キャンプ屋さんで里山暮らし 20年

茨城県北部の小さなファミリーキャンプ場からの便りです。自然豊かな里山暮らしの日々の気づきを綴ります。

アシナガバチ 女王越冬のために引っ越し !?

2018-10-11 09:51:10 | 里山暮らし

体育の日の連休はリピーターのキャンパーさんが、
お姉さん方ご家族(なんと山形から!)とキャンプパーティーを
楽しんでくださいました。
 
他に、この夏初めてご来場くださったお子様連れのご家族も再び来られて
胡桃の木のそばのサイトにテントを設営されました。

小学生の息子さんは観察力のある素敵な虫好き少年です。
胡桃を拾いながら、カナヘビを見つけました。
その瞬間、カナヘビは跳ねる虫をパクッと捕まえ、
しばらく立ち止まってムニャムニャ。
彼のお蔭で私もその様子を楽しませてもらいました。

その後、管理棟に戻った私のところに、彼が来て何だか沢山
虫が集まっているというので、見に行くと、
胡桃の木の高いところに金茶色っぽい塊が
ぶら下がるように付いていました。
 
ミツバチの分蜂かと思いましたが、羽と体から見ると
アシナガバチです。
枝を切った切り口に集まっています。

  

アシナガバチの巣はハスの実を逆さにしたような形で、
屋根のひさしの下などに下がっています。
スズメバチのように土の中や木の洞など閉鎖されたところに作ることは
ないのじゃないかと思い、あれこれ調べました。

一方、蜂駆除などをしてくれる当市の「すぐやる課」に電話をしました。
課の人はすぐやって来てくれ、アシナガバチだと特定。

高いところだし、もう1か月もすれば、蜂たちは死んでしまうから、
このまま放置しておいても大丈夫だとのことでした。 
でも、一応スプレイをかけてくれました。

  

蜂がいなくなった後の木の切り口に、穴が開いているのが見えました。
内視鏡のカメラでもあれば、中はどうなっているのか知りたいものです。

 

一体なぜアシナガバチが集まっていたのか!??

秋が深まるとアシナガバチの女王蜂は巣から離れて、越冬する所を探すのだそうです。
働き蜂もついてくるものの、寒くなると死んでします。

春になると女王蜂は目覚めて、ハスの実型の巣を一人で作り、
何個かの部屋が出来ると、卵を産み、オスと働き蜂を作り始めるそうです。

まだ巣が小さいうちに女王蜂を駆除し、巣を落としておけばいいのです。

秋に沢山のアシナガバチが集まっているところは、初めて見ました。
虫に関心のある素敵な少年のお蔭です。









コメント (2)

サルナシ と キウイフルーツ

2018-10-04 13:22:18 | 里山暮らし

先日ポポーをいただいた方から、今日は サルナシ をいただきました。

 
 サルナシ 直径・高さ1~2cm
 
 サルナシの断面。 
 
 サルナシとうちに生っているキウイ。 皮に毛がある古い品種のキウイです。


サルナシは元祖キウイフルーツだと思います。
山に自生するマタタビ科のつる性の木の実です。

キウイはニュージーランドにいる翼のない嘴が長い、卵を産む鳥。
キウイフルーツ はその鳥の形に似ているところから命名された果物。
ニュージーランドで栽培が盛んですが、元々は中国原産の
マタタビ科の果樹の実です。

東京に住んでいたときはキウイはバナナやパイナップルのように
輸入果物だと思っていました。
 
ところが、この地に来ると何と、民家の庭に棚があって
キウイがいっぱい生っているではありませんか!

もう誰も住んでないような古民家のそばで伸び放題になった
キウイの蔓に実が並んでぶら下がっている光景があちこちで見られました。
かなり前に農協がキウイ栽培を勧めたとのことです。
直売所には地元産のキウイが出ていますが、広く流通させるほど力を入れて
栽培していない様子です。

うちにもキウイの棚があり、秋からお正月前まで食べられるぐらい生ります。
園芸店ではグリーンで皮がすべすべのや、黄色いキウイ、
中が赤いキウイの苗(1mほどの)を売っています。 

コメント

ポポー & ハツタケ & ゴマダラチョウ幼虫

2018-09-28 18:22:30 | 里山暮らし

台風24号がやってくる。 この辺りはずっと守られていたけど、今度はどうかしら。
大きな被害がないように備え、祈るのみ。

今日はバンガローに火災報知器を付けてもらいました。
消防署が簡易宿泊施設には必ず煙式火災報知機を指定の業者を通して
つけなくてはならないというのです。

工事が終わった後、ベランダのテーブルの上で小さい緑色をみつけました。
2本の角がある小さな幼虫!! 以前、見たことがあります。

  

これは、オオムラサキか、コムラサキか、ゴマダラチョウの幼虫のはず。
それにしても超小さい。 細くって2.5cmぐらいの体長です。
背中の2列の突起、2本の角、お尻の2つの突起。
まさか、オオムラサキ!!って訳あるかな?

