キャンプ屋さんで里山暮らし 20年

茨城県北部の小さなファミリーキャンプ場からの便りです。自然豊かな里山暮らしの日々の気づきを綴ります。

6月最後の週末  小雨の中にオオムラサキ

2019-06-29 16:18:58 | キャンプ場だより


えっ、台風3号? と、ちょっぴり心配しましたが、
茨城辺りでは、3号は陸地を離れ太平洋岸を東に向かう熱低となっていました。

県内でも北部のこの地はなんの影響も受けなかったものの
梅雨前線のため土曜日は一日中小雨が続いていました。
日曜日も同じような梅雨空になりそうです。

    

    

そんなお天気でも、キャンセルもせず、若者5人組のキャンパーがご来場くださいました。

   

 
                                   .....       .......


お客さんのために、トイレ、炊事場などをチェックしての戻り、発見。

 

  オオムラサキ(♂)です!!

よく見ると片方の上の羽が一部を残し、なくなっています。
触覚が動いています。
ここに放置しておくと、車に引かれたり、踏まれたり、蟻にやられたりするでしょう。
で、とりあえず、塵取りに入れて家に持ち帰りました。

 

  日本の国蝶、オオムラサキ。 なんと、美しい蝶でしょう。
  この写真はほぼ原寸大です。 大きな蝶です。

  眺めていると羽を震わせて、足を動かしているではありませんか。
  左右の羽が揃っていたら、飛び立って行けるほど元気です。

  羽化してすぐなのかしら? そこを鳥に襲われたのかしら?
  メスには出会ったのかしら? 

  オオムラサキは花から花へと蜜を吸うためにヒラヒラ飛ぶ蝶ではありません。
  タテハチョウと同じく樹液などを吸う蝶です。
  
  そこでスズメバチトラップ用の液(但し、ぶどうジュースなし)を平たい容器に入れて
  そばに置いてやりました。 長い口吻を出して、ちゃんと吸い始めました!!
  元気が出たのか、羽を立てました!!

  

  キャンプ場には大きなエノキの木があります。
  その大枝にブランコが下がっています。
  オオムラサキは夏にエノキの葉に卵を産み付けます。
  幼虫は葉を食べて大きくなり、落葉の頃、樹下に降り、越冬幼虫となって枯葉の中で
  冬を越します。 春、若葉が出るころに幼虫は再び木を登り、青葉を食べて成長し
  蛹となって葉にぶら下がっています。 そして、夏、羽化するのです。

  だんだんオオムラサキの育つ環境がなくなって来ている昨今です。
  木の根元の落葉はなるだけ残して、幼虫が越冬できるようにしたいと思っています。
  いつまでもオオムラサキがいるキャンプ場となりますようにと、願っています。
  

  




 

コメント (1)

子ガエルとの別れ

2019-06-16 16:42:47 | 生き物

オタマちゃんたちはつぎつぎ手足を出して子ガエルになってきました。
その1匹が石の上に乗っているのを見て、もう水中のメダカの餌では
なく、生餌が必要な時が来たのだと思いました。

で、コバエを集めるため石の上にバナナの輪切りを並べました。
たとえ何匹かのコバエが水槽に入ったところで、
果たしてこのちっちゃな子ガエルがうまくゲット出来るとは思えません。

翌朝、石の上に複数のチビちゃんたちが乗っかっている図を思い描きながら、
見てみると、何と2匹の子ガエルが白いお腹を上にして、
長い後ろ足を伸ばして水面に浮かんでいました。
死んじゃったのです。
餓死したのかもしれません。
可哀そうなことをしました。

今日、私が毎年、早春に、ヤマアカガエルの声を聴きに行くところに
オタマちゃんも子ガエルちゃんもリリースしてきました。
そこは山から湧水が流れて来るところです。
わきの元田んぼだったところには水芭蕉が植わっています。
その下に何枚かの田んぼがあり、湧水が流れてゆくようになっています。

水芭蕉のそばの水が溜まっているところに、放ってきました。
ピョンピョン跳んで、土や草のところに上がるも、水に飛び込むも好き勝手に出来ます。
自然に戻った子ガエル達には危険もいっぱいでしょうが、
自由にたくましく生きて欲しいものです。

オタマジャクシや蛙がいないかと、下の田んぼを覗くと、
何と!! 黒いイモリがいました !! 何匹もいました。
食べられませんようにと祈っています。

 

コメント (2)

オタマジャクシ  子ガエルとなり 上陸

2019-06-14 18:44:01 | 生き物

今日は 6月14日。  卵から67日目です。

 

 

 

  水槽に設置された石の上に、1匹の子ガエルがとまっていました。 
  ず~~っと 長い間 動かずにいます。
 
  何匹か後ろと前の足が出た子がいて、石に登ろうとしていますが、
  まだ登り上がれません。

  後ろ足だけのオタマちゃんたちは元気に水の中を泳ぎ回っています。
  4本足の子はふわ~っと浮かんで、水が激しく動くと
  ひっくり返りそうになっています。
  
  明日には何匹もの子ガエルが石の上にいるかも。
  バナナの輪切りをおいて、コバエを集めなくっちゃ。 
  
                              

  

コメント (1)

オタマジャクシ 前足も出現!!

2019-06-10 18:29:05 | 生き物

人の子も蛙の子も同じです。
オタマジャクシも1匹1匹成長が違います。
大きく育った子。 小さい子。 後ろ足が出た子。
まだ出ない子。 

水を替えようか、餌をやろうかと思いながら、眺めていると
なんと前足が出ている子がいました。
後ろ足がしっかり蛙足風になっている子がいる中で、
前足が出た子は意外に小さくほっそりして頼りなげです。
前足は出る前から体の中、鰓の下に畳み込まれているのです。
後ろ足だけのオタマジャクシは頭でっかちで、まだまだオタマちゃんです。

  

  

  

前足が出ると顔も体も蛙らしくなります。

  

  

  

  

背中や足に模様が出ています。
やっぱりこの子たちはアカガエルです。
メダカの池にいたヤマアカガエルが親にちがいありません。
顔が少し尖ってきたものの、尾はまだ長く、口はおちょぼ口のようですが、
もう喉の下を一人前にペコペコさせています。
目も上に飛び出してきました。

尾がなくなって、鰓呼吸じゃなく肺呼吸をするようになると
飛んでいる小さな虫をパクッと食べる大きな口になるのでしょうね。
その頃は、もう水槽の中で飼っていられなくなるのです。
そう思うと、ちょっとさみしいです。

そろそろ水槽の石の上に小さなバナナの輪切りを乗せておいて、
コバエを引き寄せてみようかな?
パクッとするところが見たいものです。

コメント

オタマジャクシ 卵から56日目 後ろ足が出た!!

2019-06-04 16:14:24 | 生き物

昨日、6月3日、GWに来られたキャンプのお客さんから動画が送られた来ました。
オタマジャクシの足が出たとの報告です。

4月8日にお隣のメダカの池に"生された"(産み落とされていた)蛙の卵塊を
いただき水槽で飼っていましたが、1000匹ぐらいのオタマジャクシになりましたので、
200匹程度残して、リリースしました。

うちはファミリーキャンプ場です。 
4月、5月のキャンパーの中には飼ってみたいというお子様もいらっしゃって、
うちのオタマジャクシはあちこちに養子に出ました。

オタマジャクシが蛙になると飼うのは難しくなるので、近くの田んぼに放たれることになります。
蛙の種類の違いで放たれたところに生息できるかどうか、生態系を壊すのではないか
と言う懸念はありましたが、蛙の変態の様子を是非子どもたちに見てもらいたいと思いました。

              

2,30匹ほどになったうちのオタマちゃんたちは体部が7mmぐらいになり、
形もただ丸いだけじゃなく、やや扁平で頭部と腹部がわかるようになってきました。
顔も鼻がちょっと尖るように出てきました。
足はまだ?と見ていても、中々出てきません。
いつまでもメダカの餌をやっているから成長が遅いのかしら、
水槽が小さすぎるからかしらと気をもんでいるところに、
[足が出た!」との動画配信。


6月4日 うちのオタマジャクシにも 後ろ足が出ました!!

  

  

前足が出て、尾が短くなるのには後何日かかるのでしょう?
待ち遠しいけど、蛙になって出て行く日が来るのはちょっぴりさみしいです。


訂正:  「卵から66日目 後ろ足が出た!」とタイトルに書きましたが、
      本文に書きこんだように、生みたてと思しき卵塊をいただいたのが
      4月8日ですので、足が出た6月4日は56日目でした。
      タイトルを「卵から56日目 後ろ足が出た!」と書き直しました。

      訂正日: 6月11日





コメント (3)