万葉短歌-悠山人編

万葉短歌…万葉集全4516歌(長短)のうち、短歌をすべてJPG&TXTで紹介する。→日本初!

万葉短歌3838 我妹子が3573

2021年01月13日 | 万葉短歌

2021-0113-man3838
万葉短歌3838 我妹子が3573

我妹子が 額に生ふる 双六の
特負の牛の 鞍の上の瘡  安倍朝臣子祖父

3573     万葉短歌3838 ShuH496 2021-0113-man3838

□わぎもこが ひたひにおふる すぐろくの
  ことひのうしの くらのうへのかさ
○安倍朝臣子祖父(あへのあそみこ おほぢ)=伝未詳。次歌左注参照。
【編者注】第2部(3816-3854、三十九首)の第23首。男。題詞に、「無心所著(むしんしょじゃくの)歌二首」。次歌左注(由縁)参照。
【訓注】我妹子(わぎもこ=吾妹児)。額(ひたひ)。双六(すぐろく)。特負の牛(ことひのうし=事負乃牛)[「力の強い雄牛」。09-1780(長歌)牡牛乃(ことひうしの)]。瘡(かさ)[「」皮膚にできる腫れ物]。


この記事についてブログを書く
« 万葉短歌3837 ひさかたの3572 | トップ | 万葉短歌3839 我が背子が3574 »
最新の画像もっと見る

万葉短歌」カテゴリの最新記事