キャンプ屋さんで里山暮らし 20年

茨城県北部の小さなファミリーキャンプ場からの便りです。自然豊かな里山暮らしの日々の気づきを綴ります。

復旧工事 進む

2020-06-04 15:12:08 | キャンプ場だより

トイレと流しと足洗い場の工事がちょっとづつ進んでいます。
上下水道と電気配線が済み、今日は基礎のコンクリート工事です。
お天気が続いて、あまり暑くない日が続きますように。

 

 

 

 生コン車が来ました。 
 ユンボ君も気に入っていますが、
 この恐竜君つきの黄色の生コン車の来場には
 心和み、楽しくなりました。

コメント

蜂 と 蟻

2020-05-25 14:21:53 | キャンプ場だより

キャンプ場の敷地全体が砂ぐらい細かい砕石で整地されましたが、
先日の雨の折、見ていると真ん中の通路にあたるところが
まだ低いらしく、水が溜まり、隣の畑の方に流れていました。
もう一度均し直してもらう必要がありそうです。

雨あがりの2,3日後には逞しい草たちがユンボで固められた砕石の下から
すまして顔(頭?)を出して、その夕方には一人前の草の姿になっていました。

私は骨折のコルセットが外れたものの、
もう背骨がどうのこうの言っていられません。
今のうちに抜くっきゃないと、チリも積もれば山と思いながら、
ちょこちょこ草引きをはじめました。

                 

寒い日が続いていましたが、昨日日差しが出てきたので、そろそろ
スズメバチトラップをかけておかないと手遅れになると思い、
ワンカップ大関とブドウジュースを買ってきて、 
お酢・砂糖・清酒・ジュースのカクテルを入れた容器をぶら下げました。

  

その日中に、1匹捕獲! 小型スズメバチのようです。
今朝見てみると、5,6匹の蜂とハエ、蛾各1匹が入っていました。
もう2,3本のトラップを吊るそうと思っています。
  
  

何度も、庭に出てはトラップを見て、草を引っ張っていましたら、
ドライブウエーを一本の線が走っているのに気づきました。
よく見ると、なんと小さな小さな赤蟻の行列でした。
1~2cm幅横隊の大行列です。うちの車の横を通り、
さらに裏の勝手口のベランダの階段のわきのポールの下までつづいています。
階段のわきの辺りからは行列が急に細くなっています。
よく観察すると、その手前までで幅広行列が終わりです。
そこには工事の塩ビのパイプがおいてあるので、何気なしにそれを
動かせてみましたら、無数の蟻と卵がありました。
そこから卵を運んでいるのでした。

何で地面の上に卵があるの? 何で今運んでいるの?
どこから移ってきたの? 元の巣はどこか別のところ?
天変地異?大雨?洪水? 
単に梅雨に備えて?
それとも別の移動の理由?
蜂の分蜂みたいに新しい女王蟻が生まれたの?

それにしても、この大群  もう1時間以上も行進が続いています。
パイプの下の卵はスッカリなくなっていて、
後尾の隊は1,2列になっています。
ドライブウエーの先のアイビーと苔の生えているいるあたりで
行列はわからなくなっています。
桝の蓋がそばにおいてありましたので、のけてみたら、
裏にびっしり蟻がいました。その下に卵も。
新居はまだ決まっていない様子。

どうしたものか 
スズメバチは今飛んでいる女王バチが新居を定め、巣作りを始めると、
キャンパーに危害が及ぶので、悪いけど女王様を捕獲させてもらうけど、
私は蟻と戦う必要はあるか  
お隣はミツバチを買っているので、スズメバチも蟻も敵とみなしてます。

世の中、コロナで生活様式が変わるのじゃないかと言っていますが、
この限界集落の暮らしはコロナ前も今も大して変わりありません。
コロナが自然にまで影響することがありませんように。

                     


コメント

整地工事始まる 

2020-05-15 11:39:40 | キャンプ場だより

茨城県は緊急事態宣言解除になりましたが、
まだまだコロナ懸念は終息したわけではありません。。
3密を避け、マスク着用、手洗い、etc.
各自感染を抑えるべく注意して日常生活を続けなくてはなりません。

少しづつ休業を強いられていた店が開業し始めるようですが、
今までとは異なった営業の在り方が創意工夫されることでしょう。

各家庭でも今までのように暮らし、働き、遊ぶのじゃなく、
この事態を念頭に、みんなが心穏やかに過ごせる方法を
生み出して、心配なく過ごせる日を待ちたいものです


           

