キャンプ屋さんで里山暮らし 20年

茨城県北部の小さなファミリーキャンプ場からの便りです。自然豊かな里山暮らしの日々の気づきを綴ります。

オオムラサキ と メジロの巣

2018-07-22 20:27:35 | 自然

うちの小さなキャンプ場には大きな樹が何本かあります。

入口のドライブウエーの前にブランコが下がっている大木はエノキです。 

この木は人にも鳥にも虫にも、その他のさまざまな生き物に
とってなくてはならない木です。

夏には素晴らしい木陰を作ってくれます。
秋には金貨のように輝く葉を降らし、黄金の絨緞を敷いてくれます。
晩秋になると小さなオレンジ色の実が落ち、鳥たちのごちそうになります。

エノキの葉を食するモノがいろいろいます。
タマムシ、ゴマダラチョウ、オオムラサキなどです。

先日、お隣のご主人からラインで写真が送られてきました。
物置の片付けをしていたら、大きなきれいな蝶がいたとのこと。
それはなんとオオムラサキでした!! 

  

去年の冬、エノキの根元にオオムラサキとゴマダラチョウの越冬幼虫がいないか
調べている人が来ました。 ゴマダラチョウの幼虫は見つかりましたが、
オオムラサキは見つけられませんでした。

でも、やっぱりいたのです!!
ところで、オオムラサキは日本の国蝶です。 

     *・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*  

この間の連休に息子が来て、バンガローAの樋を掃除してくれました。
細枝や葉が詰まって縦樋の上の部分に草が生えていたのです。
脚立を使って、見てみると何と鳥の巣が出来ていました。

  

雨が降ったら、巣が水浸しになるでしょうに。なんでそんなところに!?
バンガローの屋根に覆いかぶさるエノキの枝が巣を守ってくれると思ったのでしょうか?

  

   

  バードカービングの先生に巣を見せたら、メジロの巣でした。


  

 

コメント (3)

猛暑の7月

2018-07-21 14:15:17 | キャンプ場だより

不本意ながら、しばらくぶりの更新となりました。

7月ももう3分の2過ぎてしまい、夏休みが始まっています。

先週の連休は夏日ながら川風があり、お客様たちはそれぞれのアウトドア
楽しんでくださいましたが、連休最終日の夕方近くに常陸大宮市は
豪雨と落雷、
突風に見舞われました。 
みなさんお帰りになった後でよかったです。

私は息子を那珂インターの高速バスストップまで送って行った帰り道、
その猛烈な雨に遭遇し、ビクビクで帰ってきました。
道の駅の辺りでは突風、竜巻?で大きな木が倒れたりしたそうですが、
幸いなことに
私がその地点を通過したのは、風が通り過ぎた直後でした。
118号線に沢山の枝が散らばっていました。

その後の日々はひたすら猛暑です。
「猛暑につき休業」としたいと思いましたが、
今日、21日の土曜日は3家族のお客様を迎えています。 
小さなお子様がいらっしゃるので心配ですが、
元気に川遊びを楽しんでおられます。

中に虫が好きな男のお子さんがいらっしゃいます。
サイトに跳ねている小さなバッタを追いかけて捕まえたり、
山桜の木の中で鳴いているミンミンゼミをみつけたり、
エノキの木の下の地面をいたナナフシを見つけたり、、、。
こういうお子さんが来られると、虫愛でるババの私はうれしくなります。

ちなみに、ミンミンゼミの鳴き声は今朝初めて聞きました。
この声はいかにも夏、盛夏という感じです。
特別暑いこの夏の日々、皆さま、どうかご自愛ください。

虫系の画像は今日は避け、夏の花の写真をアップします。

  

  ノカンゾウ

  

  

  カサブランカの先祖がえり? 山百合のようになりました。

  

  ウサギの耳にアマガエルの子供

コメント