キャンプ屋さんで里山暮らし 20年

茨城県北部の小さなファミリーキャンプ場からの便りです。自然豊かな里山暮らしの日々の気づきを綴ります。

土曜の丑 21日 //  海の日の連休 23,24日 

2020-07-21 21:56:07 | キャンプ場だより

今、整地作業をしてもらっています。 
泥を除けて、細かい砕石を敷いて、
必要なところはそれを機械で叩き締めるのです。
昨夜雨が降ったので、しっかり締まって来ました。
いやはや、大ごとです。

あちこちピョンピョンしていた子カエルはどうしたかしら。
上手に草の生えているところに避難していると思うけど。

今日は土用の丑。 そして、明後日は、海の日。
でも、やっぱり、まだ夏来る感じではありません。

一昨日の日曜は急に夏が来たみたいに暑かったけど、その後は
気温もそれほど上がっていません。
日曜は何人かの人が、頭が痛いとか、めまいがするとか言っていましたが、
あれは熱中症? ただの気圧の急変のせい?

その日はアブラゼミが夏を宣言するかのように鳴いていました。
キリギリスの ”ギ~ス、チョン” も聞きました。

今年は蛍はどうしたかしら? 蒸し暑い蛍日和はなかったみたい。
それに、昨年10月の洪水でカワニナも蛍の幼虫も
流れてしまったのかもしれません。





今日庭で見つけたアブラゼミの抜け殻です。
大きな蓼の葉の裏についていました。
砕石の下敷きになる前に出てきていてよかった。



コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

雨の日の小さい訪問者たち (7/18)

2020-07-18 15:17:08 | キャンプ場だより

来週は海の日の連休があります。
ですが、夏が来る感じがしません。
梅雨の雨がつづきます。

ベランダに出ては伸び放題の草々を眺めています。
キャンプ場のトイレなどはまだ工事中。
よってまだ休業中で、お客様も受け入れられません。
お天気とコロナのせいもあり、来訪者が少ないこのところですが、
小さな訪問者があります。



クヌギシギゾウムシです。(多分)
写真では大きく見えますが、10㎜位の大きさです。
まだ若いドングリに穴を開け、卵を産み付けます。



タンポポの綿毛のようなものをベランダの手すりで
見つけました。突然、動き出しました。



進行方向から見ると、顔がありました。
雪虫? 今頃?
雪虫はアブラムシの仲間です。
でも、この子はなんとなくウンカのような顔です。

成虫はきれいな淡緑の羽をしている
カメムシ目アオバハゴロモ科の昆虫、 
アオバハゴロモ。その幼虫でした。 

虫愛ずる婆でもカメムシだけはダメです!
こんなきれいな名前のこの虫がカメムシ目だなんて!

興味を持って、PCで検索していると、なんとこの子の
学名は Geisha distinctissima というのだと知りました。
地域によってはこの虫をゲイシャと呼ぶところもあるとか。
又、ハトポッポ、ハトムシ、ポッポ、などとも言うそうです。
畑、果樹園では害虫なのに、綺麗だと得ですね、
好意的な名で呼ばれて。
下の写真はPCの図鑑から撮ったアオバハゴロモの成虫です。


体長5~7mmぐらい


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

雨、雨、雨、、、、、

2020-07-14 12:10:40 | キャンプ場だより

雨が続きますが、久慈川は今のところ、先日のようなことは
なく、水位も下がり穏やかに流れています。

九州を初め、あちこちで川の氾濫、土砂災害が起こっています。
東日本にも激しい雨の恐れがあるとのこと。
局所的に激しく降るのが怖いです。
さりとて、怖がっていても身体に悪いだけ。
野鳥や虫たちのレベルで、雨の様子を見つつ、
淡々と上手に毎日を暮らすことにしています。





先日の上流の豪雨の日は家和楽では突風もありました。
私は丁度、風が通り過ぎた時、外出先から帰って来たのですが、
車を停めると、うちの高床下からセキレイが飛び立ってゆきました。
避難をしていたのでしょう。


         **** ~~~ *** ~~~ ***


お隣のハーブ畑にフェンネルの大きな株が
大風と大雨で倒れてきましたので、昨日、いただいて来ました。
フェンネルはお魚と相性が抜群といいますが、
私は魚のあるなしにかかわらず、サラダにも、スープにも、
何にでも、葉も花も入れて、そのいい香りと甘みを楽しみ
美味しくいただいています。
乾燥した種は保存しておいて、カレー、ピクルス、クッキー、
他に入れます。 楽しみ ♪♪



 



花は種が出来る雌花と出来ない雄花があるのを知りました。
分けて、雄花は今フレッシュな内にセッセといただき、
種が出来ている雌花は乾燥させます。


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

7月8日 上流で集中豪雨 

2020-07-09 15:32:59 | キャンプ場だより

福島の棚倉でお昼頃、集中豪雨がありました。
家和楽の久慈川の水位が見る見る上がり、滔々たる濁水に
ゴミや材木がすごい勢いで流れてゆきます。
洪水の臭いがします。

そばの用水路の水が逆に流れ始め、小魚が上って来ました。
まさか! 又、洪水!? 


(堤防の階段は30段ですが、水位が最も高くなっていた時は
 21段しか残っていませんでした。)

PCで水位情報を見ようとしたら、何と、
知らない間に停電があったらしく、インターネットがつながりません。
WiFiやルーターを切ったり入れたり、PCを再起動したり、
焦ってあれこれしてみたら、何とかつながり、
上流の観測地の水位情報を見ることが出来ました。 

グラフはずっと低いところに引かれた横線が突然垂直に
立ち上がり、氾濫危険水位に達しているではありませんか!
ヤバイかもと思いながらうろうろして、再び見てみると
なんと、グラフは、ストーンと下降線を描いていました!!

家が密集した都会で雨がこんな降り方をすれば、大変です。
この頃の雨は全く節度がない。

        

家和楽の流れも徐々にその勢いを落としてきました。
予報を見ると、今回は、大丈夫と思われました。
やれやれでした。


(夕焼。明日は晴れ!?)

(翌朝。30段の階段も河原の地面も現れ、
 水温と気温の差で川霧がたっています。)

(最初の写真とこの写真の橋げたの
 違いに注目。 これは翌朝の様子です。)

 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

オオブタクサ

2020-07-03 15:41:29 | キャンプ場だより

先の大洪水の跡はあちこちでまだまだ残っています。
家和楽の野球場、テニスコート、駐車場は復旧するのやら?
しないのやら? 駐車場に積み上げた土砂の山に草が木のように
育ち、緑の小山になっています。
そのエリア一帯がいまだ立ち入り禁止ですので、遊歩道は草ぼうぼう。

うちのキャンプ場も中々復旧工事が進みません。
一度敷いた砕石の下からも草が出てきました。
周りの草たちを見ていると、今まで見なかった種のものがいっぱいあります。

 

その中で、やたら目立つのがこの写真の植物。
見たことないな~。どんな花が咲くのかしら? と思いつつ、
お隣のご主人がスマホのアプリで調べたのを見て、ギョッ!!
早く刈らなくっちゃ!! 
花粉症を引き起こすブタクサの親玉?オオブタクサというものでした。
それを知ったとたん目が痒くなりそうでした。

今朝、早速、それが群生しているところを刈りばらい機で
刈ってくださいました。 
私はあちこちに出ているまだ背の低いオオブタクサの子供?を
見つけるたびに抜くことにしました。
でも、うちとお隣だけで退治しても、だめですよね。

秋の花粉症がある人は、この秋はとにかくマスクとゴーグル着用で
コロナ対策と同様、ステイホーム、外出自粛がいいかも。


 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする