富岡製糸場世界遺産伝道師協会 世界遺産情報

「富岡製糸場と絹産業遺産群」は日本で初めての近代産業遺産として2014年6月25日付でユネスコ世界遺産に登録されました。

第3回研修会(桐生市・みどり市)報告(平成30年11月9日) 彦部屋敷から穴原観音堂 さらに宝徳寺で床もみじ

2018年11月15日 19時50分28秒 | 世界遺産伝道師協会

第3回研修会(桐生市・みどり市)報告(平成30年11月9日)

 

 現地研修会の報告です。

乗用車3台に分乗しての研修会です。

参加人数は、15人の予定でしたが、最終的には、14人での研修になりました。

伊勢崎駅北口に8時50分集合の予定通りに皆さん集まり9時には出発できました。

研修先を決めるときに何度か行ったところでも価値あるところを優先するのか初めてのところを優先するのかいつも幹事としては迷うところです。しかし 伝道師としては、同じところを何回行ってもその時その時で感じ方は変わりますし、初めてのところはそれなりです。幅広い年齢層・経験層の方に参加してもらいたいという思いは、常に感じて研修先を決めているI上理事には、頭が下がります。

今回も何度か研修している桐生方面でしたが、様々なところを研修出来ました。

最初の研修先は、“彦部家住宅”(桐生市広沢町)です。住宅と言いながら“砦”のイメージのする様々な建屋で構成されており立地条件も戦国時代を意識させるものでした。

ここでは、ガイドさんが2人で対応してくださり2グループに分かれて充分研修出来ました。

約1時間見学後は、“金谷レース工業KK”(桐生市東久方町)に迎い、そこにあるベーカリーで早めの昼食になりました。

昼食は、パン食でサラダ、スープ、コーヒー(or紅茶)付きでした。

あいにくの天気で朝から曇り空で天気予報も雨模様でしたが、結果的には、食事中だけ強い雨が降っていました。(それ以外は、ほとんど雨にたたられずでした)

昼食後は、金谷レースの建物内にある“工房 風花”を見学しました。我々の仲間の伝道師“板野知恵さん”が主宰している工房で様々な工夫が感じられました。特に繭の毛羽から糸をつむぐ工夫を御主人と取り組まれているのは印象的でした。

次の研修先は、“後藤織物”(桐生市東町)です。

古くから桐生織物の発展に貢献しているところで外から見るとのこぎり屋根が見られ、中には、多くの織物機戒がありました。普段から見学者が多いのか丁寧な説明はありがたいものでした。

そのあとは、予定通りの、白瀧神社(桐生市川内町)、貴船神社(みどり市大間々町)、穴原薬師法境内(みどり市大間々町)にある馬鳴菩薩石像を見学しました。

白瀧神社は、私の車の同乗者2名がここの見学のために参加したということでした。

蚕神調査でも調査員が調査した神社です。

貴船神社は、水の神様として有名ですが、ここでは、養蚕との関係が示されています。

最後に見学した馬鳴菩薩石像は、蚕神調査の報告書である「群馬の蚕神」の表紙を飾るもので蚕神調査員もそうでない人も為になるものだと思います。

途中 白瀧神社の近くにある宝徳寺で床もみじを見学するというおまけ付きでした。

(前々日のNHKで紹介されていたとのことで急遽見学先に追加されました)

今回は、比較的ゆったりした研修であまりあわただしさを感じなかったように思います。

大体予定通りの17時頃には、伊勢崎駅北口に戻れました。

世界遺産の4遺産以外を研修することにより周辺知識を蓄積し、次の伝道活動へ役立つことでしょう。また 途中で伝道師同士のコミュニケーションによる情報もためになります。

次の研修の際には、また多くの伝道師の方が参加するような企画があることでしょう。

次回以降の皆さんの参加を期待します。

よろしくお願いいたします。

(N屋 和幸 記) 

コメント

秋のバラフェスタ(前橋市蚕糸記念館)での世界遺産活動;平成30年11月11日)

2018年11月14日 21時43分48秒 | 世界遺産伝道師協会

秋のバラフェスタ(蚕糸記念館)での活動;平成30年11月11日)

 

秋のバラフェスタ(蚕糸記念館)での活動報告です。

バラフェスタの最終日の11月11日の開催でした。

例年より1週間遅くの開催でしたので最終日も1週間遅くなっています。

今回も2回目と同様に繭クラフトと座繰り体験の2本立てで実施しました。

今回の文化財保護課の担当の横山さんは、我々よりも早く来られて簡単な準備をしてくださっていました。おかげで最近は、少し早めの行っても建屋の中に入れるので大助かりです。

