万葉短歌-悠山人編

万葉短歌…万葉集全4516歌(長短)のうち、短歌をすべてJPG&TXTで紹介する。→日本初!

万葉短歌2608 妹が袖2420

2017年09月30日 | 万葉短歌

2017-0930-man2608
万葉短歌2608 妹が袖2420

妹が袖 別れし日より 白栲の
衣片敷き 恋ひつつぞ寝る   

2420     万葉短歌2608 ShuF252 2017-0930-man2608

いもがそで わかれしひより しろたへの
 ころもかたしき こひつつぞぬる

=出典未詳。
【編者注】「正述心緒」(2517~2618、102首)の第92首。男。
【訓注】白栲(しろたへ=白細)。恋ひつつぞ寝る(こひつつぞぬる=恋管曽寐留)。


この記事をはてなブックマークに追加

万葉短歌2607 敷栲の2419

2017年09月29日 | 万葉短歌

2017-0929-man2607
万葉短歌2607 敷栲の2419

敷栲の 衣手離れて 我を待つと
あるらむ子らは 面影に見ゆ   

2419     万葉短歌2607 ShuF252 2017-0929-man2607

しきたへの ころもでかれて あをまつと
 あるらむこらは おもかげにみゆ

=出典未詳。
【編者注】「正述心緒」(2517~2618、102首)の第91首。男。
【訓注】敷栲(しきたへ=敷細)。離れて(かれて=可礼天)。我(あ=吾)。面影(おもかげ)。


この記事をはてなブックマークに追加

万葉短歌2606 人目多み2418

2017年09月28日 | 万葉短歌

2017-0928-man2606
万葉短歌2606 人目多み2418

人目多み 常かくのみし さもらはば
いづれの時か 我が恋ひずあらむ   

2418     万葉短歌2606 ShuF252 2017-0928-man2606

ひとめおほみ つねかくのみし さもらはば
 いづれのときか あがこひずあらむ

=出典未詳。
【編者注】「正述心緒」(2517~2618、102首)の第90首。男。
【訓注】人目(ひとめ)。さもらはば(候者)。いづれの時か(いづれのときか=何時)。我が(あが=吾)。


この記事をはてなブックマークに追加

万葉短歌2605 玉桙の2417

2017年09月27日 | 万葉短歌

2017-0927-man2605
万葉短歌2605 玉桙の2417

玉桙の 道行きぶりに 思はぬに
妹を相見て 恋ふるころかも   

2417     万葉短歌2605 ShuF252 2017-0927-man2605

たまほこの みちゆきぶりに おもはぬに
 いもをあひみて こふるころかも

=出典未詳。
【編者注】「正述心緒」(2517~2618、102首)の第89首。男。
【訓注】玉桙(たまほこ)。恋ふるころ(こふるころ=恋比)。


この記事をはてなブックマークに追加

万葉短歌2604 思ひ出でて2416

2017年09月26日 | 万葉短歌

2017-0926-man2604
万葉短歌2604 思ひ出でて2416

思ひ出でて 音には泣くとも いちしろく
人の知るべく 嘆かすなゆめ   

2416     万葉短歌2604 ShuF252 2017-0926-man2604

おもひいでて ねにはなくとも いちしろく
 ひとのしるべく なげかすなゆめ

=出典未詳。
【編者注】「正述心緒」(2517~2618、102首)の第88首。女。
【訓注】思ひ出で(おもひいで=念出)。音には泣くとも(ねにはなくとも=哭者雖泣)。いちしろく(灼然)。ゆめ(謹)。


この記事をはてなブックマークに追加

万葉短歌2603 心をし2415

2017年09月25日 | 万葉短歌

2017-0925-man2603
万葉短歌2603 心をし2415

心をし 君に奉ると 思へれば
よしこのころは 恋ひつつをあらむ   

2415     万葉短歌2603 ShuF252 2017-0925-man2603

こころをし きみにまつると おもへれば
 よしこのころは こひつつをあらむ

=出典未詳。
【編者注】「正述心緒」(2517~2618、102首)の第87首。女。
【訓注】奉る(まつる=奉)。よしこのころは(縦比来者)。恋ひつつ(こひつつ=恋乍)。


この記事をはてなブックマークに追加

万葉短歌2602 黒髪の2414

2017年09月24日 | 万葉短歌

2017-0924-man2602
万葉短歌2602 黒髪の2414

黒髪の 白髪までと 結びてし
心ひとつを 今解かめやも   

2414     万葉短歌2602 ShuF252 2017-0924-man2602

くろかみの しろかみまでと むすびてし
 こころひとつを いまとかめやも

=出典未詳。
【編者注】「正述心緒」(2517~2618、102首)の第86首。女。
【原文】11-2602  黒髪 白髪左右跡 結大王 心一乎 今解目八方  作者未詳
【編者注-結びてし】「てし」の原文は「大王」。この対応は、ほかに10-2092天験常 定大王(あまつしるしと さだめてし)、11-2834本繁 言大王物乎(もとしげく いひてしものを)の2例だけ。その他の「大王」はすべて「おほきみ」訓。


この記事をはてなブックマークに追加

万葉短歌2601 うつつにも2413

2017年09月23日 | 万葉短歌

2017-0923-man2601
万葉短歌2601 うつつにも2413

うつつにも 夢にも我れは 思はずき
古りたる君に ここに逢はむとは   

2413     万葉短歌2601 ShuF252 2017-0923-man2601

うつつにも いめにもわれは おもはずき
 ふりたるきみに ここにあはむとは

=出典未詳。
【編者注】「正述心緒」(2517~2618、102首)の第85首。女。
【訓注】我れは(われは=吾者)。思はずき(おもはずき=不思寸)[下記注。04-0601吾者不念寸(われはおもはずき)、-609我者不念寸(われはおもはずき)、11-2601不思寸]。
【依拠本注-思はずき】回想の助動詞「き」「けり」「けむ」は、上代では、打消の助動詞「ず」にじかに接続する。


この記事をはてなブックマークに追加

万葉短歌2600 百代しも2412

2017年09月22日 | 万葉短歌

2017-0922-man2600
万葉短歌2600 百代しも2412

百代しも 千代しも生きて あらめやも
我が思ふ妹を 置きて嘆かむ   

2412     万葉短歌2600 ShuF249 2017-0922-man2600

ももよしも ちよしもいきて あらめやも
 あがおもふいもを おきてなげかむ

=出典未詳。
【編者注】「正述心緒」(2517~2618、102首)の第84首。男。
【訓注】百代…千代(ももよ…ちよ=百世…千代)。我が思ふ(あがおもふ=吾念)。


この記事をはてなブックマークに追加

万葉短歌2599 験なき2411

2017年09月21日 | 万葉短歌

2017-0921-man2599
万葉短歌2599 験なき2411

験なき 恋をもするか 夕されば
人の手まきて 寝らむ子ゆゑに   

2411     万葉短歌2599 ShuF249 2017-0921-man2599

ためしなき こひをもするか ゆふされば
 ひとのてまきて ぬらむこゆゑに

=出典未詳。
【編者注】「正述心緒」(2517~2618、102首)の第83首。男。
【訓注】恋をもするか(こひをもするか=恋毛為鹿)。夕されば(ゆふされば=暮去者)。


この記事をはてなブックマークに追加

万葉短歌2598 遠くあれど2410

2017年09月20日 | 万葉短歌

2017-0920-man2598
万葉短歌2598 遠くあれど2410

遠くあれど 君にぞ恋ふる 玉桙の
里人皆に 我れ恋ひめやも   

2410     万葉短歌2598 ShuF249 2017-0920-man2598

とほくあれど きみにぞこふる たまほこの
 さとびとみなに あれこひめやも

=出典未詳。
【編者注】「正述心緒」(2517~2618、102首)の第82首。女。
【訓注】君にぞ(きみにぞ=公衣)。里人(さとびと)。我れ恋いめやも(あれこひめやも=吾恋八方)。


この記事をはてなブックマークに追加

万葉短歌2597 いかにして2409

2017年09月19日 | 万葉短歌

2017-0919-man2597
万葉短歌2597 いかにして2409

いかにして 忘れむものぞ 我妹子に
恋はまされど 忘らえなくに   

2409     万葉短歌2597 ShuF243 2017-0919-man2597

いかにして わすれむものぞ わぎもこに
 こひはまされど わすらえなくに

=出典未詳。
【編者注】「正述心緒」(2517~2618、102首)の第81首。男。
【訓注】いかにして(何為而)。忘れむものぞ(忘物)。恋はまされど(こひはまされど=恋益跡)。


この記事をはてなブックマークに追加

万葉短歌2596 慰もる2408

2017年09月18日 | 万葉短歌

2017-0918-man2596
万葉短歌2596 慰もる2408

慰もる 心はなしに かくのみし
恋ひやわたらむ 月に日に異に   

2408     万葉短歌2596 ShuF243 2017-0918-man2596

なぐさもる こころはなしに かくのみし
 こひやわたらむ つきにひにけに

=出典未詳。
【編者注】「正述心緒」(2517~2618、102首)の第80首。男。左注に、「或本歌曰 奥津浪 敷而耳八方 恋度奈牟」(沖つ波 しきてのみやも 恋ひわたりなむ)。
【訓注】慰もる(なぐさもる=名草漏)。月に日に異に(つきにひにけに=月日殊)。


この記事をはてなブックマークに追加

万葉短歌2595 夢にだに2407

2017年09月17日 | 万葉短歌

2017-0917-man2595
万葉短歌2595 夢にだに2407

夢にだに 何かも見えぬ 見ゆれども
我れかも惑ふ 恋の繁きに   

2407     万葉短歌2595 ShuF243 2017-0917-man2595

いめにだに なにかもみえぬ みゆれども
 われかもまどふ こひのしげきに

○=出典未詳。
【編者注】「正述心緒」(2517~2618、102首)の第79首。男。
【訓注】夢に(いめに=夢)。我れかも惑ふ(われかもまどふ=吾鴨迷)。


この記事をはてなブックマークに追加

万葉短歌2594 行かぬ我を2406

2017年09月16日 | 万葉短歌

2017-0916-man2594
万葉短歌2594 行かぬ我を2406

行かぬ我を 来むとか夜も 門閉さず
あはれ我妹子 待ちつつあるらむ  

2406     万葉短歌2594 ShuF243 2017-0916-man2594

ゆかぬわを こむとかよるも かどささず
 あはれわぎもこ まちつつあるらむ

=出典未詳。
【編者注】「正述心緒」(2517~2618、102首)の第78首。男。
【原文】11-2594  不徃吾 来跡可夜 門不閇 憾怜吾妹子 待筒在  作者未詳
【編者注-閇】「閉」と互換。「さす」訓の出現は、この歌のほか、12-2912屋戸閇勿勤(やどさすなゆめ)、12-3211戸毛閇而有乎(ともさしたるを)、計3か所。


この記事をはてなブックマークに追加