PCで幼虫図鑑を開くと、 やっぱり、ゴマダラチョウの幼虫でした。
エノキの葉っぱを食べていたところ、葉が落ちて、地面にいたら、
一昨日の草刈りでベランダのテーブルに飛ばされた? 
ナイロンの紐を使う草刈機だと、ベランダの床やテーブルの上にまで
砕石や落ち葉がとんで来るのです。

これから落ち葉の季節、ゴマダラチョウの幼虫は葉と共に地上に降りて来て、
落葉の中で越冬幼虫となるのです。
エノキの周りの落葉は根元に寄せておくことにします。
来春、若葉が出るころに、幼虫たちが目覚め、木に登って行けるように。

この角のある幼虫をカメラに収めていたら、車が入ってきて、
「なにしているの?」と知り合いが覗きに来ました。
私が指さす先を見る顔からこういうのが好きでない人だと気が付きました。
大きなスズメ蛾やアゲハの幼虫でもなく、
小さな小さな2本角の可愛い幼虫なのに。

彼女はいつも自分のところで収穫できる野菜や果物を持ってきてくれます。
今日は、ポポーとハツタケです。
丁度、今朝、TVでポポーが話題になっていました。
今が旬の珍しい果物です。
バナナのようなアボカドのようなクリームのような、香り高い北米出身の果物です。

  

  

ハツタケも今が旬。 松の木の元に出てくるそうです。
ハツタケごはんにするもよし、炒めるもよし、もちろんお味噌汁にしてもグーとのこと。

 

  海の幸、山の幸に恵まれた茨城に移り住んで、よかった。
  その豊かな恵みを季節季節に感謝していただいています。

 

コメント (2)

9月11日  お彼岸まで2週間   

2018-09-11 20:32:51 | 里山暮らし



9月11日 午前 6:37 東の空です。
下の方は薄墨を流したような雲が広がっていました。
その上のもこもこした雲は羊雲? 何たる群れ方!

7時半ごろになると日差しが出てきましたが、
半袖でいるとクシャミが連発するほど涼しい朝です。
でも、このクシャミは秋の草花の花粉症かも。



うちの辺りでは、今、萩、すすき、女郎花、葛が咲いています。 
撫子(かわらなでしこ)、桔梗は終わりました。
林道には藤袴が咲いているでしょう。
 


数日前から、ニョキニョキと彼岸花の花茎が出はじめました。
お彼岸にはちょっと早めですが、何もないところから、突然茎を伸ばす
彼岸花にはいつも驚きます。 暑かろうが寒かろうが、どんなに異常気象でも、 
ちゃんとお彼岸がわかるようです。

テントサイト5に何株もの彼岸花が出てきたので、15日の連休は
出来るなら、サイト5は使わないようにしたいと思っています。



こっちのニョキッ!は食べられないキノコです。
このところ雨が多かったので、あちこちにキノコが見られます。 
地元の人は食べられるキノコに目がありません。
私は、どんなキノコでも、キノコが生えているのを見るのが好きです。 
絵本の世界にように思えます。 
このキノコの周りで踊っているとんがり帽子の小人が見えるようです。



台風や地震やどんな災害がいつ来るかわかったものではない昨今。
例年なら、敬老の日頃に刈り入れが行われる稲田ですが、
今年はもうあちこちにコンバインが入っていたり、すでに刈り入れが終わり、
稲穂がオダ掛けで天日干しされていたりしています。

このオダ掛けの風景もだんだん見られなくなるかもしれません。
田んぼを持つ人も高齢になり、
JA(農協)に植え付けから刈り入れまで頼まざるを得ないようです。



午後4時18分の西の空です。 午後はずっといいお天気でした。
上空は風があるのか、横に流れるような雲です。 
でも、その上、手前には灰色の雲が出ています。雨が降るのかも。



草刈をしているとエンマコオロギがパニクって逃げてゆきます。
精霊バッタはのそっと現れて、ぴゅ~んと飛びます。
蛙もピョンピョン飛んでゆきます。 
しっかり逃げてと願いつつ、草刈り機を振り回す私は鬼?




 






 





コメント (1)

トラップその後  オオスズメバチ入る 

2018-05-30 14:39:23 | 里山暮らし

 

トラップを毎朝覗くのが日課となってしまいました。

どのトラップももう液が見えないぐらい蜂がぎっしり入っているので、
入れ替えるか新しいのを作るかしなくてはならないな~と思いながら、
昨朝、見に行ってみると、体長5~6cmの大スズメバチが1匹入っていました。

今までの蜂の死骸を踏み台にして立ち上がり、盛んに脱出を試みています。
蜂の羽では垂直に飛び立つことは出来ないようです。


午前中、用があって出掛けましたが、午後帰って来て、見ると何と!
大きいのが3匹になっていました。
受難の蜂が何らかの信号を出して、仲間を呼んだ!?

そろそろトラップを取り替えた方が良いかも。
どんどん仲間が来ても怖いから。






 

コメント