団塊の世代のつぶやき

誇れる日本を取り戻そう

出光佐三の「大家族主義」はどこへ行った?

2016年08月01日 | 本田・松下・出光

  劣 化してしまった日本の経済界で、日本の伝統的な 素晴らしい経営を貫いてくれた出光興産の出光佐三さんを、4月30日 (土)、第 681回の「日 章丸事件の主人公 出光佐三」などで取上げてきました。
  ところが、その出光興産が、よりによって昭和シェル石油との合併を発表したときには、出光よお前もかと驚きました。
  それ以後、余りに長引いているので、どうしたんだろうと思っていたら、創業家が反対しているということが話題になっ てい ました。
  それからも、どうなることかと注目していましたが、創業家の反対の意志は強うですね。私としては、この創業家の反対 に全 面的に賛成です。
  折角、佐三さんの強い意志で貫いてきた素晴らしい経営を貫いて貰いたいものです。今や、グローバリズムからローカリ ズム へとの日本を取り戻すチャンスも見えてきているだけに、その最高のモデルとして日本の企業を引っ張っていってもらいたいと願 うのは私だけでしょうか。
  
  産経ニュースより     2016.7.25

 【出 光興産お家騒動】出光佐三の「大家族主義」はどこへ行った? 創業家と経営側の対立溝深く…昭和シェル石油との合併 の行 方は?
  
 昭和シェル石油との合併計画をめぐる出光興産の経営陣と創業家の対立は、直接協議を経ても解決の糸口がみえない。 33・ 92%の出光株を持つと主張する創業家は、合併の取り下げを求める姿勢を崩していない。経営側は粘り強く創業家を説得してい く考えだが、説得は決め手に欠ける。社風や中東情勢などにからむ両者の認識には、いぜん大きな溝が残ったままだ。(佐藤 克 史)

 脱・家族主義は困難

 創業家が6月28日の定時株主総会で合併に反対した理由は、同社が守ってきた創業者の“遺訓”が背景にある。

 創業者の出光佐三氏は自ら掲げた「大家族主義」を求心力に積極果敢な経営手法で会社を成長させた。第二次世界大戦後の 混乱 の中でも社員の雇用を守り抜いた。平成18年まで非上場を貫き、現在も同社に労働組合は存在していない。佐三氏の理念を強み としてきた経営手法は、株主の利益を最優先とする欧米流の企業経営とは対極を成す。

 一方、合併相手の昭シェルは巨大石油資本(メジャー)の系列で労組を持つ。出光昭介名誉会長ら創業家は、「社風が違 う」両 社の合併で、出光らしい経営が損なわれることに懸念を示した。合併以外の手法でも経営統合を受け入れない構えだ。

 対する経営側は「昭シェルの労使関係は良好」と説明。「両社の根底に流れる価値観には多くの共通点がある」として、創 業家 に理解を求める一方、両社で統合準備を進める分科会を間接部門を中心に発足し、交流を深めている。だが、創業家を納得させる だけの材料を打ち出せていないのが実情だ。

 中東情勢も相いれず

 両社の統合に創業家が反対する理由には、産油国の中東情勢をめぐる変化も大きい。佐三氏は石油メジャーに対抗し、国際 的に 孤立していたイランから、秘密裏に大量の石油を安く買い付けた「日章丸事件」で世界中の注目を集めた。以来、イランとは友好 的な関係にある。

 一方、昭シェルの大株主にはサウジアラビアの国営石油企業、サウジアラムコが約15%出資している。ただ、サウジとイ ラン は国交断絶状態にあり、創業家側は「中東が混迷の度合いを深める中、サウジの系列になるのは適切ではない」と指摘する。

 ただ、経営側によると輸入原油は、平成27年度ではサウジ産が約40%とトップ。1月まで欧米の経済制裁を受けていた イラ ン産は約1%しかなく、創業家側の主張は現実にそぐわない部分がある。経営側は「サウジとはすでに緊密な関係にある」と主張 する。

 公益法人の議決権は

 出光と昭シェルの合併承認には、年内に予定する出光の臨時株主総会で、株主の3分の2以上の賛成が必要になる。ただ、 創業 家側は総会で合併を拒否できる3分の1超の株式を保有しており、経営側が押し切るのは困難な状況だ。

 こうした中で経営側は、創業家側が主張する株式保有比率に公益財団法人の出光美術館の保有分が含まれていると指摘。公 益性 が高い法人が経営に関与することに異議を唱えた。対する創業家側は、昭介氏が理事長を務める同美術館の議決権行使に支障が出 ないよう定款を変更し、合併反対に向けて足場を固めた。

 企業関連の公益法人による株式保有は、かつての株式持ち合いと同様に、経営の自由度を確保する安定株主の側面を持つ。 経営 側にとって“身内”だったはずの公益法人の議決権が、経営判断の否定にまわった事実は、創業家と経営側の意思疎通が不十分な 実情を浮き彫りにした。両者は今後も協議を重ねる予定だが、歩み寄りの道筋は見えない。

