キャンプ屋さんで里山暮らし 20年

茨城県北部の小さなファミリーキャンプ場からの便りです。自然豊かな里山暮らしの日々の気づきを綴ります。

仲秋の名月 9月24日 

2018-09-24 15:43:19 | キャンプ場だより

上々のお天気のうちに秋分の日の連休キャンプが終わりました。

今夜は中秋の名月。 見られるかどうか!?

 

 お隣の方に可愛いお月見の和菓子をいただきました。

 小さな「ウサギの形の州浜」と「満月にうさぎ」の寒天菓子のセットです。

 塗りの菓子皿に両方のせてみましたが、構図が今一でしたので、
 お月様だけ残して、ウサギはパクッと口に入れました。
 そしてお茶を濃いめに入れて、お三時とし、思案しました。 

 ベランダのテーブルにススキとお供えを出して、お月様をお迎えしようか。
 ちらっと雲間から見てくれるかも。 
 でも、出しっぱなしにしておくと野良猫などの4本足、或いは6本足の
 「お月見泥棒」が来るかも。 

 

 

 

 

 

  6時半 曇り空です。
  東の山並みの方向を見るとぼんやり明るくなっています。
  ゆっくりゆっくり、真ん丸の朧月が昇ってきました。

 

 ススキとお団子を用意しておくべきでした。 
 

  
  

 

 

コメント

秋色 いろいろ

2018-09-23 10:53:48 | キャンプ場だより

9月22日。 先週に続いての連休。 秋分の日の連休の始まりです。
秋晴れというほどではありませんでしたが、
程よい気温のいいお天気の一日でした。
夜はお月様がきれいだったとのことでした。
25日が満月です。中秋の名月は明日?

昨日は、私たちがこのキャンプ場を開き
主人が愛好者の方々とカヌーを楽しんだり、教えたりしていた頃
からよく来てくださっていた若い人たち(当時、本当の若者、
今? でも、心は永遠の若者)が来てくださいました。
川遊びとサイクリングと秋刀魚パーティーの計画でしたが、
車を開けると何と!自転車の前輪がない。
積み忘れたようす。
心は若者さんにもひたひた加齢現象が押し寄せるものなのかな!?
若さゆえのうっかり!?

3人は川でサップを楽しみ、自転車が使えなかった一人は
キャンプ屋さんの仕事を手伝ってくださいました。
胡桃を拾って洗ってもくださいました。
私は大助かりでした。若い力に感謝。

秋刀魚パーティーは慣例となっているのですが、
今年のメニューは、しっかりした準備がなされた秋刀魚の燻製と塩焼き。
自家製の小豆で作ったお味噌の里いも他のお汁。
コールスロー。 どれも美味しかった。
今年の秋刀魚はことのほか美味しかったです。

 

キャンピングカーで毎年春と秋に来てくださるご夫婦は
都会でマンション暮らしですから、魚を焼くことが出来ないそうです。
で、ここに来るときは、いつも那珂湊などに寄ってこられます。
今回もカレイ、鯛、カマスが数匹づつ氷詰めになった魚箱を
見せてくださいました。全部で¥1000だったそうです。
いただいた新鮮そのものの姿のいい鯛で「生姜鯛めし」を作りました。
炊き上がったら、写真を撮ろうと思いつつ、つい鯛の骨取りに夢中になって
撮ることを忘れてしまいました。

 

 今日は4サイトにファミリーキャンパーが揃いました。 
どこにも小学生ぐらいのお子さんがいらっしゃって、
みんな仲良くブランコを楽しんでくださっています。
お兄ちゃんが小さい妹のブランコを優しく押しながら、見守っている様子を見て
ブランコが早く使えるようになってよかったと思っています。
直してくださった方に感謝です。



             … 秋  秋  秋  秋 ・・・
   
           

 

 

 

 

 

 


 

コメント (2)

エノキの木のぶらんこ

2018-09-19 15:06:57 | キャンプ場だより

当キャンプ場にはエノキの大枝に掛けられた長~いブランコがあります。
子どもたちに、そして心は子どもの大人にも、人気のブランコです。

私たちがキャンプ場を開いてから、今年で20年です。
エノキの木の幹は、今では当初の倍ぐらいの直径になっています。
ブランコのかかった枝は年々太くなってきて、ロープの取り付け装具が
食い込みますので、これまでに3回装具を替えました。

