万葉短歌-悠山人編

万葉短歌…万葉集全4516歌(長短)のうち、短歌をすべてJPG&TXTで紹介する。→日本初!

万葉短歌0299 奥山の0260

2011年07月30日 | 万葉短歌

2011-0730-man0299
万葉短歌0299 奥山の0260

奥山の 菅の葉しのぎ 降る雪の
消なば惜しけむ 雨な降りそね  大伴安麻呂

0260     万葉短歌0299 ShuB122 2011-0730-man0299

□おくやまの すがのはしのぎ ふるゆきの
 けなばをしけむ あめなふりそね
○大伴安麻呂(おほともの やすまろ)=原文は「大納言大伴卿(おほともの まへつきみ)…未詳」に、依拠本は、「旅人の父大伴安麻呂と思われる。」とする。なお第101歌参照。


この記事をはてなブックマークに追加

万葉短歌0298 真土山0259

2011年07月29日 | 万葉短歌

2011-0729-man0298
万葉短歌0298 真土山0259

真土山 夕越え行きて 廬前の
角太川原に ひとりかも寝む  弁基

0259     万葉短歌0298 ShuB120 2011-0729-man0298

□まつちやま ゆふこえゆきて いほさきの
 すみだかはらに ひとりかもねむ
○弁基(べんき)=「春日蔵首老の還俗前の僧名。」第56歌参照。


この記事をはてなブックマークに追加

万葉短歌0297 昼見れど0258

2011年07月28日 | 万葉短歌

2011-0728-man0297
万葉短歌0297 昼見れど0258

昼見れど 飽かぬ田子の浦 大君の
命畏み 夜見つるかも  田口益人

0258     万葉短歌0297 ShuB116 2011-0728-man0297

□ひるみれど あかぬたごのうら おほきみの
 みことかしこみ よるみつるかも
○田口益人(たのくちの ますひと)=第296歌参照。


この記事をはてなブックマークに追加

万葉短歌0296 廬原の0257

2011年07月27日 | 万葉短歌

2011-0727-man0296
万葉短歌0296 廬原の0257

廬原の 清見の崎の 三保の浦の
ゆたけき見つつ 物思ひもなし  田口益人

0257     万葉短歌0296 ShuB116 2011-0727-man0296

□いほはらの きよみのさきの みほのうらの
 ゆたけきみつつ ものもひもなし
○田口益人(たのくちの ますひと)=原文は「田口益人大夫」(たのくちの ますひとの まへつきみ)。<大宝四年(七〇四)正月、従五位下になった田口朝臣益人。…「田口」はタグチとも訓まれている。>


この記事をはてなブックマークに追加

万葉短歌0295 住吉の0256

2011年07月26日 | 万葉短歌

2011-0726-man0295
万葉短歌0295 住吉の0256

住吉の 野木の松原 遠つ神
我が大君の 幸しところ  角麻呂

0256     万葉短歌0295 ShuB114 2011-0726-man0295

□すみのえの のきのまつばら とほつかみ
 わがおほきみの いでましところ
○角麻呂(つのまろ)=第293歌参照。
【編者注】角麻呂歌四首の第四首。


この記事をはてなブックマークに追加

万葉短歌0294 風をいたみ0255

2011年07月25日 | 万葉短歌

2011-0725-man0294
万葉短歌0294 風をいたみ0255

風をいたみ 沖つ白波 高からみ
海人の釣舟 浜に帰りぬ  角麻呂

0255     万葉短歌0294 ShuB114 2011-0725-man0294

□かぜをいたみ おきつしらなみ たかからみ
 あまのつりぶね はまにかへりぬ
○角麻呂(つのまろ)=第293歌参照。
【編者注】角麻呂歌四首の第三首。


この記事をはてなブックマークに追加

万葉短歌0293 潮干の0254

2011年07月24日 | 万葉短歌

2011-0724-man0293
万葉短歌0293 潮干の0254

潮干の 御津の海女の くぐつ持ち
玉藻刈るらむ いざ行きて見む  角麻呂

0254     万葉短歌0293 ShuB114 2011-0724-man0293

□しほひの みつのあまめの くぐつもち
 たまもかるらむ いざゆきてみむ
○角麻呂(つのまろ)=第293歌参照。
【編者注】角麻呂歌四首の第二首。
【編者注】「探女(さぐめ)」「海女(あまめ)」は、集初出。探女は記紀に散見。また、前出(第278歌)依拠本用字の「海女」(訓あま)は、原文では「海人」。


この記事をはてなブックマークに追加

万葉短歌0292 ひさかたの0253

2011年07月23日 | 万葉短歌

2011-0723-man0292
万葉短歌0292 ひさかたの0253

ひさかたの 天の探女が 岩船の
泊てし高津は あせにけるかも  角麻呂

0253     万葉短歌0292 ShuB114 2011-0723-man0292

□ひさかたの あまのさぐめが いはふねの
 はてしたかつは あせにけるかも
○角麻呂(つのまろ)=未詳。「角氏は『古事記』の始祖伝承に現われる(孝元天皇条)。」
【編者注】原文題詞に「角麻呂歌四首」。その第一首。


