キャンプ屋さんで里山暮らし 20年

茨城県北部の小さなファミリーキャンプ場からの便りです。自然豊かな里山暮らしの日々の気づきを綴ります。

落ち葉さらえ 

2013-12-21 22:35:12 | キャンプ場だより

 
17日に毎年来てくださる福祉施設の方々が落ち葉さらえに来てくださいました。

      

この施設では園芸と木工を主な作業にしておられます。
落ち葉をさらえて腐葉土を作り、苗を育て、販売されるのです。

今年も葉ボタンとパンジーその他の寄せ植えを分けてもらいました。
利用者さんが愛情込めて育てた苗はとっても元気で、霜に当たっても、雪が積もっても、
へこたれることなく春までも花を咲かせ続けます。

   
                        
去年クリスマスローズが入った鉢がありましたので、葉ボタンの菜の花が終わった後、地に下しましたらしっかり根付きました。 パンジーのこぼれ種もそのうち芽を出すと思います。 

                   

この日の前日は強風の一日でした。 落ち葉がみんな吹き飛ばされてしまったらどうしようかと心配しましたが、あちこちに吹き溜まりが出来、掃き集め易かったかも。

利用者さん7人、スタッフの方3人、利用者さんのおかあさん1人、計11人の皆さんが来られました。
落ち葉を掃き集める人、集めた落ち葉をシートに移す人、それを軽トラに入れる人、軽トラの中で積んだ落ち葉を踏みしめる人、などと役割を分担して、手際よく作業をこなし、2時間もしないうちに庭中の落ち葉をすっかりさらえてくださいました。 

   

お蔭でキャンプグランドはきれいになり、管理棟兼自宅のベランダの階段脇には寄せ植えがセットされ、もうお正月準備が出来たようになりました。 有難く思っています。 

     

               

コメント

12月のキャンプ場の木々

2013-12-13 22:58:22 | キャンプ場だより

早、12月も後2週間と少しです。
木たちはそれぞれの冬すがたになりました。

  バンガローC のそばのケヤキです。

  テントサイト4の鬼胡桃です。

  テントサイト3のビワの木は濃緑の葉に守られて花盛りです。

  ブランコの下がっているエノキの木です。

  管理棟の前のクヌギの木達はまだ葉を落とし切っていません。

  テントサイト1と堤防上の間にあるイチョウは去年、頭を摘めて枝を短く切りました。その結果、とっても大きな銀杏が生りました。 

  堤防沿いのサザンカはもう2ヶ月ほど花が咲き続けています。

  サザンカの間のハナミズキには花芽が付いています。

 

寒くなるといろんな野鳥が山から里に下りてきます。 川にはカモたちが渡ってきます。
今、見られる野鳥はエナガ、シジュウガラ、コゲラ、ジョウビタキ、カワラヒワ、ヒヨドリ、カルガモ、ダイサギ、アオサギ、カワセミ、ヤマセミ、セキレイ、トビ、などです。 それからカラスとスズメ。 猛禽類も飛んでいるようですが、名前がわかりません。 
冬はバードワッチングが楽しみです。 
家の中からも写真を撮るために窓ガラスをきれいにしておかなくっちゃ。
でも、あまりきれいにすると鳥がぶつかって気絶する事故が起こります。
シールを張ったり、窓の内側に何かぶら下げたり、事故防止作戦をしなくてはなりません。

もう一つの冬の楽しみはスターワッチングです。 
無数にきらめく星を仰ぎ見ていると心が洗われるようです。
14日はふたご座流星群の極大日です。 でも、お月様がかなり丸くなってきましたので上手に見なくてはなりません。
見られるかな~。  

 

コメント (3)

三ヶ日の月・四日の月 と 宵の明星

2013-12-06 20:35:30 | キャンプ場だより

12月5日、銀の針金で出来たような三日月がキャンプ場の前の山並みの上に上がっているのに気が付いた時はもうあたりがかなり暗くなっていました。 三日月と宵の明星は横並びでした。 

     

今日、6日は昨日より早い時間に庭に出てみました。 月と金星は縦並びになっていました。

        
    

                                                           

ブランコが下がっているエノキの大木はとっても広い範囲に枝を広げています。
もうほとんど葉を落とし切り、冬木の姿です。 
その小さな葉が盛んに舞い降っている時は丸で金貨が空からふっているようでした。。
金貨は地に落ちるとあっという間に銅貨になってしまいます。

      

12月からキャンプ場は休業に入っています。
施設の水抜きも済ませました。
落ち葉の上を歩くのを楽しみながら、ぼちぼち落ち葉掻きをするとしましょう。

2013年の春、夏、秋を家和楽の自然を愛でてご来場くださった多くのお客様たちと楽しく過ごさせていただきました。 ありがとうございました。
来年度の営業は4月からです。5月の連休に又お客様をお迎えするのを楽しみに、私たちはしばらく冬眠しています。

 

コメント