去年の秋の台風による壊滅的な被害で当キャンプ場はいまだ休業中ですが、
いつの日か再びお客様を迎えて、この地の自然をシェアーしたく、
今、ゆっくりと復旧を目指しております。

こういう事態ですので、工事は遅々としていますが、今週から
キャンプグランドの整地工事が始まりました。






洪水の運んで来た土砂は今までなかった様々な雑草の種を運んで来ました。
その栄養豊かな土でそれらは元気に育っています。
草刈りをしつつ、洪水でこぼこになった敷地に細かい砕石を
何トンも入れては均してもらっています。



雑木の青葉は杉の緑と変わらないぐらい濃くなって来ました。
梅雨が近づき、台風がやって来ます。
大雨は多少なりともトラウマになっていますが、
先を思い煩うなで、毎日普通に過ごせていることに感謝しています。

2月に骨折し、以来、コルセットを着けていましたが、
今週、外していいことになりました!
これからは自分の筋肉で骨をサポートしなくてはなりません。
無理をしないように外仕事を楽しみたいと思っています。

            

コメント (2)

ユンボ君 キャンプ場復旧作業に再び登場

2020-03-27 19:44:46 | キャンプ場だより

26日いよいよキャンプ場復旧作業が始まりました。
再びユンボ君の出番です。

取り急ぎ、トイレと流しを作らなくてはならないのですが、
土が流れて地面が低くなっているところは排水管などの関係で
砕石を入れて地盤を高くしなくてはなりません。
幸い砕石場は近いので、大工さんがトラックで何往復もして
運んできてくださいました。


昨日今日は風もなく暖かな春のお天気でした。    
明日は
雨で、ところによっては雪だとか。    ??
この週末はコロナの感染拡大を懸念して
あちこちで外出を控えるようお達しが出ていますが、
お花見が出来ないと悲しまないように、雪を降らしてくれるのは
誰の計らいなのでしょう。


シャワー棟の向こうにあったうちの山桜は根元から何にも
遮られることなく、すっくりと立って枝をのびのび広げ、
赤い葉と共に花を咲かせています。

テントサイト2と3の間にあったソメイヨシノ2本のうち
堤防よりの木は根むき出しにして倒れてしまいました。
洪水の流れの強さを思い知りました。

残ったもう1本の桜は2m半位の高さに流れてきたゴミをぶら下げていました。
この木は今年は花付きがよくありません。


お隣の枝垂れ桜がいまとってもきれいです。
その手前の畑は泥を被っていましたが、今日、
ご主人が耕運機をかけ、石灰と腐葉土を混ぜ込み、
ご夫婦でこれから夏野菜を育てる準備をいそいそ
楽しそうにしておられました。

コロナ感染が広がらないよう、
そして早く平安な日々が戻るよう祈っています。


 

 

コメント (2)

家和楽の近況

2020-03-23 17:57:28 | キャンプ場だより

近況といえば、私事ではありますが、
自宅の修理改装最中、ひょんな弾みで第11胸椎圧迫骨折なることに
なって、2月22日から3週間、入院していました。
今は退院して家に戻っていますが、中世の貴婦人のようなコルセットを
着けて、背骨をひたすらまっすぐに日常生活を送っています。
屈むような姿勢が出来ず、不自由です。
3か月着用するように言われています。真夏でなくてよかったです。
コロナ騒ぎの今、元気な人も家に籠っているのですから、
私も自宅療養中で文句はないのですが、ちょっとは外の様子を
見てみようと先日、花粉とコロナヴィールス除けに
マスク、眼鏡、帽子姿で家和楽を一回りしてきました。

テニスコート、野球場も倒れたフェンスが取り除かれ復旧ただ中です。
幸い周囲の桜の木はしっかり立っていて、
ちらっと咲いている木もありました。
もう今週中に満開になるでしょう。
河原の整備はまだなされていませんが、学校が休みで身の置きどころが
ない近所の親子が出てきて石投げ等をしていました。
 

早く、学校も再開され、何でもない日常が戻りますように
祈っています。


R118から川に向かって下りる道。左がテニスコート。右が野球場。
倒れたフェンス泥と泥が取り除かれた状態です。
右手前は泥を被った田畑。


畑の脇にはオオイヌノフグリやオドリコソウ、
ホトケノザ、ナズナなどの野の草草が咲いていました。、

 

 

コメント (2)