この記事をはてなブックマークに追加

万葉短歌0291 真木の葉の0252

2011年07月22日 | 万葉短歌

2011-0722-man0291
万葉短歌0291 真木の葉の0252

真木の葉の しなふ背の山 しのはずて
我が越え行けば 木の葉知りけむ  小田事

0252     万葉短歌0291 ShuB112 2011-0722-man0291

□まきのはの しなふせのやま しのはずて
 わがこえゆけば このはしりけむ
○小田事(をだの つかふ)=未詳。<次の作者「角麻呂」ともども、姓(かばね)を記さない。> 「小田事主」「をたの ことぬし」説もある。
【編者注】講談社版『万葉集事典』は、訓「をだの こと」、記事に「京大本等にツカフ。[事主は]言主の意で主は敬語か。」


この記事をはてなブックマークに追加

万葉短歌0290 倉橋の0251

2011年07月21日 | 万葉短歌

2011-0721-man0290
万葉短歌0290 倉橋の0251

倉橋の 山を高みか 夜隠りに
出で来る月の 光乏しき  間人宿祢大浦

0251     万葉短歌0290 ShuB110 2011-0721-man0290

□くらはしの やまをたかみか よごもりに
 いでくるつきの ひかりともしき
○間人宿祢大浦(はしひとの すくね おほうら)=第289歌参照。
【編者注】集中ただ一作の沙弥女王(さみの おほきみ)歌9-1763は、ここからの(後に言う)本歌取りの先駆。


この記事をはてなブックマークに追加

万葉短歌0289 天の原0250

2011年07月20日 | 万葉短歌

2011-0720-man0289
万葉短歌0289 天の原0250

天の原 振り放け見れば 白真弓
張りて懸けたり 夜道はよけむ  間人宿祢大浦

0250     万葉短歌0289 ShuB110 2011-0720-man0289

□あまのはら ふりさけみれば しらまゆみ
 はりてかけたり よみちはよけむ
○間人宿祢大浦(はしひとの すくね おほうら)=未詳。「9-1685~6 の歌の作者として、<間人宿禰>とのみあるのも、この人らしい。文武朝頃の人。」
【編者注】依拠本の「宿祢」表記は、本文に「宿禰」、原文に「宿祢」とする。なお、「禰」については異体字が多く、さらに確認の要あり。


この記事をはてなブックマークに追加

万葉短歌0288 我が命し0249

2011年07月19日 | 万葉短歌

2011-0719-man0288
万葉短歌0288 我が命し0249

我が命し ま幸くあらば またも見む
滋賀の大津に 寄する白波  穂積朝臣老

0249     万葉短歌0288 ShuB107 2011-0719-man0288

□わがいのちし まさきくあらば またもみむ
 しがのおほつに よするしらなみ
○穂積朝臣老(ほづみの あそみ おゆ)=「和銅二年(七〇九)従五位下、養老二年(七一八)正五位上、式部大輔。養老六年、元正天皇を批判した罪で佐渡に配流。天正十二年(七四〇)に許され、同十六年大蔵大輔、天平勝宝元年(七四九)没。」


この記事をはてなブックマークに追加

万葉短歌0287 ここにして0248

2011年07月18日 | 万葉短歌

2011-0718-man0287
万葉短歌0287 ここにして0248

ここにして 家やもいづち 白雲の
たなびく山を 越えて来にけり  石上卿

0248     万葉短歌0287 ShuB107 2011-0718-man0287

□ここにして いへやもいづち しらくもの
 たなびくやまを こえてきにけり
○石上卿(いそのかみの まへつきみ=未詳。「1四四の作者石上朝臣麻呂か。<卿>は三位以上の人への称。三位以上の人には敬してその名を期さないことが多い。」「…石上朝臣豊庭を石上卿に擬する説(…)もある。従四位の豊庭は<卿>に相当しないけれども、和銅七年(七一四)に右[元正天皇の美濃行幸時の]将軍であったから、この尊称をもって不条理ではないとするのである。」
【編者注】「石上卿」名作者はこの一首。参照本・講談社版『万葉集事典』は人名同項で、麿、乙麿、豊庭が考えられる、とする。


この記事をはてなブックマークに追加

万葉短歌0286 よろしなへ0247

2011年07月17日 | 万葉短歌

2011-0717-man0286
万葉短歌0286 よろしなへ0247

よろしなへ 我が背の君が 負ひ来にし
この背の山を 妹とは呼ばじ  春日蔵首老

0247     万葉短歌0286 ShuB105 2011-0717-man0286

□よろしなへ わがせのきみが おひきにし
 このせのやまを いもとはよばじ
○春日蔵首老(かすがの くらおびと おゆ)=第56歌参照。


この記事をはてなブックマークに追加

万葉短歌0285 栲領巾の0246

2011年07月16日 | 万葉短歌

2011-0716-man0285
万葉短歌0285 栲領巾の0246

栲領巾の 懸けまく欲しき 妹の名を
この背の山に 懸けばいかにあらむ  丹比真人笠麻呂

0246     万葉短歌0285 ShuB105 2011-0716-man0285

□たくひれの かけまくほしき いものなを
 このせのやまに かけばいかにあらむ
○丹比真人笠麻呂(たぢひの まひと かさまろ)=未詳。「丹比氏は代々遣唐使を出した家柄。」 さらに509に長歌、510に短歌。
【編者】「たぢひ」については、さらに第226歌参照。


この記事をはてなブックマークに追加