キャンプ屋さんで里山暮らし 20年

茨城県北部の小さなファミリーキャンプ場からの便りです。自然豊かな里山暮らしの日々の気づきを綴ります。

猛暑の7月

2018-07-21 14:15:17 | キャンプ場だより

不本意ながら、しばらくぶりの更新となりました。

7月ももう3分の2過ぎてしまい、夏休みが始まっています。

先週の連休は夏日ながら川風があり、お客様たちはそれぞれのアウトドア
楽しんでくださいましたが、連休最終日の夕方近くに常陸大宮市は
豪雨と落雷、
突風に見舞われました。 
みなさんお帰りになった後でよかったです。

私は息子を那珂インターの高速バスストップまで送って行った帰り道、
その猛烈な雨に遭遇し、ビクビクで帰ってきました。
道の駅の辺りでは突風、竜巻?で大きな木が倒れたりしたそうですが、
幸いなことに
私がその地点を通過したのは、風が通り過ぎた直後でした。
118号線に沢山の枝が散らばっていました。

その後の日々はひたすら猛暑です。
「猛暑につき休業」としたいと思いましたが、
今日、21日の土曜日は3家族のお客様を迎えています。 
小さなお子様がいらっしゃるので心配ですが、
元気に川遊びを楽しんでおられます。

中に虫が好きな男のお子さんがいらっしゃいます。
サイトに跳ねている小さなバッタを追いかけて捕まえたり、
山桜の木の中で鳴いているミンミンゼミをみつけたり、
エノキの木の下の地面をいたナナフシを見つけたり、、、。
こういうお子さんが来られると、虫愛でるババの私はうれしくなります。

ちなみに、ミンミンゼミの鳴き声は今朝初めて聞きました。
この声はいかにも夏、盛夏という感じです。
特別暑いこの夏の日々、皆さま、どうかご自愛ください。

虫系の画像は今日は避け、夏の花の写真をアップします。

  

  ノカンゾウ

  

  

  カサブランカの先祖がえり? 山百合のようになりました。

  

  ウサギの耳にアマガエルの子供

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スズメバチ ゲット!!

2018-05-20 18:57:07 | キャンプ場だより

先の記事に載せたスズメバチトラップに早、1匹の大スズメバチが入りました。
松の木にかけたペットボトルの方にです。





丁度、外に出ていた隣の人に、「スズメバチが入った!」と言って、
写真を見せている時、目の前を大きな「蜂め」が横切りました。

そして、用水路のそばのシラカバの木の下の方で消えました。
もうどこかその辺りに、巣が出来始まっているのかもしれません。
急いで、3本目のトラップを作り、枝につるしました。
成果はいかに!?

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ホトトギス 鳴く

2018-05-20 14:03:27 | キャンプ場だより

5月も早、半ば過ぎ。 緑ますます色濃く、まさに初夏です。

この土曜日は当市の小学校は運動会でした。
前夜から
早朝までは雨でしたが、晴れましたので、
開催を知らせるバンバンという音を耳にすることが出来ました。

うちでもバードカービングがあり、カヌーを楽しむ方もあり、
バンガローには、毎年この時期、家族で来てくださるお客様もありました。 
雨上がり、清々しく、暑すぎることもない気持ちいい週末になって、よかった ♪♪

昼間はウグイス、ツバメ、ホオジロ、スズメ、雉、コジュケイ、
その他さまざまな野鳥の声、姿が楽しめました。
夕方近く、ホトトギスの声を聴きました。 私には今年初めてでした。

          =========

このところスズメバチが飛んでいるところをよく見ます。
女王蜂が1匹で飛んでいる今のうちに、今年こそ、
スズメバチトラップを作って、つるします!!

中に入れる液は、いろいろあるようですが、
ひとまず、清酒、酢、砂糖、ブドウジュースを混ぜたのを作ってみました。

2本、ドライブウエーの脇の松とクヌギの枝にかけましたが、
果たして「バチめ」(蜂をバチと濁り、それに動物や虫などにつける接尾語「め」がつく。方言)
何匹捕獲できるか!? 