この夏の終わりに、どういうわけか、その装具が切れてしまいました。
枝が太くなったためか、無理な力がかかったからか!?
切れた時に、事故にならなくてよかったです。

今日、私たちの知り合いがそのブランコをなおしに来てくださいました。
装具が切れたのは、ベルト部分に金具が擦れての結果とか。

  

  

  

  ブランコは復活しました。

  これからはブランコと木に優しく乗ってください。

  サーカスのように大揺れにしないこと。

  ねじったり、横揺らしにしたりしないこと。

  大人の二人乗りなど、木に負担になることは自粛すること。

以上、 よろしくお願いします。
 

 


           *** 家和楽の秋景色 ***
 

 今、家和楽のそば畑が花盛りです。 彼岸花の赤と蕎麦の花の白が素敵です。 

 

  




 

コメント

敬老の日の連休

2018-09-16 16:50:55 | キャンプ場だより

夏が暑かったからか、9月の週末に予約する人が多いです。
この敬老の日の連休、土曜日の午前中はかなり激しく雨が降っていました。
でも、予報通り12時過ぎには雨が止み、予約のお客さま方は皆、来場くださいました。
県外の方が多かったから、雨にもかかわらず、朝からこちらに向かわれたのでしょう。
雨が止んでよかった!

今日、日曜日は、晴れています。 気温も暑いぐらいです。







エノキの大枝に下がっていた人気のブランコの具合が悪くなりました。
ひっそりしたエノキの木の下に、なんやらセットされています。
椅子と靴とバトミントン。椅子の後ろには枝が沢山差してあります。
足元は小枝と落ち葉で丸く囲んであります。
 


自分の部屋かな? どんな想像が彼の頭に広がっているのかしら。 
想像力豊かな素敵な男の子です ♪♪






そろそろ、夕餉の準備? サンマ? どこからか、お魚が焼ける匂いが漂ってきます。
今夜は、お父さん方が焚火をしながら、星を眺めることが出来ますように。 

コメント

9月11日  お彼岸まで2週間   

2018-09-11 20:32:51 | 里山暮らし



9月11日 午前 6:37 東の空です。
下の方は薄墨を流したような雲が広がっていました。
その上のもこもこした雲は羊雲? 何たる群れ方!

7時半ごろになると日差しが出てきましたが、
半袖でいるとクシャミが連発するほど涼しい朝です。
でも、このクシャミは秋の草花の花粉症かも。



うちの辺りでは、今、萩、すすき、女郎花、葛が咲いています。 
撫子(かわらなでしこ)、桔梗は終わりました。
林道には藤袴が咲いているでしょう。
 


数日前から、ニョキニョキと彼岸花の花茎が出はじめました。
お彼岸にはちょっと早めですが、何もないところから、突然茎を伸ばす
彼岸花にはいつも驚きます。 暑かろうが寒かろうが、どんなに異常気象でも、 
ちゃんとお彼岸がわかるようです。

テントサイト5に何株もの彼岸花が出てきたので、15日の連休は
出来るなら、サイト5は使わないようにしたいと思っています。



こっちのニョキッ!は食べられないキノコです。
このところ雨が多かったので、あちこちにキノコが見られます。 
地元の人は食べられるキノコに目がありません。
私は、どんなキノコでも、キノコが生えているのを見るのが好きです。 
絵本の世界にように思えます。 
このキノコの周りで踊っているとんがり帽子の小人が見えるようです。



台風や地震やどんな災害がいつ来るかわかったものではない昨今。
例年なら、敬老の日頃に刈り入れが行われる稲田ですが、
今年はもうあちこちにコンバインが入っていたり、すでに刈り入れが終わり、
稲穂がオダ掛けで天日干しされていたりしています。

このオダ掛けの風景もだんだん見られなくなるかもしれません。
田んぼを持つ人も高齢になり、
JA(農協)に植え付けから刈り入れまで頼まざるを得ないようです。



午後4時18分の西の空です。 午後はずっといいお天気でした。
上空は風があるのか、横に流れるような雲です。 
でも、その上、手前には灰色の雲が出ています。雨が降るのかも。



草刈をしているとエンマコオロギがパニクって逃げてゆきます。
精霊バッタはのそっと現れて、ぴゅ~んと飛びます。
蛙もピョンピョン飛んでゆきます。 
しっかり逃げてと願いつつ、草刈り機を振り回す私は鬼?




 






 





コメント (1)