万葉短歌-悠山人編

万葉短歌…万葉集全4516歌(長短)のうち、短歌をすべてJPG&TXTで紹介する。→日本初!

休載期間

2015年02月20日 | 万葉短歌

休載期間記事
 
2010-1101-man0000
万葉短歌0000 開肇献詠
 
訪ぬれば いづれか見ゆる ことなれば
さまよひ入らむ よろづ葉の森  悠山人
 
0000     万葉短歌0000 ShuA000 2010-1101-man0000
 
たづぬれば いづれかみゆる ことなれば
  さまよひいらむ よろづはのもり
悠山人(ゆうさんじん)。
 
    =万葉短歌 開肇献詠=
 
【アクセス数】2015年02月28日現在(2010年11月01日開設)
 順位:15,*** 位 / 2,***,*** ブログ中
 トータル閲覧数   20*** PV
 トータル訪問者数  9*** IP


この記事をはてなブックマークに追加

万葉短歌1651 沫雪の1510

2015年02月20日 | 万葉短歌

2015-0220-man1651
万葉短歌1651 沫雪の1510

沫雪の このころ継ぎて かく降らば
梅の初花 散りか過ぎなむ  大伴坂上郎女

1510     万葉短歌1651 ShuD752 2015-0220-man1651

あわゆきの このころつぎて かくふらば
  うめのはつはな ちりかすぎなむ

大伴坂上郎女(おほともの さかのうへの いらつめ)=04-0563歌参照。
【編者注】題詞は、「大伴坂上郎女歌一首」。「冬雑歌(08-1636~1654 十九首)」の第16首。
【訓注】沫雪(あわゆき)。このころ(此日)。継ぎて(つぎて=続而)。降らば(ふらば=落者)。初花(はつはな=始花)。


この記事をはてなブックマークに追加

万葉短歌1650 池の辺の1509

2015年02月19日 | 万葉短歌

2015-0219-man1650
万葉短歌1650 池の辺の1509

池の辺の 松の末葉に 降る雪は
五百重降りしけ 明日さへも見む  聖武天皇

1509     万葉短歌1650 ShuD750 2015-0219-man1650

いけのへの まつのうらばに ふるゆきは
  いほへふりしけ あすさへもみむ

聖武天皇(しゃうむ てんわう)=原文に作者名なし。04-0530歌参照。
【編者注】題詞読下しは、「西の池の辺(へ)に御在(いま)して、肆宴(とよのあかり)したまふときの歌一首」。「冬雑歌(08-1636~1654 十九首)」の第15首。左注読み下しに、「右の一首は、作者不詳。ただし、豎子(じゅし)安倍朝臣(あへの あそみ)虫麻呂伝誦す。」「豎子」は「宮中で雑務に奉仕する少年」が原義、なお諸説。
【訓注】辺(へ)。末葉(うらば)。降る雪(ふるゆき=零雪)。五百重(いほへ)。降りしけ(ふりしけ=零敷)。


この記事をはてなブックマークに追加

万葉短歌1649 今日降りし1508

2015年02月18日 | 万葉短歌

2015-0218-man1649
万葉短歌1649 今日降りし1508

今日降りし 雪に競ひて 我がやどの
冬木の梅は 花咲きにけり  大伴家持

1508     万葉短歌1649 ShuD748 2015-0218-man1649

けふふりし ゆきにきそひて わがやどの
  ふゆきのうめは はなさきにけり

大伴家持(おほともの やかもち)=原文は、「大伴宿祢家持」。03-0403歌参照。
【編者注】題詞は、「大伴宿祢家持雪梅歌一首」。「冬雑歌(08-1636~1654 十九首)」の第14首。
【訓注】降りし(ふりし=零之)。我がやど(わがやど=我屋前)。冬木(ふゆき=冬木)。花咲きに(はなさきに=花開二)。


この記事をはてなブックマークに追加

万葉短歌1648 十二月には1507

2015年02月17日 | 万葉短歌

2015-0217-man1648
万葉短歌1648 十二月には1507

十二月には 沫雪降ると 知らねかも
梅の花咲く ふふめらずして  紀女郎

1507     万葉短歌1648 ShuD747 2015-0217-man1648

しはすには あわゆきふると しらねかも
  うめのはなさく ふふめらずして

紀女郎(きの いらつめ)=原文は、「紀小鹿(をしかの)女郎」。04-0643歌参照。
【編者注】題詞は、「紀小鹿女郎梅歌一首」。「冬雑歌(08-1636~1654 十九首)」の第13首。
【訓注】十二月(しはす)。沫雪降る(あわゆきふる=沫雪零)。咲く(さく=開)。ふふめらず(不含有)。


