主体思想や革命歴史と結びつけられていったのだ。在 校生は教員への尊敬の念を失い、規律は緩み、在校生の脱走も相次ぐようになる。

 「卒業ができそうもない在校生は親を説得し、北朝鮮への帰国を勧めた。帰国後の消息は分からない。脱落者を出さないこと が班長に課せられた最大の使命だった」。当時の文学部で班長を務めた卒業生は申し訳なさそうに語った。    (敬称略)

 核実験強行で暴走を続ける北朝鮮に盲従する朝大の闇を再び追う。

  シリーズは、続いていますので、リンク元で読んでください。日本人や日本政府の劣化が、これ程までに日本の足を引っ張ってきたばかりじゃなく、日本に溶け込もうとしている在日の方達も苦しめてきたことも間違いないでしょう。

  2016.9.21
 【朝鮮大学校 60年の闇(中)】北の言いなりでなく、在日コリアンの手で…教育改革、総連幹部の保身で幻に 金も人も朝大離れ加速

  2016.9.22
 【朝鮮大学校 60年の闇(下)】朝鮮労働党幹部、金日成教示を潰す

  2016.12.10
 【朝鮮大学校60年の闇 第3部(下)】エリートこそ独善に嫌気、衰退に歯止めかからず…「朝鮮総連と手を切らねば」

  やはり、日本人の劣化が今の状況を齎したということです。日本人が先人に恥じない矜持を取り戻さない限り日本は消滅するしかなさそうです。そんなことになったら、折角こんな素晴らしい日本を作ってくれた先人に申し訳ない。日本人よ目を覚まそう。  

コメント
この記事をはてなブックマークに追加