 今の、出光の経営陣は佐三さんに育てられた人達じゃないのでしょうか。それとも、その素晴らしい考えを忘れてしまうほ どに 劣化してしまったのでしょうか。
 佐三さんが健在であれば、こんな選択は絶対にやらなかったはずでしょう。その心を忘れた経営者が、何をやっても、出光 の斜 陽は間違いないのじゃないでしょうか。

  ここは、佐三さんの心意気を理解した創業家に頑張ってもらいたいですね。せめて、一つくらい、日本の伝統を受け継ぐ 素晴 らしい企業が存続してもらいたい。
  いずれ、日本の企業が、それに続く時代を取り戻すまで、先頭にたって引っ張っていってください。
 

日本企業の鏡となれ!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日章丸事件の主人公 出光佐三

2016年04月30日 | 本田・松下・出光

  こんな凄い経営者がいたん だとびっくりして、1999年7月25日日曜日、第 3話の「出光佐三」で取り上げ、百田さんが書かれた小説を、2014年3月26日 (水)、第 5302回の「海 賊とよばれた男」で取り上げて、本も読みました。
  それで、始めて出光さんの生い立ちや考えを知り、益々、凄い人だと知りました。ここでも良く書いているように、本田 宗一郎さ ん達と同じように、戦前の教育を受け、戦後の復興に尽くされたきた経営者が引退していった80年代以後、戦後教育で育った自虐史 観に犯された後継者により、日本の企業が劣化してきたのは間違い無いでしょう。
 
  その中でも、ここまで、素晴らしい考えを持って経営に携わった人は、殆どいなかったのじゃないでしょうか。

  偶然、動画を見つけました。動画を見ていると、改めて、その凄さに感動させられます。今の儲ける為には何をやっても 良いとい うような堕落した日本の企業を、昔ながらの、日本の素晴らしい企業に再生するのは、こうした人が育ってこなければ無理なのでしょ う。道は遠いですね。


  今度の、百田さんの映画「海賊とよばれた男」が楽しみです。見てみたいものですが、動画で見れるようになるのは何年 後でしょ うか。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

海賊とよばれた男

2014年03月26日 | 本田・松下・出光

  第 5300の 「雇用と富 を日本に取り戻す」第 529の 「見 えてきた原発ロボ」でも書いたように、日本再生の為に、安倍さんが最もふさわしくないと思える竹中氏 をブレーンとするほど最も苦手としていると思われる経済や雇用体系をどうすべきかが気にかかって仕方があり ません。
  ところが、偶然でしょうか、そんな解決策を教えてくれるような本を読みました。

  この部屋を始めたすぐの、第 3話で取り上げた出光佐三さんの「馘首(かくしゅ)してはならぬ」は何時も私の胸に残っている言葉です。
  自分が大した仕事もしない癖に、何時も日本の経営者を批判ばかりしている私ですが、本田宗一郎さんとともに印象に残 る経営者です。どちらの会社も私を採用してくれないのは分かってますが、一度はその下で働いてみたかった方です。

  その、名前を、又目にしたのは、あの話題の「永遠のゼロ」の百田尚樹さんのもう一冊「海賊とよばれた男」のモ デルが あの 出光佐三さんだと知った時でした。
  ゼロ戦も好きですが、あえて読もうとも思わなかったのですが、海賊とよばれた男が出光さんとなると、俄然読みた くな りました。
  とは言いながら、ネットを遣り出して以来ほとんど読書はしなくなり、ましてや購入なんてことは贅沢の極みとなっ てい たのでほとんど諦めていました。

  ところが、第313の、ねずさん「第二巻」 発売 のように去年の秋ごろから図書館にみんなに読んでもらいたい本を購入してもらうという密かな運動を始めた所為で、この本 がすでに蔵書としてあることを知り、貸出の予約を申し込んでいました。
  それが、坂出ではなく丸亀にあったということで借りることができ、早速読みました。

  出光さんの名前は国岡鐵造さんとなっていたので一瞬、主人公は後から出てくるのかなと思いましたが、やはり、 この 人が そうでした。名前を変えているということはフィクションとして書いているのかもしれないですね。
  それはともかく、やはり、すごい人でした。こんな経営者の下で働いてみたかったとの思いはますます募りました が、や はり、私のような軟弱物は採用されないだろうし、きっと付いて行けなかったでしょうね。

  全二巻でしたが、最初から目に涙が止まりませんでした。中身は私のつたない文では紹介する自信がありません が、是 非読んでみてください。感動の嵐でした。

  こんな感動の物語を書ける百田さんにますますNHKの改革を期待してしまいます。

 たった一つ笑ったのは永遠のゼロの宮部さんとの上海の飛行場での一瞬の出会いが書かれていたところです。遊んで ます ね。

  さて、最初に書いた、日本再生の解決策のヒントは終章の国岡鐵造とアンドレ・マルローとの対談にありました。

  …略
  マルローは国岡商店のありようにも質問した。出勤簿もなければ、組合もない、定年もないという国岡商店のルール は、マルローにとっては驚きに満ちたものだった。なぜそれが他の会社でできないのか訊くマルローに、鐵造は答えた。
「社員に対する信頼がないからです」
  マルローは、その考え方は国家にも当てはまるだろうかと訊ねた。
「あらゆることにあてはまります」
 鐵造はそう答えた後で、「私は、人間を信頼するという考え方を広めていくことこそ、日本人の世界的使命と言ってい ます」と付け加えた。
  マルローは、鐵造の「ヨーロッパは物を中心とした世界ですが、日本は人を中心とした世界です」という言葉に深い 感銘を受けたようだった。…以下略