この記事をはてなブックマークに追加

万葉短歌1647 梅の花1506

2015年02月16日 | 万葉短歌

2015-0216-man1647
万葉短歌1647 梅の花1506

梅の花 枝にか散ると 見るまでに
風に乱れて 雪ぞ降り来る  忌部黒麻呂

1506     万葉短歌1647 ShuD746 2015-0216-man1647

うめのはな えだにかちると みるまでに
  かぜにみだれて ゆきぞふりくる

忌部黒麻呂(いむべの くろまろ)=06-1008歌参照。
【編者注】題詞は、「忌部首(おびと)黒麻呂雪歌一首」。「冬雑歌(08-1636~1654 十九首)」の第12首。
【訓注】見るまでに(みるまでに=見左右二)。風に乱れて(かぜにみだれて=風尓乱而)。降り来る(ふりくる=落久類)。


この記事をはてなブックマークに追加

万葉短歌1646 ぬばたまの1505

2015年02月15日 | 万葉短歌

2015-0215-man1646
万葉短歌1646 ぬばたまの1505

ぬばたまの 今夜の雪に いざ濡れな
明けむ朝に 消なば惜しけむ  小治田東麻呂

1505     万葉短歌1646 ShuD745 2015-0215-man1646

ぬばたまの こよひのゆきに いざぬれな
  あけむあしたに けなばをしけむ

小治田東麻呂(をはりだの あづままろ)=原文は、「小治田朝臣東麻呂」。未詳。小治田広耳(08-1476、-1501)の縁者か。この一首。
【編者注】題詞は、「小治田朝臣東麻呂雪歌一首」。「冬雑歌(08-1636~1654 十九首)」の第11首。
【訓注】ぬばたまの(夜干玉乃)。今夜(こよひ)。いざ濡れな(率所沾名)。


この記事をはてなブックマークに追加

万葉短歌1645 我がやどの1504

2015年02月14日 | 万葉短歌

2015-0214-man1645
万葉短歌1645 我がやどの1504

我がやどの 冬木の上に 降る雪を
梅の花かと うち見つるかも  巨勢宿奈麻呂

1504     万葉短歌1645 ShuD744 2015-0214-man1645

わがやどの ふゆきのうへに ふるゆきを
  うめのはなかと うちみつるかも

巨勢宿奈麻呂(こせの すくなまろ)=原文は、「巨勢朝臣宿奈麻呂」。「神亀六年(729)、長屋王([08-]1638[歌]左注)の糾問に当たった人。歌は確実にはこの一首のみ。ただし、[06-]1016[歌]も宿奈麻呂の詠と見てよい。」 なおこのブログでは、06-1016歌の作者は「」としておいた。
【編者注】題詞は、「巨勢朝臣宿奈麻呂雪歌一首」。「冬雑歌(08-1636~1654 十九首)」の第10首。
【訓注】我がやど(わがやど=吾屋前)。降る雪(ふるゆき=零雪)。うち(打)。


この記事をはてなブックマークに追加

万葉短歌1644 引き攀ぢて1503

2015年02月13日 | 万葉短歌

2015-0213-man1644
万葉短歌1644 引き攀ぢて1503

引き攀ぢて 折らば散るべみ 梅の花
袖に扱入れつ 染まば染むとも  三野連石守

1503     万葉短歌1644 ShuD742 2015-0213-man1644

ひきよぢて をらばちるべみ うめのはな
  そでにこきれつ しまばしむとも

三野連石守(みののむらじ いそもり)=未詳。「天平十二年(730)、大伴旅人が筑紫から帰国する際の従者として17-3890に歌がある。歌はそれとこれと二首。」
【編者注】題詞は、「三野連石守梅歌一首」。「冬雑歌(08-1636~1654 十九首)」の第9首。
【訓注】散るべみ(ちるべみ=可落)。扱入れつ(こきれつ=古寸入津)。染まば染むとも(しまばしむとも=染者雖染)[染(そ)む=他動詞、染(し)む=自動詞]。


この記事をはてなブックマークに追加

万葉短歌1643 天霧らし1502

2015年02月12日 | 万葉短歌

2015-0212-man1643
万葉短歌1643 天霧らし1502

天霧らし 雪も降らぬか いちしろく
このいつ柴に 降らまくを見む  若桜部君足

1502     万葉短歌1643 ShuD741 2015-0212-man1643

あまぎらし ゆきもふらぬか いちしろく
  このいつしばに ふらまくをみむ

若桜部君足(わかさくらべの きみたり)=原文は、「若桜部朝臣君足」。未詳。「次歌の作者同様、大宰帥旅人の従者か。」 この一首だけ。
【編者注】題詞は、「若桜部朝臣君足雪歌一首」。「冬雑歌(08-1636~1654 十九首)」の第8首。
【訓注】天霧らし(あまぎらし=天霧之)。降らぬ(ふらぬ=零奴)。いちしろく(灼然)。いつ柴(いつしば=五柴)。


