キャンプ屋さんで里山暮らし 20年

茨城県北部の小さなファミリーキャンプ場からの便りです。自然豊かな里山暮らしの日々の気づきを綴ります。

農友会ローバークルー部 の 竹取物語

2018-09-02 21:38:34 | キャンプ場だより

29日から31日まで、3泊4日で、
東京の大学生たち35人を貸切で受け入れました。

本来は少人数のファミリーキャンプ場なのですが、
夏休みももう終わりですし、
何より彼らのサークル活動が、当キャンプ場には
願ったりかなったりのものでしたので、
大歓迎で皆さんに来ていただきました。

8月の初めに下見に来られた際のことを記事にしましたが、今度は本番です。
お天気が心配でした。、
4日間ずっと晴れマークというわけには行きませんでしたが、
予定の活動は雨に見舞われることなくこなされていたように思います。
ただ、最終日は、雨が降り、キャンプファイヤーは大丈夫かと気がもめましたが、
丁度その時間だけは雨が上がっていました。 

「願ったりかなったりの活動」」というのは、
キャンプ場迫ってくる竹藪の竹を使うというものです。
竹を沢山切り出せば、藪の中に光と風が入ります。
中がうっそうとしてくると、竹は外に外にと出てくる上、
イノシシたちが潜むのに格好の場所となってしまいます。 

35人もの若者がにぎやかに連日竹藪に入り、
なにやら楽しげに動き回っている様子を遠くからイノシシが見ていて、
「あの竹藪はヤバイぞ!」と思ってくれますように。

9月1日から、稲などの農作物の被害を防ぐための
イノシシの捕獲が始まりました。
この冬、イノシシがキャンプ場に来なかったら、学生さんたちに感謝です。
 
    
   来場後、即テント設営  29日 14:39 pm
            
               6分で完成
  
  竹伐りだし活動開始!  15:54 pm
         
  
  竹馬完成 16:29 pm
        

   
  竹風鈴


         
        大物 竹ティーピーの制作 30日 8:39am

   
  グループ毎の思い思いのティピーテント
                
          右はラップを巻いたティピー
   
   クリスマスをイメージしたティピー
                
          ブルーシートテントもスプレーペイントでカッコよく決まる。
                                                             
   
流しそうめん用竹樋つくり  31日 9:20am
                 
        竹箸つくり
   
 つゆ入れ容器
          
         流し手打ちうどん&そうめん    11:17am
    
 スイカ割り 13:44 pm
      
 
  
  川原でキャンプファイヤー  汁入れは竹ローソクに再利用

 
9月1日 12:28

農友会ローバークルーの皆さん、
キャンピングガーデン家和楽に来てくださってありがとうございました。

3日間繰り広げられた 「竹を使っての活動」 のいろいろ。 
楽しませていただきました。


  


       

       

        



コメント (5)