  

  
 
夜は素晴らしい星空でした。 ☆☆☆
日曜の朝は冷えました。 





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

5月15日 すがすがした五月晴れの日のこと

2018-05-16 09:26:40 | キャンプ場だより

昨日、今日は快晴。 各地は夏のような気温のようですが、
昨日15日、ここは川風もあり、からっと五月晴れの気持ち良い日でした。

日に日に茂る青葉が木陰を作ってくれています。
木の下に椅子を持ち出し、本でも読んでいたいところですが、
のんびりもしていられません。

GW中、気になっていた巨木のケヤキなどに朽ち枝を伐採してもらうことにしました。

  

以前、開いていた子どもキャンプに来た男の子がうちに帰って、「本物の木があるところだった!」
とお母さんに言ったとのこと。 都会の公園の木とは違うと思ったようです。
その本物の木はその後も年々太く、高くなって、
下の枝は太陽を求め、どんどん横に張り出してきました。
小さなキャンプ場には大きくなり過ぎです。

話は変わりますが、又、イノシシが捕獲されました。 竹藪の中です。
筍採りの人がこのところ結構入るようになってきています。
あんなところに罠がかけられていて、大丈夫なのかと思いました。
でも、早々にイノシシがかかり、人が罠にかかるようなことはありませんでした。

  

  

青葉をごちそうにする蝶や蛾の幼虫が次々現れています。
昨日ぐらいから急にうちの周りで見るとげとげの先が分岐している
ちょっと恐ろしげな毛虫。 これはヒオドシチョウの幼虫です。
エノキの葉を食べます。 
もう少しするとあちこちにその蛹がぶら下がっていることでしょう。
ヒオドシチョウはタテハチョウの仲間で、とまっている時、
ゆっくりと羽を開いたり閉じたりしています。外側は木の皮のような地味な色ですが、
開くと濃いオレンジ色に黒い模様が見えるきれいな蝶です。

  

  毛虫が嫌いな人の気持ちを和らげることが出来るかと思って、
  下の写真を入れました。ハルジオンの群生です。
 
  きれいだけど、この種が飛ぶ方が、タテハチョウの幼虫よりも、私は怖いです。

  

  

  




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

GW 明ける 

2018-05-06 15:47:55 | キャンプ場だより

今年のGW 前半は五月晴れでしたが、 
後半の3,4日は雨、雨、、、。
雹まで降りました!

3,4連泊のテントサイトのお客さんには気の毒なことでしたが、
さすがアウトドア愛好者。
朝夕の寒さにもめげず、盛んに焚火をして、上手にキャンプをエンジョイされました。

子供の日、5日はすっかりお天気が回復し、今日6日、連休の最後の日曜も
穏やかな清々しい一日です。


雨が降ったにもかかわらず、久慈川の水量は上がらず、
子どもたち(お父様ともども)は、水際での遊びを楽しみました。

一時、飼育箱におさまったオタマジャクシ、ヤゴ、ドジョウ、川エビ、蛙などは 
ちゃんと又、川に戻されています。

川辺の遊びで子供たちが小さな生き物たちと触れ合える豊かな自然が
私たちのキャンプ場の自慢です。 

  

 

 

 

 

 上は5月5日の朝の様子です。 よいお天気です。 
 3,4日は今一のお天気でも、終わりよければ、全てよし ♪♪

 

  5月6日の朝、すっかり帰り支度が整ったチェックアウト前のひと時。

今年も、素敵なキャンプ大好きファミリーを迎え、楽しいGWを過ごすことが出来ました。
皆様、ご来場ありがとうございました。

明日からは、しばらく静かなキャンプ場となります。
私は、のんびり場内の整備をし、この地の自然を楽しみます。

この地の自然の象徴!?  
次の写真は、お客さんが河原で見つけられたものです。

 
 
  何だかわかりますか?

 

  イノシシの足です。 上流から流れてきたのかな?
  
   

  


 
  
  
 





コメント
この記事をはてなブックマークに追加