キャンプ屋さんで里山暮らし 20年

茨城県北部の小さなファミリーキャンプ場からの便りです。自然豊かな里山暮らしの日々の気づきを綴ります。

家和楽の久慈川工事

2021-09-30 21:53:45 | キャンプ場だより

HPのお知らせに写真が入れられないので、ここに今現在の様子を載せます。
といっても、あちこちフェンスやバリヤーでよく見ることが出来ませんので、
舟生橋まで歩いて行って、写真を撮ってきました。


ブルドーザーが砂利をつかみ、トラックに入れています。

ブルドーザーの右上の白いのは以前遊歩道があったところに出来た2m高くなった堤防です。
その下が以前からあった階段状の堤防です。 
桜並木はなくなりました。
右の細く長く続く黄緑のはキャンプ場の前に張り巡らされたフェンスです。


キャンプ場奥の竹藪は橋のすぐ下まで広がっていましたが、すっかり伐採されてしまいました。
ブルドウザーが食いちぎるようにして竹を倒した後、根も掘り起こして、整地していました。
ここは何のためにこうしたのか!? 資材置き場!? これからこの土を取るため!?

今は落ち鮎のシーズンです。 家和楽からは川に降りられないので、 
鮎師は舟生橋のたもとの下、対岸の河原からうちの下あたりまで川の中を歩いてくるようです。
結構釣れています。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

秋分の日もあけて

2021-09-24 15:28:32 | キャンプ場だより

9月も後1週間を残すばかりとなりました。
コロナ感染者数も各地で減りつつありますが、
油断せず各自引き続き感染対策の上、
日に日に深まる秋を楽しみたいものです。

この辺りの山の木々も少し黄色くなってきているようです。
うちの桜やケヤキも落ち葉し始めました。

刈り入れが済んだ家和楽の田んぼではまだ刈穂がおだがけのままになっています。
それを雀などが啄まないように、案山子ならぬ、作り物のカラスが守っています。
機械仕掛けの鳥も近づくものがあれば、キーキー鳴きわめきます。
さっきちょっと散歩していたら、その機械の鳥が私を感知して、騒ぎ立てました。

 

  
 (この箱が鳴きわめくのです。)

河川工事でうちの奥の竹藪を伐採整地していましたが、ようやく終わったようです。
ブルドウザーの通り道の鉄板も取り除かれました。
サイトからはフェンス以外目障りなものはなくなりましたが、グランドの方での工事の音が
お耳障りかと思いますが、悪しからず。

 


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2021.9.21 中秋の名月

2021-09-21 20:33:53 | キャンプ場だより

今夜はもしかしたら曇っているかもと思ったけど、
綺麗な満月の中秋の名月が見られました。

夕方になる前に、ススキと果物をベランダにお供えしました。
ありあわせの果物、柿とリンゴと栗。
お団子はなし。

 

 

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

敬老の日の連休  

2021-09-20 17:10:17 | キャンプ場だより

18,19,20日は敬老の日の連休でした。 
初日の土曜日は、終日、雨、雨、雨、、、。
でも、19,20日は素晴らしい秋晴れとなりました。

当キャンプ場はコロナ以来、限定5組のみのお客様を受け入れています。
19日はしっかり5組の来場が決まっていました。
ですが、お天気に誘われてか、朝から、空いてますか?のお問い合わせ続出。

当日のお客様の1組はワンちゃん3匹のご家族でした。
他にはワンちゃん連れはおられませんでしたので、ふと思いついて、
ドッグランの中にテントを設営ワンちゃんをオフリードしてもいいですよと
言いましたら、大喜びでそのようになさいました。
そこに、また、空いてますか?が入ったので、19日は6組のお客様となりました。

沢山のお客様に、秋晴れのキャンプを楽しんでいただくことが出来てよかったです。





今年の中秋の名月は満月で、明日、21日です。
でも、昨夜のお月様はきれいでした。
星も綺麗だったとのこと。

 

 

  

 少なくなった家和楽の田んぼにはコンバインを入れずに、
「おだがけ」にしているところがあります。

 

 そば畑と彼岸花。

 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

可哀そうな名前の草花 2種

2021-09-01 11:53:45 | キャンプ場だより

やっぱり二百十日を過ぎるともう秋。
今日は秋雨。涼しいです。

昨日も暑くなかったので、午後、家和楽を一周歩いて来ました。
小さな秋の草花が目につきます。

 

 

こんなかわいい花なのに、なんとも可哀そうな名がついています。

上のは、ヘクソカズラ。 これは臭いのでまあ、仕方ないかも。
下のは、ヤブガラシと一緒になっていますが、小さなピンクの花の方です。
なんと! ママコノシリヌグイ(継子の尻拭い)と言います。
三角の葉で、茎と共にトゲトゲ。 蕎麦に似ているからトゲソバとも言います。
誰がこんな名を思いついたのでしょう! 
身近な草花の名は俗にそう言っているのが、正式な名にもなるのかしら。

秋雨前線が居座らないで欲しい。
さわやかな秋晴れの下、あちこち散策したいです。

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする