キャンプ屋さんで里山暮らし 20年

茨城県北部の小さなファミリーキャンプ場からの便りです。自然豊かな里山暮らしの日々の気づきを綴ります。

野の花、 木の花、 畑の花

2017-03-31 22:58:44 | 自然

29,30日はとっても暖かでした。
カメラをぶら下げ、家和楽を一回りしてきました。

野の花   

ホトケンザ イヌフグリ なずな が あっちでも、こっちでも、まとまって、
それぞれの力を競うように咲いています。 
下はホトケノザの花です。

 

 

大きな花のセイヨウタンポポ タンポポは一株ごとに堂々と咲くように思えます。



イヌフグリの花と比べてわかるように。
極小のフキノトウです。
                 
 
      
野の花化したムスカリ   種が運ばれてきたのかしら!?


木の花
  


冬の間、目を楽しませてくれていたツバキは今でも華やかです。



こぶしの蕾が膨らんでいました。 
 






 
川辺の柳は桜の花芽がうっすらと色づくころ、木全体が煙るように薄い黄緑になります。
            






うちのアンズの花です。

田畑の花

菜の花畑   油菜? 小松菜? 



白菜も菜の花になります。







           



 





 

 


 




  


コメント

雉の春 

2017-03-28 12:49:16 | 野鳥

 

今朝はやっぱり寒く、しかもどんより曇り空です。

梅が咲きだしたころからウグイスの声を耳にするようになっていました。
山で練習をしてきたのか、初めから ♪♪ ホ~~ホケキョ ♪♪ と 
とっても上手に鳴いています。

今朝は キジが ♪♪ ケン ケ~~ン ♪♪ と 強さを誇るように、
高らかに鳴くのを聴きました。 
私には、この春、初めてのキジ(オス)の声でした。

行きつ戻りつしながら春は一歩一歩やってきています。

追伸: これを打ったのは26日でしたが、
         写真を撮りに行けなくて下書きに入れておいたら
     今日はもう28日。 とりあえず今、写真なしで投稿します。 

     今朝、窓から外を見ていましたら、キジバト が5羽 チョコチョコ、
     セカセカ 歩いていました。
     地面をつついて食べ物を探している様子ではないのです。
 
     そのうち1羽が先頭を急いで歩いている背中に飛び乗ろうとしました。
     ほかの3羽は後ろに続いていましたが、知らん顔。
     キジバト は雌雄同色で区別がつきませんが、
     先頭の1羽がメスで、後ろのはオスかな!?
     
     あっちでも、こっちでも、野鳥たちの春です 

 

コメント

最後の投稿は3カ月前!! ついに復帰しました。

2017-03-13 16:19:28 | その他いろいろ

3月もそろそろ半ば。 もうすぐお彼岸です。
でも、今日など結構寒いです。
キャンプ場はまだ水を抜いたままにしています。
従って、施設の掃除などはできていません。

キャンプ場は4月15日から営業を開始します。
それまでに、オープンの準備をしなくちゃ。
今はスギ花粉のピークですが、風のない、穏やかな日にぼつぼつ
お客様を受け入れるべくあれこれ整えます。

今年の桜の開花は早いのか、平年並みなのか。

久慈川はとっても水位が落ちています。
キャンプ場の前、向こう側に狭い小石の河原ができています。
流れが少し変わってきているのかもしれません。






梅が満開を超えてしまいました。 
小さな蕗の薹が出ています。
球根類の葉の中に、まだ緑のつぼみが隠れています。
遠目には全くの冬木の枝先に葉の芽か、花芽か、粒粒が見られます。

シジュウガラ、コゲラ、シメ、エナガ、野鳥たちが沢山やってきています。
冬の間は、私が庭で残り落ち葉を集めていると、
そばにやってきたジョウビタキは
間もなく帰ります。 さみしいです。 

家和楽の上の集落の田んぼに赤ガエルの卵があるかどうか、見てきます。

なんだか、急に気持ちが春モードになりました。
目覚めて、せっせと、ブログの更新に努めます。 よろしく。

3月4日は紋太(うちのジッチ犬)の誕生日でした。 
紋太はすでに18歳だと思っていましたが、この誕生日で満18歳でした。
1999年生まれですから、そうですよね。
年相応によろよろし、目、耳、鼻なども衰えてきていますが、
よく食べ、よく寝て、
元気にしています。 ただオムツをしています。 





コメント (2)