  もう一つ私がわが意を得たりと思ったのは株式の上場をしないのは会社は株主の者じゃなく従業員のものだという 信念です。
  いずれにしても、マルローが感銘を受けた言葉は今や、日本中の経営者が忘れている言葉じゃないでしょうか。
  今の経営者の中にこの心意気の分かる人がどれだけいることでしょう。それがない限り、日本の再生は難しいといっ ても過言ではないでしょう。

  やっぱり、凄い人でした!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

出光佐三

2012年11月15日 | 本田・松下・出光

  この部屋を始めた最初の1999年7月25日日曜日第 3話に取り上げた出光佐三さんの話題を何時ものサイト巡回でねずさんが取り上げてくれていまし た。
  やっぱりこの人は凄いですね。というか戦前にはこういう背中に筋の通った人が居たのでしょうね。今では 殆んどみられないのかもしれません。これだって昔ながらの教育を続けていれば今の日本人だってそれなりの人 格者が育ったはずです。私だってもしかしたらひとかどの人格者になっていたかもしれません。殆んど可能性は なかったかも。

   ねずさんの ひとりごとより

  社員は家族だ 出光佐三   2012年11月09日

  …略

  社員は家族だ。

家計が苦しいからと家族を追い出すようなこと ができるか。

会社を支えるのは人だ。

これが唯一の資本であり今後の事業を作る。

人を大切にせずして何をしようというのか。

 …以下略

 リンク先に詳しく書いてくれていますのでそ ちらを是非読んでください。思わず涙が出そうになります。ねずさんのところは気をつけて家族が周りに居ないとき を見計らって読まないと何時も泣きそうになります。
  それにしても、この部屋を始めた13年前にも日本の経営者の酷さを嘆いていたのですね。今はもっと酷く なっているのじゃないでしょうか。やはりトッテンサン曰く80年以後、戦前の経営者が一線を退いた後、日本 の経営者は益々酷くなっているのじゃないでしょうか。それに上乗せて政治も堕落していますからやはり日本の 将来は無いのかもしれません。戦後教育の堕落がもたらした結果と言ってもいいのじゃないでしょうか。
  それでも、このねずさんのような方が毎日昔の日本の素晴らしさを広めてくれているので少しずつ目が覚め てきた人も居るようです。ネットがなかったら私も未だに気がついていなかったと思います。ネットこそが日本 を救うのかもしれません。

 この日本人の目覚めが今回の自民党の安倍総 裁選出に繋がったと思ってます。5年の月日が日本人に少しずつ自虐史観による洗脳を気付かせてくれたのでしょ う。まだまだ本流ではないかもしれませんが、もしかしたら日本も立ち直れるのかもしれません。

淡い期待かも!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本田宗一郎さん

2011年04月07日 | 本田・松下・出光

  日本の経営者の中で人気を二 分するといえば本田宗一郎さんと松下幸之助さんでしょう。私は本田さん が好きです。この部屋でも最初の頃は良く取り上げたものでした。
  そんな本田さんの話題が今度の震災に関する話題としてありました。

  MSN産経ニュースより

  産経抄 4月4日

  …略

  防災計画についても、一家言あったはずだ。昭和20年の終戦前には、故郷の浜松市でも大地震に遭い、自分の工 場を失った。震災の恐ろしさは身にしみている。

 東京・南青山にあるホンダの本社ビルは、全部の階にバルコニーがある、ユニークな形をしている。「どんな地震が 起こっても、ガラスが外に落ちて迷惑がかからないようにしてくれ」。これが本田がつけたたったひとつの注文だったと いう。

 きっと業界では有名なのでしょうが私はこんなこと知りませんでした。早速どんなビルか探して見ました。

 参考:ウィキペディアより

  本田技研工業

  Honda青山ビル(本社)

設計に際しては、地震の際、窓が割 れて下の通行人に危険が及ばないようにとの本田宗一郎の指示により、幅1.5mのバルコニーに囲まれたデザインとなっている。

 脚注  なお、当ビルは交差点側 のビルの角を丸くし交差点の見通しをよくする配慮がなされている。また、ビルの三隅には避難経路として非常階段が設 けられ、ビルの地下には緊急災害用として約1万 人分の食料と水の蓄えと、防災用品が備えられている。

  効率ばかりを考える企業でこんな考えで本社ビルを作るなんてやはり本田さんは一味違いますね。ますます好きに なってしまいました。
  それにしても今の経営者にこうした公を考えた人がどれほど居るのでしょうか。政界を筆頭に日本を牛耳る人達に自 分のことしか考えられない人しかいなくなったことがここまで日本をおかしくしてしまったのかもしれません。
  もう日本にこんな宗一郎さんのような人はでないのでしょうか。

そうは考えたくない!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加