キャンプ屋さんで里山暮らし 20年

茨城県北部の小さなファミリーキャンプ場からの便りです。自然豊かな里山暮らしの日々の気づきを綴ります。

やまかます  

2014-07-30 15:41:43 | 生き物

最近見ないな~と思っていたのですが、先日、2個ヤマカマスを見つけました。
そこへ今朝、近所の方が1個見つけて私にと言って主人に手渡してくださいました。

   

ヤマカマスは山叺と書きます。

叺とは「① 藁むしろを二つ折りにして作った袋。主に穀物、塩、石炭などを入れるのに用いる。② その袋に似た、刻みタバコなどを入れる油紙または皮ぎれの小袋。」と広辞苑にあります。

この小さな緑の袋は実は繭なのです。
オオミズアオに続く蝶蛾類の記事になります。悪しからず。

何の繭かというと、、、またまたヤママユガ科の蛾、ウスタビガの繭です。
オオミズアオほど大きくはありませんが、羽を広げると10cmはある大形の蛾です。
幼虫の食草はクヌギ、ケヤキ、サクラ、エノキなどです。
うちのキャンプ場と遊歩道の木々です! 
6月ごろ青葉を食べた幼虫がこの夏に繭を作って蛹となったのでしょう。
成虫になるのは秋です。 
ずっと前に、枝にぶらさがっているヤマカマスに大きなウスタビガが止まっているを見たことがあります。
羽化したばかりだったのでしょう。 

私が見つけたヤマカマスは遊歩道の脇に落ちていて、ペシャンコになったものと袋が裂けているものでした。
鳥に蛹を食べられたのかもしれません。 

   
今朝いただいたのは、ふっくら膨らんできちっと口がしまった袋で重みもあります。
蛹が寝ているにちがいありません。 飼育箱で飼ってみようかな~~~~。

    この枝はエノキです。




コメント

それぞれの川遊び 

2014-07-29 11:24:21 | キャンプ場だより

7月26日。 朝から強烈な夏の日差しの土曜日。

   

でも、キャンプ場の大木の作る木陰は別天地です。
 
   カラスも

   トンボも憩うようです。


木陰でバーベキューのお昼を済ますと、暑くても川遊びです。

河原の石は正に焼石です。
でも、水際は川の水が熱をとってくれるのでしょう。川風もあり、涼しいです。

先週末は濁り水で水量も多くカヌーも出来ない状態でしたが、
この日は釣り、カヌー、魚すくい、水切り石投げ、、、最高の川遊び日和でした。

  

  

               

               

               

                 

   水際ではアクアシューズを着用のこと。 

           
          アゲハが水際の湿った砂の上で水分補給中。 

コメント

オオミズアオ 

2014-07-22 08:42:56 | 自然

オオミズアオ=大水青です。

遊歩道の脇の芝の上に見つけました。♀みたいです。
死んでます。 無事産卵して命をつなぎ終わったのでしょうか? 
それともその前に鳥に食べられそうになったのかも。 
後ろ羽の細い尾のような部分が折れて、体も痛んでいます。

  

このきれいなアクア色の優雅な姿はどこか異国情緒が漂うように思えます。
ギリシャ神話の女神アルテミスの名がその学名についているのが納得です。

蝶類を嫌う人が結構います。鱗粉が嫌なようです。
蝶はまだいいとしても蛾となると大抵の人が「ノー!」です。
私は蛾でも蝶でも、彼らの様々な色と模様と形に魅了されます。

嫌いな人はきっとこの記事を読んでいないと思いますので、オオミズアオのこと、続けます。

この蛾はヤママユ科の仲間ですので、羽を広げると12cmにもなる大きな蛾です。
幼虫はウメ・サクラ・リンゴなどの葉を食べて育つそうです。 
だから遊歩道の桜並木の下に落ちていたのですね。
でも、ここに来て15年ですが、オオミズアオを見たのは初めてです。
いつか生きているオオミズアオの♂との出会いたいものです。

 



コメント

海の日の連休 3

2014-07-21 21:27:49 | キャンプ場だより

今日は21日月曜日。 
今日が海の日です。 
だから3連休だったのです。

昨夜か今朝方か小雨が降ったようですが、
今日はとってもいいお天気でした。
ガンガン照り付けるような日差しではなく爽やかで心地よい風がわたる快晴の一日でした。

20日のお客さんたちがチェックアウトされた後、リピーターのMさんご家族がご来場。

  

   ワンちゃんも一緒です。

   18歳ですって!! 
 フワフワの毛がきれいで若く見えますよね。


水遊びに打ってつけのお天気ながら、川は濁りもだいぶん取れたものの、まだ水量も多く、
流れも早く、川には入れません。 テントなどの設営を終えて、河原を散歩されたのでしょう。
お嬢さんが真っ白い大きい塊のきれいな石を拾って来て、私に見せてくださいました。
それは護岸用に金網に詰められた石に混じっていた大理石の欠片でした。
河原の石によく混じっています。「
河原の石拾いは楽しいものです。
昨日来た子どもたちも石が好きで、石に絵を描いて帰ったと言うと、彼女たちも描くことにしました。

     
 石の形を上手に活かした素敵な作品が出来ました(^^♪ 
     

お父さんはキコキコキコキコ大工仕事をしているような音を立てて、何やら夢中になっておられました。

 

  これで火種を作ろうとなさっていたのです。

お昼の食事のためには間に合いませんでしたが、色々工夫の末、夕食のコンロの炭はこの方法で作った火種で着火成功。 
  
 

 



 

コメント

海の日の連休 2

2014-07-20 14:01:08 | キャンプ場だより

お天気を心配していたこの連休も今日はもう中日です。
初日は雨が降ったり止んだりでしたが、夕方、西の空が夕焼けしていました。
お蔭で、夜間に雨に降られることはなかったのですが、朝方気温が下がり、
バンガローのお客さんから「寒かった。」との声があったぐらいです。

今日は朝からいいお天気で、昼間は海の日に相応しい強い日差しとなりました(^^♪
願わくば、激しい夕立が来ませんように。
明日テント撤収の折も晴れていますように。

 キャンピングガーデンやわら (26年7月20日)

 

              
     
                            

 

               

                                 


    
  
 キャンプ場のおじさんと一緒に河原の石を拾う子どもたち 

                 

             
  
                  拾った石がこんな素敵な鮎になりました!!

 
お父さんとお母さんと一緒に魚釣りをした男の子が釣れた魚をみせてくれました。餌は釣り用のミミズとのこと。

    オイカワのオス 
    オイカワのメス 

  
 ニゴイの幼魚

           

                                                

 

コメント