当日のメンバーは、Y田節子、N木多恵子、K井拓美、N屋和幸の4名でした。

少し寒いこともあり、繭クラフトも屋内で実施しました。

前回の報告にもありましたが屋内で実施していると2箇所に寄っていただける機会が多いいようでした。

体験者は、午前中は、途切れることなく多くの方に参加していただけました。

 

おばあさん、お母さん、お孫さんの3世代で楽しまれていた方が何組かいられました。

また ばらを見に2日間連続で埼玉から来た方もいてその方は、バラだけでなく珍しい体験ができたと喜んでいられました。

相模原から来た添乗員の方もいて私の会社員時代を過ごしたところなのでなんとなく盛り上がってお話をさせていただきました。

体験者は、双方とも30件以上はあり、充分 皆さんには楽しんでもらえたようでした。

 

ばら園に来られる方は、気持ちがゆったりとしていて話もしやすく感じます。

多くの年配の方が、養蚕時代の昔を懐かしんでいらっしゃいました。

また 蚕糸記念館の担当シルバーの方、文化財保護課の横山様には大変お世話になりました。

これからもよろしくお願いいたします。

 

(庭屋 和幸 記)

コメント

伝道活動報告(第33回渋川駅前通り歩行者天国;平成30年10月21日)

2018年11月13日 16時25分12秒 | 世界遺産伝道師協会

伝道活動報告(第33回渋川駅前通り歩行者天国;平成30年10月21日)

 

渋川駅前通り歩行者天国での伝道活動を10月21日に行いました。

天気予報では全国的に良い天気だといっていましたが、まさにその通りの暑くもなく

寒くもなく風もなく過ごしやすい1日でした。

当日の参加者は、M田睦、K川尚允、M山貴美子、K暮和子、N屋和幸の5名の参加でした。

活動は、パネルを展示しながらの、繭クラフトに特化した活動になりました。

それでも 風がなく工夫した展示で見学の方もチラホラいらっしゃって意外とどこも行ったことがないという方が熱心にパネルを見ていました。

我々のコーナーは、ほとんど休みなく熱心に老若男女楽しみながら“ぐんまちゃん”作りを楽しんでいました。

今回は、伊香保温泉の宿泊の前後で渋川駅でのバスor電車の待ち時間に賑やかな雰囲気につられてきましたというお客様が何組かいらっしゃいました。(横浜からとか京都からとか)

昼食は、開催者のほうで用意された水無カレーライス(サラダ&コーヒー付き)を、交代でおいしくいただきました。

途中で渋川ドットテレビの方が取材をしていきした。(伝道師の方気が付いていましたか?)

また 活動の終わりごろに渋川の高木市長も我々の活動場所まで挨拶に見えられました。

最後に恒例のビンゴゲームがあり 楽しい1日を過ごしました。

人数が少ないため伝道師の皆さんは、自分で出歩いて楽しむことがあまりできない中、頑張っていただきありがとうございました。

また 渋川市辰巳町自治会の高田会長、渋川駅前通り商店街振興組合の入沢理事長をはじめ地元の方には大変お世話になりました。

机 椅子の片づけは、手伝っていただいたおかげでスムーズに済みました。

今後とも よろしくお願いいたします。

 

(N屋 和幸 記)

 

 

コメント

下仁田ネギ産地の「下仁田へ行ってんべー祭」で世界遺産”富岡製糸場と絹産業遺産群”伝道活動

2018年11月11日 23時20分07秒 | 世界遺産伝道師協会

「下仁田へ行ってんべー祭」で伝道活動

11月4日(日)「第9回下仁田へ行ってんべー祭」が催され、I井規雄、K山正男,S藤登、Y村和子、S川文子の5名の伝道師が参加して伝道活動を行いました。当日は下仁田まちづくり委員会主催による「下仁田へ行ってんべー祭」(駅前中央通り)と下仁田商工会主催「青年部フェスティバル」(下仁田小学校校庭)、同商工会主催「商業祭」(下仁田町文化ホール)が同時進行で行われ、「3会場回ってスタンプを集めて商品をもらうんべー」という企画でした。

 

午前7時45分現地集合。すぐに会場設営し、9時の開会前には準備完了。簡単な打ち合わせ(I井伝道師〈理事〉から下仁田にまつわる話や荒船風穴、下仁田社等の話あり)後、私たちも開会式に臨み、祭り実行委員長さんのあいさつ、続いて白いジャンパー姿をした「まちなかコンシェルジュ」の高崎商科大学の女性2名と引率の先生のあいさつがありました。