この記事をはてなブックマークに追加

万葉短歌1642 たな霧らひ1501

2015年02月11日 | 万葉短歌

2015-0211-man1642
万葉短歌1642 たな霧らひ1501

たな霧らひ 雪も降らぬか 梅の花
咲かぬが代に そへてだに見む  安倍奥道

1501     万葉短歌1642 ShuD740 2015-0211-man1642

たなぎらひ ゆきもふらぬか うめのはな
  さかぬがしろに そへてだにみむ

安倍奥道(あへの おきみち)=原文は、「安倍朝臣奥道」。「『続日本紀』には<息道>と記す。天平宝じ六年(762)正月従五位下。若狭守、大和介、左兵衛督、内蔵頭などを歴任。宝亀五年(774)三月、但馬守従四位で没。歌はこの一首のみ。」
【編者注】題詞は、「安倍朝臣奥道雪歌一首」。「冬雑歌(08-1636~1654 十九首)」の第7首。
【訓注】たな霧らひ(たなぎらひ=棚霧合)。降らぬ(ふらぬ=零奴)。咲かぬ(さかぬ=不開)。そへて(曽倍而)。


この記事をはてなブックマークに追加

万葉短歌1641 沫雪に1500

2015年02月10日 | 万葉短歌

2015-0210-man1641
万葉短歌1641 沫雪に1500

沫雪に 降らえて咲ける 梅の花
君がり遣らば よそへてむかも  角広弁

1500     万葉短歌1641 ShuD738 2015-0210-man1641

あわゆきに ふらえてさける うめのはな
  きみがりやらば よそへてむかも

角広弁(つのの ひろべ)=原文は、「角朝臣(あそみ)広弁」。未詳。この一首。
【編者注】題詞は、「角朝臣広弁雪梅(せつばい)歌一首」。「冬雑歌(08-1636~1654 十九首)」の第6首。
【訓注】沫雪(あわゆき)。君がり(きみがり=君之許)。よそへてむ(与曽倍弖牟)。


この記事をはてなブックマークに追加

万葉短歌1640 我が岡に1499

2015年02月09日 | 万葉短歌

2015-0209-man1640
万葉短歌1640 我が岡に1499

我が岡に 盛りに咲ける 梅の花
残れる雪を まがへつるかも  大伴旅人

1499     万葉短歌1640 ShuD736 2015-0209-man1640

わがをかに さかりにさける うめのはな
  のこれるゆきを まがへつるかも

大伴旅人(おほともの たびと)=原文は、「大宰帥大伴卿」。03-0315歌参照。
【編者注】題詞は、「大宰帥大伴卿梅歌一首」。「冬雑歌(08-1636~1654 十九首)」の第5首。
【訓注】我が岡(わがをか=吾岳)。咲ける(さける=開有)。残れる(のこれる=遺有)。まがへつるかも(乱鶴鴨)。


この記事をはてなブックマークに追加

万葉短歌1639 沫雪の1498

2015年02月08日 | 万葉短歌

2015-0208-man1639
万葉短歌1639 沫雪の1498

沫雪の ほどろほどろに 降りしけば
奈良の都し 思ほゆるかも  大伴旅人

1498     万葉短歌1639 ShuD735 2015-0208-man1639

あわゆきの ほどろほどろに ふりしけば
  ならのみやこし おもほゆるかも

大伴旅人(おほともの たびと)=原文は、「大宰帥(だざいのそち)大伴卿(まへつきみ)」。03-0315歌参照。
【編者注】題詞は、「大宰帥大伴卿冬日見雪憶京歌一首」。「冬雑歌(08-1636~1654 十九首)」の第4首。
【訓注】沫雪の(あわゆきの=沫雪)。ほどろほどろに(保杼呂々々々尓)[同作者03-0333歌に「曲曲二(つばらつばらに)」]。降りしけば(ふりしけば=零敷者)。奈良の都し(ならのみやこし=平城京師)。


この記事をはてなブックマークに追加

万葉短歌1638 あをによし1497

2015年02月07日 | 万葉短歌

2015-0207-man1638
万葉短歌1638 あをによし1497

あをによし 奈良の山なる 黒木もち
造れる室は 座せど飽かぬかも  聖武天皇

1497     万葉短歌1638 ShuD733 2015-0207-man1638

あをによし ならのやまなる くろきもち
  つくれるむろは ませどあかぬかも

聖武天皇(しゃうむ てんわう)=原文は「天皇」。04-0530歌参照。
【編者注】題詞は、「天皇御製歌一首」。「冬雑歌(08-1636~1654 十九首)」の第3首。左注読下しに、「右は、聞くに<左大臣長屋王が佐保の宅(いへ)に御在(いま)して肆宴(とよのあかり)したまふときの御製>と。」
【訓注】あをによし(青丹吉)。奈良の山(ならのやま=奈良乃山)。もち(用)。座せど(ませど=雖居座)[自敬表現]。


この記事をはてなブックマークに追加