鍋のお湯の温度がなかなか上がらず難儀をきたす場面もありましたが、来訪者には支障はありませんでした。

10時ころ、開会式であいさつされたコンシェルジュ2名と先生が伝道師ブースに見えました。繭クラフト体験後、会場内を案内するため「座繰り」の知識も得たいということで座繰りについて構造や糸の取り方等いろいろ解説してあげました。座繰り担当は主としてY村伝道師。やがて¨紅い襷¨を結んだ着物姿(下仁田社の工女さんを再現)の同商科大学のコンシェルジュ3名が来訪。繭クラフト体験後、Y村伝道師が「繭」「かかあ天下」「座繰り」等についてわかりやすく説明し、熱心に聞いていました。

I井伝道師は主としてパネル解説、地域の人と楽しく伝道していました。K山伝道師、S藤伝道師は子供やおばさん等来場者となごやかに会話を交わし、繭クラフトを指導していました。私(S川)は主にぐんまちゃんのストラップ作りをして来場した人や近隣の人へ配ったりして蚕や繭について理解を深めてもらうようにしました。

昼食は下仁田カツ丼弁当を交代でとりました(おいしかった!)。

昼過ぎになるとブースも日陰になり、冷えてきました。

午後3時、今日の一大イベントである恒例の「下仁田かつ丼大食い大会」が詰めかけた大勢の見物人を前にして、私たちの敷地内で始まりました。大食い感のある体格の良い人、大丈夫?と思われるスマートな人…、女性1名も加わり、計6名でスタートしました。15分間でパックに詰めたかつ丼を何パック食べられるかを競うものです。

1個目、おいしそう。2個目箸も進み順調。3個目お茶で流し込み、まずまず。4個目、ペースダウン、つらそう。5個目途中でタイムアウト。体格の良い人が昨年に引き続き優勝。女性は2個半でした。優勝の体格の良い人は大きなお腹をなでなで会場から去っていきました。

一大イベントが終わると客足もめっきり少なくなってきました。

3時半ころ片付け始め、片付けも一段落したころ、実行委員長さんから「キノコ汁」が振る舞われました。冷えた身体に温かいキノコ汁はうれしく、おいしくいただきました。大変ご馳走様でした。

今日一日お客様も途切れることなく結構なにぎわいを見せました。身も心も充実、資材を車に積み込み、無事伝道活動を終えました。お世話になりました。ありがとうございました。

                                (S川 文子 記)

 

 

コメント

秋のバラフェスタ(蚕糸記念館)<前橋市>での世界遺産伝道活動

2018年11月09日 23時12分04秒 | 世界遺産伝道師協会

秋のバラフェスタ(蚕糸記念館)<前橋市>での伝道活動

平成30年11月4日(日)9時ー16時蚕糸記念館にて秋は3回のうち2回目の活動です。いつもの桑の木クラフトではなく繭クラフトと恒例の座操り体験を行いました。

昨日とは違い肌寒く曇り空、ウットデッキでは寒いので室内での繭クラフトは正解で記念館の入り口を入ると右にクラフトを体験でき左は座操りを体験できるとあって団体の場合二手に分かれ、お互いに声を掛け合いその声が館内に響いていました。

朝のニュースで見たので来たと話す太田市からいらしたご夫妻はバラがまだたくさん咲いてるのに驚き、座操りを熱心に体験して、自分たちの姿と伝道師も一緒にと写真を撮り、次回持ってきてくださるそうで優しくわかりやすく教えていただいたお礼とのことでした。

活動中いろいろな人に出会いますが感動しました。一人でいらしたやはり太田市の女性も蛹までカメラに収め自分でひいた糸を大切そうにお持ち帰りになりました。朝いちばんに見えた高崎の障碍者施設の職員と数人の児童たちにも笑顔が見えた事、前橋、渋川市の群馬県人,のほか茨城県、栃木県の足利市や下都賀郡からも来てもらえました、報道の力には驚くものがあります。

昼食後も中学生に見えた小学生女子3人なかよしさんは世界遺産を知っていたのでパンフッレットを渡しもっと知って欲しく噛み砕いて説明し興味もってくれました。

入場者座操り42人、繭クラフト32人計74人でしたが滞在時間が長く会話も弾む活動になりました。K川、S沢、M山、O田の4名各伝道師大変お疲れ様でした。そして前橋市文化財保護課の横山様の細かいお心遣いに感謝いたします。ありがとうございました。

O田三枝子 記

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント